現在造成中の宅地を契約しました。同時に、家も建てたいと思っています。
しかし、この土地は、以前は田で、6月くらいから埋め立てを始めたものです。
去年か一昨年まで米を作っていたと記憶しています。
やはり、このような土地は何年かおかないといけないのでしょうか。
すぐに、家を建てるべきではないのでしょうか。
義父に、すぐ建てるバカがいるか!と言われてしまいました。
みなさん教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

回答の補足に対する回答



積水ハウスさんですか?(大手軽量鉄骨系・3t基礎=ベタ基礎から推測)もし、積水ハウスさんなら
『ちゃんと、地耐力、調べてくださいね!』の一言で全部、やってくれると思います。

>何年か後に、埋め立て部分は沈んだりするのでしょうか???
以前、私が担当した団地はやはり、地耐力が殆どなく10mぐらいでやっと1tという団地がありました。そこでQCBという地盤改良を行ったのですが(廻りの家も大体この方法でやりました)そこは、団地全体が均等に沈んでいき、50mの杭を打っていた駅だけが高さが変わらず駅以外の街全体が沈むという珍しい現象に遭遇したことがありますがこれは極めてまれなケースです。
よほど、地耐力がないときは確かに、配管等が沈み、そのせいで配管が曲がったり逆勾配になったりするケースもありますがこの場合も杭を打つ前に土壌の表層、50cm~1mぐらいをセメントを混ぜて改良し、その後、家を建てる部分に鋼管杭や柱状改良などの方法をとれば問題ありません。

>あと、住宅性能表示制度は10万円かかる事と、大手ハウスメーカーということから、やめようと思っていたのですが、利用したほうがいいのでしょうか。
基本的には入っておいた方がよいと思います。この、制度には賛否両論ありますが貴方のような立地条件であれば入っておく方が賢明です。通常の住宅メーカーの構造部分の保証○×年とか言っている部分には基礎の下(改良部分)は含まれていませんがこの制度はそこを含み後々、補償してくれる制度です。これは余談ですが、もし、建物に対して銀行融資を受ける場合、この制度を適用している建物は利率をサービスする銀行もあるのでハウスメーカーに問い合わせてみてください。
    • good
    • 0

たしか.10年ぐらい置かないと.地盤が安定せず.沈みます。


例としては.国道4号線の草加の4号旧道交差点から.16号との交差点にかけての路面でしょう。時間とともに地盤が沈んで.表面が波打っています。ここは30年ぐらいずっと沈みつづけています。

水田のところは有機物が豊富で.水が豊富であり.埋めるとけんき性発酵を起こします。次第に容積が少なくなりますが.この容積が減るのに10年ぐらいかかります。
もし.急ぐのであれば.水田の下の岩まで土を掘り.砂利を積んでください。これで地盤沈下は防げげるでしょう。ただ価格はそれなりにします。

それと.暗渠排水溝から水が出ていますよね。もし水が出ていなかったり.暗渠排水がなかったりすると.近い将来大きな穴があいたり.造成地全体が流れたりします。近所に引越して来た方でいつだかの大雨で土台ごと流された方がいます。
大型重機を入れた場合には.暗渠排水が壊れますので.暗渠排水を作り直す必要があります。近所の工事を観察していて.暗渠排水を壊すような工事をしている方がいないかどうか見てください。
    • good
    • 0

皆さんがお答えしているので“その後”を書きます。



実家がまさに元田んぼで26年前に造成後父が家を建てました。
鉄筋コンクリート造りだったため、15m下の地盤まで電柱のような杭を打ち込みました。
建て替えを計画して地質調査をしましたが、結果は26年前と同じ結果で、
1mも掘れば水が出るような土地でした。

杭基礎のおかげで家自体が傾いたり沈んだりはしませんが、
回りの土地は変化してるので埋設してある水道管が、20年を超えたあたりから
割れ始めました。駐車スペースなども杭を入れたほうが良いです。

埋まっている基礎は新しい建物には位置が違う為使えず、そのままにして、
新たに鋼管杭を入れる計画でした。

建坪約24坪、延べ床約80坪の鉄筋3階建で杭工事一式ボーリング込みで300万ぐらいでした。最終的に総額からこれを値引きしてくれる予定でした。(積○ハウス)色々な事情で建て替えは止めてしましたが杭基礎さえしっかりしていれば大丈夫だと思います。回りが建て替えたりしてもびくともしませんでしたから。

そんな土地でしたが、べた基礎だったので湿気などは感じた事はありません。
参考になりましたでしょうか?良い家が建ちますように。
    • good
    • 0

No2の方の内容で間違いないと思います。


その場合、お義父様の反対がある以上、お義父様を 納得させないと
いけないんじゃないでしょうか?
お義父様の了解を取る方法としては、
「お義父様は、もうご存知だと思いますが、この方法で施工することで
問題はなくなりました。お義父様の お言葉で私たちも、勉強することが
できました。ありがとうございました」
この トークが一番効くみたいですね・・?

大きなお世話だったかもしれません
すいません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

義父への心配もしてくださって、ありがとうございます。
近々、説得に行こうと思っています。
がんばります。

お礼日時:2001/09/10 01:52

何も方策をせずに建てるのであれば、お義父さまのおっしゃる通りです。


必ず、#2の方がおっしゃるように、それなりの準備が必要です。
(以前は、現代的な対応ができなかったので、お義父さまのおっしゃることが常識だったのです。城造りで有名な太田道灌は、田んぼを埋め立てた土地の上で、しばらく子供達を遊ばせ、地面を踏み固めてもらってから、おもむろに城を建て始めたそうですから)

一昨年、田んぼを埋め立てたあとに家を建てた友人は、改めて掘り返し基礎作りをしなおしてから建てました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういったお話があったのですね。
地盤調査をして、それなりの基礎、改良は、行いたいと思います。

お礼日時:2001/09/10 02:00

私も、半年前に土地を購入しましたが、地盤のことは悩みました.(水田ではありませんでしたが)



下に紹介したサイトを参考にしてはいかがですか?無料相談のありますよ。ちなみに私は、無料相談の結果を見て、設計士と協議して「地盤改良不要」と判断しました。

参考URL:http://www.jiban.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考サイトありがとうございます。

お礼日時:2001/09/10 02:02

私は分譲住宅を造るのをメインにしている会社に勤める技術者(一級建築士)です。


最近の造成地というのは造成完了=建築着工というのが当たり前です。
ちなみに貴方が買った土地の昔、田だった部分に関しての地耐力は5年10年ねかしたところで変わりません。それは地質が変わらないからです。
ただ、後から、造成時に埋め立てた部分に関しては何年か置くことによって圧密という現象で地耐力が出るようになります。
と、いうことは義父様のいうように何年か経って家を建てると貴方の土地は後から造成している部分に関しては地耐力はあるがその下は・・・と言うような状態のところに建てると言うことです。しかし、最近の大手のハウスメーカーは家を建てる前に必ず地耐力の検査をやります。(昔は経験と勘に頼っていました)それによって十分な地耐力が出ない場合には基礎の下に杭を入れたり、地盤改良を行います。仮に田であろうと沼であろうと支持層(十分な地耐力が出た層)を確認できればOKと言うことになります。時々、どこまで行っても支持層が無いなんて土地もあるんですけどね。<そんなときでもやりようはあります。
ですから、大変失礼な言い方かとは思いますが貴方の義父様がおしゃってる事はまさに経験と勘に頼っていた時代の話ですから、すぐにお家を建てても大丈夫です。
ただし、注意して頂きたいのは地耐力を検査しないような施工業者(確信犯&レベルが低い)もいるのである程度、しっかりした工務店とかハウスメーカーに頼むのが賢明です。完成したら見えなくなってしまう物ですが検査と杭の予算はくれぐれもケチらないようにして下さい。
また、湿気によって家の傷みが早くなると言う話が出ていますが造成地の元が田だからと言うのは関係ありません。湿度による家の傷みはどちらかというと気候と結露に左右されるものです。(地中含水量は雨水による物が大半です)もし、地耐力以外の点で気にしなければならないことは水はけが悪い可能性があると言うことです。ただ、それも家を造るときに施工業者に相談すれば土地にグレーチングを入れて雨水を下水に流したりすることも可能ですし、下水が完備されていないような(造成地には少ないかも?)場所であっても蒸発拡散装置などの対処法があります。
多分、それでも心配だと思います。どうしても、心配でしたら住宅性能表示制度を利用すると良いと思います。後々、何かあったときに役に立ちます。この制度の説明の補足が必要でしたら補足要求をして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
一応、大手ハウスメーカー(軽量鉄骨系)での建築を予定しております。
まだ、地耐力検査はしてないのですが、今のところ3t基礎?という、
3tまでしか耐えられない地盤用の基礎で見積もりをとっています。
ですが、検査しだいでは、改良等の処置が必要になるかもしれませんね。
埋め立て部分の地耐力は、後でてくるとのことですが、ということは、
何年か後に、埋め立て部分は沈んだりするのでしょうか???
素人質問ですみません。
あと、住宅性能表示制度は10万円かかる事と、大手ハウスメーカーということから、やめようと思っていたのですが、利用したほうがいいのでしょうか。
よければ、アドバイスお願いします。

お礼日時:2001/09/10 01:53

以前は田んぼで・・・という土地は、ものすごい湿気が


あると聞いています。
お父様のおっしゃるように、普通はかなり置いてから
建てるそうです。
湿気が多いと、家のいたみが早くなりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/10 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅地造成後に贈与した場合について教えてください。

今現在、宅地に造成している農地を造成後に贈与を受けてコンビニエンスストアに貸す予定になっています。今は倍率地域となっていまして、固定資産税評価額も低くこれに倍率をかけても金額的にはそれ程にもならないのですが、宅地造成に1,200万円程かかってしまいます。
固定資産税評価額は1月1日の現況で決まると伺ったのですが、造成が1月末までかかるため1月1日は農地のままです。おそらくこの状態で固定資産税はかかってくるのでしょうか・・。21年中の贈与のため、22年に贈与税の申告をしますが、農地としての固定資産税評価額に倍率をかけて宅地造成費を加算すれば宜しいでしょうか?

Aベストアンサー

相続税法基本通達(財産の評価)
24-3 (造成中の宅地の評価)
造成中の宅地の価額は、その土地の造成工事着手直前の地目により評価した課税時期における価額に、その宅地の造成に係る費用現価の100分の80に相当する金額を加算した金額によって評価する。
(国税庁ホームページより)

固定資産税の課税は1月1日ですから、農地で課税されます。

さて、不動産の評価額は、ひとつでないのはご存知のとおりです。
「簿価」「時価」「固定資産税評価額」「相続税評価額」「実勢価額」などです。

そこで、租税の課税客体としての評価については固定資産税評価額から算出することになりますが、ご質問の場合には、同評価額によって出した農地としての評価額に、造成費用を加算したものが「土地の価額」になろうかと思います。

「貴方のお考えとおりでよい」が結論です。

評価方法については、正しくてもあれだこれだと税務署は言い出すのが好きですので、税務署にて確認して、回答担当者の氏名を記録しておくとよろしいかと思います。

Q宅地造成のコンクリートブロック擁壁

宅地造成の設計を行うことになりました。
地上高が0.8m以下の場合、
コンクリートブロック積(空洞ブロック)の
擁壁にすると前任者より言われました。
(1)コンクリートブロックの擁壁でいいのでしょうか?
(2)構造の根拠(基礎幅等)
(3)その他参考図等の掲載されている本、HP
以上がわかれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

「空洞コンクリートブロック(以下「空洞CB」と略します)」については,とんでもない勘違いをされている専門家が多いようです。町の至る所で,高さ1m前後の空洞CBの擁壁を,それも,一目見ただけで,傾いているのが分かるようなものを見かけます。

(1) 空洞CB,土に接して施工してはいけません。つまり,擁壁に使ってはいけません。土に接しない部分,即ち,塀ならば使えますが・・・
確かに,擁壁に使用したものをよく目にしますが,あれは全部,規準違反です。宅造法に出てくる「間知石練積み造・・・」には,空洞CBは含まれません。#2さんの言うブロック積み擁壁は,「天端の巾が大きく・・・」という文言から判断して,間知石等を念頭におかれた発言であろうと思います。(たぶん,土木系の専門家にとって当たり前な事だから。)

(2) 擁壁の構造については,宅造法に規定されています。URLを参照してください。
http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/4-5-5=takuzoho&rei.htm
土木系では道路や鉄道などで別々の標準図集があり,用途が異なると適用できないことが多いようですが,建築系では何でもかんでも,節操なく準用してしまいます。それでも,空洞CBに関しては,準用する規定がないので,準用もされていません。
ブロック塀ならばあります。

(3) 「よって,正式な参考図や標準図は存在しません。もしあるとすれば,無知な業者又は誰かが勝手に作ったものであって,正式に認められたものではありません。

この場合は,#1さん,#2さんのアドバイスを参考にして,既製品を使用される方が良いと思います。

空洞CBは,擁壁やブロック塀に関する限り,日本全体の約80%程度が間違った使い方をしているというのは,学会の論文などでもよく目にする数値ですが,CBの下敷きになってOO人がなくなったと言う地震等の被害報告や報道があっても,それを真剣に受け止める人は少ないようです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/4-5-5=takuzoho&rei.htm

「空洞コンクリートブロック(以下「空洞CB」と略します)」については,とんでもない勘違いをされている専門家が多いようです。町の至る所で,高さ1m前後の空洞CBの擁壁を,それも,一目見ただけで,傾いているのが分かるようなものを見かけます。

(1) 空洞CB,土に接して施工してはいけません。つまり,擁壁に使ってはいけません。土に接しない部分,即ち,塀ならば使えますが・・・
確かに,擁壁に使用したものをよく目にしますが,あれは全部,規準違反です。宅造法に出てくる「間知石練積み...続きを読む

Q造成工事があるときの地鎮祭

家を新築するにあたり、造成工事(盛土工事)が入りますが、この場合、地鎮祭は造成工事の前にするものなのでしょうか。それとも、後にするものなのでしょうか。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

造成工事の前に行ないます。

参考URL:http://www.glife.co.jp/diary/kami/

Q南ひな壇の造成宅地の側溝について

経験者の方、不動産土地開発関係の方、教えていただけると嬉しいです。
1.南ひな壇になっている宅地はそれぞれの宅地の境目に側溝がついているものなのでしょうか? 私達の宅地の地盤が北側、東側より、ともに1m下がっており、南側、西側(道路)は同レベル(段差なし)の土地なのですが、北側の宅地には側溝が授けられておらず、土留めのコンクリの水抜き穴からの水は全て私達の土地にながれてきている次第です。東側はまだ土留めをこれからするみたいです(こちらは溝がつきそうです)。
2.たとえば私達の土地の地盤を上げようとした場合(予算がないのであくまで希望ですが)、北側の土留めの水抜き穴の位置より高く盛るのは(水抜き穴がふさがるので)無理ですよね?(しかも水抜き穴が結構低い所に作ってあって…)またこの場合南側より私達の土地が50cmくらい高くなるのですがこの際の南側の側溝は誰の義務になるのでしょうか? 北側の宅地は段差があるにもかかわらず彼らの敷地内に側溝をつけていないので、ここで私達が南側に対しても付けるとなると不公平な気がするのですが(結局北側、南側とも自分たちの敷地内に溝をつけることになるので…しかも費用は全部私達?)。
2.今のところないこの北側の側溝、作るとすると私達の敷地内になるのですが、これって私達が全額負担しないといけないのでしょうか?
読みにくいかもしれませんがよろしくお願いします。

経験者の方、不動産土地開発関係の方、教えていただけると嬉しいです。
1.南ひな壇になっている宅地はそれぞれの宅地の境目に側溝がついているものなのでしょうか? 私達の宅地の地盤が北側、東側より、ともに1m下がっており、南側、西側(道路)は同レベル(段差なし)の土地なのですが、北側の宅地には側溝が授けられておらず、土留めのコンクリの水抜き穴からの水は全て私達の土地にながれてきている次第です。東側はまだ土留めをこれからするみたいです(こちらは溝がつきそうです)。
2.たとえば私達の...続きを読む

Aベストアンサー

そもそもご質問者の土地が盛り土して隣と同じ高さ、あるいは現在より高くなり差がそれほど無くなるのであれば土留めは用をなさなくなるので、水抜きも必要ありません。
つまりふさがっても問題ありません。

その水抜きは水がたまることで土圧が大きくかかり崩れるのを防ぐものだからです。

Q日照権(高低差のある隣地の造成・建築)

自宅に隣接する南側の一連の土地に住宅数区画分の造成計画が持ち上がっています。
土地は第1種低層住居の土地です。
我が家に隣接するその土地は、土地の中ほどで段差がつき、我が家の地盤より1~1.5mほど高くなっています。
また、その計画されている住宅の出入りに使われる東側の道路は、隣地の高いほうの地盤よりさらに50cm程度高くなっています。
造成を担当する業者は、この東側の道路の高さを基準に、隣地に盛り土をして造成をすると言っており、我が家の境界に2m強の擁壁ができることになるということです。
造成の時点で我が家の地盤面から2m以上のギャップができ、さらに工事が進んで住宅が建つとなるとおそらく8m前後の「壁」が南側にできると思われます。
当然同じ2階建てでも我が家よりも高い位置に住宅が出来上がると考えられます。
それはいくらなんでもひどいと思い、日照権について調べてみたのですが、このようなケースではどうなるのかがいまいちはっきりしません。
北側斜線や絶対高さの規制はあくまでも造成完了後のすでに2m高くなっている隣地の地盤面を基準に考えられるのでしょうか?
我が家を含め北西側に位置する住宅はみな同じ2m低い地盤面にたっていますが、この2mの高低差は日照に関係する規制には意味をなさないのでしょうか?
また、このような場合の建物の高さの問題では、造成業者には話をしても何も改善しないものなのでしょうか?
造成後の建築業者の方に話をすべきものなんでしょうか?
造成業者になんとか擁壁を低くする工夫をして欲しいと言っても「コスト的に合いませんので…」と軽くあしらわれてしまっています。
市の窓口に相談しても「造成時では将来的な高さの問題は想定しないということで現時点での違法性が無い限りなんともしようがありません」的なことを言われました。

日照や通風など少しでも条件を改善すべく、何かよいアドバイスなどありましたらお願いいたします。

自宅に隣接する南側の一連の土地に住宅数区画分の造成計画が持ち上がっています。
土地は第1種低層住居の土地です。
我が家に隣接するその土地は、土地の中ほどで段差がつき、我が家の地盤より1~1.5mほど高くなっています。
また、その計画されている住宅の出入りに使われる東側の道路は、隣地の高いほうの地盤よりさらに50cm程度高くなっています。
造成を担当する業者は、この東側の道路の高さを基準に、隣地に盛り土をして造成をすると言っており、我が家の境界に2m強の擁壁ができることになるということ...続きを読む

Aベストアンサー

道路より低い土地に建てると一番困るのが排水です。
そういう分譲地の時は北側の低い敷地をまたいで北側に排水するというすごい分譲を見たことがあります。(排水管経路は南の高い土地の所有者の所有敷地となる)それでも、でてきた排水がくさいとかなんだかいろいろ問題になっていました。

そうならないためにもその分譲の方法は仕方がない方法だと思います。高い南側の方は自分の側の道路に排水を流すのですから。

高低差があるほど1低層でも北側斜線の制限は建築地盤面からの計算なので確かに北側の方には不利です。
逆に考えれば、今までがラッキーだったのです。残念ですが、そういう可能性のある土地だったという事です。

たとえ同じ分譲地でも、北や低い土地から分譲するのは定石なのでそういうことは時として起きてしまうのです。

合法であれば、盛り土のよう壁を安全性のあるものにしてもらう、埋める土が有害物質でないなどという事くらいしか監視することは出来ません。
開発がらみなら宅地課や都市整備課などが担当ですので、排水や擁壁の安全性へ不安があれば聞いてみるのはどうでしょう?

道路より低い土地に建てると一番困るのが排水です。
そういう分譲地の時は北側の低い敷地をまたいで北側に排水するというすごい分譲を見たことがあります。(排水管経路は南の高い土地の所有者の所有敷地となる)それでも、でてきた排水がくさいとかなんだかいろいろ問題になっていました。

そうならないためにもその分譲の方法は仕方がない方法だと思います。高い南側の方は自分の側の道路に排水を流すのですから。

高低差があるほど1低層でも北側斜線の制限は建築地盤面からの計算なので確かに北側の方...続きを読む

Q宅地造成の際の要望書の内容について

我家の隣で40戸近くの宅地造成することが決まり、
業者の方が事業概要の通知を持ってきました。

事業に関して要望書を出せると言われたのですが、
内容はどんなものでもいいのでしょうか?

私が要望したいことは・・・
・家の外壁や屋根の色を落ち着いた色にしてほしい。
・我家の隣に建つ家は境界線からできるだけ離して家を建てて欲しい。
・盛土を低くして我が家へ日当たりをできるだけ妨げないでほしい。
等です。

はっきりいって自分本位で個人的な要求ですので、
要望したところでどうにもならないことだと思っていますが、
そのような自分勝手な要求を要望書に書いてもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

開発許可に関わる要望書の話ですね。

>・家の外壁や屋根の色を落ち着いた色にしてほしい。
これは漠然としているのでちょっと書きにくいですね。
人により「落ち着いた色」といってもどれがそうで、どれがそうでないのかという線引きが出来ません。もちろん具体的に色の種類を限定する方法がないわけではありませんけど。。。。(日本ではないが諸外国では統一することはままあります)
より規制の具体的、客観的な指標があればやりやすいのですが。

>・我家の隣に建つ家は境界線からできるだけ離して家を建てて欲しい。
単に隣にというのではなく、敷地境界線から1m以上離すこと、とか明確な規定で書いてください。

上記2つについては、その開発する宅地については上記内容による「建築協定」を締結してほしいという要望にすればよいでしょう。
「建築協定」とは法律で定められている協定であり、上記のような内容を規定するためのものです。

実際に宅地開発ではたとえばブロック塀を禁止して、特定のデザインの塀にするとかそういう協定をすることはあります。

>・盛土を低くして我が家へ日当たりをできるだけ妨げないでほしい。
これは開発において地盤を出来るだけ低くしてほしいという要望として出すのは問題ありません。

ということで、建築協定の要望と、開発許可に当たっての地盤面の高さに対する要望と言うことで、開発許可に関わる要望としてはおかしくありません。

開発許可に関わる要望書の話ですね。

>・家の外壁や屋根の色を落ち着いた色にしてほしい。
これは漠然としているのでちょっと書きにくいですね。
人により「落ち着いた色」といってもどれがそうで、どれがそうでないのかという線引きが出来ません。もちろん具体的に色の種類を限定する方法がないわけではありませんけど。。。。(日本ではないが諸外国では統一することはままあります)
より規制の具体的、客観的な指標があればやりやすいのですが。

>・我家の隣に建つ家は境界線からできるだけ離して家...続きを読む

Q住宅造成に関する法律

旧住宅地造成事業に関する法律(昭和39年法律第160号)と、住宅地造成事業に関する法律は別物でしょうか?
旧住宅地~の第12条第2項を知りたいのですが、検索しても見つかりません。

Aベストアンサー

これでしょうか。
住宅地造成事業に関する法律
昭和39年7月9日  法律第160号

(工事完了の検査等)
第12条 事業主は、第4条の認可を受けた住宅地造成事業の施行地区(施行地区を工区に分けたときは、工区。以下この条において同じ。)の全部について工事を完了した場合においては、遅滞なく、建設省令で定めるところにより、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。
2 都道府県知事は、前項の届出があつた場合においては、遅滞なく、その工事が事業計画に適合しているかどうかについて検査し、その検査の結果工事が事業計画に適合していると認めたときは、建設省令で定める様式の検査済証を事業主に交付しなければならない。
3 都道府県知事は、前項の規定により検査済証を交付した場合においては、遅滞なく、建設省令で定めるところにより、当該施行地区について工事が完了した旨を公告しなければならない。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.saltvalley.ne.jp/warriors/law/19640709h160.html

これでしょうか。
住宅地造成事業に関する法律
昭和39年7月9日  法律第160号

(工事完了の検査等)
第12条 事業主は、第4条の認可を受けた住宅地造成事業の施行地区(施行地区を工区に分けたときは、工区。以下この条において同じ。)の全部について工事を完了した場合においては、遅滞なく、建設省令で定めるところにより、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。
2 都道府県知事は、前項の届出があつた場合においては、遅滞なく、その工事が事業計画に適合しているかどうかについて検査し...続きを読む

Q近所の宅地分譲に伴う造成工事の騒音・振動に悩む

このカテゴリーで質問するのが適切かどうか疑問ですが、間違っていたらその旨をご指摘ください。

約2ヶ月前に「宅地分譲に伴う造成工事について」という通知が某施工業者から配布され、「8月21日から9月30までの予定」ということで、近所で造成工事が行われています(昼間だけ)。
ところが、当該工事は未だ終わらず、振動と騒音に悩まされ続けています。期間延長の“挨拶”もなしに。
当該通知書中の「工事中お気付きの点がございましたら、ご連絡下さい」の記述に基づいて連絡を取ると、担当者と称する人が説明に来ましたが、いつになったら終わるのやらサッパリ要領を得ません。ただ「申し訳ない」の一点張り。

このような工事に関しては、事業主/施工業者は何処かに届けて(予定工事期間も含めて)工事の許可を得ているものなのでしょうか?
そして、このような苦情は何処に申し立てるのが適切なのでしょうか?(市役所とか県庁のどの部署とか、その他?)

Aベストアンサー

> このような工事に関しては、事業主/施工業者は何処かに届けて(予定工事期間も含めて)
工事の許可を得ているものなのでしょうか?

 造成(開発)工事の許可は市役所で受けていると思いますが、工事スケジュールに
ついては特に許可そのものとは関係ありません。
 道路を通行規制している等であれば、警察や道路管理者の許可が必要ですが、
自らの敷地内で行う工事であれば、いつの期間に工事をしても妨げる理由はありません。
 工事車両が道路から出入りする程度であれば、出入りの安全対策は必要でしょうが、
工事車両が道路を通ってはいけないと言う法律もありません。

> このような苦情は何処に申し立てるのが適切なのでしょうか?
(市役所とか県庁のどの部署とか、その他?)

 騒音・振動が、一般の開発工事と比べて著しくひどく、実害が生じているようであれば、
市役所の開発許可(開発工事許可)あるいは環境部門(公害等管轄)への申し立てが
可能だと思います。
 ただ、最も適切なのは、事業主/施工業者への直接申し出だと思います。

> 期間延長の“挨拶”もなしに。

 工事期間の延長があれば、「○月○日まで延びます。すみません」の説明はほしい
ところですねぇ。まったく。

> このような工事に関しては、事業主/施工業者は何処かに届けて(予定工事期間も含めて)
工事の許可を得ているものなのでしょうか?

 造成(開発)工事の許可は市役所で受けていると思いますが、工事スケジュールに
ついては特に許可そのものとは関係ありません。
 道路を通行規制している等であれば、警察や道路管理者の許可が必要ですが、
自らの敷地内で行う工事であれば、いつの期間に工事をしても妨げる理由はありません。
 工事車両が道路から出入りする程度であれば、出入りの安全対策は必要...続きを読む

Qスパッツを穿くときの下着は?

ジョギングをする際スパッツを穿くのですが普通スパッツを穿く時はどんな下着を着けるのでしょうか?下着を着けず直に穿く穿く人もいるらしいのですが自分はどうも落ち着かなくて。前はトランクスを穿いていてスパッツを穿いていたのですが走ってる最中にトランクスが捲れ上がり落ち着かないのとトランクスのラインがバリバリに見えてみっとないので今はスパッツを穿く時だけサポータ感覚で男性向けのTバックを穿いてます。

Aベストアンサー

ジムではバレエ用のTバックのサポーターをインナーにしていました。ラインが出るインナーは×ですから、やはりTバックじゃないでしょうか。通常の運動具店では余り扱っていませんが、バレエやダンス用品の店にあります。

インナーが無くてスパッツが一番外側になる場合は、何らかのインナーを着けるべきだと思いますよ。
ランニング用のスパッツなどでインナーがついているものは別です。

Q隣地の宅地造成中、(おそらく業者に)境界杭を抜かれた。

現在不動産業者が宅地造成中の隣地は自地より高いため、自地内に擁壁(高さ1~2m)があり、境界杭は擁壁の外側にありました。杭は、不動産業者、私、測量士立会いの下で確認し、測量図の写しももらっています。その際、不動産業者は、「宅地造成のため、境界杭を抜くことはしないし、仮に抜くにしても立会いを求める」と言っていました。その後、工事が始まり、今日、何気なく擁壁に登って見ると、隣地は掘り起こされ、擁壁がむき出しにされていました。つまり、境界より控えて擁壁が作られている数cm分、自地を勝手に掘り起こされ、また、境界杭があったはずの土地も掘り返され、杭がなくなっていました。
とりあえず、不動産業者に事情説明を求め、「測量士による境界杭の復旧とその際の立会い」は、要求したいと思いますが、その他、私としては、どういった対処をすればいいのでしょうか。
また、これまで土に隠れていた擁壁の裏側には、鉄筋が1・2cm擁壁から飛び出ているところが何本もあるに気づきました。それが境界を越えるほど飛び出ているわけではないのですが、今後、隣地に住宅が建ち、その住人が飛び出ている鉄筋で怪我などした場合には、私の安全管理責任が問われることもあるのでしょうか。そうならないように、今できることはあるでしょうか。
質問が2つになってしまいましたが、片方だけでも結構ですので、お知恵をお貸しください。お願いします。

現在不動産業者が宅地造成中の隣地は自地より高いため、自地内に擁壁(高さ1~2m)があり、境界杭は擁壁の外側にありました。杭は、不動産業者、私、測量士立会いの下で確認し、測量図の写しももらっています。その際、不動産業者は、「宅地造成のため、境界杭を抜くことはしないし、仮に抜くにしても立会いを求める」と言っていました。その後、工事が始まり、今日、何気なく擁壁に登って見ると、隣地は掘り起こされ、擁壁がむき出しにされていました。つまり、境界より控えて擁壁が作られている数cm分、自地...続きを読む

Aベストアンサー

境界点が国家座標で管理されてる場合、復元精度如何によらずあまり大きな問題となる事は無いと思います。
座標管理されていなければ、境界点と近傍の恒久的な構造物との離れ(引照点)を確認して図面に追加で記載する事も考えられます。
測量関係者に「オフセット」を取る様に指示されれば宜しいでしょう。

擁壁から鉄筋が飛び出していても貴殿土地内で越境していない場合、管理責任を問われる事は基本的に無いと考えます。
仮に怪我をしたと言うのであれば貴殿土地に勝手に侵入したと言う事が出来るでしょう。
しかし、構造物としては対策を講じた方が宜しいかと思います。
放置しておくと錆がコンクリート内まで進み、爆裂してしまう事があります。
鉄筋の「かぶり」を確保できる程度はつり・補修しておいた方が無難でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報