「教えて!ピックアップ」リリース!

アメリカの航空ショーで空中衝突し墜落だそうです。
日本とアメリカどっちが上手いという問題じゃなく、そもそも航空ショーっているんでしょうか?
あまりにリスキーだと思うのですが?

A 回答 (4件)

リスキーですね

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/11/13 18:50

衝突した戦闘機と爆撃機は第二次世界大戦時のプロペラ機ですね。


模擬戦闘でもないのになぜ衝突したのかはわかりませんが。

最新戦闘機のビジネス目的の展示飛行なら、機動性能などを見せるためにふつうの商用機では絶対やらないような飛行は必要でしょう。
空軍の現用機中心の航空ショーは、パイロットの技量や練度を(他国軍に対しても)誇示する効果もありますね。
どちらも優秀なパイロットが操縦するはずですが。
機体を並べて展示するだけでは航空ショーとしてあまり意味がないと思います。危険な曲技飛行だの航空法違反だのと難癖をつける人たちもいますが。

>あまりにリスキーだと思うのですが?

世界中で毎年どのくらの航空ショーが開かれて何機くらいが展示飛行して、そのうち何件の事故が起きているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>世界中で毎年どのくらの航空ショーが開かれて何機くらいが展示飛行して、そのうち何件の事故が起きているのでしょう。
わざわざ落ちるショーをしなくてもいいってことです。

お礼日時:2022/11/13 18:50

航空ショーは元々は見本市なので、そこで商談して契約ということもあるし、宣伝という意味もあるので、メーカーにとっては重要です。



で、曲技飛行とか飛行展示は性能のデモで、中には客集めの目的のものもある。

その昔、パリ航空ショーでソ連の超音速旅客機TU-144がコンコルドの前で墜落したことがあります。ソ連航空業界の威厳を示す目的でしたが、恥をかくことになりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/1973%E5%B9%B4%E3%8 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/11/13 18:50

殺るか殺られるかの


戦技研究、研鑽の為のテクだから
端からリスクは承知の上

ショーならばマージン取って
リスクは回避しているでしょう

兵器や戦闘形態も変遷しているので
ドッグファイトはなくなる方向かもね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/11/13 18:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング