例えばですが、
愛情、信頼、絆、信念、謙虚さ、喜怒哀楽、などの主観的に属すると思われる言葉を、
精神を構成する要素として客観性を持って把握し、
それぞれの関連性を見つけることで、主観の構造を作ることができたとして、それは論理的ということができるでしょうか?

理にかなってる、という表現がありますが、この「ことわり」という文字に現れるように、主観でも、理にかなってる、筋が通ってるという場合、論理性、論理的性質が備わってるといえるでしょうか?~つまり理にかなってるの理は、論理の「理」でしょうか?

言い換えると、主観と客観の接点があるのかないのか、という話しになるのですが。
筋が通ってることは、そこに何らかの整合性を認められることにならないでしょうか?
主観には、論理性は存在しないでしょうか?

脳の働きとして作り出される感情、主観であれば、脳の働きは論理的に記述できるので(脳科学での解明が進めば)
その産物という事もできる感情も、論理に従ってるといえないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

sheep67さん、こんにちは。



たいへん、興味深いご質問だと思います。
僕は「宇宙の理」を学び初めて10年近くの者です。
そこから知り得た情報を中心にして、
ない知恵を絞って回答にチャレンジします。

◆ 主観と客観

 結論から先に申しますと、
 一人の人間が、より広い視座を得ると、
 今まで、客観的事実と思っていたことが
 主観的なものであった、
 ということに気付くということです。
 言葉を変えますと、
 僕達地球人が客観的事実として認識していることが、
 もう少し精神性が進化する(愛と調和に目覚める)と、
 主観にすぎなかったことに気付くということです。
 宇宙間の万人に共通の客観的事実というのはありえず、
 あくまでも、その人(達)の主観であるわけです。
 例えば、太陽は原子核融合反応をしている火の玉である、
 という現代地球人の観測的認識です。
 これが、
 いづれ間違いであったと気付く日も遠くないと思います。
 昔、野良仕事の帰りに
 沈む夕日に手を合わせたおばあさんの方が、
 現代人よりも直観で正しく物事を感じていたということです。

 僕達地球人のほとんどは、
 生活上は五感だけで宇宙を認識しています。
 その五感のうち最も多くの情報を取り入れている視覚でさえ、
 科学の力を借りても、
 キャッチできる電磁波の周波数の範囲の極めて狭いものです。
 まして、地球では波動の種類として、一般的には、
 電磁波、磁気波、物質波の三種類しか知られていませんが、
 この広大無辺な大宇宙にはそれらより、
 より精妙な役割の違う無限段階の光波があるということです。
 僕達が真空と呼ぶ空間にも
 無限の波動が充満しているということです。
 そして、ある生命体の精神性の進化に応じて
 それらの波動の受信能力が徐々に高まってくるということです。
 いってみれば、僕達地球人は、
 宇宙間の人類から観れば発展途上の人類ということです。
 これを知るとき、
 僕達は大宇宙に対して謙虚な心にならざるを得ないと思います。

 現代科学の間違いは、
 主観とか精神性というものを悉く排除してしまい、
 数値で表現したものに最大の尊敬を与えたことです。

 現代文明の首座を占める現代科学は、主として物質科学であり、
 生命現象は解明不能で、そこからは、
 人間にとって最も大切な愛も、誠も、感謝も生まれず、
 根源の大叡智者から無際限に降り注がれる
 大愛の波動をキャッチ出来ず、
 僕達地球人は宇宙から隔絶されている状態です。

◆ 理について

 この大宇宙は無限数の生命が無限の彼方に向けて
 進化するために存在します。
 それ以外に存在理由はありません。

 その生命進化のために
 それぞれの位置にある生命達にふさわしい
 数多くの自然法則が設定されているようです。
 この自然法則に順応する言論を
 「理」があると感じるのだと思います。

◆ 感情について

 地球人は腹を立てるのが上手だそうです。
 まずこの腹を立てない「行」をしなさい、とのことです。
 といっても、始めはなかなか至難です。
 しかし、腹を立てたら反省をする、ということを繰返すうちに、
 少しずつ腹立ちは少なくなるということです。
 僕自身も、これをやり始めて10年近くなります。
 始めは、ホントに至難でした。
 しかし、めげずにやり続けますと、
 僕もまだ完全とはいきませんが、
 腹を立てさせていた人がやさしくなったり、
 または、目の前に現われなくなってきたりします。 
 これが、徐々に腹立ちは少なくなるということと同じことでした。
 喜怒哀楽は進化すると喜々楽々となるそうです。


以上、思いつくまま書き連ねました。
論理性に疑問符がつきますが、ご容赦下さい。
お考えの参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
yoh001さんの御回答を読ませていただくと、とてもスピリチュアル関係にお詳しいとおみうけします。
全くもっともなことを言われてるなと、自分のつたない知識からでもわかりやすく書いていただき、またなるほどと思いました。
全文を通じて、とても馴染み深い内容で、言われる内容はとてもよく分かります。
「おばあさんのほうが直感的に~」全くその通りだと思います。
「いづれ間違いであったと気付く日も遠くないと思います」~その通りかと思います。以前ここで、東洋医学的心理学はあるでしょうか? という質問をしたのですが、少しだけ通じる部分もあるかもしれません。

 また理屈だけでなく、行動を10年続けられてるのもすごいです。見習います。腹を立てない、というのは、感謝をするということに通じるのじゃないかと勝手に思いますが。
喜々楽々とは素晴らしいですね。

個人的に、信仰はないんですが、精神世界関係、ないし、科学、科学的ものの見方、両者に非常に興味があって、両方がマッチングしないのをとても不自然に思ってこういう質問になりました。

いろいろと解答を考えて書いてくださり、ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/14 01:18

質問者さんのご質問を理解しきれているかわかりませんが、


私なりのご意見を。

質問者さんは第2段落で
“主観に論理性を持たせることは可能か”という疑問を提示していますが、
次の段落では
“主観と客観の接点はあるのかないのか”と要約しています。

ここで、私の理解は完全に破綻したのですが・・・

質問者さんは、
「客観的」という言葉と「論理的」という言葉を、
混同なさっていらっしゃいませんか?
これらは似たような言葉に感じるかもしれませんが、
まったく別のものです。

「客観的」とは主観から独立した普遍性を持った状態のことです。
一方「論理的」とは質問さんのおっしゃるとおり
「理にかなった」状態のことです。

例えば「太陽がある」ことは客観的事実といえるかもしれませんが、
そのことを「論理的だ」とは言いません。
逆に「我思うゆえに我あり」のような哲学的な言葉は
論理的といえるかもしれませんが、
この言葉は「客観的だ」とは言いませんね。

つまり、
「主観=非論理的」という等式は成り立ちませんし、
「客観=論理的」という等式も成り立ちません。
「主観・客観」と「論理・非論理」は、
まったく別次元の問題として考えるべきです。


質問者さんのご関心が「客観か主観か」のような言葉遊びにあるのではなく、
心理的事象(感情・意識など)の論理的記述が可能なのかどうか、
ということにあるのであれば、
質問を立て直されたほうが良いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いわれる点は、全くこちらの文章がつたないせいかと思われます。
主観と客観の接点というのは、最初の方で「主観的な要素を、客観視して、精神主観の構成要素として認知する」、と書いたことが自分的には重要な点だと思ってたので、特にこの行のことを言い換えて「主観と客観の接点」と書いたのですが、ずさんな言い方だったと思います。

言われるとおり、主客と 論理非論理とは別物で、紛らわしい文を書いたかもしれません。

上で書いた場合の客観視とは、普通に言う主観客観の客観とは少し違うかもしれません。科学の定義で言う主観の排除したもの、というより、理性(悟性)の認識の対象になりえる、という意味で使っているので、更に紛らわしいのかもしれません。

御指摘ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/14 00:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q難関大合格者に質問 英語の伸びる要素って

英語の伸びる要素ってズバリ何ですか?
自分は今年読解力を養成するつもりで単語は基礎の基礎しか入れずパラリーやリーズニングを中心にやってました

しかしダメでした。正直読むのに苦労した部分がセンターでさえもありました
受験英語の中でも英語っていろいろあるじゃないですか(文法や構文など

全部やるのはもちろんですが必ずこれをやっとけば合格に近くなるってものがいくつかあるのではと思ってます。

難関大(特に早慶合格者に
聞きたいのですが英語を安定してのばすには一年間何を集中してやればいいか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

早慶ではないですが、難関大合格者です。

私の場合、自己流ですが、やはり長文を読むための単語力、構文読解能力が大事だと思います。
内容を理解するのに単語力は必須だし、
構文を見抜けないと意味がわかりませんから。

あくまで私の自己流なので、参考までに。

Q主観&客観についてです。

主観と客観の関係についての、学問の分野とか、あるいはそれらについて考えておられる方いますでしょうか?

クオリアについては多少勉強したんですが、自分の考えとは微妙に志向の軸がずれてるように思われます。

主観の世界と客観の世界を足したら、この世のすべてを網羅することになる、それの法則はつまりこの世のすべてを貫く原則になるという方針で10年ほど考えてみたんですが、同じようなことを考えてる文章や人に出会ったことがありません。
そういう人なり、学問があれば参考になると思って書いてます。

論理的思考ではあっても、科学の枠にとらわれないことで、両者を統一した視点から捉えて、その原則に近づこう、という風な趣旨のものなのですが。

似たようなこと考えてるかたおられるでしょうか?
あるいはそういう学問の分野があるでしょうか?〈文科系と理科系を論理的に統合するような見解といえば近いと思うのですが〉

上のような考えを知っておられる方がいたらぜひ教えてください。お願いします。

補足になりますが、トランスパーソナル心理学は、その論理的組み立てからみて、また違うパート、分野の学問と思われますので、それは除外してます。
脳科学、あるいは、数学の位相幾何学〈トポロジー〉からの発展系としての考えが比較的近いように思います。自分の考えのたどってきた経路を見てきた場合、参考になったもので。ただ、同じというわけではなかったです。

なにぶん一人で勝手に考えてきたもので、似たような考えをご存知の方いたらよろしくお願いします。とても人の考えを参考に〈あてに?〉したいもので。

主観と客観の関係についての、学問の分野とか、あるいはそれらについて考えておられる方いますでしょうか?

クオリアについては多少勉強したんですが、自分の考えとは微妙に志向の軸がずれてるように思われます。

主観の世界と客観の世界を足したら、この世のすべてを網羅することになる、それの法則はつまりこの世のすべてを貫く原則になるという方針で10年ほど考えてみたんですが、同じようなことを考えてる文章や人に出会ったことがありません。
そういう人なり、学問があれば参考になると思って書い...続きを読む

Aベストアンサー

質問に合っているか判らないんだけど、例えば「ニュートンがリンゴの落ちるのをみて、万有引力の法則発見した。」となっているけど、それ以前から、地球には存在していたわけで・・・。あらゆる「法則」や「理論」はすでに在る物に「最初に気がついた人」か「最初に疑問に思った人」ということで、まだまだ人間が気がついていない事象は沢山あるんでしょうね。私は大学も出ていない一般人だけど、哲学の「唯物論」と「唯心論」の対立論争は誤りで、本来一体のものを別々に考えるからおかしくなっていると考えています。もっとも、そうなると「唯心論」を否定しているマルクス・レーニン主義者・政党は無くなっちゃうんだけどね。「文・理の統一」という学問は聞いたことがないし、それぞれの立場上、名の有る学者は自分からは絶対言えないんだろうね。あなたが立証するしかないのでは。応援しますよ。

Q英語の発音に関して人よりもマイナス要素があります。

英語の発音に関してお聞きしたいことがあります。

私はいつもそうなのですが、喋ると(日本語)声が基本的に裏返ります。

特に低い声を出すとほぼ確実に裏返ります。

「声色が一定じゃない」と言った方が良いかもしれません。

そんな私が英語の発音を良くしようと日々頑張っているのですが、

英語は基本的に低めのトーンで話すためすぐに声が裏返ります。

裏返って発音するとすごく声質が高くなりものすごく変な、下手な発音になります。

声が低めで私みたいに声が裏返る事がない、英語に特に興味ない友人にネイティブが話した英文を真似て発音してもらったら、細かい部分(RとLやMとNのような)の発音はそんなにでしたが、全体的にとてもクリアに聞こえ少なくとも必死に毎日上手くなろうともがき苦しんでいる私よりかは良く、ネイティブに近い発音に聞こえました。

正直ショックでした。

なにかこんな私に良い練習方法と言うのはないでしょうか?

発声練習と言った方が良いかもしれません(日本語でさえ裏返る事があるので)。

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

アメリカ人でもビックリしたり、慌てたりすると、声が裏返る人がいますが、それでも、英語をしゃべっています。

ただ、英語でも声が裏返ることは、あまり好ましいことではないので、まず、日本語で、裏返らないような工夫をなさってみたらどうでしょう。それで、日本語で安定した声の出し方が出来るようになったら、それを英語でも活用なさるといいと思います。

キングのスピーチという映画をご覧になりましたか。吃音に悩む王様の物語で、そこにスピーチセラピストが出てきます。ああいう人が日本にいるかどうか、捜してご覧になって、もしいなければ、お考えのように、演劇のサークルで大声を出しながらおなかから声を出すような練習をして、のどを鍛えてみるのもいいかもしれません。

DVDなどで気に入った役者さんやニュースキャスターさんを捜して、その人のまねをするのが、私には効果的でした。耳から入った発音を真似するだけではなくて、口の形を見て、真似をするのが役に立ちました。日本人のように口を縦横に動かすのではなく、イの口をしたまま(横に広げたまま)下唇だけでしゃべっている感じです。

m、p、bを発音する時には上下の唇を閉じます。f、vは下唇を上の歯で押さえるようにします。thは舌を少し出します。rは舌が口の中の後ろのほうに巻き込むようにします。

細かいことですが、気をつけてひとつずつ直してゆくと日本人特有の”Lazy mouth”が直ってゆきます。

いろいろ書きましたが、横に広げた唇のまま話していると、声が裏返ることはないような気がするのですが。。。どうかなぁ。。。ちょっと試してみてください。

健闘を祈ります。

アメリカ人でもビックリしたり、慌てたりすると、声が裏返る人がいますが、それでも、英語をしゃべっています。

ただ、英語でも声が裏返ることは、あまり好ましいことではないので、まず、日本語で、裏返らないような工夫をなさってみたらどうでしょう。それで、日本語で安定した声の出し方が出来るようになったら、それを英語でも活用なさるといいと思います。

キングのスピーチという映画をご覧になりましたか。吃音に悩む王様の物語で、そこにスピーチセラピストが出てきます。ああいう人が日本にいるかどう...続きを読む

Q主観性と客観性の関係について

前の質問の続きになってまうのですが、主観と客観の幾何学的な相互の関係について興味、あるいは考えてる人、学問分野などあるでしょうか?

あと、心理工学という言葉をきいたのですが、どういうことを研究してる学問でしょうか?心象世界の幾何学的構造についての学問でしょうか?
詳しいかたおられたら教えてください。

Aベストアンサー

心理工学とは認知や感情を測定する心理計測応用技術や、人工知能などを扱う学問です。

ちなみに心理学とは「心」を扱う学問ではなく、「心の働きにより生じた行動や反応」を扱う学問です。

なので、
>主観と客観の幾何学的な相互の関係について興味、あるいは考えてる人、学問分野などあるでしょうか?

残念ですが、これは心理学ではなく哲学です。

Q英語リスニングup だけではなく意外な他の要素もあるDVD

リスニングupの為にDVDを借りていますが、勉強と同時
に楽しくやりたいとも考えています。私としてはサスペン
スが好きなのですが、サスペンスの中にも笑えるシーンも
あるとか(ヒッチッコク劇場のように怖い中にもおかしさ
がある)、社会派の映画だけど good figure の女性が
登場するシーンもあるとか、○×だけど○×以外の要素も
あると、あなたが思う洋画を知っていたら教えてください

Aベストアンサー

オードリー・ヘップバーン主演の「シャレード」はサスペンスの中にも何かユーモアがあって、とても面白かったですね。ケイリー・グラントも好い人なんだか悪い人なんだか最後まで判らずドキドキ。全体的にヒッチコックっぽい感じ+コミカル+ロマンス+オシャレと盛り沢山で、とてもお得感がある映画だと思います。

QMe(客観)とI(主観)のバランスについて

何かの本でアイデンティティをなりたたせる自分に対する客観と主観においてそれぞれMeとIとする概念について読んだのですが、「他人からこう思われたい」と望むことと、「他人からはこう見られている」という評価のバランスをとりもつものは何になるのでしょうか。

Aベストアンサー

貴方と他人の間に貴方の像を置いて見え方が一致するためには同じ椅子に一緒に座る必要があります。このようなイメージで考えてみるのはどうでしょうか。

Q英語の文法で、文の要素の補語について

 補語についてちょっと疑問に思うことがあるので教えていただきたいのです。
 文法書では補語になるのは名詞・代名詞・形容詞、あるいはそれに相当する語・区・節であるとありますが、たとえば次のような文では原型不定詞が補語になっていると思いますが、この説明をしていただけるとありがたいのですが。よろしくお願いします。

 They made me sit down again.

Aベストアンサー

不定詞は動詞ですが,to 不定詞に名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法があるように,
名詞・形容詞・副詞と同じ役割を果たしています。

不定詞や動名詞・分詞は,本来の動詞が述語動詞と言われるのに対して,準動詞と言われます。
半分動詞の要素が残っていますが,半分は別の品詞になっている。

だから,名詞や形容詞と同じように補語になれます。
原形不定詞も to 不定詞も to かあるかないかで同じです。

原形だと,現在形と区別がつかず,述語動詞っぽいですが,原形という時点で
普通の述語動詞とは違います。

make/let/have/see/hear/feel など一部の動詞では
+O+原形となる。
多くの動詞(get/tell/ask/want/expect/force など)では +O+to 原形

もう一つの考え方。
このような原形不定詞は補語などではない。

普通の補語の場合,
He made me happy.
の場合,me = happy, I am happy が成り立つ。

They made me sit down again
では,決して me = sit ではない。
I sit という主述関係が成り立つので,I am happy と同じように考えているだけ。
SVOC なら,be 動詞でつながるはず。

これに対しては再反論として,
I am to sit のように,be to 構文的に be でつなげることができる。

このような made me 原形のような表現は専門的には
不定詞付き対格などと言われ,SVOC と考える立場だけではありません。

me sit ... でセットで O という考えが専門的には主流かもしれませんが,
受験英語的には SVOC とする立場が優勢だと思います。
実際には,文型とか,原形が補語だとか,あまり考えない方がいいです。
make O 原形で「O に~させる」という形とわかるだけでいいです。

不定詞は動詞ですが,to 不定詞に名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法があるように,
名詞・形容詞・副詞と同じ役割を果たしています。

不定詞や動名詞・分詞は,本来の動詞が述語動詞と言われるのに対して,準動詞と言われます。
半分動詞の要素が残っていますが,半分は別の品詞になっている。

だから,名詞や形容詞と同じように補語になれます。
原形不定詞も to 不定詞も to かあるかないかで同じです。

原形だと,現在形と区別がつかず,述語動詞っぽいですが,原形という時点で
普通の述語動詞とは違い...続きを読む

Q主観と論理

主観と論理は結びつくものでしょうか?
主観は論理的に解析可能でしょうか?
そういうことをすでにやってる分野はあるでしょうか?
このテーマが心理学に入るのか自信ないのですが書いてみました。

Aベストアンサー

私の知っている範囲で言うと
ゲーム論で近いことをやっている人はいるようです。
ただ、sleep67さんが意図するものと同じかどうかは分かりません。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535552886/250-6485420-6687443

Q英語の質問です

英語の質問です
副詞は文の要素になれないと参考書に書かれていたのですが文の要素とはなんですか?

Aベストアンサー

英語の文には主に5種類の文があります。
これを5文型といい、英語の文で5文型のどれかに分類できない文はありません。

まず、
S:主語、V:動詞、O:目的語、C:補語、M:修飾語
文の要素とは、上のSVOCのどれかです。副詞はMにしかなれません。

そして、5文型を紹介します。

[第1文型]
S+V~:主語+動詞からなる文です。

e.g.1, There is a dog under the table. この文は
    M   V  S   M   
となります。 副詞はSVOCにはなっていませんね?

[第2文型]
S+V+C~:主語+動詞+補語~となります。
見分け方は、S=Cになっているかどうかです。

e.g.2 she is Kumi.「彼女はクミです。」
    S V C
She=Kumiになっていますね?

[第3文型]
S+V+O~:主語+動詞+目的語~となります。
この場合、S≠Oです。

e.g.3 She plays soccer.「彼女はサッカーをします。」
    S V O
彼女はサッカーではないので、Oとなります。

[第4文型]
S+V+O1+O2~:主語+動詞+目的語1+目的語2
見分け方は、O1≠O2

e.g.4 She gave you this present.「彼女はあなたに、プレゼントをあげました。」
    S  V  O   O
「あなた」は「プレゼント」ではないので、O1、O2となり、第5文型にはなりません。

[第5文型]
S+V+O+C~:主語+動詞+目的語+補語
見分け方は、O=Cとなっていることです。

e.g.5 She named this dog Pochi.「彼女はこの犬をポチと名付けた」
    S  V    O   C
イヌ=ポチ なので、O,Cとなります。

このように、文の単語単語のもつ要素(S,V,O,C,M)が文の要素です。
分かりにくいと思いますので、下記を参考にしてください。

http://www.eibunpou.net/01/chapter1/1_2.html

http://www.geocities.jp/catalysttm/grammar.html

高校でみっちり学習するので、中学生の方であれば、さほど気にする必要はありません。
しかし、今のうちに文型を身に着けておくと、後が大分得です。

e.gの文の下に、S,V,O,Cとつけましたが、これを文の構成要素と言い、これを今のうちにつける訓練をしておけば、高校に入ってからも楽ですし、中学校の間でも、実力が上がると思います。

英語の文には主に5種類の文があります。
これを5文型といい、英語の文で5文型のどれかに分類できない文はありません。

まず、
S:主語、V:動詞、O:目的語、C:補語、M:修飾語
文の要素とは、上のSVOCのどれかです。副詞はMにしかなれません。

そして、5文型を紹介します。

[第1文型]
S+V~:主語+動詞からなる文です。

e.g.1, There is a dog under the table. この文は
    M   V  S   M   
となります。 副詞はSVOCにはなっていませんね?

[第2文型]
S+V+C~:主語+動詞+補語~...続きを読む

Q主観に論理性はあるでしょうか?

そのまんまなんですが、
主観、という言葉の定義にもよるんでしょうが、
科学的、という言葉は、主観の排除から始まるので、主観とは相容れないと思うんですが、
論理的、という言葉、論理性は主観と相容れると思われる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

脳のメカニズムが生む心の現象であれば、脳の機能には構造的構成が当然あるので、その産物である、感情、主観も論理的な記述可能な構成をとると思うのですが、
あるいは脳科学的視点以外にも、主観でも世間一般に「理にかなっている」「筋が通っている」などという表現があります。これはある種の論理的な性質を感じるのですがどうでしょうか?
、ほかの方はこの点についてどう思われるでしょうか?

いろんな意見をききたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このご質問は特設アンケートのカテゴリーの問題です。いろんな意見をききたいと申されていますので。又お礼文を利用して反論なさると削除対象になる恐れが有りますので、カテゴリーを変えてご質問されますよう、お薦めします。


人気Q&Aランキング