裁判所の調停委員とは何ですか?
調停委員になるにはどのような資格が必要ですか?
誰がどのような基準で決めるのか?
わかる人お願いします教えてください。

A 回答 (2件)

 多くは学識経験のある人の中から選考しているようです。

ですから,大学の教授ばかりではありません。私の知っている限りでは小中学校の先生をやっていた人や僧侶や税理士や建築技師,そのほか,色々の職業に就いている人がなっています。調停は,法律で白黒つける場所ではありません。お互い納得のいく点で話し合いで解決する方法ですから,少しの法律の知識と多くの智恵を持っている人が選考されることになります。
 調停委員の任命は,地方裁判所または家庭裁判所が行います。しかし,残念ながら,公募等の方法により選考を行っているところは少ないと思います。色々な団体等からの推薦をもらったりしながら選考をしているようです(より公正公平にということであれば,公募といった方向に進むといいですね。司法制度改革審議会であまり触れられていないような気がする・・・。)。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しく教えてくださりありがとうございます。

お礼日時:2001/09/24 07:52

多分、その道に詳しい大学教授とかじゃ、ないですか?


実は、私が以前習ったことのある民法の先生が家庭裁判所の調停委員やってました。
 だから、やっぱり、ある程度法律知っていて、その方面に詳しいひとが、なるのでは?
 例えば,家事審判などは、家族法の教授とか、
 家賃の調停は、借地借家法の専門家とか。
選好基準はよく知りません。知っている人がいたら、おしえてください。僕も知りたいです。
 いいかげんな解答でごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/24 07:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最高裁判所の判事の選出は誰が何を基準に決めているのですか?

最高裁判所の判事の選出は誰が何を基準に決めているのですか?
司法試験合格が必須条件でないなら裁判員裁判、検察審査会のようにくじで選ばれた一般国民になってもらった方が公平性がたもてると思います。

最高裁判所は最後の司法判断をするところで、国賠、行政訴訟の最終判断も行われます。
司法試験に合格していない元外務事務次官の方がいらっしゃるとのことですが、司法試験に合格していなくてもOK、専門的知識なくてOKならば偏った判断がなされないためにも長い間行政機関で働いていた人は避けるべきではないでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問ありがとう。うん、うん、うん、私も大賛成!

司法試験から上がっていくコースだと、裁判官はえ抜き、弁護士出身、検察官出身、の3コース。

裁判官はえ抜きの場合、最初は家裁や簡裁、次に地裁、と「出世」し、そこから先は上級の裁判所から「ひいき」された裁判官たちが高裁や最高裁へと抜擢されます。

この「ひいき」の基準は、一口に言えば「保守」ということ。例えば、

(1) 「疑わしきは罰せず」の原則など何のその、刑事容疑者は片っ端から有罪、重刑

(2) 行政訴訟では、行政側の勝訴、という結論先にありき

(3) 民事なら、個人対個人なら社会的地位の高い者が勝訴、個人対企業なら企業が勝訴、企業対企業なら大きいほうの企業が勝訴

と言うように、要するに「強きを助け、弱きを憎む、TAKEちゃんマン」みたいな判決を多く出す裁判官(だけ)が出世します。(これに関する学術研究も多数。)

検察出身なら、もとから「権力側」です。

弁護士出身の場合も、人権派の起用は少なく、大企業弁護士みたいなのが多いようです。

他方、司法試験以外からの起用コースでは、ご指摘の通り行政官出身の「天下り」と言いますか、権力側の人たちが多いですね。

というわけで、ご質問者のおっしゃる通り、不偏不党なんてお題目だけ、実態は「権力側」の人材で練り固められている日本の最高裁人事。

しかも悪い事に、最高裁(だけでなく高裁も)の判決は、裁判官直筆ではなく、裁判所調査官という司法官僚、つまり行政官が起稿し、裁判官は単にそれを監修しているのみ。

これでは江戸時代の悪代官が偏向裁判を行なっていたのと、何ら変わりません。

日本の裁判は徹頭徹尾、権力側の意のまま。
「裁判を受ける権利」とは、万人に等しく保障されたもののはずですが、その裁判がここまで不公平では、「権利」の意味が無い、というのが悲しい現状です。

この意味で日本は、まだまだ後進国。ヨーロッパより500年、アメリカより200年遅れてます。

ご質問ありがとう。うん、うん、うん、私も大賛成!

司法試験から上がっていくコースだと、裁判官はえ抜き、弁護士出身、検察官出身、の3コース。

裁判官はえ抜きの場合、最初は家裁や簡裁、次に地裁、と「出世」し、そこから先は上級の裁判所から「ひいき」された裁判官たちが高裁や最高裁へと抜擢されます。

この「ひいき」の基準は、一口に言えば「保守」ということ。例えば、

(1) 「疑わしきは罰せず」の原則など何のその、刑事容疑者は片っ端から有罪、重刑

(2) 行政訴訟では、行政側の勝訴、という結論...続きを読む

Q地方裁判所の調停委員

地方裁判所(あるいは家裁)の調停委員は、どのようにして
採用が決まっているのでしょうか?
任期はあるのでしょうか?
ご存知の方、お教えください。

Aベストアンサー

こんにちわ

>どのようにして採用が決まっているのでしょうか?
>任期はあるのでしょうか?
http://www.courts.go.jp/kisokusyu/minzi_kisoku/minzi_kisoku_33.html

「民事調停委員及び家事調停委員は、弁護士となる資格を有する者、民事若しくは家事の紛争の解決に有用な専門的知識経験を有する者又は社会生活の上で豊富な知識経験を有する者」と条文では謳われていますが
地方の小都市(地裁の支部所在地)等の実情は違うようです。

私が出席した調停では、その都市の老舗企業の社長、会長職の方、資産家で民生委員を長らく勤められた方、寺院の住職兼幼稚園、保育園の園長等地元の名士?の方ばかりでした。
色々学ばれて、知識のある方が多いようですけど、名誉職とお考えなのか「なんだかなぁ?」と言う方もおられました。

例えば離婚調停等のケースで、それに知識を有する方て、弁護士を除いてどのような方を指しているんでしょうね、離婚経験者?
私には判りませんが。

ちなみに、調停の斡旋案に不満が有れば拒否できます。
調停不調で訴訟に持ち込めば裁判になります。
費用は掛かりますけど。

こんにちわ

>どのようにして採用が決まっているのでしょうか?
>任期はあるのでしょうか?
http://www.courts.go.jp/kisokusyu/minzi_kisoku/minzi_kisoku_33.html

「民事調停委員及び家事調停委員は、弁護士となる資格を有する者、民事若しくは家事の紛争の解決に有用な専門的知識経験を有する者又は社会生活の上で豊富な知識経験を有する者」と条文では謳われていますが
地方の小都市(地裁の支部所在地)等の実情は違うようです。

私が出席した調停では、その都市の老舗企業の社長、会長職の方、...続きを読む

Q裁判所の管轄(地方裁判所・簡易裁判所)

私は、マンションの1室を借りています。

賃貸借契約書には
「本契約に関する訴訟については、○○地方裁判所を管轄裁判所とする。」
と書いてあります。

訴訟価額が140万円以下は簡易裁判所に訴訟を起こし、140万円を超える場合は地方裁判所に起こすというのが法律の規定ですよね(裁判所法33条)。

この賃貸借に関して140万円を超えない金銭の請求をする場合でも、簡易裁判所ではなく地方裁判所に提訴しなければならないのですか?

もし、契約の規定に従って地方裁判所に提訴しなければならないのだとしたら、どのような狙いがあってそのような規定が入っているのですか?
簡易裁判所で訴訟をするとまずいこと、あるいは地方裁判所で訴訟をしたほうがいいことがあるのですか。
(契約の条文は、もちろん私が作ったものではないので。)

Aベストアンサー

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り離して「有識者」に処理させようということです。もちろん、全部が全部ではないでしょうけれど、簡易裁判所の和解協議では、裁判所側として司法委員だけが臨席して、裁判官は出てこないのが普通です。
「有識者」とはいいつつ、実態は会社役員で一線をリタイアしたおっちゃんとか、子育てがひと段落したおばちゃんとか…、要するに時間がたくさんある人(重ねて失礼!!)が就任しているので、素人的発想で和解協議にいろいろと口を挟んできて、法律的にドライに事件を処理しようとしている当事者-多くは請求を構えている原告側としては、迷惑この上ない(重ねて重ねて失礼!!)という実態があります。

>わざわざ褒められたことではないような条文を入れているとなると、どうしてだろう、と思ってしまいます。
実は、簡易裁判所の裁判官は「司法試験合格組み」の裁判官(判事、判事補)ではないのです。「簡易裁判所判事」ということで、地裁・高裁の定年まぎわの裁判所書記官が、選考などを経て簡易裁判所の裁判官になっているケースが多いようです。
それで、裁判を受ける権利の観点から(訴額が小さくても請求原因が特に複雑な事件については)正式な「司法試験合格組み」の裁判官の判断を受ける途も用意しておくというのが、実際のところでしょうか。
もちろん、質問者さまの指摘されるような「アナウンス効果」(?)も、あり得ると思います。

なお、私の回答の「(したがって、このような管轄合意がある場合、地裁に対する提訴後の移送の問題も生じないことになります。)」という点は、言い過ぎだったと思います。
違管轄の移送は問題になりませんが、ok2007さまがご指摘の「裁量移送」という話はありました。
訂正させていただきます。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sihoiin.html

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り...続きを読む

Q労働関係調整法の斡旋委員・調停委員会・仲裁委員会について質問

労働争議の解決方法として、斡旋委員・調停委員会・仲裁委員会が出てくるようですが、これらの委員・委員会はどこに所属しているどういう組織なのでしょうか??

労働争議を仲裁する役目ならば、労働組合や使用者とは別の団体ですか??

教えてください。

Aベストアンサー

まずは教科書的回答。
○学識経験者から選ばれた公益委員
○労働組合から推せんされた労働者委員
○使用者団体から推せんされた使用者委員
で構成されます。

労働者委員は、『連合系』労働組合の専従活動家が、引退する前の時期に組合の推薦で委員になることが多いです。連合系の独占状態など、選出過程が不透明・不公正で、報酬も良いらしく『労働貴族』と揶揄する人もいます。

あとの二つはよく知りません。

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/churoi/meibo.htm

Q離婚調停が不成立になったら裁判所がつくった調停の資料を申し立て人や相手

離婚調停が不成立になったら裁判所がつくった調停の資料を申し立て人や相手方がとりよせることはできますか?お問い合わせはどこにすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

問合せ先は、調停をした裁判所です。

ただ、家事事件の資料は、実は、
当事者であっても閲覧ができないことがあります。
詳しくは、裁判所で聞いてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報