今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000 …
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆既日食、金環日食
>http://www.live-eclipse.org/
>通常の日食では、月のみかけの大きさが太陽より大きいと太陽面を
>完全に覆う「皆既日食」に、また、逆に、月のみかけの大きさが太
>陽より小さいと太陽面が環状に残る「金環日食」になります
----------------------------

という記述を見つけました。

[皆既日食]と[金環日食]の両方が起こりうるのは、
月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?
月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大きく見えて,月が遠くにあるときは小さく見えるのです。

ではなぜ,月が遠くなったり,近くなったりするのでしょうか。

月は地球の周りを回っていることは知っていますよね。
その月のまわる道(軌道(きどう))がまんまるな円ではなく,すこしつぶれた楕円(だえん)形をしているからです。

参考URLのページの真ん中より少し下あたりに
図入りでそのことについて説明してくれています。
よかったら参考にしてみてください↓。

参考URL:http://gate-stfwww06.comet.go.jp/visual2/hoshizo …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
丁寧な回答、すごくわかりやすかったです。

(参考URLの写真も説得力がありました)

お礼日時:2005/04/11 10:56

見た目の大きさが地球や月が楕円軌道を描いているのはすでに回答のあるとおりです。



昨日の場合はこの二つが(ほぼ?)同時に観測できたことではないでしょうか?

今回の場合はおそらく「月が太陽より大きく見える」地点と「月が太陽より小さく見える」地点のほぼ境界にあったため参考URLにあるとおり「今回は見る場所から月までの距離のわずかな違いで、月の見かけの大きさが、太陽より大きくなったり小さくなったりし、皆既日食や金環日食が生じた」のではないでしょうか?

参考URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/ne …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

昨日の例は、
>「月が太陽より大きく見える」地点と
>「月が太陽より小さく見える」地点のほぼ境界
のケースだったから、
皆既日食や金環日食の両方見れたと! なるほど。

よくわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/11 10:59

地球・月・太陽の距離が一定ではないためです。

一般に公転軌道はそれぞれ楕円形です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど楕円軌道のため、距離が変わり大きさが変わるのですね。腑に落ちました。すばやい回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/11 10:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆既日食や金還日食がいつ起こるのか計算する方法を教えてください。

自由研究の参考にしたいと思います。
高校1年生にも分かるように教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

参照URLから計算方法PDFのダウンロードができます。

はしがきを読むと三角関数(sin,cos,tan)と四則演算だけなので高校生にも理解できるとの事です。

ちなみに31歳の俺は3ページで理解不能となりました…orz

参考URL:http://www.astro.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~kenta/eclipse/calc.html

Qいつ金環日食がどこで起きるのか、いつおきるのかがわかる無料アプリありませんか? 金環日食に限定しなく

いつ金環日食がどこで起きるのか、いつおきるのかがわかる無料アプリありませんか?

金環日食に限定しなくても大丈夫です!!!

Aベストアンサー

国立天文台のサイトには、そういった情報が網羅されて載っていますよ。日本以外のものも含めて。
http://www.nao.ac.jp/astro/phenomena-list.html

Q皆既日食追っかけロケット

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、皆既日食がありましたね。

しかし、
地球上では、皆既日食は、ごくたまに、ごく一部のところでしか、
見ることはできないですよね。

でも、ロケットにカメラをつけて飛ばせば、
四六時中、皆既日食を見ることができると思うのです。

そのような計画は、なされているでしょうか。
太陽のコロナを計測するのに、役立つとは思うのですが、
そのような研究はないでしょうかね。

そして、「皆既日食追っかけロケット」は、
どのような軌道を描くのか、ということにも興味があります。

アドバイスでも構いません。
何かあったら、教えてください。

Aベストアンサー

望遠鏡の中に太陽を隠す円盤を置いてあるのです
コロナグラフも同じです

Q太陽と月の見かけの大きさが一緒になったのは(日食が見られるようになったのは)いつごろからでしょうか?

日食として成立するような大きさ関係ができたのは1億年前か10億何前かもっとまえなんでしょうか?それにしてもなぜ現代はちょうど見れる時期になっているのでしょうね?

Aベストアンサー

 
 
 大まかな計算をしてみます、使う数値はここからいだだきました。
http://www12.plala.or.jp/m-light/Basic.htm


1.
地球の軌道半径 = 149,600,000 km(平均)
軌道の離心率 = 0.0167     (別に検索)
より、数学の楕円の式を引用して
最も近いとき = 軌道半径×(1-離心率)
最も遠いとき = 軌道半径×(1+離心率)

太陽の直径 = 1392,000 km
より、
太陽の視直径(最大)= 太陽直径 / 最短距離 = 0.009463 rad
太陽の視直径(最小)= 太陽直径 / 最遠距離 = 0.009152 rad
角度の単位はラジアンを使います。



2.
 月の見え方は上記サイトの値をそのまま使って、
月の視直径(最大)= 角度 33分31秒 = 0.009599 rad
月の視直径(最小)= 角度 29分22秒 = 0.008542 rad
です。



3.
 大小関係は、

  月の最小 < 太陽の最小最大< 月の最大

であるから うまくぴったり重なれば、
月<太陽 のときは 月が太陽の中にすっぽり入る → 金環日蝕
太陽<月 のときは 太陽の方がすっぽり入るから → 皆既日蝕
が起きる、これが現在ですね。



4.
 月は毎年約3センチずつ遠ざかっています。現在の距離は、
  月の視直径 = 月の直径(3476km) / 月の距離
の式を変形して
  月の距離 = 月の直径(3476km) / 月の視直径 …(1)
で計算すると
  最大に見えるとき = 3476km / 0.009599 = 362,121 km
  最小に見えるとき = 3476km / 0.008542 = 406,931 km
です。
(サイトの値と1%ほど違いますが 以下の計算ではこっちを使います。)

将来、月が遠ざかって 「月の最大」が「太陽の最小」より小さくなると 皆既日食が起きなくなりますね。そのギリギリの距離は、
(1)式から
  月の距離 = 月の直径(3476km) / 太陽の視直径(最小)
         = 3476km / 0.009152
         = 379,808km
です。
現在の「月が最大に見える距離」は 362,121 km だから今より 17,687km 遠ざかった時です。年に3センチだとすれば約 5.9億年です。(遠ざかりはだんだんゆっくりになるらしいのでもっと先でしょう。)

過去の月はもっと近かったので 金環食は無かったはずですね。それは「月の最小」が「太陽の最大」より大きかった時代。そのギリギリの距離は、
(1)式から
  月の距離 = 月の直径(3476km) / 太陽の視直径(最大)
         = 3476km / 0.009463
         = 367,325km
です。
現在の「月が最小に見える距離」は 406,931 km だから今より 39,605km 近かった時です。年に3センチだとすれば約 13億年昔です。(昔は遠ざかりが早かったらしいのでもっと最近でしょう。でも縄文時代とかエジプト時代ではなさそうです。)


 人類の歴史のスケールを越えた話ですね、金環食は類人猿の先祖全種族が見てそうです。 なお、「年に3センチ」は単純モデルでは距離の2乗に反比例だったと思います。
それから現在の「月の最大」と「最小」が迫り来るアニメで見れます。↓
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap991108.html
 
 

参考URL:http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/ap991108.html

 
 
 大まかな計算をしてみます、使う数値はここからいだだきました。
http://www12.plala.or.jp/m-light/Basic.htm


1.
地球の軌道半径 = 149,600,000 km(平均)
軌道の離心率 = 0.0167     (別に検索)
より、数学の楕円の式を引用して
最も近いとき = 軌道半径×(1-離心率)
最も遠いとき = 軌道半径×(1+離心率)

太陽の直径 = 1392,000 km
より、
太陽の視直径(最大)= 太陽直径 / 最短距離 = 0.009463 rad
太陽の視直径(最小)= 太陽直径 / 最遠距離 = 0.009152 rad
角度の...続きを読む

Q[皆既日食]と[金環日食]がなぜ起こるのですか?(月のみかけの大きさが変わるのはなぜ?)

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆既日食、金環日食
>http://www.live-eclipse.org/
>通常の日食では、月のみかけの大きさが太陽より大きいと太陽面を
>完全に覆う「皆既日食」に、また、逆に、月のみかけの大きさが太
>陽より小さいと太陽面が環状に残る「金環日食」になります
----------------------------

という記述を見つけました。

[皆既日食]と[金環日食]の両方が起こりうるのは、
月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?
月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

今日(4/10)のニュースを見ていて疑問に思ったのですが、

----------------------------
>ダブル日食…中南米で「金環」、南太平洋では「皆既」
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050409-00000305-yom-int
>環日食は太陽の見かけの大きさが月の見かけの大きさを上回る現象。
>今回、南太平洋上では、太陽が月の陰にすっぽり隠れる皆既日食も起きた。
----------------------------

[皆既日食]と[金環日食]と2種類あるようです。
そこでその違いを調べたら、

----------------------------
>皆...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大きく見えて,月が遠くにあるときは小さく見えるのです。

ではなぜ,月が遠くなったり,近くなったりするのでしょうか。

月は地球の周りを回っていることは知っていますよね。
その月のまわる道(軌道(きどう))がまんまるな円ではなく,すこしつぶれた楕円(だえん)形をしているからです。

参考URLのページの真ん中より少し下あたりに
図入りでそのことについて説明してくれています。
よかったら参考にしてみてください↓。

参考URL:http://gate-stfwww06.comet.go.jp/visual2/hoshizora/annai/0406/hosizora_0406.html

こんにちは。

> 月の見かけの大きさが変わるから、という答えでいいんでしょうか?

だいたい,それで良いと思います。実は太陽も見かけの大きさが変わるので,それだけとも言えません。
でも話がややこしくなるので,月の見かけの大きさが原因で,皆既日食や皆既月食になると考えても良いです。

> 月の見かけの大きさは、なぜ変わるんでしょうか?

地球と月の間の距離がいつも一定ではないからです。
同じ物でも遠くにあるときは,見かけ上小さく見えますね。
それと同じ。月が近くにあるときは大...続きを読む

Q皆既日食(日食)は、何年先まで予測できる?

『次の日食は、○○年○月○日、△△の地方で観測されます』
とかの記事を早くも眼にしました。

素人なりに、地球や月の軌道を緻密に計算してると考えてるのですが・・・。

一体、「何年先」まで予測が可能なのでしょうか?

また、月や地球の軌道って、過去のデータなどから、ずっと変わらないモノなのでしょうか?
僅かずつでも、軌道が変わって来ているのでしょうか?

「天文関係、知識ゼロ」に近い自分です。(^^;ゞ
分かり易い回答を、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

月と地球の距離は年間約3.8cm遠ざかっていますので、いずれは皆既日食はおこらず金環食だけになるでしょう。
距離の移動も考慮すれば数億年レベルでも予測は可能でしょう

しかし、現在全く予測不可能な隕石の影響までは計算できません
月や地球の軌道を変えるほどの隕石がどちらかに衝突したりかすめたりすればその都度計算しなおさなければならないでしょう

もっとも、計算できる生物が生き残っているかどうかはわかりませんが

Q金環日食って皆既日食以上に何か面白いんでしょうか?

楽しみにしている方には まことに申し訳ない質問なのですが...

金冠日食って暗くならないそうですね。日食が起こることを知らなければ外に居ても分からないとか。
コロナが見えたとしても、皆既日食のそれの方がよりはっきり見えるような気がしますし。
ここんとこ毎日毎日 金冠金冠って、 まぁ珍しい現象だとは思いますが、見たところでどうってことないと思うんですが、金冠日食って何が面白いんでしょうか?

いえ、ほんとにそういう質問です。
私が知らないだけ?
皆既日食だったら見てみたいというか、体験してみたいと思うのですが、金冠日食って皆既日食以上に何か見て面白い現象があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学者には貴重なことでしょうが
一般の我々には
ただ金冠が見られるという
それだけなんですよね

太陽の本当の大きさが分かる
月の引力で光が曲がり
本来は見えない部分が見える実験
などなど

以前には
わざわざグァムでしたっけ
海外まで見に行く人もいましたが
素人が行くことじゃないんですけどね

マスコミが騒ぐと
一般人まで騒ぐのがすごいですね

Q7月22日の皆既日食

日食を見に行きたいと思っています。できれば写真を撮りたいと思っていますが,素人なので,ポータブルのデジカメしかありません。

無理を承知で聞きますが,デジカメでも日食を撮れる方法はありませんか?試しに通常の太陽を撮ってみましたが,光量が多すぎるのでしょう,普通にぼやけました。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

コロナを含め、ダイヤモンドリング~皆既中はフィルター無しで撮影できます。

逆にフィルターをつけたままだと写りませんよ(^^)撮影されるときはお気をつけくださいね。

Q皆既日食時の月影

皆既日食中の地表は、月の影の覆われて、それの覆われていない水平線のかなたは夕焼けのように明るいのですが、皆既日食になる前後の、その月影がまだここにないとき、皆既日食中の水平線かなたは夜のようにくらいくみえているでしょうか?

Aベストアンサー

本影錐(ほんえいすい)という意味では、闇夜がこちらにかけてくるのが見えます。

手前みそ、ですが…
http://www.astor-eclipse.com/2009/
 >>>
http://www.astor-eclipse.com/2009/satunan/downroad.html
 >>>
日食ワークシート解説書、をDL

59ページ以降をご覧ください。

Q金環日食の瞬間に見えたもの

金環日食の時、金環日食の周りに、太陽と同じくらいの光量の、細い糸状のリングが、いくつも重なって見えたのですが、わたしだけでしょうか。
金環日食の外側に、同じくらいの大きさの円の輪ゴムをいくつもずらして重ねたような感じです。
輪ゴム状のリングは、本物の金環が幅(厚み)があるのに比べて、細い線で描いたような線の輪です。

私が乱視か老眼なのでしょうか。
太陽のフレアでしょうか。

ちなみに、金環日食の前後の、輪になっていないときには、普通に見えていました。
そんな風に見えたのは金環日食のときだけです。
メガネタイプでしたので、曇っているせいと思い、服で表面をこすり
再度目に当てましたが、やっぱり細いリングがいくつも見えてしまいました。

お分かりになる方、よろしくお願いいたします。

メガネは3分以上続けてみないように、ピンホールの写真を撮りながら、眼を休めていました。
最後に関係ないですが、金環日食のときのピンホールの写真を添付します。

Aベストアンサー

乱視か近視が原因だと思います、私も目が悪いのでいつも夜に月を見たときは、月が複数にズレてたくさん重なりあったように見えます、
そして、今回の金環日食を日食用の眼鏡で見た時も、リングが複数にズレて重なりあったように見えました、眼鏡をかければと残念でした。


人気Q&Aランキング