例えばですが、
愛情、信頼、絆、信念、謙虚さ、喜怒哀楽、などの主観的に属すると思われる言葉を、
精神を構成する要素として客観性を持って把握し、
それぞれの関連性を見つけることで、主観の構造を作ることができたとして、それは論理的ということができるでしょうか?

理にかなってる、という表現がありますが、この「ことわり」という文字に現れるように、主観でも、理にかなってる、筋が通ってるという場合、論理性、論理的性質が備わってるといえるでしょうか?~つまり理にかなってるの理は、論理の「理」でしょうか?

言い換えると、主観と客観の接点があるのかないのか、という話しになるのですが。
筋が通ってることは、そこに何らかの整合性を認められることにならないでしょうか?
主観には、論理性は存在しないでしょうか?

脳の働きとして作り出される感情、主観であれば、脳の働きは論理的に記述できるので(脳科学での解明が進めば)
その産物という事もできる感情も、論理に従ってるといえないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

sheep67さん、こんにちは。



たいへん、興味深いご質問だと思います。
僕は「宇宙の理」を学び初めて10年近くの者です。
そこから知り得た情報を中心にして、
ない知恵を絞って回答にチャレンジします。

◆ 主観と客観

 結論から先に申しますと、
 一人の人間が、より広い視座を得ると、
 今まで、客観的事実と思っていたことが
 主観的なものであった、
 ということに気付くということです。
 言葉を変えますと、
 僕達地球人が客観的事実として認識していることが、
 もう少し精神性が進化する(愛と調和に目覚める)と、
 主観にすぎなかったことに気付くということです。
 宇宙間の万人に共通の客観的事実というのはありえず、
 あくまでも、その人(達)の主観であるわけです。
 例えば、太陽は原子核融合反応をしている火の玉である、
 という現代地球人の観測的認識です。
 これが、
 いづれ間違いであったと気付く日も遠くないと思います。
 昔、野良仕事の帰りに
 沈む夕日に手を合わせたおばあさんの方が、
 現代人よりも直観で正しく物事を感じていたということです。

 僕達地球人のほとんどは、
 生活上は五感だけで宇宙を認識しています。
 その五感のうち最も多くの情報を取り入れている視覚でさえ、
 科学の力を借りても、
 キャッチできる電磁波の周波数の範囲の極めて狭いものです。
 まして、地球では波動の種類として、一般的には、
 電磁波、磁気波、物質波の三種類しか知られていませんが、
 この広大無辺な大宇宙にはそれらより、
 より精妙な役割の違う無限段階の光波があるということです。
 僕達が真空と呼ぶ空間にも
 無限の波動が充満しているということです。
 そして、ある生命体の精神性の進化に応じて
 それらの波動の受信能力が徐々に高まってくるということです。
 いってみれば、僕達地球人は、
 宇宙間の人類から観れば発展途上の人類ということです。
 これを知るとき、
 僕達は大宇宙に対して謙虚な心にならざるを得ないと思います。

 現代科学の間違いは、
 主観とか精神性というものを悉く排除してしまい、
 数値で表現したものに最大の尊敬を与えたことです。

 現代文明の首座を占める現代科学は、主として物質科学であり、
 生命現象は解明不能で、そこからは、
 人間にとって最も大切な愛も、誠も、感謝も生まれず、
 根源の大叡智者から無際限に降り注がれる
 大愛の波動をキャッチ出来ず、
 僕達地球人は宇宙から隔絶されている状態です。

◆ 理について

 この大宇宙は無限数の生命が無限の彼方に向けて
 進化するために存在します。
 それ以外に存在理由はありません。

 その生命進化のために
 それぞれの位置にある生命達にふさわしい
 数多くの自然法則が設定されているようです。
 この自然法則に順応する言論を
 「理」があると感じるのだと思います。

◆ 感情について

 地球人は腹を立てるのが上手だそうです。
 まずこの腹を立てない「行」をしなさい、とのことです。
 といっても、始めはなかなか至難です。
 しかし、腹を立てたら反省をする、ということを繰返すうちに、
 少しずつ腹立ちは少なくなるということです。
 僕自身も、これをやり始めて10年近くなります。
 始めは、ホントに至難でした。
 しかし、めげずにやり続けますと、
 僕もまだ完全とはいきませんが、
 腹を立てさせていた人がやさしくなったり、
 または、目の前に現われなくなってきたりします。 
 これが、徐々に腹立ちは少なくなるということと同じことでした。
 喜怒哀楽は進化すると喜々楽々となるそうです。


以上、思いつくまま書き連ねました。
論理性に疑問符がつきますが、ご容赦下さい。
お考えの参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
yoh001さんの御回答を読ませていただくと、とてもスピリチュアル関係にお詳しいとおみうけします。
全くもっともなことを言われてるなと、自分のつたない知識からでもわかりやすく書いていただき、またなるほどと思いました。
全文を通じて、とても馴染み深い内容で、言われる内容はとてもよく分かります。
「おばあさんのほうが直感的に~」全くその通りだと思います。
「いづれ間違いであったと気付く日も遠くないと思います」~その通りかと思います。以前ここで、東洋医学的心理学はあるでしょうか? という質問をしたのですが、少しだけ通じる部分もあるかもしれません。

 また理屈だけでなく、行動を10年続けられてるのもすごいです。見習います。腹を立てない、というのは、感謝をするということに通じるのじゃないかと勝手に思いますが。
喜々楽々とは素晴らしいですね。

個人的に、信仰はないんですが、精神世界関係、ないし、科学、科学的ものの見方、両者に非常に興味があって、両方がマッチングしないのをとても不自然に思ってこういう質問になりました。

いろいろと解答を考えて書いてくださり、ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/14 01:18

質問者さんのご質問を理解しきれているかわかりませんが、


私なりのご意見を。

質問者さんは第2段落で
“主観に論理性を持たせることは可能か”という疑問を提示していますが、
次の段落では
“主観と客観の接点はあるのかないのか”と要約しています。

ここで、私の理解は完全に破綻したのですが・・・

質問者さんは、
「客観的」という言葉と「論理的」という言葉を、
混同なさっていらっしゃいませんか?
これらは似たような言葉に感じるかもしれませんが、
まったく別のものです。

「客観的」とは主観から独立した普遍性を持った状態のことです。
一方「論理的」とは質問さんのおっしゃるとおり
「理にかなった」状態のことです。

例えば「太陽がある」ことは客観的事実といえるかもしれませんが、
そのことを「論理的だ」とは言いません。
逆に「我思うゆえに我あり」のような哲学的な言葉は
論理的といえるかもしれませんが、
この言葉は「客観的だ」とは言いませんね。

つまり、
「主観=非論理的」という等式は成り立ちませんし、
「客観=論理的」という等式も成り立ちません。
「主観・客観」と「論理・非論理」は、
まったく別次元の問題として考えるべきです。


質問者さんのご関心が「客観か主観か」のような言葉遊びにあるのではなく、
心理的事象(感情・意識など)の論理的記述が可能なのかどうか、
ということにあるのであれば、
質問を立て直されたほうが良いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いわれる点は、全くこちらの文章がつたないせいかと思われます。
主観と客観の接点というのは、最初の方で「主観的な要素を、客観視して、精神主観の構成要素として認知する」、と書いたことが自分的には重要な点だと思ってたので、特にこの行のことを言い換えて「主観と客観の接点」と書いたのですが、ずさんな言い方だったと思います。

言われるとおり、主客と 論理非論理とは別物で、紛らわしい文を書いたかもしれません。

上で書いた場合の客観視とは、普通に言う主観客観の客観とは少し違うかもしれません。科学の定義で言う主観の排除したもの、というより、理性(悟性)の認識の対象になりえる、という意味で使っているので、更に紛らわしいのかもしれません。

御指摘ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/14 00:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q難関大合格者に質問 英語の伸びる要素って

英語の伸びる要素ってズバリ何ですか?
自分は今年読解力を養成するつもりで単語は基礎の基礎しか入れずパラリーやリーズニングを中心にやってました

しかしダメでした。正直読むのに苦労した部分がセンターでさえもありました
受験英語の中でも英語っていろいろあるじゃないですか(文法や構文など

全部やるのはもちろんですが必ずこれをやっとけば合格に近くなるってものがいくつかあるのではと思ってます。

難関大(特に早慶合格者に
聞きたいのですが英語を安定してのばすには一年間何を集中してやればいいか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

早慶ではないですが、難関大合格者です。

私の場合、自己流ですが、やはり長文を読むための単語力、構文読解能力が大事だと思います。
内容を理解するのに単語力は必須だし、
構文を見抜けないと意味がわかりませんから。

あくまで私の自己流なので、参考までに。

Q主観を構成する要素の定義?

例えばですが
喜怒哀楽や、自信、信念、愛、謙虚、恐怖、自己肯定感、信頼感、絆、存在、一体感、自由、感謝などの言葉(が表すもの)は、主観(心)を構成する要素として確定してもいいものでしょうか?
こういった言葉は、主に文学表現や詩など一般の文章でよく使われる心を表す言葉で 数多くあります。
つまり、主観(心象世界)の構造全体を構成する要素一つ一つとみなして不自然ではないでしょうか?
これらの文系的言葉(とその意味するもの)を、数学での集合での要素のように扱えるものでしょうか?

あるいはそういう扱いをしている学問は存在しているのでしょうか?詳しい方教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#5です。
「信念と信仰の関係の集合論的表記について」という質問を読ませていただきました。

ちょっと掟破りですが,
先の質問に関して参考意見を述べさせていただくなら,
ウィトゲンシュタインの「哲学探究」のなかで論じられている
「言語ゲーム」や「家族的類似」という観点が示唆を与えてくれるような気がします。
それはまた認知心理学や認知言語学におけるカテゴリ研究とも深い関連を持ってます。
少し御自身で調べてみてください。

質問者さんの問題意識の所在はどうやら
認知科学,現象学,分析哲学の三者が作る三角形の中にありそうですね。
この三角形は現在では「心の哲学(philosophy of mind)」という新しい研究領域に発展しています。

取っ掛かりとしては以下の著作あたりをお勧めします。
先刻御承知なら失礼。

 柴田正良 『ロボットの心/7つの哲学物語』 講談社現代新書
 橋爪大三郎 『「心」はあるのか/シリーズ・人間学〈1〉』 ちくま新書

現象学については先に述べましたが,
認知科学と現象学の接点については
『ロボットの心』の著者による次の論考が参考になると思います。

認知科学に現象学は何を寄与しうるか
http://web.kanazawa-u.ac.jp/~philos/phenomenologie.htm

#5です。
「信念と信仰の関係の集合論的表記について」という質問を読ませていただきました。

ちょっと掟破りですが,
先の質問に関して参考意見を述べさせていただくなら,
ウィトゲンシュタインの「哲学探究」のなかで論じられている
「言語ゲーム」や「家族的類似」という観点が示唆を与えてくれるような気がします。
それはまた認知心理学や認知言語学におけるカテゴリ研究とも深い関連を持ってます。
少し御自身で調べてみてください。

質問者さんの問題意識の所在はどうやら
認知科学,現象学...続きを読む

Q

要素をインライン要素にしての右寄せ

<p>要素をインライン要素にしての右寄せ

【以下、HTML】
.text{
font-size:12px;
font-weight:normal;
margin:0px;
padding:25px 0px 0px 35px;
}

<div class="text">
<img src="-" style="vertical-align:-2px;margin:0px 10px 10px 15px;"><a href="-">リンク</a><p style="text-align: right;display:inline;">あいうえお</p><br></div>

上記の「あいうえお」の部分を画像やリンクと並列したく、インライン要素で右寄せしたいんですがどうしたらいいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きちんと仕様書くらいは読んでおきましょう。
そもそも、CSSをきちんと適用させるためには正しくマークアップされたHTMLが必要です。

されたいことは、画像をリストのマークにしたリンクリスト(ナビゲーションリスト)だと思いますから、
<ul class="nav">
 <li><a href="">リンク</a><span>あいうえお</span></li>
 <li><a href="">リンク</a><span>あいうえお</span></li>
・・・・
<ul>

とマークアップすべきですね。全くスタイルシートを使わないときでも文書の構造が分かるようにマークアップするのがHTMLの基本中の基本です。この場合<p></p>内に書かれている情報は別段落ではないですから、<p>paragraph・・段落でマークアップするのは間違いです。
 そのうえで、たとえば次のようにスタイルシートを書きます。そのほうが簡単ですね。

サンプルHTML 4.01Strictです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<title>見本</title>
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<style type="text/css">
<!--
ul.nav{
list-style-image: url("http://cmm001.goo.ne.jp/img/logo/goo.gif");
margin-left:auto; margin-right:auto; width:300px;
line-height:2ex;
}
ul.nav li{width:100%; position:relative;padding-left:10px;margin-bottom:1ex;}
ul.nav li a{position:relative;top:-1.5ex;}
ul.nav li span{display:block;position:absolute;right:0px;top: 2ex;color:red;}
-->
</style>
</head>
<body>
<h1>見本</h1>
<h2>ナビゲーションリストの横配置</h2>
<ul class="nav">
<li><a href="">リンク1</a><span>あいうえお</span></li>
<li><a href="">リンクリンク</a><span>かきくけこさしす</span></li>
<li><a href="">リンクだよ</a><span>せそ</span></li>
</ul>
</body>
</html>

きちんと仕様書くらいは読んでおきましょう。
そもそも、CSSをきちんと適用させるためには正しくマークアップされたHTMLが必要です。

されたいことは、画像をリストのマークにしたリンクリスト(ナビゲーションリスト)だと思いますから、
<ul class="nav">
 <li><a href="">リンク</a><span>あいうえお</span></li>
 <li><a href="">リンク</a><span>あいうえお</span></li>
・・・・
<ul>

とマークアップすべきですね。全くスタイルシートを使わないときでも文書の構造が分かるようにマークアップするのがHTML...続きを読む

Q主観に論理性はあるでしょうか?

そのまんまなんですが、
主観、という言葉の定義にもよるんでしょうが、
科学的、という言葉は、主観の排除から始まるので、主観とは相容れないと思うんですが、
論理的、という言葉、論理性は主観と相容れると思われる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

脳のメカニズムが生む心の現象であれば、脳の機能には構造的構成が当然あるので、その産物である、感情、主観も論理的な記述可能な構成をとると思うのですが、
あるいは脳科学的視点以外にも、主観でも世間一般に「理にかなっている」「筋が通っている」などという表現があります。これはある種の論理的な性質を感じるのですがどうでしょうか?
、ほかの方はこの点についてどう思われるでしょうか?

いろんな意見をききたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

このご質問は特設アンケートのカテゴリーの問題です。いろんな意見をききたいと申されていますので。又お礼文を利用して反論なさると削除対象になる恐れが有りますので、カテゴリーを変えてご質問されますよう、お薦めします。

Qselect要素のvalueを配列で取得したいです

select要素のvalueを配列で取得したく、下記のサンプルを動かそうと試みました。

<html>
<head></head>
<body>
<form>
<!-- ここに<select name="c1">~<select name="c20">の20個のselectがあるとする -->
</form>
<input type="button" value="はい" onclick="test(this.form)">

<script type="text/javascript">
function test ( form ) {
var values = new Array();
for ( var i=0; i < 20; i ++ ) {
var elm = form.elements['c'+i];
values[i] = elm.options[elm.selectedIndex].value;
}
}
</script>
</body>
</html>


このようなサンプルを動かそうとしたのですが、
var elm = form.elements['c'+i];のところの['c'+i]が正しくないようで
「elm is underfind」というエラーが出てしまいます

<script>
function myForm (form) {
var values = new Array();
for ( var i=0; i<20; i++ ) {
var elm = form.elements[i];
values[i] = elm.options[elm.selectedIndex].value;
document.write(values[i] + "<br />");
}
}
</script>
インデックス名を'c'+iからiにすると取得できるのですが、
ブラウザが読み込みをやめない状態になってしまいます。
select要素のnameはc1から始まりc20と何も換えていません。
何が間違っているのでしょうか。

select要素のvalueを配列で取得したく、下記のサンプルを動かそうと試みました。

<html>
<head></head>
<body>
<form>
<!-- ここに<select name="c1">~<select name="c20">の20個のselectがあるとする -->
</form>
<input type="button" value="はい" onclick="test(this.form)">

<script type="text/javascript">
function test ( form ) {
var values = new Array();
for ( var i=0; i < 20; i ++ ) {
var elm = form.elements['c'+i];
values[i] = elm.options[elm.selectedIndex].value;
}
}
</script>
</b...続きを読む

Aベストアンサー

具体的にはこんなかんじ

<script>
function test(f) {
var values = new Array();
for ( var i=0; i < 3; i ++ ) {
var elm =f.elements['c'+(i+1)];
values[i] = elm.options[elm.selectedIndex].value;
}
alert(values);
}
</script>
<form>
<select name="c1">
<option value=""></option>
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>
<select name="c2">
<option value=""></option>
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>
<select name="c3">
<option value=""></option>
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>
<input type="button" value="はい" onclick="test(this.form)">
</form>

具体的にはこんなかんじ

<script>
function test(f) {
var values = new Array();
for ( var i=0; i < 3; i ++ ) {
var elm =f.elements['c'+(i+1)];
values[i] = elm.options[elm.selectedIndex].value;
}
alert(values);
}
</script>
<form>
<select name="c1">
<option value=""></option>
<option value="1">1</option>
<option value="2">2</option>
<option value="3">3</option>
</select>
<select name="c2">
<option value=""></option>
<option value="1">1</option>
<option value="2...続きを読む

Q偏った愛情、本当の愛情

偏った愛情はどの様な事で、どの様な心理なのでしょうか?

また、本当の愛情とは?

回答者様の経験や知識などでお答え頂けるとありがたいです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

前者は自分が対象にしてあげたい事をする。
後者は対象に対して最も有益な事を考えて実行する。
静観するのも選択肢の一つになり得る。

Qエクセルで枠線

エクセルで枠線を消す場合、バックを真っ白する場合。

シート全体はできますが、(オプション、枠線オフ)

一部分のみ枠線なしはできますか?

A1:H10まで枠線なし。

Aベストアンサー

任意のセル(A1:H10)を指定して、
セルの書式設定→パターンタブ→セルの網掛けの色を白にする。
見た目の枠線はなくなります。

Q人間に対する愛情 VS 動物に対する愛情

私は動物(特に犬)が大好きです。 TV でワンコが虐待されたり、捨てられている報道を見ると涙がでます。 その反面、アフリカで数分に一人の子供が亡くなっている、という報道を見ても、ふぅーん、と思うだけです。  過日、姉たちと話していて「私が死んだら、日本盲導犬協会に ○百万 と、動物愛護教会に ○百万 寄付する。」と言ったところ、一人の姉が「あなたはちょっとおかしいんじゃない? 動物に寄付するくらいなら可愛そうな人間の子供にどうして寄付しないの?」と 言われました。

確かに、私は時々、他人から「あなたのワンコに対する愛情は人並みはずれている。」 ある人は「異常。」とまで言いました。
2010年に16歳半になる愛犬と 父を亡くしましたが、愛犬の死後はずっとないて暮らしました。 父の死に関しては 姉から連絡を受けたときは少しなきましたがそれだけでした。

心理学的にみて、私の精神はどのように分析できますか。

Aベストアンサー

 ・感動や愛情表現は、自分に近いものが「優先」です。

  犬が身近にいる。ふれあいが愛情を育てます。

  遠くの国の悲惨な出来事を意識したとき

  それが「身近」になった時には、涙が出ますが、無視する人は多いでしょう。

  自分の気持ちに「近い」ものに、感情や愛情の高まりが生まれ育ちます。

  自然な心の動きですね。

 ・ちなみに、お姉さんが、協会への寄付の話のとき

  「おかしいんじゃない?」と、かわいそうなこどもへの寄付をうながしたのは、

  お姉さんにとっては、どちらも、その当時は、どうでもよかったからです。

  普通一般常識として、より高度な存在の「人間」への寄付を、

  正義感風に言っただけです。

  その後、お姉さんは、かわいそうな子供のために寄付しましたか?

  もし、していないなら、単なる話題として、社会正義を説きたかっただけでしょう。


 ・愛犬の死とお父様の死は、本当はレベルの違うものですが、

  あなたにとっては、「自分に近いものに愛着を感じる」ように

  感情表現がかたむいています。それがあなたの「自然」なのでしょう。

    (愛情を注ぎ、その愛にこたえてくれたので、その死を悼む)

  身近なものの死を悲しみ、泣いて暮らすのは、自然なことですから。

  それに、たくさん泣いて、たくさん悲しむと、次に「死」を体験したとき、

  心がブレーキをかけます。

  その人のからだや精神を保護するためです。

  脳は、深い悲しみを持ち続ける経験を、繰り返したくないので。

  かなり、ダメージをきつく感じていたのでしょうね。

 ・あなたと同じように、愛犬の死に号泣して、数ヶ月、

  食事がのどを通らなくなった人がいます。

  夫は、自分が死んだら、どんなに悲しんでくれるのだろうと

  感激しました。

  でも、実際に亡くなると、彼女の悲しみはそんなに深いものにならないで

  涙も少しでした。似たような人は、けっこういるものです。


 ・誰の死にも、誰の悲惨な現状にも涙する人もいます。

  マザーテレサさんのように。

  自分のいる場所で、身近な人や動物達に愛情を注ぐのは、

  少し高度な愛情の表現方法を見つけた人ですね。

  「 心に かわかない涙を 」・・・です。

  あなたの明日にステキなことがありますように。

 ・感動や愛情表現は、自分に近いものが「優先」です。

  犬が身近にいる。ふれあいが愛情を育てます。

  遠くの国の悲惨な出来事を意識したとき

  それが「身近」になった時には、涙が出ますが、無視する人は多いでしょう。

  自分の気持ちに「近い」ものに、感情や愛情の高まりが生まれ育ちます。

  自然な心の動きですね。

 ・ちなみに、お姉さんが、協会への寄付の話のとき

  「おかしいんじゃない?」と、かわいそうなこどもへの寄付をうながしたのは、

  お姉さんにとっては、どち...続きを読む

Q簿記の5要素の区別

昨日から簿記を独習している者です。

収益・費用の要素について質問させて下さい。

収益は、「純資産を増加させる要因」、費用は、「純資産を減少させる要因」と定義されています。
確かに売上高等は、純資産を増加させる「原因」です。
しかし、「結果」として現金等の資産が増加するならば、あえて企業活動の時点で捕捉せずとも、資産・負債・純資産の3要素のみで処理すれば良いように思えます。

そこで、質問なのですが、収益・費用要素を用いて仕訳処理する一番の目的は、P/Lを作成するためであって、1年間の企業活動の成果を把握するために、あえて財政状況の変動要因である企業活動という原因行為を捕捉していると理解しても良いでしょうか?

もし、上記のように目的のために収益・費用という要素で処理しているのではないとすると、費用と負債、資産と収益の区別はどのようにすれば良いのでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ですが、過去ログを見てもしっくりこなかったので、質問させて頂きました。
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おおむねその理解で構わない。PL作成目的は言い過ぎではあるけどな。企業の将来性判断のためには過去の利益情報も有用だから、収益費用を捕捉して開示している。

資産、負債、収益、費用の定義は下記URLなどが参考になるだろう。現在は資産負債アプローチがトレンドだ。
http://www.azsa.or.jp/knowledge/glossary/assets-liabilities-approach.html

Q矛盾し、葛藤を続ける日々に別れを告げ、自分を1本化し信念を持ちたい

 んですが、どうしたらいいでしょうか?。

 方向性はあり、それを具体的に噛み砕き形成している段階なんですが、我武者羅に集中できません。

 どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。

いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決できません。

どうしたらいいのかは、言わずもがな全て、あなたの意識次第です。間違いなく言えることは、今までのその感情に理性が流され負けているうちは、何ともならんでしょうね。
やりたければ、マジの本気を出すことですよ。
上っ面でカッコつけ頭だけで考えているうちは不可能です。性格なんてそうたやすく変えれるほど甘くはありません。
やりたければ、どうしたらなんて考えるまでもなく
必死になってやるだけでしょうね。

くどいようですが、するかしないか・・ただそれだけの話です。
別に我武者羅でなくても、方向性に少しづつでも進んでいくのであれば、それで十分リッパだと思いますがね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報