ポトスタワー(1.8m)を1年前いただきました。春~夏~秋は”蔓”も”葉”も元気だったのですが、冬から春にかけて全体の半分くらいの葉が枯れて、蔓の根元は根が腐っていました。冬に水をあげすぎた事が原因だったんだと思います。(合計で半分くらいの根が腐っていることを確認しており、救えるものは先のほうを切って鉢上げするまでの間、水栽培しています。)
そこで、質問です。
・1点目
3m超の蔓がまだ6本くらいありますが、中には蔓が延びても新芽は細くて元気がなかったり、するのですが、これらも根が腐ってきていると考えられるのでしょうか?
(全部の蔓の根が腐る可能性があるので、今の鉢からすべて出して植え返してあげたほうがいいでしょうか?)
・2点目
2m以上の蔓で切り戻しする場合、長さを保ったまま水栽培等で”発根”させることは可能なものでしょうか?
それとも短く切って、切り戻す必要があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



半分枯れているとしたら、腐った根で土の状態も良くないと思います(黴や微生物が繁殖しているかも)。
いっそ全部切り出して、仕立て直した方がいいと思います。

水栽培での発根はとても簡単ですが、長いままでは負担が大きいので、短く切った方がいいと思います。

蔓にはよく見ると、葉のついている節の部分に短い気根(太目の茶色いでっぱり)があると思います。
その気根と気根の間で蔓をちょんちょんと切って、水に差して下さい。
一つの蔓にだいたい一~二枚の葉っぱと、一つの気根がつく形になります。そのまま蔓と気根の部分を水に差し、葉っぱを上に出しておくと簡単に発根します。

ガラスのコップやジャムの空き瓶などに差しておけば、そのままグリーンインテリアとして飾れつつ、根を出す事ができます。

「メネデール」という液体を入れておけば、より早く良い状態で発根します。
今からの季節、水栽培にも最適ですから、是非仕立て直してあげてください。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
そうですよね。。。土の状態が怪しいですよね。。。約3ヶ月で葉っぱが半分になってしまったのでこのままだと全滅する可能性を心配してました。すでに短く切って水栽培で発根させたのもあるので、そろそろ鉢上げしてあげようと考えていたところでした。

では、追加で質問させてください。

ただ、まだ葉っぱがたくさんついていて、比較的元気そうな長い蔓は、短く切るのをためらっています。
そこでちょっと考えたのは、土を掘り返してまだ根が元気な奴は、そのまま別の土に”植え替え”してはどうかと考えていますがいかがでしょうか?(CASE1:まだ根が元気な長い蔓の場合)

また、中には根の先っちょが腐りかけているのもありそうですが、腐っている根だけ処理して長い蔓のまま”植え替え”たらダメなものでしょうか?(CASE2:一部、根が腐ってしまっている長い蔓の場合)

長文で申し訳ありませんが、ご存知でしたら教えてください。

補足日時:2005/04/10 10:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水栽培のポトスと土に戻す、絶対に失敗なしで!

水栽培の観葉植物を土に戻す
ポトスを水にさして10年以上育てています。大切な友人から預かりました。10年たち、なんと葉っぱ1枚になってしまいました。このままではいずれ、一枚の葉も今までと同じように枯れて、とけてしまいます。今、土に戻して、元気に成長させることは可能でしょうか。
 関東地方、窓際のテーブルの上、普通のコップの中に4cmぐらいの葉っぱ一枚。水の中に根はありそれなりに生えています。
 失敗なく、土に戻す方法を教えてください。「本当に知りたい」のです。

Aベストアンサー

コップに挿してからかなりの時間が経過していますが その間に枝葉はどのくらい伸びたのでしょうか
普通 10年も経てば かなりの大きさになると思うのだが・・・・

繰り返しになりますが 栄養失調や過度の剪定などで
殆ど伸びていない 新たな葉が作られない 葉が寿命でなくなる・・・・
根を伸ばしても 肥料が殆ど吸えない  根詰まりと同じような状態ではないのでしょうか?


水中用の根と 地中用の根は 構造が異なり 水中用の根は土の中では殆ど機能しません
ですので 挿し木と同じ程度の慎重さが必要となります

気温が高く 空中湿度も高い 梅雨時のような環境が必要なのです
その前に体力をつけてあげてください

http://www.takeon-ala.jp/   ペンタガーデン
http://www.otentosan.com/shopdetail/007005000045/price/ ヨーゲン2号

液肥を与えるときの注意
溶液に日光(光)に当てない   藻が大量に発生し 水が腐ります  直射日光に当てると水温が上がりすぎて根が煮えてしまいます
溶液は取り替えます 継ぎ足しではなく  一ヶ月に一度程度は取り替えましょう
液肥は暖かな 生育期間にのみ与えてください   寒い時期に与えても無駄ですし 根腐れを起こしかねません
濃度は規定に従い 適正範囲に作ってください 

コップに挿してからかなりの時間が経過していますが その間に枝葉はどのくらい伸びたのでしょうか
普通 10年も経てば かなりの大きさになると思うのだが・・・・

繰り返しになりますが 栄養失調や過度の剪定などで
殆ど伸びていない 新たな葉が作られない 葉が寿命でなくなる・・・・
根を伸ばしても 肥料が殆ど吸えない  根詰まりと同じような状態ではないのでしょうか?


水中用の根と 地中用の根は 構造が異なり 水中用の根は土の中では殆ど機能しません
ですので 挿し木と同じ程度の慎重さが...続きを読む

Qポトスが枯れていく・・・

ポトスを育てています。
そのポトスが日に日に枯れていきます。

今、日中は日のあたるところ(ベランダ)に出しています。
夜は暖かい日はそのまま外に、寒い日は室内に戻しています。

5月くらいから暖かくなったのに成長がよろしくないので、土を栄養成分入りにかえてみました。
しかし、ポトスは日に日に弱って、葉が黄色くなっていきます。

どのように改善すればポトスは復活しますか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ポトスは基本的に室内のできるだけ明るい所で育てる観葉植物です。
直射日光に当てたり、部屋の内外に移動させるのはあまり植物にとってはよくない環境です。

レース越しの光が当たる窓際や、部屋の中の比較的明るいところにおいてあげてください。移動はさせず、葉が光を求めて片方だけに向いてしまった場合、向きを変えてあげる程度でいいと思います。植物が本来は大地から動かないものである事を考えたら、動かす必要がさほどない事は分かると思います。

毎日こまめに水遣りをするのは、常に土をしめらせ、根を腐らせます。根は水を求めて伸びていきます。根を育てるには、ある程度の乾燥が必要なのです。土の表面が乾いてから、鉢底から水が抜けるくらいたっぷり与えてあげて下さい。(週に一度か、それ以下でいいのです)
受け皿に溜まった水は捨てて下さい。

弱っている鉢に栄養分を与えるのは逆効果です。病気で弱っている人に無理矢理ステーキを食べさせるようなものです。

今はできるだけ動かさず、そっと様子を見てあげて下さい。葉がどんどん黄色くなって落ちても、先から綺麗な緑の新芽が出てくれば、回復している証拠です。

こんにちは。

ポトスは基本的に室内のできるだけ明るい所で育てる観葉植物です。
直射日光に当てたり、部屋の内外に移動させるのはあまり植物にとってはよくない環境です。

レース越しの光が当たる窓際や、部屋の中の比較的明るいところにおいてあげてください。移動はさせず、葉が光を求めて片方だけに向いてしまった場合、向きを変えてあげる程度でいいと思います。植物が本来は大地から動かないものである事を考えたら、動かす必要がさほどない事は分かると思います。

毎日こまめに水遣りをするのは...続きを読む

Qポトスの葉っぱが茶色くなってきました!

部屋の中で育てているポトスの葉っぱが茶色くなってきました。
これはどういうことなのでしょうか?
水は3日に一回くらいあげています。

元のようにきれいな葉っぱにしてあげるにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ポトスは条件が良ければぐんぐん育ちますが、空調の風、低温、直射日光、乾燥などに弱いです。
部屋の中でということですので、冷害はないと思いますが、夜間冷え込む場合などは少し注意が必要です。
特に原因が思い当たらなければ、土が乾燥しやすいのかもしれませんので、お水を1~2日に1回くらいに増やしてみて下さい。もし、根付きが悪そうであれば、しばらく水耕栽培に切り替えてみて下さい。
ちなみに、一度葉が茶色くなってしまうと、その葉が元の緑色に復活する事はありません。(もちろん、ツタの先頭は以後も育ちます)

Q観葉植物ポトスの葉が黄色くなる

お世話になります。
最近ポトスの葉が黄色くなります。

葉全体が黄色くなるもの、葉の先端3分の1が黄色くなるものがあります。
葉全体が黄色くなっているものは、茎まで黄色く引っ張ると
すぐ茎の根元ごと取れてしまいます。

まだ全体的に黄色くなっていませんが、段々と多くなってきています。
これはどのような症状でしょうか?また対処法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

こちらが参考になるでしょうか
http://www.bloom-s.net/blog/data/235/235_10.html

Qポトスの植え替え:ヘゴ柱を替えたいんですが

ポトスのつるが伸びて床を這う状態になっています。今現在のヘゴ柱(鉢中央の支柱のようなやつです)は40cmくらいのものです。できればヘゴ柱をもっと長さのあるものにして、伸びたつるをヘゴ柱に沿って上に伸ばしたいのです。ヘゴ柱にはつるがホッチキスのようなもので固定されております。へゴ柱は鉢の土中から水分を吸い上げているのでつるはこのヘゴ柱内部に根(つるの途中から出ている根)を張ってそこから水分を吸収していると聞いたことがあるのでむやみに外して良いのでしょうか。もしできるとしたら新しいヘゴ柱にどうやってポトスのつるを固定させ根をはらすようにすればよいのでしょうか。お教えください。つるの長さは1m以上はあります。今までは切り取って増やしていたのですが、増えすぎて、一つの鉢で大きく(高く)育てたいと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご参考に。

参考URL:http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/potos/potos02.htm#sitate

Qミリオンバンブー助けてください

ミリオンバンブーについて調べているうちに不安は増す一方です。質問が長く、しかも多いのですが、宜しくお願いします。

ついこの間の事ですが、竹部分の先端が少しだけ黄色くなっていました。今日見たら、いきなり広範囲で黄色くなってます。

調べてみたところ、ミリオンバンブーは竹部分に蓄えた栄養素だけで育ててるようなものなので、1~2年しか水栽培は無理であり、黄色くなったらすぐ枯れるとありました。

すでに2年半育てています。土栽培でも良いので、どうにか枯らせない方法はないでしょうか。

が、しかし、土に植えるにしても問題が…。

住宅事情により、本当に小さな鉢(直径9cmくらいまで)しか置けません。日光は全くと言って良い程当たりません。

また、現在、高さ30cm程、節が6cm置きくらいにあり、葉が竹の最上部の節から25cmくらい伸びているのですが(ひょろひょろで、薄い黄緑の葉なのですが…)これでは土に植えた場合の安定性を考えた時、とても危ないように思えます。根は凄く沢山生えています。

短くする方法、安定させる方法はありますか?

また、土についてですが、土はバーミキュライトと赤球土だけの配合でも大丈夫でしょうか?今の季節に植え替えるとして、特に注意する点等ありますか?

植物に関してはまったくの素人なので、宜しくお願いします。

ミリオンバンブーについて調べているうちに不安は増す一方です。質問が長く、しかも多いのですが、宜しくお願いします。

ついこの間の事ですが、竹部分の先端が少しだけ黄色くなっていました。今日見たら、いきなり広範囲で黄色くなってます。

調べてみたところ、ミリオンバンブーは竹部分に蓄えた栄養素だけで育ててるようなものなので、1~2年しか水栽培は無理であり、黄色くなったらすぐ枯れるとありました。

すでに2年半育てています。土栽培でも良いので、どうにか枯らせない方法はないでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

回答に対する補足拝見しました。
取り敢えず遣れることは遣ったとの事で後は生命力に期待しましょう。
きっと良い結果になる事を祈っています。
ところでNo.1にも記しましたようにミリオンバンブーはドラセナ・サンデリアナというドラセナの仲間で一般に高温多湿を好み高温期には十分に潅水し冬季は夜間の最低気温が15℃以上あれば成長を続けますのでsamupiiさんの言われるようにどんどん増え続けて行く事になります。
特にドラセナの寿命は植物の中でも長寿で6000年から7000年と長いようです。
基本的に動物より植物の方が寿命が長いようですがそれは環境に慣れやすいからかも知れません。
私はこの教えてgooの回答暦は1年ちょっとで回答数940回マスターポイントは10000ポイントで解かった様に偉そうに色々書いていますがそれは過去の色々の失敗から得た知識です。
私はかつて120cm×60cm×60cm、水量250Lで重量300kg余りの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹等を飼っていましたが、普段は新しい魚を買ってきた場合は別水槽でトリートメントしてから本水槽に入れるのですがある時それをしなかったために20cmの大きさにまで大きくなったディスカス15匹全部をディスカスエイズという難病で全滅させてしまった事がありますし、異常な暑さだった昨年は20年近く挿し木で増やし続けていたシャコバサボテンの大鉢10個余りををちょっとした不注意でカイガラムシに遣られて全滅させてしまいました。
動物でも植物でも育てる時は細心の注意を払い、ものを言えない相手が何を望んでいるのかを常に注意していち早く察して対処してやる事がよりその物の寿命をまっとうさせて遣れるのだと思います。
samupiiさんのミリオンバンブーがこれからドンドン成長して増えて行くと良いですね。
下記サイトの中のドラセナ・サンデリアーナをクリックし右下の管理方法もご参照下さい。

参考URL:http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/dra-mili0.htm

回答に対する補足拝見しました。
取り敢えず遣れることは遣ったとの事で後は生命力に期待しましょう。
きっと良い結果になる事を祈っています。
ところでNo.1にも記しましたようにミリオンバンブーはドラセナ・サンデリアナというドラセナの仲間で一般に高温多湿を好み高温期には十分に潅水し冬季は夜間の最低気温が15℃以上あれば成長を続けますのでsamupiiさんの言われるようにどんどん増え続けて行く事になります。
特にドラセナの寿命は植物の中でも長寿で6000年から7000年と長いようです。
基...続きを読む

Qポトスの根が出ない

ポトスの葉を拾いました。
小さな破れや穴がいくつかありましたが、元気な状態でした。
茎の先の黒い部分を切り水につけておきましたが、何日経っても根が出ません。
土のようなものも必要なのかもと思い、今はハイドロカルチャーの植物の脇の砂に挿しています。
かなり日にちが経ち、そっと抜いてみましたがまったく根が生えていません。(葉は元気です)
検索をしても正しい増やし方(茎の根本から挿す)しか見つからず、茎の短い葉だけの状態からの増やし方が見つかりません。
葉を挿しただけでは増えてはいかないのでしょうか?

Aベストアンサー

ん~、一枚ですかぁ、
ちょっと厳しいかも知れませんね。
でも、幸せなポトスですね。
うちの子は肥料も貰えないのに、毎年ダラダラ伸びて、今の時期に2メートルぐらい切られ、つんつるてんになってます。
切られたポトスは勿論、ゴミ箱行きです。

ポトスって、
ツル状にダラダラ伸びる茎がって、葉柄(ちょっと細くて3~10センチぐらいの茎)があって、葉っぱがあるのですが、葉柄だけなら厳しいです。
茎と葉柄のひっついている所から根が出るので、拾った葉に、少しでも茎部分があれば大丈夫です。

でも植物は、たった一個の細胞からでも、元の植物体を形成できます。
絶対無理ではないので、気長に見守ってやってください。

Qポトスが元気がないのでなんとかしてあげたいです

8年程育てているポトスが、くたっとして元気がありません。
乾燥して枯れているという感じではなく、“しな~”っとして葉っぱにハリがない感じです。

今までワンルームアパート(2階)の部屋に置いていてこんなことなかったのですが、結婚して一戸建て(平屋)に引っ越したところ、1月位からとにかく元気がないんです。
初めての冬だったので、寒さが原因でしょうか?(ポトスは寒いのがダメなんて、恥ずかしながらこちらで調べてみるまで知りませんでした…知ってからはなるべく日のあたる暖かいところに置くようにしています)

12月位までは寒くても特に大丈夫だったように思うのですが、マメな夫がしょっちゅう水をやったり、(私はズボラなもんで、時々しかあげていませんでした( ̄▽ ̄;)米のとぎ汁が肥料になって良いと聞いたことがあるのでそれをあげたりしているうちに、余計に症状が悪化してきたような感じです(><;

とぎ汁がいけなかったんでしょうか。。。
とにかくこのまま見ているのもかわいそうなのでなんとか対策をとりたいのですが、どのようにするのが良いのでしょうか?
この時期は植え替えはあまり良くないそうですし…

どなたかアドバイスいただけますと幸いです。よろしくお願いします。

8年程育てているポトスが、くたっとして元気がありません。
乾燥して枯れているという感じではなく、“しな~”っとして葉っぱにハリがない感じです。

今までワンルームアパート(2階)の部屋に置いていてこんなことなかったのですが、結婚して一戸建て(平屋)に引っ越したところ、1月位からとにかく元気がないんです。
初めての冬だったので、寒さが原因でしょうか?(ポトスは寒いのがダメなんて、恥ずかしながらこちらで調べてみるまで知りませんでした…知ってからはなるべく日のあたる暖かいところに置く...続きを読む

Aベストアンサー

ポトスは水挿しだけで根が伸び、どんどん葉をつけるほど強く、肥料はほとんど要らないと思います。米のとぎ汁などはダニが付く原因になりかねないので使わないほうが無難だと思います。
あくまで経験談ですが、湿度が低い乾燥した部屋だと調子が悪いようです。また、直射日光はよくないような気がします。明るい日陰でちょうどいいように思います。以前、エアコンのすぐ下で日当たりのよいところにおいておいた青々としたポトスが急に茶化てきて1週間くらいで枯れてしまったことがありました。あるいは温度差がいけないのかもしれません。我が家のポトスは明るいライムの斑なしなので、他の種とは違うかもしれませんが、現在は直射日光の当たらないところに置いて順調に育っています。
どうしても調子が悪く回復出来なさそうなら、元気そうな枝を切り取り、水挿しで一ヶ月くらい置いて根を伸ばしたものを植えなおし、株の更新をしたほうがいいのではないかと思います。
ポトスは調子がよいときにはどんどん枝を伸ばしますから、そのうち余計な部分を切り取り、ウイスキーの空き瓶などに水を入れて挿しておけば勝手に成長します。本当はマメに水換えすべきでしょうが、我が家では数ヶ月放っておいてもぜんぜん水も減らないし、どんどん葉もつけています。3年前に一本買ってきて、それは枯れてしまいましたが、現在でも水挿しで増やした4本が元気に育っています。

参考URL:http://www.yasashi.info/ho_00008g.htm

ポトスは水挿しだけで根が伸び、どんどん葉をつけるほど強く、肥料はほとんど要らないと思います。米のとぎ汁などはダニが付く原因になりかねないので使わないほうが無難だと思います。
あくまで経験談ですが、湿度が低い乾燥した部屋だと調子が悪いようです。また、直射日光はよくないような気がします。明るい日陰でちょうどいいように思います。以前、エアコンのすぐ下で日当たりのよいところにおいておいた青々としたポトスが急に茶化てきて1週間くらいで枯れてしまったことがありました。あるいは温度差が...続きを読む

Q観葉植物のポトスが成長しすぎた場合

お世話になります。

観葉植物のポトスを育てています。

写真のように1つはヘゴ支柱で上に伸ばし、
もう一つはうちわの骨だけのような、木にからませています。

そこで問題なのですが成長しすぎて、鉢の下に根が飛び出しています。

このような場合は今後どのように管理したらよいのでしょうか?
もう諦めてばらしてしまい、小さくして1から育てないとだめでしょうか?

先輩方アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。ポトスを育てていますので良かったら参考にして下さい。
 写真拝見しました。キレイなこんもりとした形に育ってますね。下から根っこが出てきたというのはおそらく根が鉢の中でグルグルになっているんだと思います。植え替えをしてあげると良いですが、もう冬ですので植え替えの適期は過ぎています(5月~7月が適期です)。おそらく沖縄などの暖かい所にお住いか、温室で育てていない限り成長は止まって半休眠状態になります。成長はあまり見込めませんので、これ以上根がガチガチに鉢の中で回ってしまって根詰まりを起こす心配はないと思います。肥料も与えず乾かし気味(鉢土が乾いても2,3日してから水をやる程度)にしてみて下さい。
 どうしても心配なようでしたら鉢からそっと抜き根を崩さないようにして1回り大きな鉢を用意し、ネット+鉢底石+培養土を入れて、その中にそのままの状態で入れると最小限のダメージで植え替えをする事ができます。その後は室内の直射日光がきつすぎない明るい場所で管理してみて下さい。でも大抵穴から1本ぐらいチョロッと根が出てるぐらいでしたら、来年の暖かくなってからでも大丈夫だと思います。種類は違いますがアイビーがそんな状態だったんですが、来春まで待って植え返しましたが、特に枯れる事はなかったですので。
 暖かくなってきたら植え替えですが、ばらさなくても1周り大きな鉢に入れると良いです。いきなり大きな鉢に入れると根腐れになる事がありますので注意して下さい。へゴとかもそのままで注意深く抜いて形を崩さないようにするとそのままの状態で植え替えが出来ます。これ以上大きな鉢にしたくない場合や子株を増やしたい場合は株分けを行うと良いと思います。
 また低温状態が続きますと葉が落ちます。植え替えの時に徒長した茎を切って仕立て直すと見栄えが良くなります。
http://yasashi.info/ho_00008g.htm
http://dictionary.bloom-s.co.jp/etc/kiso7.htm←植え替え方法です。
 ご参考までに。

こんにちは。ポトスを育てていますので良かったら参考にして下さい。
 写真拝見しました。キレイなこんもりとした形に育ってますね。下から根っこが出てきたというのはおそらく根が鉢の中でグルグルになっているんだと思います。植え替えをしてあげると良いですが、もう冬ですので植え替えの適期は過ぎています(5月~7月が適期です)。おそらく沖縄などの暖かい所にお住いか、温室で育てていない限り成長は止まって半休眠状態になります。成長はあまり見込めませんので、これ以上根がガチガチに鉢の中で回っ...続きを読む

Q【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?
あのポットのまま庭に飾ってる人なんていないんですか?

●花屋でポリポット入りの花?を買ったら、家に持ち帰ってズボッと中身を抜いてテラコッタへ移せば完了ですか?
そもそも花屋で買った物は必ず鉢やポットに移し変えるのが常識なんですか?

●栄養のある土(培養土?)ってよく売ってますが、アレってポットやテラコッタを使う人には必要ないですかね?
それとも土をポットなどに敷き詰めてそこへ買ってきた花?を植えるんですか?

以上、宜しくお願いします。

【超初心者】です。花屋でポリポットに入った苗?花?を買ったらその後具体的にどうするのでしょうか?

初歩的な質問ですみません。お付き合いくださりありがとうございます。

家の郵便受けの足元(土です)に30センチ位空きがあるので、そこに動物のテラコッタを置くつもりです。

で、中にお花を入れたいのですが、私29歳にして園芸というかお花の知識がほぼないのです。
お教えください。

●花屋で売ってるポリポットに入ったものは苗なんですか?花なんですか?あのポットは仮の物なんですか?...続きを読む

Aベストアンサー

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入れるより、最初からポットに土を入れた方
が作業がはかどり、人件費も少なくなり価格を上乗せする必要も無くな
ります。家庭でも農家でも、最近ではポットに種蒔きをする人が増えて
いるようです。

ポットに入っている物ですが、花の苗であったり野菜の苗だったりしま
す。ほとんどのポットにはラベルが付けられているので、この苗が何の
植物なのかはラベルを見れば分かります。
樹木の苗に使用されている時は、ラベルは幹に付けられています。

先程に説明しましたが、ポットは一時的に使用する仮の鉢なので、この
まま鉢として使うのは出来ません。素材が黒いため太陽光線で得た熱で
鉢内が蒸れて根を痛めてしまうからです。また植物は生長と共に根を張
らせますから、ポットが破けたりして栽培が出来なくなります。

移植する時にはポットを外し、花壇や土が入った鉢に植えれば作業完了
になります。植物の種類によっては土を少し崩してから植え付ける物も
ありますが、普通はポットを外した状態で移植をします。

培養土とは栄養がある土ではありません。培養土の中に最初から肥料が
混ぜられてあれば、その培養土には養分が含まれている事になります。
そうでなければ、培養土に含まれている栄養は微量ですから、肥料を与
える時期には新たに肥料を施さなければいけません。植物を栽培する時
に、栽培する植物に適応するように作られた土と思って下さい。

テラコッタとはイタリア語で、素焼きの土器と言う意味があります。
1000℃から1300℃の温度で焼かれた焼き物の鉢ですから、通常
は培養土を入れて植物を栽培します。ポットに使用されている土の量と
テラコッタの空間を見比べて下さい。ポットの土の量だけで足りると思
いますか。足りませんよね。

ガーデニングには色んな作業があります。超初心者の方に全てを説明す
るのは難しいので、書店に売られている「はじめての」と書いてある本
を購入して、少しづつ勉強されて下さい。始めは難しいかも知れません
が、慣れてくれば楽しくなります。

まずポリポットと言うのは黒いビニールポットの事だろうと思います。
これは種蒔きの際に使用したり、樹木の苗の土を移植まで落とさないよ
うにする時に、一時的に使用する仮の鉢と思って下さい。
鉢に植えたままの方が購入者は管理がしやすいのですが、生産者側から
すると鉢(焼き物鉢やプラ鉢など)に植えてから出荷すると、コスト面
で採算が合わなくなってしまいます。苗の価格が高くなると購入する人
も少なくなるので、少しでも安くなるように生産者が考えた方法です。
畑に種蒔きをしてポットに入...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報