プロが教えるわが家の防犯対策術!

裁判所て何で和解勧めるの?

A 回答 (6件)

裁判官の勤務評定では、若い解決の得点が高く、判決で上訴なし(終結)が次に高く、判決後に上訴され上訴でも同じ判決であった場合がその次に高く、上訴されて上級審で覆る判決を下した場合が最も評価が低いのです。



紛争当事者の双方が納得して妥協するのが「和解」ですが、和解の場合は上訴がありません。
双方が納得して終局的に事件を終わらせることができたことになるので、訴訟経済的に最もコスパが良い結果だったと評価されるのです。
    • good
    • 4

和解も判決も内容的には大差ないので、それだけ早く終了となり裁判官が楽できる。



判決となると判例となって様々な人間の目に晒されるのがイヤ。
    • good
    • 0

訂正


「若い解決」→「和解解決」
    • good
    • 0

当事者に任せるのが一番簡単なんですよ。

    • good
    • 0

裁判官が強制的に決めるよりも、本来の解決となるから。

    • good
    • 0

審判に持ち込まなくても和解で十分と、判断されるからでは?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング