プロが教えるわが家の防犯対策術!

これって、ようは、厚労省が定期的に発表している、コロナワクチン接種後の健康被害のデータは、実際はもっともっと多いですよ!ということですよね。

実際は、毎月何百件と出されている申請が、キャパオーバーで毎月平均80件しか受理できていないって、これ、全部事務処理したら、副反応と死者数は、一体何人になるんだろう。

今報告されている人数でも、十分多過ぎでしょ、と思っていたのに、その数字は実数ではなく、実際はもっと申請が来ていて、その事務処理が追いついていないって、今更何言ってるんですかね。

https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20 …

A 回答 (1件)

予防接種健康被害救済制度は、通常、国が申請を受理してから、疾病・認定審査会における審議結果を都道府県知事に通知するまで、4か月~12か月程度かかるようです。



実際に、10月27日時点で認定されているのは4689件中996件だそうですが、死亡認定されている4名の方は全員、昨年2021年6月にお亡くなりになった方ばかりのようですね。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7f942e84b652be …



給付までに時間がかかると、金銭的問題で治療を諦める人も出てくるかも知れませんし、100万円以上自費でかかった、中には治療費だけで毎月数十万円、他にも自宅のリフォームも必要なども見かけます。
https://youtu.be/569eL-X-6hc

https://youtu.be/3pZB59lHqyU

心筋炎のグラフに関しては、本当に不誠実だと思います。

*厚生労働省データ修正問題・心筋炎データ問題
https://youtu.be/wrPxi5zg6hs

*2022.3.4 厚生労働委員会
https://youtu.be/gVwFkMAcmSI

また、厚生労働省への副反応報告は、ワクチンが原因と疑われる、と医師や医療機関が判断し、予防接種法に基づいて報告されたものです。
本人がワクチン後遺症だと思っても、担当医に違うと言われることも少なくなく、こちらの病院では認めてもらえなかったけど、別の病院では認めてもらえた、など、判断基準も不明瞭なようです。
また、申請の事務処理も手間がかかるそうです。

政府や接種した医療機関は、大量のデータを手にしているのですし、すべて分かりやすく公開し、もっと積極的に、被害者が安心して暮らしていけるよう、誠実に対応するべきだと思います。

地方のテレビ局や新聞社だけでなく、大手マスコミも情報統制に屈せず、がんばって欲しいです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング