最近見たことのない観音様の写真を見ました。
仏像の顔が頭の上から割れ目が入っており、
中にもう一つ十一面観音の頭が入っています。
とても不思議なお姿です。
 ならの美術館か?とにかくどこかに展示されているか
まつられているそうなのですが、場所は奈良のようです。
この観音様についてご存知の方、ぜひ詳しく教えてください。
 名前や拝見できる場所等、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

奈良ではありませんが、京都国立博物館の新春特別陳列に出ていた宝誌和尚立像でしょうか? もう終わってしまいましたね。



参考URL:http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/chinretsu/butu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 宝誌和尚立像のことでした。写真を拝見しましたが
同じ仏像です。奈良ではなく京都でしたね。
展示が終わってしまったようで残念ですが、
いつか展示されている期間に合わせて京都へ繰り出そう
と思います。
 ありがとうございました!!

お礼日時:2005/04/12 21:03

奈良国立博物館の検索URLで調べてみてください。


名称の所に『十一面観音』で検索すると、すぐにヒットします。結構多いですよ。

確かに奈良にありますな(苦笑)

参考URL:http://www.narahaku.go.jp/kensaku/kensaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます!早速拝見します。

お礼日時:2005/04/12 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q十一面観音と聖観音を祀る寺

十一面観音と聖観音の石像を2体並べて祀ってあるのを見ました。
こういうのは珍しくないですか。
十一面観音と聖観音を祀っている寺をご存じでしたら教えてください。

Aベストアンサー

質問者様は、具体的にはどこのお寺で見かけられたのでしょうか?
観音像が石像とのことですが、一般的には木造のものがほとんどだと思うのですが。

私はかつて、各地の霊場巡拝をしたことがあり、そのため『全国霊場巡拝事典』を所有しています。
それには寺名と本尊名とがリストになった部分がありますので、それで調べてみました。

確かに十一面観音と聖観音とを2体本尊としている寺はあまりないようですね。
しかし、しらみつぶしにチェックしていくと、3寺ありました。

●周防三十三観音霊場
     第七番 福楽寺 (山口県柳井市余田院内) 聖観音・十一面観音

●山鹿三十三観音霊場
     第二番 川辺村寺 (熊本県山鹿市南島) 聖観音・十一面観音
     第六番 宝性寺 (熊本県山鹿市東鍋田)
           ―ここの寺は、十一面観音・聖観音・子安観音の3体―

Q三室戸寺の観音様は二臂なのになぜ千手観音なのか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%AE%A4%E6%88%B8%E5%AF%BA
によれば、三室戸寺の本尊「お前立ち」像は飛鳥様式の二臂の観音像で、二臂でありながら「千手観音」と称されている、とのことです。

2009年10月1日 - 11月30日に84年ぶりに開扉されるそうですが、
お前立ちと同じ二臂の観音像だと思われます。

また、法隆寺の救世観音にとても似ており、
衣に十字架のようなものもついています。

http://www.asahi.com/kansai/kokoro/hibutsu/OSK200806270004.html

なぜ二臂の観音像を千手観音と呼んでいるのだと思いますか?

トンデモ説でも結構です。
あなたの推理と、その理由を教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全然面白みのない話なんですが。。
寺の伝えによると、千手観音さまが変じてご本尊になったとのこと。
菩薩様が千手の姿から二臂の尊像に御変りになったということであれば
これはもう千手観音様で決まり!ということなんでしょうね。

まあ、菩薩様ともなれば菩薩力によってそのお姿も変化なされるので

そういうものだ

と納得するしかないですね。

参考URL:http://www.mimurotoji.com/article.php?id=157

Q十一面観音を祭っているのに南無阿弥陀仏?

仏教に詳しい方、教えて下さい。

六波羅蜜寺の御本尊は空也上人が刻んだと伝わる十一面観音です。

しかし六波羅蜜寺に伝わる空也上人像は
口から六体の仏がほとばしり出ており、これは「南無阿弥陀仏」の六字をあらわしているといいます。

また年末に「隠れ念仏」が行われていますが
南無阿弥陀仏と唱えて踊躍念仏を行います。

(1)南無阿弥陀仏と唱えるのは阿弥陀仏に対する信仰なのではないでしょうか?

(2)十一面観音に対して南無阿弥陀仏と唱える例は他にもありますか?

(3)一般的に十一面観音に対してあげるお経は何ですか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)南無阿弥陀仏と唱えるのは阿弥陀仏に対する信仰なのではないでしょうか?

親鸞は阿弥陀仏に対する純粋な他力信仰だと説きましたが、親鸞以前の仏教では精神力鍛錬を目的とした自力修行の手段でした。
http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/doc/story_2_3_2
十一面観音を本尊としている理由ですが、十一面観音と阿弥陀仏を同一視して十一面観音に阿弥陀仏を見ていたのではないでしょうか。ではなぜストレートに阿弥陀を本尊にしなかったのか? それは信仰の目的に現世利益があったからではないかと思います。阿弥陀の守備範囲は来世であって現世まではカバーしていません、現世は観音が担当します。阿弥陀と観音は互いの守備範囲を補完する関係にあります。

(2)十一面観音に対して南無阿弥陀仏と唱える例は他にもありますか?

ご本尊が釈迦だろうが観音だろうがお稲荷さんだろうが気にせずに南無阿弥陀仏と唱えるこだわりのない人はよく見かけます。そういうこだわりのなさは、ある意味悟りの境地かもしれません。

(3)一般的に十一面観音に対してあげるお経は何ですか。

十一面観音専用は知りませんが、普通に観音菩薩だったら『観音経(法華経普門品第二十五)』か『延命十句観音経』です
http://www.osoushiki-plaza.com/library/kyouten/kannon-k.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E5%8F%A5%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E7%B5%8C

(1)南無阿弥陀仏と唱えるのは阿弥陀仏に対する信仰なのではないでしょうか?

親鸞は阿弥陀仏に対する純粋な他力信仰だと説きましたが、親鸞以前の仏教では精神力鍛錬を目的とした自力修行の手段でした。
http://kyoto.jr-central.co.jp/kyoto.nsf/doc/story_2_3_2
十一面観音を本尊としている理由ですが、十一面観音と阿弥陀仏を同一視して十一面観音に阿弥陀仏を見ていたのではないでしょうか。ではなぜストレートに阿弥陀を本尊にしなかったのか? それは信仰の目的に現世利益があったからではないかと思い...続きを読む

Q観音様、阿弥陀様

子供に「観音様、阿弥陀様って何に?」と質問され「仏様や」と安易に答えてしまい後で辞書で調べたらもう一つ理解できにくいことが書いてあったのですができるだけ子供にわかりやすく説明するにはどう言ったら良いかおしえて下さい。

Aベストアンサー

仏様にもいくつかの階級があります。

阿弥陀様は阿弥陀如来なので、仏です。

観音様は観世音菩薩といい、菩薩は仏になるために修行をしている人です。
観音様も何柱かいます。ちなみにお地蔵様も菩薩です。

Q十一面観音のおすがたについて

http://blogs.yahoo.co.jp/nekozero54/52515213.html

この方のブログに、絶対秘仏となっている東大寺二月堂の十一面観音の図があります。
鎌倉時代の「類秘抄」に描かれたものだそうです。

なんでも模写したものを、さらに模写したものなのだそうで、正確なおすがたであるのかどうかわかりませんが

頭上中央・・・・縦に4面
頭上右・・・・・・縦に3面
頭上左・・・・・・縦に3面

となっているところに興味をひかれました。

十一面観音は↓のようなものが多いですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hokkeiji_Nunnery_Eleven-Headed_Kwannon_II_(304).jpg

「類秘抄」に描かれた二月堂小観音のようなおすがたをした十一面観音はほかにもありますか?

Aベストアンサー

5年前の私の回答で恐縮ですが、ご参考までに。

二月堂御本尊の小観音の模写図があるそうですが
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5738914.html

類似するものとしては、インドのムンバイ郊外にあるカーンヘリー石窟第41窟 十一面観音立像(7,8世紀作の浮彫り)があります。
http://www.za.ztv.ne.jp/ebdsaeba/kannon2/2001koma/gal/gal.htm

Q仏像、観音像に詳しい方!!教えてください。

お世話になります。
小学校の頃から気になったいた事なのですが、
修学旅行で京都に行った時にお土産屋さんで私はなぜか仏像?観音像?(黒塗りの陶器製で出来た小さいサイズのレプリカ)を買いました。子供心に顔立ちが優しそうだなと思い買ったのだと思います。
なぜに自分のお土産に仏像なのか?仏像の名前も分からず買ったのか?自分でも小学校時代の自分に理解に苦しむところなのですが、数年前に鎌倉に行った時に同じ仏像が置いてあり店の方に像の名前を聞きましたが店の方も良く分っていないらしく京都のものではないかとの話しでした。店にはいろいろな種類の同じような黒塗りの像がありましたが何故に鎌倉の店にあるのかも疑問です。
像の特徴としては言葉で説明しにくいのですが、立ち姿で両手を合わせており髪型の一般的な頭の上にお団子ヘアとでもいいますか・・説明しにくいのですが。
その他に特に特徴的なポーズ等もありません。
レプリカが作られるぐらいだから有名な像だと思うのですがご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

仏像といってもたくさんありますが、東大寺の月光菩薩像がそれに該当するかもしれません。
http://www.narahaku.go.jp/exhib/2002toku/todaiji/todaiji-1-2.htm

Q奈良・聖林寺の十一面観音が天平時代の作とされる根拠について

奈良・聖林寺の十一面観音が天平時代の作とされる根拠について
教えて下さい。

もともとは大神神社の神宮寺である大御輪寺にあったものだそうですが

http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/sos_oomiwaji.htm

上記によれば大御輪寺は慶円法師の開基とあります。
慶円法師は鎌倉時代の人のようです。

十一面観音が天平時代のものだとすれば、どこかにあったものを大御輪寺に移し、
さらに明治になって聖林寺に移されたのでしょうか。

Aベストアンサー

『鎌倉期慶円上人により再興』のお間違いではありませんか?
木心乾漆造は天平時代にのみ用いられた造仏法であるとされています。
私は我が国仏像の最高傑作の一つであると思っています。

参考URL:http://www.shorinji-temple.jp/

Q観音様の表情について

初めて質問させていただきます。
観音様・観音菩薩の表情が、目をつぶっている、半開きのものがほとんどだと思いますが、これには何か特別な理由があるのでしょうか?ネットでいろいろ調べたのですが、見つけることができませんでした。
知っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

観音様は「菩薩」ですから涅槃の表情ということはないと思います。
「菩薩」は「菩提薩埵(ボーディサットバ)」の略で「悟りを目指して修行途上にあるもの」を意味しています。
ですから「菩薩」はまだ悟りに達してはいないのです(悟りに達したものはすべて「如来」と呼ばれます)。
「菩薩」はもとはお釈迦様の修行時代を指す言葉であったとも言われますが、後に修行者全般を指すものとなり、また大乗的解釈としては「悟る資格を持ちながら人々を救う為に敢えて修行者の段階に留まっている存在」と考えられるようになっていきました。
観音様についても「本来は悟ることが可能であるが衆生救済の為に菩薩のままでいる」と説明されることが多いです。
日本人は観音様のそのような姿に魅せられてきたところも多分にあるのかもしれません。
「仏像」として作られる際に「涅槃」の姿をモチーフにするのはほぼ釈迦如来に限られており、しかも日本では大陸ほど御釈迦様本人に対する信仰が隆盛を見なかった為に「涅槃像」はあまり作られませんでした。
観音様に特別の目の開き方があるという話はあまり聞きませんが、ほかの方も仰っているように仏像には「半眼」のものも多く見られますね。
勿論観音様と一口に言いましても十一面や千手は表情がそれぞれですし馬頭のように憤怒相のものもある訳ですが。

こんにちは。

観音様は「菩薩」ですから涅槃の表情ということはないと思います。
「菩薩」は「菩提薩埵(ボーディサットバ)」の略で「悟りを目指して修行途上にあるもの」を意味しています。
ですから「菩薩」はまだ悟りに達してはいないのです(悟りに達したものはすべて「如来」と呼ばれます)。
「菩薩」はもとはお釈迦様の修行時代を指す言葉であったとも言われますが、後に修行者全般を指すものとなり、また大乗的解釈としては「悟る資格を持ちながら人々を救う為に敢えて修行者の段階に留まっている...続きを読む

Q奈良の十一面観音

 最近見たことのない観音様の写真を見ました。
仏像の顔が頭の上から割れ目が入っており、
中にもう一つ十一面観音の頭が入っています。
とても不思議なお姿です。
 ならの美術館か?とにかくどこかに展示されているか
まつられているそうなのですが、場所は奈良のようです。
この観音様についてご存知の方、ぜひ詳しく教えてください。
 名前や拝見できる場所等、お願いします。

Aベストアンサー

奈良ではありませんが、京都国立博物館の新春特別陳列に出ていた宝誌和尚立像でしょうか? もう終わってしまいましたね。

参考URL:http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/chinretsu/butu/butu.html

Q観音様の救済方法

観音様の救済方法
観音様が人々を救済するときに、男性に対しては男性の姿で、女性に対しては女性の姿になって救済するということを、何かの本やネットで見ました。もし、そうであるなら、なぜそのような方法をとられるのでしょうか?

その後自分なりに本やネットで調べたのですが、このようなことが書かれているものを見つけることができませんでした。知っている方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「観音」というのは、簡単にいえば「我が身を写すこと」といえます。

よって「観音菩薩の救済」とは、自分自身をよく見詰め、反省や懺悔して自分自身を正していくことを言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報