二元論という言葉について分からないことがあります。世界を二つの対になる概念から見る立場だとは分かるのですが、一つの対象の中に二つの概念を共存させても二元論なのでしょうか?
例えば「あの人は善である」は二元論だと分かるのですが、「あの人は半分が善、半分が悪である」という言い方も二元論になるのでしょうか?

A 回答 (2件)

「二元論」とは、世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のことです。



人間を善と悪でとらえる場合、一人の人間についても善の部分と悪の部分が存在するという「二元論」としてのとらえ方ができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

手持ちの辞書で調べたところ、はっきりとしたことが分からず困ってました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/10 10:23

ものごとを評価する場合に、二つの対立する要素で説明する、ことを二元論だと思います。



通常「白か黒か」「善か悪か」というデジタルな判定を二元論という捉え方がありますね。質問者さんの、二元論に対する見方はそこから来ているのでしょう。
だから「半分白、半分黒は二元論から外れる」と思われたのでしょう。

しかし、世の中には「白でも黒でもない」「青や赤、または何の色か形容できない」なんていうこともあります。
つまり、一つの捉え方(上記の例では「色」)であっても、その中に要素がたくさんある=対立する要素だけではない、ということになりますし、その捉え方以外で捉えること(上記の例では「色以外のたとえば形で捉える」ということ)もできます。

結論:「あの人は半分が善、半分が悪である」という言い方も二元論になる
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、アナログ的判定でも見出す要素が二つなら二元論なんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/10 10:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二元論ってなんですか??

二元論ってどういう考え方のことですか?
他の方が同じようなことを聞いているのを読んだのですがイマイチ解りません。
解りやすく+詳しく教えてください!よろしくお願いします。
新参者のくせに無理言ってすいません^。^;

Aベストアンサー

再登場です。
#2のアドバイスでは
質問に対する直接的な答になっていないのと
誤解を招く部分があるなぁ、と思ったので。

とりあえず哲学における二元論を考えてみましょう。
恐らくその方が質問の意図に近いと思うから。

まず二元論の前提として
この世の中なり日常世界の背後、あるいは別の場所に
真の存在や真理があると考えます。
この世を超えた(=形而上)真理を追及する学問が形而上学です。
この真の存在が形而上学でいえばイデア、宗教でいえば神です。

さて、完全な存在、あるいは真理が客観的に存在していれば
私たちが日常経験している完全ではないもの
あるいは日常的な判断はどこから生じているのか?
この両者はどう関係しているか?が問題になりまね。
こうして真理と日常、物と名前、
デカルトの精神と自然、カントの叡知界と現象界、
といった二項対立の関係から真理を導き出そうとするのが
二元論の基本だと思います。

下のアドバイスで三位一体論を三元論としたのは
誤解を招く、というよりは嘘です。もっと複雑です。
わりと現代思想に近い考え方です。

再登場です。
#2のアドバイスでは
質問に対する直接的な答になっていないのと
誤解を招く部分があるなぁ、と思ったので。

とりあえず哲学における二元論を考えてみましょう。
恐らくその方が質問の意図に近いと思うから。

まず二元論の前提として
この世の中なり日常世界の背後、あるいは別の場所に
真の存在や真理があると考えます。
この世を超えた(=形而上)真理を追及する学問が形而上学です。
この真の存在が形而上学でいえばイデア、宗教でいえば神です。

さて、完全な存在、あるいは真理...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報