♂1歳ダックス(ワイアー)を飼ってます。

去勢の相談に地元の動物病院を訪れたときのこと。
「去勢→テストステロン分泌抑制→筋肉量低下→肥満傾向→ヘルニア」
ということで、最近あまり積極的には去勢を勧めなくなってきており、
6歳くらいまでは去勢しない方が良いとのことでした。

ダックスは胴長でヘルニアになりやすいことからも、ある種説得力のある意見だと思います。
市販されている本を読む限りでは去勢したほうがいいと思っていたので面食らいました。

家に帰ってから早速ネットで去勢に関して調べると、気になる文献が1つ見つかりました。
去勢後の犬の行動変化の聞き取り調査(約100頭)で、体重増加、食欲増加、活動量の低下の副作用が50%以上というものです。
ただ、この文献では椎間板ヘルニアに関しては触れられていませんでした。

メリットがデメリットを上回る限りは去勢したほうがいいと私は考えます。
ただデメリットの部分を知らな過ぎました。

そこで質問です。

・「去勢→椎間板ヘルニアの危険度UP」は杞憂に過ぎないのか
・去勢するとしたらいつ頃がいいのか
・去勢後の体重増加(活動量低下+食欲増加)の克服法

上記3つの質問に関して(1つでも構いませんので)アドバイスいただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ふたたびこんにちは。

たいへん鋭いご指摘ですね。

私のいう獣医学的な事実とは、「科学的な根拠が、獣医学専門誌において学術報告として示されているかどうか」です。なお最初に念のため申し上げますが、獣医師個々の経験には意味がないとか、そういうことを言っているのではないことをご理解下さい。

医学も獣医学もそうですが、教科書に事実として書かれている事柄の裏には、必ず科学的に事象を確かめた学術論文があり、それを根拠として書かれています。ですので、教科書の各単元の最後には、引用した学術論文のリストが、数ページにわたって連なっています(省略される場合もありますけど)。従って教科書を読んで診療に当たる医師・獣医師の行動は、科学的な裏付けによるものです。

それに対し、単なる個人の経験には科学的な根拠はなく、個人の経験でしかありません。科学的に関連性が示されていれば、つぎに同じことが起こった場合、再び同じことが起こる可能性は非常に高いと言えます。しかし根拠が薄い情報の場合、次にも本当に同じことが起こるのか、誰にも分かりません。逆に出る可能性も十分にあるのです。

今回のトピックの場合、
・数頭いた、ということだが、何十頭の経験の内の数頭なのか?
・その割合を考えた場合、去勢を行っていない雄と同じ条件で比較した場合、確実性を持って明らかにリスクが増えると言えるのか?
・そもそも筋肉の強度と椎間板ヘルニアの関連性は、犬では証明されていない(人間での事実は、必ずしも犬においては事実ではありません)。犬の筋力をどうやって客観的に測ったのか?そのことと椎間板ヘルニアの発症にはどのような相関があるのか?
・・・・などなど

また、そもそも人間の椎間板ヘルニアと犬の椎間板ヘルニアとは発症機序が全く異なります。人間の場合は(実は私自身も患者ですか)多くの場合、腹筋と背筋の筋力のバランスが悪くなることで背骨が反ってしまい、その圧力で椎間板が脱出する、というのがメカニズムとして説明されています。しかし、犬の場合は背骨にはそもそも人間のように体重がかかっていませんから、上記の説明は当てはまりません。そうではなく、犬の場合にみられるほとんどのケースでは、犬種の特性として生まれつき背骨を形成する軟骨の強度が弱く、そのことが原因で椎間板が脱出するのだと説明されています。したがって、犬の場合、筋力と椎間板ヘルニアの発症との間に相関性があるとは、私には考えられません。

このように私の視点から見るとツッコミどころが満載で、やはり少なくとも今の段階では信用に足りる情報であるとはいえません。誤解しないで頂きたいのですが、わたしはその獣医さんを非難したり、そのウデを否定するようなつもりはまったくありません。

私は獣医ですから、私の行動には責任を持たなければなりません。私は出来るだけ信頼性の高い情報に基づき、より安全で確実な獣医療を提供したい。このように考えていますので、今回のような情報は、信頼には足りない、と判断します。

なお、筋力というのは使っていればつくものです。性ホルモンによって単一的に決められているわけではありませんので、その点は誤解無きよう。犬の1歳前後というのは、やはり生涯の内でも非常に活動量が豊富ですから、それに従って筋肉も太くなるでしょう。だんだん活動量が落ち着いてくれば、それに伴う生理的な反応として筋肉が細くなるのは当然のことです。ですから、こうした事柄は私にはごく生理的な一般的なことに見えますので、これを去勢と関連づける十分な理由は無いのではないか?という印象を持ちます。

なお、ミニチュアダックスの場合、やはり運動は適度にしておくべきで、過剰に飛んだり跳ねたり走ったりは、なるべく避けた方が良いですよ。筋力が鍛えられる前に、背骨が悲鳴を上げることになる可能性を常に考えなければなりません。

最後ですが、最終的に去勢手術を行うかどうかは、様々な要素を総合的に考えて、飼い主さんが決めるべきものだと思います。私の今回の回答は純粋にその獣医さんの言葉に対する私の考えを述べただけのもので、それ以上の意味はないことを申し添えておきます。

この回答への補足

nyanzowさん、こんにちは。

まず、しばしば登場する獣医さんに関してですが、
ここの動物病院は結構繁盛しているようで、
いわゆるウデは確かなのかなと思います。
ただ、去勢に対する考え方はどうやら持論のようです。
筋肉が落ちるというのは豊富な臨床経験から実感したようですが、
去勢しない方が良いという考えには、
ある種の思想的なもの(必要だからついてる物をとってしまうのはよくない的な)も反映されているようです。
よって、この獣医さんは、nyanzowさんのご指摘の通り、科学的根拠に基づいて去勢を勧めていないわけではなさそうです。

さて、そこで質問になるわけですが、
「去勢はとりあえず止めたほうが良いと勧めてきたこの獣医さんの病院で手術してもらっていいものでしょうか?」
というよりは、
「この獣医さんに手術してもらうためには何と言ってお願いするべきでしょうか?」
私は田舎暮らしのため、近隣にあまり動物病院がありません。
基本的にウデは確かだと思うので、ここの獣医さんを邪険にはしたくないのですが、
われわれ素人が専門家に向かって意見するというのは結構抵抗があるものです。
逆に、専門家にしてみれば、素人に意見される(「先生はそうおっしゃいますが、本にはこう書いてありますよ」とか)は、正直むかつくことでしょう。
ちなみにこの獣医さんは決して悪い人ではないんですが、
いわゆる昔ながらの医者タイプ(父権主義的なとでも申しましょうか)です。

ちょっと答えづらい質問だとは思います。
こちらの意図がうまく伝わっていないかもしれませんが、
この文章から汲み取れる範囲でアドバイスして頂けたらと思います。

ちょっと話は逸れるかもしれませんが、
獣医さんの業界ではインフォームドコンセントやセカンドオピニオン等の位置づけはどんなものなのでしょうか?
併せてご回答頂けたらうれしいです。

またまた乱文で恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

自分の文章を読み返すと、私って単なる心配性なのかなぁと思えてきました。

補足日時:2005/04/11 20:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nyanzowさん

素人の私でも理解できる丁寧なご回答ありがとうございました。
モヤモヤ感がスッキリした感じです。

ということで、虚勢手術に踏み切ろうかと思いますが、そこで1つ聞きたいことあります。
新規で掲示板を立てるべきなのかもしれませんが、
nyanzowさんにご回答頂けるのを期待しつつ、
補足欄にまた追加させて頂きたいと思います。

昼休みが間もなく終わってしまうので、
投稿できるのは夜になるかと思います。
虚勢手術にあたっての注意点等に関しての質問です。

お礼日時:2005/04/11 12:43

みたびこんにちは。



まず一つ言えることは、獣医に遠慮する必要はないということです。患者さんはお金を払って受診しているんだし、獣医を選ぶのは患者さんです。

可能な選択肢を示し、リスクと利益を説明し、患者さんに選択してもらう、というのが本来のあり方なのだろうと私は思っています。でも獣医も人間ですから、いろいろです。獣医から言わせてもらえば、患者さんもまた色々です。インフォームドコンセントを大切にし、熱心に質問なさる患者さんもある一方で、どちらかというと詳細な説明は望まず、獣医によるリードを期待される方もいらっしゃいます。後者の場合は全く逆で、獣医師が即断しないことを理由に獣医のウデを不審がったりされる場合もあるので、なかなか難しいのです。そのあたりは正直、私も悩むところです。でもポイントは要するにコミュニケーションを良く取ることだと思います。それを遠慮していては、獣医と患者(飼い主)さんとの良好な関係を築くのは遠くなってしまうと思いますので。

それからまあ、言い方一つで角が立ってしまう場合というのもあるのは事実でしょう。真っ向から否定したりせず、やんわりと、希望の方向へ持って行かれればいいのでは?そうですね、「先生のご心配は有り難いのですが、やっぱり通常通りに去勢をお願いしようと思います」なんてどうでしょう(^_^)?

あとは、周りの評判は評判として、自分に合う獣医かどうかはそれとして考えて、判断されてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nyanzowさん

返答遅れて申し訳ないです。
丁寧なご回答、ありがとうございました。

来月くらいに手術に連れてこうかなと思っております。
その時はnyanzowさんのトーク例、使わせていただきます。

長期にわたってのご回答、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/16 08:54

こんにちは。



全くのデマです。そうした事実は、獣医学的には確認されていません。そもそもミニチュアダックスは犬種特有の体質的な原因で椎間板ヘルニアを発症しやすくなっています。去勢の有無はまったく関係ありません。

去勢の時期には、獣医学的には特別適した時期、というのはありません。4-5ヶ月経過していて、健康に問題がなければ手術を行うことが出来ます。

去勢を行うと体重が増加すると言いますが、これは単に摂取カロリーをきちんとコントロールし、適度な運動を心がけることで防ぐことが出来ます。多くの場合は餌の与えすぎが原因です。給餌量を計量し、体重の増減をチェックしながら調節することで肥満は十分に防げます。

ご質問にある資料がどういったものかは分かりませんが、一般に、犬は1-2才までは非常に活発で運動量も豊富ですが、それを過ぎると少しずつ活動量は落ち着いてくるのがふつうで、ちょうど一般的に去勢が行われる時期にも重なります。ですから、そうした変化が本当に純粋に去勢によるものか、単に生理的な変化を反映しているのか、厳密には分からないのではないでしょうか。

この回答への補足

「椎間板ヘルニアと去勢との因果関係は必ずしも否定できないが、飼い主がケアすることでそのリスクは軽減できる。メリットがデメリットを遥かに上回るのだからできるだけ早く去勢しよう。」
これがたぶん私の最終的な結論になると思います。

ただ、疑問点はクリアしておきたいのでもう少しお付き合いいただければ幸いです。

獣医さんもピンきりでしょうが、去勢とヘルニアの因果関係を指摘したのもまた専門家ということです。
「去勢→筋力低下」は理論的に納得できますし、「ヘルニアの予防には筋力を鍛えるのが1番」というのは人も犬も同じというのもまた然りです。
問題はこれが持論なのか、有力な考え方なのかということです。
最近のダックスブームに伴って臨床データが揃ってきた結果、専門家の中では早期去勢を疑問視する声が上がってきたのかな、とその獣医の話を聴いたときは思ってしまいました。
専門家のnyanzowさんのご回答を拝読した限りでは、この獣医の考えは一般的ではないようです。
ただ、この病院で去勢後、お尻の筋肉が目に見えて落ち、後に椎間板ヘルニアになったダックスが数例いたというのは事実のようです。
うちのダックスは今はムキムキのお尻をしてますが、そのお尻がやせ細ってしまうかブヨブヨになってしまう、そんな姿を想像すると、やはり心配になってしまいます。
でも、杞憂のような気もします。

この文を書いてるうちに、自分の考えもだんだん整理されてきました。
冒頭で述べたように近いうちに去勢手術に連れて行こうと思います。

乱文で失礼しました。

補足日時:2005/04/10 22:27
    • good
    • 1
この回答へのお礼

nyanzowさん

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
去勢の時期と活動量に関する指摘は、自分にはなかった視点でなるほどと思いました。

補足欄を設けましたので、よろしければご回答お願いします。

お礼日時:2005/04/10 23:43

去勢→椎間板ヘルニアの危険度より階段の上り下りや段差のほうが椎間板ヘルニアの危険性が高いのではないでしょうか?


自分のお世話になっている獣医さんでは、そのように教えてもらって、階段はもちろん散歩のときの玄関の上り下りも抱いています。

去勢については、足を上げてのオシッコ(マーキング)を覚える前が良いと言われました。
生後6ヶ月以内が良いそうです。

体重の増加については、普段の生活や運動量、餌によっても違ってくるようですが、ウチのは特に問題もなく毎月の診断で健康そのものと言われてます。

餌も半生は食べが良いのですがアレルゲンの問題や歯石やアゴのことを考えるとドライタイプがよいとアドバイスもらいました。

その前に通っていた獣医は、部屋の中で犬は飼うな!
外で暮らすことが犬本来の姿と罵声を浴びせられました。
犬もそうですが獣医さんも多種多様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mr_rengelさん

早速のご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
階段の上り下りが腰に負担がかかること、
ドライタイプの餌のほうが良いことなどは知りませんでした。

去勢の時期は早いほうが良いのかどうかは、もう少しいろいろな人意見を聞いてから決断したいと思います。

獣医選びも犬のためには大切ですね。

お礼日時:2005/04/10 21:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成犬の去勢についてです。 オスのボーダーコリー2歳の犬を飼っているのですが、散歩中どこでもマーキング

成犬の去勢についてです。
オスのボーダーコリー2歳の犬を飼っているのですが、散歩中どこでもマーキングをします。
ドッグランによくいくのですが
マウンティングをオス メスによくして
犬に怒られてもこりずにマウンティングします。
マウンティングするのは犬だけで飼い主や
人にしたことは一度もありません。
噛み癖もなく比較的おとなしい性格の犬なんですが、去勢してマーキングとマウンティングが
少なくなればいいなと思ってますが
成犬で去勢で性格変わらないのは2割いると
言われました。成犬で去勢された方
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

難しい問題ですね。私も悩みました。ウチの愛犬は、3歳8カ月で停留睾丸のため去勢しました。ビビリで、大人しい性格です。去勢はできることならしたくなかったのですが、病気のリスクを減らすため去勢しました。去勢後の変化ですが、お散歩中のマーキングは以前の7割くらいになりました。女の子をしつこく追いかけていましたが、今は、追いかけますが、ある程度クンクンしたら、さっさと離れるようになりました。未去勢のオスにはあまり近寄らないようになりました。ドッグランではマウンティングされそうになります。その他は少し甘えん坊に、なった気がします。
知り合いの柴犬は2歳半で去勢してから性格が、ガラリと変わってしまい、同居犬以外とは遊べなくなり他の犬に会うと歯をむき出し唸り、攻撃するようになっています。
去勢のメリット、デメリットを考えて決められたらと思います。

Q椎間板ヘルニアのダックス 針治療について

6歳半のミニチュアダックスの♀です。突然ギャンと叫んだ後、後足がおかしくなり歩行がおぼつかなくなりました。診断は椎間板ヘルニアで、ステロイド点滴をして48時間様子を見るとのことですが、12時間経過後で変化は出ていません。痛覚はあります。針治療をさせたいのですが、千葉北西部、または少し遠くでもよいお医者さんはありませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア、内科的治療、今後の針治療とのことですが。
ヘルニアの起き方によっては外科的にしか治らない病態もあります。
ハンセンI型、II型。また痛覚反射と知覚反射の違いなど。
検査はどこまでされているのでしょうか(各種神経反射、脊髄造影、最近ではペットでもMRIもあります)。
最近はペットでも各種東洋医学を用いていますが、今回のケースでは、先生と検査・外科的治療(紹介も含め)について十分相談されたほうが良いのではないでしょうか。

Q犬の去勢をしないメリット

犬を去勢をするメリットは色々ありますが、逆に去勢をしないメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

やっぱりまずは繁殖させることができること。
それとあと「去勢によるデメリットを避けられること」じゃないでしょうか。
具体的には、「ホルモン系の病気」「骨が弱くなる」「代謝が下がって太りやすくなる(なのに食欲は強くなる)」「第二次性徴を維持できなくなる」「子供っぽい性格が続く」、あと「麻酔による事故」などですね。
まだはっきりとは証明されてないそうなんですが、骨肉腫になるリスクが上がるという説もあります。
骨肉腫は発症してしまうと脚を切断しなくてはならないし、発症後一年以上生きる犬は少ないそうなので去勢によって防げる生殖器系の病気(癌)とどっちが怖いかな、というところですね。
ただ確立の問題ですからなんとも言えませんが・・・。

メリットなのかデメリットなのかはその人の考えと飼育環境によって変わると思います。
例えば私にとってはデメリットの「太りやすくなる」を「食餌と運動でコントロールできる」という人もいるし、「体格や性格が子供っぽくなる」というのも「それがかわいい」ととる人にとっては「メリット」でしょうし。
私は一般的に去勢のメリットとされていることがそんなにメリットだとは思えなくて・・・今のところしないで飼ってます。
メス犬の体は「出産して自然(健康)」なようにできているから、出産させないと乳腺腫瘍やら子宮蓄膿症やらのリスクがグンっとアップします。
つまり出産させないならそこですでに不自然を強いていることになりますので、それなら避妊してあげるほうがいいんじゃないかと思います(このメリットは大きい)。
でもオス犬の場合は・・・確かにとってしまえば病気にならないでしょうが、それを言うなら、耳を切れば外耳炎にならないし、断尾すればしっぽの怪我はしないというのと同じようなものなんですよね。
それならデメリットもある以上余計なことはしないで自然に飼いたいなと思ったので。
発情がストレスという人もいるけど、そもそも野生の動物でもすべてのオスがメスと交尾できるわけではないわけだから、それは別に不自然とは思わないですし。
クッション相手に満足してもらえばいいですね(^^;
ただご近所に未避妊のメスがたくさんいてしょっちゅう発情しているようだとそれはもう「必要」かもしれません。
今のところしていないというだけで私は決して去勢に反対なわけではないです。
発情時の遠吠えとか脱走とかを完全に防げないなら必要だと思うし。
どちらにしてもメリットデメリットのあることですので、いろんな意見があって当然だと思います。

やっぱりまずは繁殖させることができること。
それとあと「去勢によるデメリットを避けられること」じゃないでしょうか。
具体的には、「ホルモン系の病気」「骨が弱くなる」「代謝が下がって太りやすくなる(なのに食欲は強くなる)」「第二次性徴を維持できなくなる」「子供っぽい性格が続く」、あと「麻酔による事故」などですね。
まだはっきりとは証明されてないそうなんですが、骨肉腫になるリスクが上がるという説もあります。
骨肉腫は発症してしまうと脚を切断しなくてはならないし、発症後一年以上生き...続きを読む

Q椎間板ヘルニアのダックスの鍼治療を考えています。

飼っている7歳のミニチュアダックスが椎間板ヘルニアと診断されました。背中を丸めていて元気がありません。
獣医さんによると、まだ手術する症状、段階ではないので1ヶ月程安静に過ごして痛みを抑える内科療法が良いとのお話でした。
でも、飼い主の本音としてただ安静にしているだけで良いのか不安でしょうがありません。聞くところによると鍼治療も効果があるというので、症状が落ち着いたら・・・とも考えています。
椎間板ヘルニアで内科療法の経験のある方がいましたら、アドバイスお願いします。
また、私は新潟に住んでいるのですが、近県などで鍼治療を行っている良い動物病院があったら是非教えてください!

Aベストアンサー

ごめんなさい。回答じゃないんですけど。

自分なりになんとかしてあげたいっていう気持ちはとても共感します。

でも椎ヘルは絶対安静です。連れ出したり散歩させてりしないであげてください。
なるだけ動かさないというのが鉄則です。
もしも無理に動かしてしまうと悪化してしまったり、治りが悪くなったりする可能性があります。
⇒獣医さんは症状の改善をみて今後の治療方針を決定しますので重症の椎間板ヘルニアだと判断してしまいます。
⇒手術になる場合もあります。

しなくていい手術をしなくてはならなくなったりしますので、とりあえず何度か再診するまでは獣医さんの指示どうりにしてみてください。

あと散歩もしない方がいいと思います。
散歩っていうとワンちゃんはすごくうれしそうに元気にしてくれますよね。
でも元気に振舞うだけで、腰(首?)に負荷がかかりますので、散歩もしないほうがいいと思います。
散歩っていうと元気になるので、ついつい行きたくなってしまうものですが、
少しの間ワンちゃんも”飼い主さんも”我慢です(^u^)

お大事になさってくださいね。

ごめんなさい。回答じゃないんですけど。

自分なりになんとかしてあげたいっていう気持ちはとても共感します。

でも椎ヘルは絶対安静です。連れ出したり散歩させてりしないであげてください。
なるだけ動かさないというのが鉄則です。
もしも無理に動かしてしまうと悪化してしまったり、治りが悪くなったりする可能性があります。
⇒獣医さんは症状の改善をみて今後の治療方針を決定しますので重症の椎間板ヘルニアだと判断してしまいます。
⇒手術になる場合もあります。

しなくていい手術をしなくて...続きを読む

Qオス犬の去勢について

オス犬(ちわわ)生後5ヶ月目になる犬を飼っているものです。初めての犬との生活なので毎日が勉強の日々で、最近は去勢するべきかどうかで迷っています。
ネットなどで気になってしらべているうちに、去勢をするならば生後6ヶ月位にという書き込みをいくつか見かけました。私の考えとしては手術に関しては犬の体にメスを入れてしまうのは気の毒なような気がして罪悪感を感じたりもしましたが、発情した時の犬のストレスのことを考えると必要なのかもしれないと悩むようになりました。
もし経験者の方がいましたら、アドバイスいただければと思ってカキコしました。こういうことを聞くのは失礼かもしれませんが・・・去勢後よかったと思える点、逆にやってみたけど疑問だと思う声、賛否両論聞ければ参考になります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家にはもうすぐ3歳になるコがいます。
相当家族で話し合いましたが、結局していません。
私は去勢したい派で主人と息子は大反対でした。
結局、麻酔が怖くて踏み切れませんでした。
爪きりのために麻酔した犬が死んでしまった話や麻酔で耳が聞こえなくなってしまった話・・・そういう事を聞くと怖くて。

HPや獣医さんでやたらと去勢・避妊を薦めていますが
いい事ばかりではありません。
早く去勢をしすぎて尿漏れをするようになった子もいます。
ホルモンバラスが崩れて皮膚病になった子もいます。(男性ホルモンの薬を服用しています)

去勢をする理由をもう一度よく考えてみてください。
本当に必要なのかどうか。

こんなことを書いてばかりいると去勢はいけない!と言っているように思われるかもしれませんが、そんなことはありません^^;
飼い主さんが悩まれてその子のためを思って決断された事なので、どちらが正しいとかは無いと思います。
ただ、皆がしてるとかそういう理由での去勢は止めてあげてくださいね!

QMダックスの椎間板ヘルニアについて

こんにちは。うちの6歳のMダックスが昨日午後、突然後ろ足が動かなくなり、歩けなくなりました。すぐ受診すると、椎間板ヘルニアといわれました。点滴ということで即入院になりました。昨日の朝は元気に走っていたので信じられなかったです。
今朝面会にいくと、完全に後ろ足(下半身)は麻痺しており尿も勝手に出てしまう様子でした。突然のことで家族一同ショックでたまりません。薬で様子をみたのですが効果はないといわれ明日の夜手術といわれました。今日1日ネットで犬の椎間板ヘルニアについて調べました。明日の手術は本当に祈る気持ちで成功を願っています。でもやはり成功率は低いようですね・・。同じような状況で手術後回復されたお話や、回復はあまりしなかったけれど今こういう治療してます、その他どんなお話でもいいので聞かせていただけませんか?
過去レスも検索してみました。参考になりました。できましたらさらに現況をきければと今回投稿しました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大変ご心配の事と思います。まずは明日の手術が成功する事をお祈りします。

うちのダックスは8歳の頃だと思いますが、突然下半身が麻痺歩けなくなり、病院で椎間板ヘルニアと診断されました。先生の紹介で大学病院にていざ手術という時に、麻酔が深く入ってしまい急遽中止、麻酔がダメ、という事で病院で赤外線治療をしたり、自宅にてお風呂に入れて温めたり、動かない足を動かしたり、背中、腰、足をマッサージしたりとリハビリ的なことを3、4ヶ月続け、歩けるようになりました。それまではウンニョもおしっこも垂れ流しなので、オムツをしました。蒸れない様に常に清潔に保ち、歩く事は出来ませんでしたが外へ毎日連れ出し散歩もしました。

うちの場合は神経に当たっている部分は取れていない為か、それからの3年間、毎年同じ時期に歩けなくなり、そのたびにやれる事を繰り返し、歩けるまでは回復しました。もうそれからというもの、腹巻、お風呂に頻繁に入れるなどして出来るだけ暖めたり、気がつけばマッサージをしたりして祈る気持ちでその時期を向かえ、過去2年間歩けなくなる事はなくなりました、今13歳です。ただ、走ったりすると、後ろ足が追いついてゆかず、ずっこけてしまう時がありますが。

手術しておうちに帰ってきたら、すぐには歩けないかもしれませんが、必ず歩けるようになる事を信じて、リハビリをして下さい。何ヶ月も歩けなかった時は、めげそうになる事もありましたが、ワンコの顔を見ていると、「私がめげてどうすんだ」って思いました。お水を飲みに後ろ足をずってゆく姿を見て、こっちが逆に励まされちゃいました。

まずは手術が成功する事を祈りましょう。そしてお家に帰ってきたら、頑張ってリハビリして下さい。必ず歩けるようになると信じて。早く元気にお散歩できるようにお祈りしております。

 

大変ご心配の事と思います。まずは明日の手術が成功する事をお祈りします。

うちのダックスは8歳の頃だと思いますが、突然下半身が麻痺歩けなくなり、病院で椎間板ヘルニアと診断されました。先生の紹介で大学病院にていざ手術という時に、麻酔が深く入ってしまい急遽中止、麻酔がダメ、という事で病院で赤外線治療をしたり、自宅にてお風呂に入れて温めたり、動かない足を動かしたり、背中、腰、足をマッサージしたりとリハビリ的なことを3、4ヶ月続け、歩けるようになりました。それまではウンニョもおし...続きを読む

Q犬の去勢・是非知りたい!

今度11ヶ月になるトイプードルの去勢を考えています。
恥を忍んで病院の方にも質問したものもあるのですが、
皆さんの経験から感じたご意見を聞かせてもらいたいです。

去勢をしたら大人しくなるとか、しつけやすいとか、そういった事はどうでもいいのですが・・・。
・他の♂犬に出会ったとき「なんだ。お前、去勢してるのか。」と小ばかにされたりするのですか?
・♀犬に会うと「やだ~。去勢してて男らしくないわ~。」と思われるのですか?

くだらない質問ですみませんが、私いたって真面目に知りたいんです。
何か手がかりになるようなこと知ってる方教えて下さい!!

Aベストアンサー

No.1さんのおっしゃる交尾というのは、マウンティングという行為では?自分が上位にいると示すそれだと思います。
他の♂犬にバカにされてるのか、♀犬に男らしくないと思われてるのか分かりませんが、ウチの子は去勢していて、♂が苦手だという♀犬も平気で寄ってきてくれます^^
また、シーズン中の♀が散歩していても反応する事はないです^^
これは、利点だと思います。
だって、シーズン中の♀の匂いを嗅ぎつけて、本能とは真逆に無理矢理でも引っ張って、我慢させなくてもいいんですから!
病気予防のためにも有効ですし、本人に我慢させる場面がないのは、本人も楽だと思うのは、人間のエゴかな?

Q【M.ダックス】椎間板ヘルニアのリハビリについて

先日、家で飼っているM.ダックス(♂)が椎間板ヘルニアの手術を行い、後脚の屈伸などリハビリを行ってはいるものの、まだ手術の影響で後半身が使えない(お座りした状態のまま前脚で後ろ半身を引きずって歩く)状態が続いています。

そんな中、結構な頻度でトイレ(排尿)をするのですが、先述のとおり後ろ半身を引きずっているので、トイレをした後に、その上を体を引きずって移動していくので、犬の体はもちろん、床がおしっこまみれになってしまいます。

おしっこをした事にすぐに気付いた時は、犬の体や床を拭いてあげているのでまだ良いのですが、
気付かないうちにおしっこをして、そのまま家の中を動き回っていたりするので、犬がおしっこでカピカピ、床一面が汚れてる・・・なんて事もしばしば。

そこで、犬用オムツを考ええているのですが、現在行っている後脚のリハビリに支障をきたさないかが心配です。

このような場合、犬用オムツを使ってもリハビリには問題がないものですか?
また、オムツ以外でも、トイレの件を解決できるようなアイデアがありましたら、回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
同じダックスと暮らしています。もうかなり老犬ですが。
手術はご成功されたようですので よろしかったですね、おめでとうございます。同じ犬種の飼い主としてとても嬉しいです。術後間もないのに、足を引きずりながら、一生懸命にトイレに行っているなんて、とてもけなげですね…。回復される迄 ワンちゃんの行動範囲に ホームセンターなどに売っている ブルーシートを取り敢えず、ひいておかれると良いのではないでしょうか オムツは不衛生ですし、やはり足に負担が掛かり、回復を遅らせるように思いますが… 今一番辛いのはワンちゃん本人だと思います。質問者様も大変ご苦労されていると思いますが、痛みと不自由さを体験しているのはワンちゃんだと思いますので 頑張ってあげて下さい。一日も早いご回復を願って折ります。あまりご参考にならず、ごめんなさい。

Q犬の去勢手術による失敗や後遺症の可能性

こんにちは。
私の家にはオスのシーズーがいて、生後2ヶ月くらいから飼っていて、もうすぐ4歳になります。
最近犬の手術(不妊/去勢)をされる人はわりとよくいるように思い、私の周りでもした人がいて、実際私が5年生のときに生まれた犬(それは雑種です)を近所にあげたのですが、その犬も15年以上生きており、本とかでも性格がおとなしくなったり、変な病気にかかる可能性が極めて低くなって、長生き率も手術をしてない犬に比べて上がると聞き、私も子犬のときから手術をと考えていたのですが、知り合いの犬(生まれつき心臓が弱い)が去勢手術を受けた結果、歩けなくなったという話を聞き、手術のせいでそうなったのだろうか、そうだとすると手術の失敗率は高いものなんだと思い、手術は避けようと考えるようになりました。
実際のところ、犬の去勢手術の失敗や後遺症の可能性というのはどのくらいなんでしょう?
実際に犬に手術をさせた人で何か知っていましたら教えてください。

Aベストアンサー

我が家は今まで犬や猫のいない生活はない状態です。
その皆さんは全て手術をしてきました。
(子供を産ませることがないので。)
高齢犬で里親さんにもらわれていくことのきまった子(10才以上)も難なく終了しました。

動物病院を開院していることで、去勢・避妊手術をしたことがない病院はないでしょう。
手術自体の心配は無いに等しいと思います。
現在では麻酔の開発も進み安心しています。
ただ、本人(犬・猫)の体調が一番大事です。
麻酔前に血液検査や他の診断検査をして、体調の良いときに行うことだと思います。

●外科手術はどのようにするのか?
陰嚢の直前を一般的に切開する。その切開創から精巣を取り出す。精巣茎を結紮し切断する。去勢はこれで終了。皮膚切開創は縫合するか、そのままかもしれない。「Brooks先生が答える犬の去勢のFAQ」より抜粋。
(最近は溶ける糸を使用したり、傷口が小さいのでそのままの病院もあるそうです。病院によります。)

手術をお考えなら、主治医とよく相談し、kao77さんのワンコちゃんの体調の良いときにされることです。

体験をお知らせします。

我が家は今まで犬や猫のいない生活はない状態です。
その皆さんは全て手術をしてきました。
(子供を産ませることがないので。)
高齢犬で里親さんにもらわれていくことのきまった子(10才以上)も難なく終了しました。

動物病院を開院していることで、去勢・避妊手術をしたことがない病院はないでしょう。
手術自体の心配は無いに等しいと思います。
現在では麻酔の開発も進み安心しています。
ただ、本人(犬・猫)の体調が一番大事です。
麻酔前に血液検査や他の診断検査をして、体調の良いときに行...続きを読む

Qダックス 椎間板ヘルニア手術後 便が出ない

今月7日に椎間板ヘルニアの手術をしました。

手術2日後、自力排尿 出来たので退院したのですが
退院してから いまだ便が出ていません。

病院に連絡しましたが、便については
ご飯が きちんと食べれていて嘔吐など
なければ大丈夫だと言われました。

ご飯もきちんと食べていて、嘔吐などもないのですが
今まで毎日、便が出ていたのが 全然 でていないので
不安です。

このままでも大丈夫でしょうか?

今、犬の状態は抜糸まで安静と言われたので
ゲージに入れて安静にしています。
後ろ足は動きません。


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配だと思いますが、通常の便秘とは異なり、比較的因果関係がハッキリわかってますのでもう少し様子を見られて良いと思います。

現在後ろ足が動かないということですので解りにくいかも知れませんが『犬が排便しようとしているけれど出ない』こっちだと再度獣医さんに相談してあげてください。
獣医さんが仰った『嘔吐』これも病的なものとの鑑別のひとつです。

その他、犬の健康に異変があったときも同じく獣医さんに相談されるべきですが、現状のまま『排便しない』だけなら、間もなく(術後1週間程度には)出るようになるはずです。
何か気になったことがあったら、術後ですので電話で話が通じるはずです。
都度獣医さんの意見を聞かれてみてください。
お大事に。


人気Q&Aランキング