9月末にドイツへ旅行する予定です。
現地で両替をする際、日本円のキャッシュをマルクに両替する時に
とられる手数料と、クレジットカードで現地通貨をキャッシングする
時にかかる手数料とではどちらの方が多いのでしょうか?
クレジットカードでキャッシングする方が得だということを
ちらっと聞いたのですが本当ですか?

A 回答 (5件)

 ドイツ銀行(連邦中央銀行)の本支店では、外貨両替は無料(のよう)ですが、他の一般の銀行や両替所では、2-4% の手数料が掛かります。

TC に関しても、銀行により無料の所もあります。

-----------------------------------------------------------
手数料については、

CITIBANK  は、現地通過を US$ に換算して、TTS + 3 円
CreditCard は、  〃    〃      27.8%/年(日割り)
(大手カード会社 *1)

(*1)
海外キャッシング/ご融資利率・手数料
年利 27.80%(ご利用日の翌日から返済日までの日割計算)
http://www2.uccard.co.jp/money/cash/cs/index.html

-----------------------------------------------------------
中値(TTM) 120 \/US$ = 対顧客電信売相場(TTS) 121 \/US$ の場合、

CITI (121 + 3 = 124 \/US$)      3/124     = 2.42%
CC  (引落し 25-55 日後、平均 40 日) 27.8 x 40/365 = 3.05%
                        (1.90~4.19%)

-----------------------------------------------------------
TC を含め、どれが得かは一概には言えません。

TC  購入時のレートと使用時の差、使い辛さ、手数料、安全性...
CITI レート変動
CC  引き落とし時期と、レート変動(有利に働く場合も有り)

など、為替レートの影響が大きい(1-2円の変動で、0.8-1.7%分)ので、ご自分の使用方法を十分考慮して決めるしか有りません。

-----------------------------------------------------------
安全性なら TC
ショッピングなら CC で直接決済(手数料なし、レート変動のみ)
キャッシングは、CITI (か、CC)
現金両替は、手数料と煩雑さと危険性を考えると優先順位は低い


 ドイツなら、ATM は街中に、嫌と言うほど目に付きますので、キャッシングには不自由しません。買い物は極力カードですれば、現金はそれほど必要としないのが現代社会でもあります。

 
 

参考URL:http://www2.uccard.co.jp/money/cash/cs/index.html
    • good
    • 0

一番安い方法は、日本でマルクのT/Cを購入していくことだと思います。


手数料を1%取られますが、現地で日本円のキャッシュからマルクに両替したり、キャッシングで現地通貨を得るよりもかなりお得です。
現地でマルクのT/Cを現金にする時も、T/Cを購入した現地オフィス(アメックスやトーマスクックのオフィス)ですれば無料ですし、銀行でも手数料無料の所は探すと結構あります。

円のT/Cを購入していくという方法もあります。
これは現地でほとんどの所で手数料を取られたと記憶していますが、余った場合に帰国後レートの上下の心配なく換金できます。

他にもT/Cのいいところは、盗難の被害に遭いにくい、ということでしょう。
日本人の日本語のサインを真似できる人はそう多くはいません。

蛇足ですが、現地で両替する場合、駅や空港の両替所や銀行よりも街の中の銀行の方が総体的にレートや手数料がいいので、駅や空港で両替が必要な場合は最低限の両替だけにして、残りは街の中の銀行でするのがお得なやり方です。

後は、先に回答が出ていますが、シティバンクを利用するというのもお得かと思います。
    • good
    • 0

私自身は


(1)トラベラーズチェックからの両替
(2)シティバンク口座からの引き出し
(3)クレジットカード払い
の3つを試した経験があります(クレジットカードのキャッシングは経験なし)。
上記の中ではクレジットカードで直接支払うのが一番レート的には有利でした。ただしシティバンクの口座を持っている人なら(1)で、日本のシティバンクで建てたトラベラーズチェック(T/C)を現地のシティバンクで換金するのも有利です(この場合、発行時、換金時とも手数料がかかりません)。

さて本題ですが、金額にもより微妙なところです。
ドイツでの銀行窓口では両替の手数料に関し、「両替額の1.25%、ただし最低10マルク」といった決め方をしているところが多いです。T/Cもこの手数料がかかります。(自行の顧客に対しては無料にしているところもありますが、日本からの観光客にはあまり関係ないですね)
ですから小額のマルク現金がこまめに必要なのであればクレジットカードでのキャッシングを使った方が良いと思います。一定金額(10万円くらい以上)をまとめて両替するなら日本円現金、あるいはトラベラーズチェックからの両替の方が有利になります。

シティバンクを利用してのATM引き出しは有利とは言えないと思います。
確かに換金時の手数料はかからないのですが、レートが必ずしもよくないのです。海外ATMの利用では現地通貨での利用額をいったん米ドルに換算しさらに円に換算した額が口座から引き落とされるのですが、米ドルと円の換算はTTS(対顧客電信売りレート)に3円上乗せされたレートで行われます。現在大体1ドル120円くらいですから2.5%の手数料が乗る計算になります。
ただし、小額の現金をこまめに手に入れたい場合にはシティバンクは重宝します。ドイツの都市にはかなりの確率で支店が見つかります。
    • good
    • 0

こんにちは。



私ももっぱらCITICARD派なので詳しくはわかりませんが、
クレジットカード(以下C/C)の方がレートは良さそうですね。
(急激な変化もあるかもしれませんが・・・)
C/Cのキャッシング手数料とは金利ということですかね?
1ヶ月あたり何%くらいかはカード会社に聞くと教えてくれると思いますが、
会社によっては繰り上げ返済できるところもあるようなので、まずご自分の
カード会社に聞いてみてはいかがですか?
あとはT/Cですかね・・・・
    • good
    • 0

回答にはなっていませんが、Citibank のキャッシュカードを使用して、現地通貨で引き出すのが便利だと思いますよ。

僕は、現地通貨を持たずに到着してから空港などで Citicard で引き出すことが多いです。たぶん、Citibank > クレジット > 現金 の順でお得だと思いますが、確信は持てません。
国内でも、Citibank は、引き出し、振り込みなど無料なので(常に)、とっても便利ですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ