宇治拾遺物語、第129話の現代語訳が知りたいのですが
訳が載っているサイト知っていましたら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


手元の「宇治拾遺物語」の文庫をちょっと見てみたのですが、「129話」みたいのがないです。
巻1~15まであって、それぞれに10~20ぐらいの話が入っているという感じ。

なので「宇治」ではなく別の物語ではないかと思ったのですが、いかがでしょうか。

私の認識不足で、それらを通算して「129話」と数えるやり方があるのでしたらすみません。
    • good
    • 0

一二九 白河法皇北面受領(ずりやう)の下りのまねの事[巻十一・五]


129話とはこのことでしょうか?
もしこれであればサイトにはどうやらないようです。
    • good
    • 1

第129段に特徴的なフレーズ(単語や句)を、


""(ダブルクオーテーション)でくくって、
googleで検索してみてください。

訳が存在するなら引っかかると思います。

参考URL:http://www.google.co.jp
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本居宣長の古事記伝の現代語訳の本はありますか?

本居宣長の古事記伝の現代語訳の本はありますか?深く内容を読みたいと思っているのですが、江戸時代の古典で書かれているのでとても難しく理解しきれない箇所が出てきます。(泣)どなたか現代語訳されている本を知っていましたら教えてくださいヽ(´Д`;)ノ

Aベストアンサー

図書館に行って筑摩書房刊の「本居宣長全集」を見れば、ある程度は現代語訳の部分(解説)もあると思いますが、現物を見てないのではっきりしたことはわかりません。本居宣長の「古事記伝」を現代語訳した手軽な書物は残念ながら見当たりません。一般受けしないのと、非常に長い(膨大)からでしょうね。

Q宇治拾遺物語の現代語訳

宇治拾遺物語の

「そこは物すむ所にてなんありける。
大きなる池の釣殿に・・・・

・・・・・この男をただ一口に食ひてけり。」

の現代語訳をどなたか教えてください。
学校のテスト範囲なので現代語訳を知りたいのです!

お願いします。

Aベストアンサー

「宇治拾遺 浦島の」でググッて見てください


日ごろの授業をまともに聞いてないから 今になって慌てなきゃならなくなるんです  

Q古事記を読みたい

古事記を読みたいのですが解説や現代語訳などが
わかりやすいの本を教えてください。

Aベストアンサー

角川文庫に、ビギナーズ・クラシックスと言われる古典のシリーズが
あるのですが、このシリーズの「古事記」は、原文、訳文、解説文が載っていて
分かりやすかった気がします。
ご参考まで。

「古事記」角川書店編 ビギナーズクラシックス

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E4%BA%8B%E8%A8%98-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E6%96%87%E5%BA%AB%E2%80%95%E3%83%93%E3%82%AE%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%9B%B8%E5%BA%97/dp/404357410X/ref=sr_1_5?s=books&ie=UTF8&qid=1289712471&sr=1-5

Q宇治拾遺物語の現代語訳って………

古典で宇治拾遺物語の「今は昔、大隈守なる人、国のまつりごとをしたため行ひ給ふあひだ、郡司のしどけなかりければ…」で始まるお話を勉強しています。
自分なりに単語を調べて現代語訳に挑戦してみました。ですが言葉のつなぎなど、やはり難しく自然に訳せません…。そこで自分の現代語訳と本当の(?)現代語訳を比べてみようと思い現代語訳の載ったホームページを探していたのですが、このお話の載ったものがなかなか見つかりません。もしこのようなホームページを知っている方は是非教えて下さい。それとも現代語訳は本でしか載っていないんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

宇治拾遺物語 第111話 「歌よみて罪をゆるさる〃事」 ですね。
たしかに、その現代語訳のあるウェブサイトを検索してみましたがみつかりませんでした。
同じエピソードは今昔物語集 24巻56話や十訓抄などにもみられるので参考になるはずですが、それらの現代語訳もみつかりませんでした。

というわけで、図書館の本や受験参考書などで調べることをおすすめします。

むづかしいのは歌の訳し方ですね。わたしのもっている本には、「わたしはこのように老人になって、頭の雪 (白髪) がつもっており、霜などは何でもない筈ですが、しもと (苔と霜をかける) を見ますと身が冷えて寒気がいたしますの意」( 日本古典文学大系 27 岩波書店 ) とあります。
最後の一文の 「人」 は歌をよんだ郡司、 「なさけ」 は風流の意味です。 「さればいふ甲斐なき下臈の田舎人の中にもかく歌読む者もあるなりけり」 (今昔物語集) と、歌について感嘆しているのですね。ご参考まで。

Q古事記が読みたい

日本の神話が気になり始めました。
やはりまずは「古事記」じゃないかと思います。

古事記の神々を描いた絵画の写真あるいはそれに近いスケッチが豊富な本と、できるだけ古事記の内容を忠実に現代語訳した本の2パターンで探しています。

マンガ化された絵は好みません。詳細な解説などは歓迎ですが、専門家になろうというのではないので、堅苦しいものは挫折してしまいそうです。

おすすめの本がありましあら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も、古事記の忠実な現代語訳を探していたんです。去年買ったのですが、この本が読みやすくてよかったですよ。

『古事記ものがたり』
http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

現代語訳された本です。まあ、古語の文法どおり堅苦しく逐語訳というわけではありませんけれど、内容的には子供向けのダイジェストでもなく、出てくる一通りの内容が網羅されています(私は岩波文庫の古事記も持ってますので)。大人はもちろん、小学生も高学年くらいから読めると思います。いい本だったので2冊頼んで息子の小学校の学級文庫にも置いてきました。やっぱり日本の神話を知ることって大切ですよね!

参考URL:http://www5c.biglobe.ne.jp/~izanami/

Q【宇治拾遺物語の現代語訳について】

こんばんは。

宇治拾遺物語の巻十、一一四 伴大納言燒應天門事
の現代語訳を知りたいのですが…
載っているサイトでもいいので教えていただけないでしょうか?

ちなみに本文は「今は昔、水の尾の御門~いかにくやしかりけん。」までです。

Aベストアンサー

長文であること、さほど難解ではなくレポート課題として適正な文であること、等により、回答が控えられているようです。どうしてもわからないところだけ、にしてはいかがですか?

Q古事記のお勧め版

古事記を現代語でよんでみたいのですが、
どなたの翻訳がお勧めでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三浦佑之著『口語訳 古事記』全二巻、文春文庫。同『古事記講義』文春文庫。

2003年でしたか単行本がベストセラーになりました。1979年1月に太安麻呂の墓誌名が発見されたことにより上代日本語の研究がより進みましたので、少なくとも80年代以前のまだ研究成果を反映しきれないものを読むよりはいいと思います。(そういえば『論語』も70年代、90年代の発掘で見つかった史料により再検討が今世紀初頭迫られていると浅野裕一が書いてましたね。古い書物でも新史料発見で新解釈が迫られるとは油断なりませんね)。

作家でなく学者による訳です。

Q宇治拾遺物語「空入水シタル僧事」の訳

タイトル通り、この訳をネットで探しています(><)
ヤフーで検索してみたのですが、ヒットしませんでした。ここにあったよ!!って方、どなたかいらっしゃいませんか??

Aベストアンサー

↓は?
「空入水シタル僧事」でググると難しいけど、「空入水」で捜せば結構出てきます。

参考URL:http://www.enpitu.ne.jp/usr/bin/day?id=973&pg=20010419

Q古事記を読みたい

古事記を読みたいのですがわかりやすく書き下されている本ってありますか?
よくある取って付けたような現代語訳ではなく、若い人でもわかりやすい、という内容のものいいんですが…

Aベストアンサー

古事記全文ではありませんが、読みやすいという観点では
「田辺聖子の古事記」(集英社文庫)がお薦めです。
簡単すぎず、単なる現代語訳でもなく、大人が手軽に読むのにふさわしいと思います。

自分で初めて読んだのは、子供向けの古事記でした。
「少年少女古典文学館 1 古事記」( 講談社)
「少年少女世界名作全集 41 古事記」( ぎょうせい)
といったあたりでしょうか。

もう少しとっつきにくいのでもいいのであれば、
「口語訳古事記完全版」三浦佑之(文芸春秋社)
など。これはわりと最近出た本で、評価が高いような気がします。こないだ本屋で平積みになってるのを見ました。ぱらぱらめくった程度で、未読ですが。
「阿刀田高の楽しい古事記」(角川)なんかも良さそうですね。こっちも未読。

古文の方向まで手を伸ばすことがありましたら、
総じて講談社学術文庫は親切に作られていることが多いです。逆に岩波はツライです。

こんなところでいかがでしょうか。

Q宇治拾遺物語の本文

宇治拾遺物語で、本文が「今は昔、唐の辺州に一人の男あり。~命終わるに、いよいよ心、仏を念じ入りて、浄土に速やかに参りてけり。」とあるのですが、中略(~)の部分がわかりません。
ネットで調べてみても、全然見つかりません。
今日中にわからないといけないので、この本文または本文が載っているサイトを知っている方、返事お願いします。

Aベストアンサー

下記リンク先を参照のこと。

12巻の第154章の話です。

http://hysmt.hp.infoseek.co.jp/ujisyui/ujisyui.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報