こんにちは.外国では新学期が9月ということで,日本と若干異なるみたいですが,では例えば私は75年の8月なので75年の4月~76年の3月中に生まれた方々と同学年ということになりますが,外国に行くとどういう感じになるのでしょうか? 75年の9月~76年の8月中に生まれた方々と同学年ということでしょうか? では,どなたかよろしくお願いします.

A 回答 (1件)

74年の9月~75年の8月に生まれた方と同学年です。



ちなみに日本は4月2日~4月1日ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一学年は、なぜ4月2日生まれから翌年の4月1日生まれまでなのか

一学年は、なぜ4月2日生まれから翌年の4月1日生まれまでなのですか?
なぜ4月1日から翌年の3月31日までではないのですか?

Aベストアンサー

学年の始まりが4月1日です
その学年に該当する人は4月1日時点で規定の年齢に達している人です

いっぽう、ある誕生日の人がいますと
その人はその誕生日の前日の夜中の12時に満年齢が1加算されます

この2つの法律によって
4月1日生まれの人は3月31日の午後12時(イコール4月1日の午前0時ですけどね)にその年齢に達したことになり
「4月1日時点で規定の年齢に達している人」に入るため
4月1日生まれまでが該当学年になってしまいます



ところが
保育所の措置年齢はこうではなくて4月1日から翌3月31日に産まれたこどもを○歳時として扱っていたので
学校教育とのずれが生じていたんですよ
現在は学校の学年と同じ基準で取り扱うことになっているようです
これに関してはなにか通達が出ていると思います

たぶん何度も見かけたような質問だと思うので
検索して見てください

Q4月1日生は前年度4月2日~3月31日生と同学年になる理由

年度が替わるのは4月1日なのに、どうしてタイトルのような決まりになっているのですか?
4月1日~3月31日生が同学年では何かまずいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.kit.hi-ho.ne.jp/mory/page/life/hayaumare.html

Q日本の学年は4月3日生~翌年の4月2日生が同じ学年

日本の学年は4月3日生~翌年の4月2日生が同じ学年になるんですよね?確か……(間違っていたらここから訂正して下さい)。

昔は4月1日生~3月31日生だったような気もするのですが、記憶違いでしょうか。

いつから現行の制度になったのでしょうか?

また、昔は「たった1日で上の学年に入れるのはかわいそう」などの理由で、本人(保護者)の希望で下の学年に入れた、なんていうこともあったと聞きます。
本当ですか?
現在は完全に行なわれていないのでしょうか。

なんだかうまく質問文が書けなかったのですが、ニュアンスを組んでお答え下さると嬉しいです。

Aベストアンサー

#04です。全面的に差し替えます
昭和22年に公布された学校教育法第26号では「満6才に達した日の翌日以後における最初の学年から就学する」と決められています。

4月1日生まれの人は3月31日 24:00に満6才となり、法律上は3月31日のうちに誕生日を迎えます。

その翌日は4月1日です。ですから満6才を迎えた(4月1日)に始まる学年に入学することになります(前年の4月2日生まれ~当年の4月1日生まれまでが同学年)

法律ですから勝手に遅い学年に入れることはできません。4月1日生まれの子供は4月2日生まれとして出生届を出して、後の学年に入れたという話は聞いたことがあります。

Q4月1日生まれは学年を選べるの?

4月1日生まれの娘がいます。
今は幼稚園に通っていますが、一番最後の早生まれとして、
前年度の4月2日以降に生まれた子と同じクラスです。

娘が生まれたときに学年のことは調べて、
学校教育法と民法の兼ね合いで4月1日生まれが早生まれになると
納得はしていたのですが、
他のサイトで自治体(そのサイトでは石川と大阪)によっては学年を選べるという書き込みがありました。
なにか法律が変わり、学年が選べるようになったのでしょうか?

Aベストアンサー

本来なら6月に生まれる予定だった赤ちゃんが、3月に生まれ、一つ上の学年になってしまう場合があります。

以前なら、育つことが難しい状況でも、現在では医学の進歩により、かなりの低体重で生まれても成長できるようになりました。

しかし、しばらくはハンデを背負うことになります。

市町村では、就学猶予という制度があります。こういうお子さんは1年遅れて就学することが認められていたと思います。
前からあった制度だと思いますが、最近では、これを使う親御さんが少しづつですが増えてきたと新聞で読みました。

Q問題 1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が1個ずつあるとき、天秤を用いてどん

問題
1,3,9,27,81,・・・,3^n,・・・グラムの分銅が1個ずつあるとき、天秤を用いてどんな種類の重さをはかることができますか。
[Hint:割り算の式の余りを変える]

教えてください!!

Aベストアンサー

○が重さを量りたいもので、X:のXがその重さを表しています。
他の数値は分銅の重さです。
1:○=1
2:○+1=3
3:○=3
4:○=1+3
5:○+1+3=9
6:○+3=9
7:○+3=1+9
8:○+1=9
9:○=9
10:○=1+9
11:○+1=3+9
12:○=3+9
13:○=1+3+9
14:○+1+3+9=27
15:○+3+9=27
16:○+3+9=1+27
17:○+1+9=27
18:○+9=27
19:○+9=1+27
20:○+1+9=3+27
21:○+9=3+27
22:○+9=1+3+27
23:○+1+3=27
24:○+3=27
25:○+3=1+27
26:○+1=27
27:○=27


結果的に全ての自然数(グラム)の重さを計ることができます。
なぜかというと、(左側に○を乗せているとして)
まず○の最少は1グラムで、1グラムの分銅と釣り合います。
○=1

○が1グラム増えると、左が+1になります。
右の1を移して、左が+2、右が-1です。
差が3なので、右に3を乗せて釣り合います。
○+1=3

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
左には既に1があるので、それを取り除けば釣り合います。
○=3

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
先ほど取り除いた1を右に乗せれば釣り合います。
○=1+3

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
今出てきた1と3は全て右に乗っていますが、足りないので次は9を使います。
右の1+3を左に移すと、左は+5、右は-4で差は9なので、9を右に乗せれば釣り合います。
○+1+3=9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
左には1があるので取り除けば釣り合います。
○+3=9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
先ほどの1を右に乗せると釣り合います。
○+3=1+9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
3を取り除くと左が-2となるので、右の1を左に移せば釣り合います。
○+1=9

更に○が1グラム増えると、左が+1になります。
先ほどの1を取り除くと釣り合います。
○=9



これを説明しなおすと、
1を使って1を量れます。1の2倍+1である3を加えると、
1と3を使って、差の2、3そのもの、和の4(1*3+1)も量れるようになります。
1と3で1~4を量れるので、4の2倍に1を足した9を加えると、
9と4の差(=5)~9と1の差(=8)、9そのもの、9と1の和(=10)~3つの和(=4の3倍+1=13)
つまり1~13が量れるようになります。
13の2倍に1を足した27を加えると、
27と13の差(14)~27と1の差(26)、27そのもの、27と1の和(28)~4つの和(=13*3+1=40)
つまり1~40が量れるようになります。

言い換えれば、
「それまで量る事ができる最大の重さ」の2倍に、1を加えた重さ、の分銅を用意する事で、
それまで量る事ができた最大の重さ+1~それまで量る事ができた最大の重さ*3+1
の各重さを量る事ができるわけです。

そして3^n=Σ(3^k)(k=0~n-1)*2+1と表す事ができます。
(等比数列の和なので、Σ(3^k)(k=0~n-1)=(3^n-1)/(3-1)=(3^n-1)/2
 (3^n-1)/2*2+1=3^nです)
つまり3^n(nは自然数)グラムの重さの分銅が1個ずつあるという事は、
(その最大の分銅の重さ-1)/2*3+1=その最大の分銅の重さ*1.5-0.5グラム までの各重さを量る事ができる。ということです。

説明があまり綺麗ではなかったかもしれませんが、とりあえず自然数グラムは全て量れるよ。ということですね。

○が重さを量りたいもので、X:のXがその重さを表しています。
他の数値は分銅の重さです。
1:○=1
2:○+1=3
3:○=3
4:○=1+3
5:○+1+3=9
6:○+3=9
7:○+3=1+9
8:○+1=9
9:○=9
10:○=1+9
11:○+1=3+9
12:○=3+9
13:○=1+3+9
14:○+1+3+9=27
15:○+3+9=27
16:○+3+9=1+27
17:○+1+9=27
18:○+9=27
19:○+9=1+27
20:○+1+9=3+27
21:○+9=3+27
22:○+9=1+3+27
23:○+1+3=27
24:○+3=27
25:○+3=1+27
26:○+1=27
27:○=27


結果的に全ての自然数(グラム)の重さを計ることができます。
なぜかというと、(左側に○を乗せているとして)
まず○の最少...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報