「教えて!ピックアップ」リリース!

チャゲアスのムーンライトブルースと薬師丸ひろ子のステキな恋の忘れ方は曲の雰囲気似てると思いますか?都会のコンクリートジャングル的世界観というか。

A 回答 (3件)

AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)という音楽ジャンルであり、


井上陽水が輸入して日本に紹介したジャンルを、安全地帯が「悲しみにさよなら」「碧い瞳のエリス」のヒットで盤石させたのが1985年なので、
その井上陽水が提供した楽曲が「ステキな恋の忘れ方」であり、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」。
1987年にハウスミュージックとラップが輸入されてくるまでの日本の歌謡ロックはそんな都会のコンクリートジャングル的AORばかりです。鳴きのサックスソロがはいって、女性コーラスがフーッフーいっちゃう。

で、ハウスミュージックの日本初のヒット曲は斉藤由貴「夢の中へ」であり、やっぱり井上陽水カバーアレンジ曲なのです。
    • good
    • 0

似てないです。

コードがまるっきり違います。
ムーンライトブルースはかなり好きだけど
ステキな、、は、私はですが趣味じゃないわ。
    • good
    • 0

あー同じ考えの人いたー

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング