先日実家に行ったら、100万もする床下換気システムを買わされていました。
SDK社製CD-305(オゾンが出るらしい)
SDK社製DAF-400(ブロワファン)
それぞれ三個、施工費込み100万です。
商品の性能、妥当金額等詳しい方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

床下が、かび臭い場合は、床下換気扇は、効果が有ります。



でも、それぞれ三個、施工費込み100万は、高すぎる気がします。

換気扇の風の能力は、どうでしょうか???。

この手は、高く売りつけるようです。

ここに、ホームページが有ります。
推測してください。

http://www.hi-wind.jp/yuka_tenjou.html

参考URL:http://www.hi-wind.jp/yuka_tenjou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有難う御座います。
Webの物と同一品でした。

お礼日時:2005/04/10 21:41

私の実家もこの間床下換気扇を付けてあげました。

自分でやった事もあり4台で7万5千円で終わりました。本体60000円、配線5000円、開口10000円ってとこでしょうか?高すぎますね!詐…!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
詐欺ではないようですが、してやられたようです。

お礼日時:2005/04/15 22:15

>Webの物と同一品でした。



定価で、計算しますと、100万円になります。

実際に手を当てて風の強さを確認してください。
私も、最初の床下換気扇を高級品に交換しました。

高級品は、高いですけれど、風の強さが違います。
風が強いほど、ある程度の個数がある方が効果は有ります。

家の周りの吸気、排気を調べてください。
それにより、効果が解かります。

私の場合は、南側3台、北側3台で、中に1台です。
私の場所は、湿気のある場所なので、効果は絶大です。
    • good
    • 0

床下換気扇は、三菱とか松下など国内の大手メーカー製で、3台 1セットの定価が、税込 7万8千円ほどです。


もちろんそのほかに工事費があります。既存の建物にあとからの設置ならびに配線工事は、新築時に施工するのと比べれば、割高になるのは事実です。とはいえ、それでも 100万円になることはあり得ないでしょう。

また、7万8千円の換気扇はオゾンなど出ませんが、はたして床下にオゾンが必要なのかどうか、よく考えてみてください。

参考URL:http://national.jp/kanki/kankisen/yukasita.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有難う御座います。

お礼日時:2005/04/10 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼオライト(床下調湿材)のメンテナンスについてお尋ねします

5年前にゼオライトを床下に敷き詰めてもらいました。
その業者は倒産したとのことです。
今日「ゼオライトは数年に一度ひっくり返さないと効果が無くなり、そのメンテナンス料も代金に含まれているので、組合からメンテナンスを委託されてきた」と業者が来ました。
「ゼオライトの追加などはなく、費用は組合のほうから受け取るので私には一切かからない」との説明です。
ですが、ゼオライトを敷くときにメンテナンスは不要との説明を受けています。
本当に、メンテナンスは必要なのでしょうか?またゼオライトにはそのようなサービス料金も含まれているのでしょうか?ご存じのかたいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「消防署の方から来ました。」と消化器を売りつける悪徳業者のような感じがしますが。

床下調湿材の寿命は無いと聞いてますよ。

組合から来たのなら、普通なら、組合から事前連絡があっても良いはず。

Q築25年木造平屋 にすんでおります。床下からの冷えがひどく床下の換気口を塞いでみようかと思っておりま

築25年木造平屋 にすんでおります。床下からの冷えがひどく床下の換気口を塞いでみようかと思っております。
台所の床下収納から上がってくる冷気はものすごく寒いので換気口を塞げばいくらかはしのげるのではないかと思いましたがいかがでしょうか!?

また基礎はもちろんコンクリートではなく土なので湿気の問題もあるかとは思っておりますが寒い期間だけでも塞げないでしょうか?



よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去ログですが1つ
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8499784.html

Q床下のメンテナンス

のでしょうか?
先日、シロアリ対策の為に床を上げたのですが
その時に、結構な量の土、砂があったのですが
これは除けずに、残して置いた方が良いのでしょうか?
湿気の原因にもなるような気もしますし
どちらが良いのか教えてください。

以前、聞いた話だと土がある方が
湿気をコントロールしてくれるような事も聞いた気がするのですが。

後、基礎のコンクリートで
黒ずんでいるような部分があって
塩のようなものが吹いていて
それは、コンクリートの成分が分解されて出てきているので
強度が落ちてきている。と言われました。
自分で出来る対策方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

見ずにお答えするので違う場合もありますので参考まで。

基礎の外側の土の高さよりも基礎の中の土の高さは高くなければいけません。
しかし、部分的に高くするものではありません。ならしてありますか?
湿気の原因ということは、床下にポリスチレンフィルムなどの防湿措置もしていないのでしょうか。
フィルム施工するとその上に乾燥した砂をまきフィルムのめくれを防止します。
フィルムがしてあれば湿気も減り、シロアリの好む環境をひとつ削れます。
彼らの餌は木です。木造住宅にはふんだんにあるわけですので、他の環境をいづらくしなくてはいけません。おがくずを片づけるのは大切なことです。

土が湿気をコントロールは・・・絶対しないとも言えませんが、そういうための材料ではありません。

基礎コンが黒ずんでいる・・・水にぬれて黒いのではありませんか?
塩のようなものが吹いていて・・・・白華現象だと思われます。
コンクリートのいわゆる あく ですが、強度が落ちるということはありません。
水などがしみて表面に出てくるのです、どちらかというと強度の高いコンクリートに多いので(見てないので状況は確実ではありませんが)心配することはありませんが、「常に濡れている?」ことの方が問題です。

対策は、どうも湿気を取るべきだと感じます。
シロアリ対策の時先のフィルム施工についてはやっていませんか?
出来れば、湿気対策をしたほうが良いです。ご自分で行うのは至難の業と思います。

見ずにお答えするので違う場合もありますので参考まで。

基礎の外側の土の高さよりも基礎の中の土の高さは高くなければいけません。
しかし、部分的に高くするものではありません。ならしてありますか?
湿気の原因ということは、床下にポリスチレンフィルムなどの防湿措置もしていないのでしょうか。
フィルム施工するとその上に乾燥した砂をまきフィルムのめくれを防止します。
フィルムがしてあれば湿気も減り、シロアリの好む環境をひとつ削れます。
彼らの餌は木です。木造住宅にはふんだんにあるわけですの...続きを読む

Q床下換気口について

築26年の家です。寒冷地にすんでいます。
床下換気口のコンクリートの箇所にひびがはいっていて、
そのまましておいたら床下換気口が外れそうになっています。
家が傾いているか心配です。家はどういう状態になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>床下換気口が外れそうになっています。
お近くの左官屋さんに連絡して来てもらって直して下さい。
取付代がかかります。
>家が傾いているか心配です。家はどういう状態になっているのでしょうか?
お近くの建築設計事務所に連絡して、耐震診断して貰っては如何ですか。
それなりの金額がかかります。
ご参考まで

Q床下点検、屋根裏点検できない家のメンテ対策

現在築1年の戸建てに暮らしています。

基礎はベタ基礎で、床下点検口がありません。

琉球(風)畳コーナーに炉があって、
そこを引き抜くと、少し床下が見えることがわかりました。
ですが、害虫駆除業者にのぞいてもらったところ
床下には潜れる高さがないそうです。

ちなみに天井の点検口は、浴室の下にだけありますが、
それ以外はありません。

いまはまだ築1年のため不具合はないのですが、
今後のことを考えると不安です。
しかも、設計した建築士が自己破産で雲隠れしてしまい
保証も受けられないうえ、施工業者も動いてくれません。

こういう家の普段のメンテナンス対策や、いい対処方法など
ありましたら、ぜひご教授いただけますでしょうか。

Aベストアンサー

#2です。
床下、天井をすべてチェックできるお宅というのは、無いのではないかと思います。
ですから、トラブルの起こりうる、あるいはメンテが必要になりそうな、水廻りの配管、設備廻りを中心に点検口を付けておけば、とりあえずは大丈夫だと思います。
もし、それでは対応できないトラブル等が発生した場合に、新たに点検口を設けるか、一部を壊し、また復旧という作業をすることでよいと思います。

Q床下の換気口からの雨水の浸水について

賃貸で一軒家を借りました。
立地条件等が良かったので、長く住むつもりで内装や設備など100万円以上
当方で負担して改造し入居しました。

ところが・・

住んで直ぐに一階部分の部屋の湿気が高いと感じ、家の周りを確認して廻ると、
家の裏側の通路に面した換気口が地面より低い位置や、地面と同じ高さに設置
されていたのです。(半分埋まっている状態のものまであります・・)
しかも通路には配水設備が無いうえコンクリートの塀に囲まれているため、
雨が降ると直ぐに水が溜まり、その水が換気口に流れ込んでいたのです。
地面より床下が低い状態になっているようで、これは大変だと思いました。

直ぐに管理している不動産屋に改修を要求しました。
当初「専門的な事はわからない」と訳のわからない返事をして誤魔化そうと
したので、「素人でもわかる事でしょ」と説明したら「何とかします」と
返事をしたので改修を待つことにしました。
ところが4ヶ月たっても何の連絡もないので再度、早く施工するように強く
要求すると、やっと業者が見積もりに来たのですが、今度は大家さんが
「お金を出さない」から改修できない。大家さんと直接交渉してくれと連絡
が入りました。

どうしたら大家さんに改修して頂けるでしょうか?

アドバイスお願いします。

賃貸で一軒家を借りました。
立地条件等が良かったので、長く住むつもりで内装や設備など100万円以上
当方で負担して改造し入居しました。

ところが・・

住んで直ぐに一階部分の部屋の湿気が高いと感じ、家の周りを確認して廻ると、
家の裏側の通路に面した換気口が地面より低い位置や、地面と同じ高さに設置
されていたのです。(半分埋まっている状態のものまであります・・)
しかも通路には配水設備が無いうえコンクリートの塀に囲まれているため、
雨が降ると直ぐに水が溜まり、その水が換気口に...続きを読む

Aベストアンサー

取り敢えず、改造工事を依頼した業者かどこかに、現地を見てもらって、改修の見積をしてもらいましょう・・・。
他のところの床下換気口が普通に機能していて、床下を空気が流れる状態であれば、取りあえず件の換気口を仮にふさいで、水が流入しないようにしておく方が良いですね・・・。

新たな換気口をコア抜き(コンクリートを円形に貫通穴をあける方法)であなを開けて円形のガラリを入れる方法でいけるようであれば、そんなに高い費用はかかりません。(5万円以内ぐらいでしょう・・・)

いずれにせよ、いくらかかるかを掴んだ方が、折衝もしやすいと思います。場合によっては、貴方の方で工事をして、その分賃料を一定期間ディスカウントさせる等、金額さえわかれば、具体的にいろいろな提案をして交渉ができるのではないでしょうか・・・。

Q床下について

ベタ基礎、在来工法、内断熱で新築の者です。
床下の点検を自分でしたいので床下の高さを確認した所、350mmでした。ちなみに基礎立ち上がりはGLから450mmでした。350mmで床下にもぐって点検するには匍匐前進(ほふくぜんしん)の格好でしなくてはならないです。高基礎もあるようですが、ベタ基礎でこの高さは普通ですか? もし普通なら床下の点検は大変です。

Aベストアンサー

こんにちは。
公庫や住宅性能保証等の基準は基礎高をGL+400以上、耐圧盤高さ(内部コンクリート盤)はGL+50以上が標準です。ですから400-50=350が土台下端から耐圧盤までの寸法になり、標準的なサイズだと思います。これより高い基礎にすることはありますが、コストが上がりますから…。もう建物が出来上がっている様ですから、あまり気にしない事です。多分、人通口(床下で隣の部屋に行けるように基礎に開口)はあるはずですから何とかなります。心配であれば床下点検口を多くとっておくと安心ですね。畳の下だとか、押入れの床だとかなら目立たないので増設にはいいと思います。
床下で心配なのは主に給排水の漏れやシロアリ、湿気などでしょうか。業者は嫌がるけれど何とか潜ってやりますからその時に考えた方が気持ちも楽になるでしょう。

Q床下換気システムと、壁の亀裂について

築50年程経つ家ですが、これまでにも何度かリフォームし、直近では、8年前にリフォームしました。

今週、改修を行い、普通の温水器をヒートポンプを、壊れていた2階トイレの便器の取り換えなどをしてもらった施工会社から、床下が湿気がひどく、虫がたくさん繁殖している。シロアリはまだ大丈夫だが、先ず床下換気システム(スカイドライ3個セット)とつけて湿気をとってあげないと、シロアリが出てからでは遅い。と言われました。

また、モルタル壁に亀裂が数箇所見つかり、このままにすると壁が剥げ落ちて、家自体がダメになると言われました。本当は全体を塗り替えた方がいいが、その部分だけ補修するという方法だけでも、見栄えは悪いけど、当面はしのげるのでやったほうがいいという事でした。

怖くなり、契約書を交わしたものの、今回の改修工事だけでも100万近くかかった上、さらに35万円と言われましたが、相場も必要性もわからず、本当に正当な契約なのか不安になりました。

まだ、クーリングオフの期間中なので、出来れば、早急にお答えをお願いしたく思います。

宜しくお願いします。

築50年程経つ家ですが、これまでにも何度かリフォームし、直近では、8年前にリフォームしました。

今週、改修を行い、普通の温水器をヒートポンプを、壊れていた2階トイレの便器の取り換えなどをしてもらった施工会社から、床下が湿気がひどく、虫がたくさん繁殖している。シロアリはまだ大丈夫だが、先ず床下換気システム(スカイドライ3個セット)とつけて湿気をとってあげないと、シロアリが出てからでは遅い。と言われました。

また、モルタル壁に亀裂が数箇所見つかり、このままにすると壁が剥げ...続きを読む

Aベストアンサー

床下換気システム?? 外壁を部分的な補修・・・。 無意味な内容の工事ですね。

先の回答者の方も回答されているように、今回の工事はクーリングオフの期間内であれば、クーリングオフをされたほうが良いと思います。

まずは、床下換気システム・・といっても床下の環境を改善する方法としては効果はほとんど見込めません。
虫が沢山発生しているといいう事はかなり床下の環境は悪い状況かと存知ます。床下の環境は地盤から来ている場合と住宅全体の湿気の状態からかなり大きな影響を受けていますので、床下だけで何とかなるものではあれば、床下に関する工事は悪質業者が商材にしているケースが多く、飛び込みで特に年金暮らし生活者の家庭や女性だけの家庭を狙ってきますので、充分にお気をつけて下さい。

外壁も一部だけの補修では無意味な工事です。外壁塗装そのものも下手な工事をすると逆に住宅の壁内を腐食させますので、間違った外壁塗装の重ね塗りや間違ったコーキング補修は住宅を更に腐食させてしまう事になりますのでしないほうが良いです。

外壁についてはまず、外壁の裏面の状態が外から侵入した雨水の通り道になっていますので、その部分が水はけが良くて、乾燥しやすい状態になっているのか確認をしないといけません。水はけが悪い状態の場合、外壁の裏面は直射日光が届きませんので、常に水分乾かない状態になっていますので、そうなっているのを気がつかないで補修していくと逆に水はけが悪く住宅を腐食させてしまい、地震で倒壊しています危険性が出てきます。

住宅のメンテナンスは住宅全体の事がよくわかる専門家にチェックしてもらい、どことどこが腐食しているのか、正確に把握をして、意味のないリフォーム工事をするのでなく、正しい、メンテナンス方法で最善な補修工事をしていく事です。
市のほうにも相談して住宅の診断をキチンとしてくれる専門家を紹介してもらうとかして、現在の住宅を客観的に診断してもらった方が良いです。
その上で、住宅を維持していく上で最低限、どこの部分を優先して、いかなければならないのか、慎重に判断をして下さい。

住宅の耐用年数は50年といわれています。何故、50年くらいの耐久年数と言われているのかといいますと、間違った外壁塗装などのメンテナンス工事のあり方及び、住宅全体の湿気の問題が大きな原因です。住宅全体の湿気の問題は外壁の構造の問題でもあります。 外壁部分の構造が通気がよく、雨じまいの良い構造で、湿気が外へ逃げていくような状態になっていれば、住宅全体の湿気の流れも外へ逃げていくようになる訳です。簡単に言えば、外壁部分の裏面が通気できる部分がなければ、湿気は壁の中にこもってしまい、それが住宅全体の湿気やカビの問題に大きな影響を与えているのです。

外壁の構造が一番重要です。外壁の構造が悪いのをそのまま外壁塗装をしてしまったら逆に住宅を腐食させてしまいますので、外壁塗装やコーキング補修=住宅の腐食を早めてしまう事になります。
また、床下の環境も悪くしています。
そういう事がよく分かっている専門家に相談される事が肝要です。 悪質リフォーム業者による飛び込み訪問には充分に気をつけて下さい。

今回の工事はクーリングオフをされたほうが良いです。

床下換気システム?? 外壁を部分的な補修・・・。 無意味な内容の工事ですね。

先の回答者の方も回答されているように、今回の工事はクーリングオフの期間内であれば、クーリングオフをされたほうが良いと思います。

まずは、床下換気システム・・といっても床下の環境を改善する方法としては効果はほとんど見込めません。
虫が沢山発生しているといいう事はかなり床下の環境は悪い状況かと存知ます。床下の環境は地盤から来ている場合と住宅全体の湿気の状態からかなり大きな影響を受けていますので、床下だ...続きを読む

Q和室床下収納について

土地を購入して地元の建設会社に建築を依頼する予定です。
和室の床下収納(1畳分)をつける場合の見積もりをしてもらったら地面を4cm掘らなきゃいけないので22万円かかると言われました。
地面を掘るということがよくわからないのですが、なんでも床下の高さが足りないらしいのです。
果たして地面を掘って設置してもシロアリなど大丈夫でしょうか?
和室の床下収納のメリット・デメリットを教えて下さい。

Aベストアンサー

床下に既製の床下収納をつける形でしょうか。
単に床下にものをいれるだけの収納なら深さは足りないかもしれませんが掘る必要もないように思います。

和室の床下収納は電動でしょうか?
手で開けるタイプは絶対に使いません。
(自分の家がそうなので断言できます)
畳を自力で上げるのは本当にめんどうです。せいぜい絶対に使わないものを入れておくくらいです。
収納の役には立ちません。金をかけてやるほどの価値はないと思います。

Q寒い時期は床下換気口を閉じる方がよいのでしょうか

築40年の木造住宅です。
換気口をふさいではいけないと思い込んでいましたが、開閉式があったり冬はせっかくの暖気が逃げやすいなどの情報を知って今少しの期間はふさごうと思うようになりました。
(室内は現在、足元がかなり寒い状況です)
東西南北の内、一方だけ人が入るスペースがないので開けたままで、他をすべてふさいでもよいのでしょうか。
それともそんなにふさぐと、冬でも湿気がこもるのでしょうか。

Aベストアンサー

ふさぐ意味がはっきりすればいいのでしょうけれど・・・
一回試しにふさいで見ることをお勧めします。
立地条件などでそれぞれ違ってきますので。

ましてや冬場に 湿度が上がる条件などないわけですから、
ふさげるところをふさいでみて効果がないのでしたらあきらめて別の手段を講じましょう。

例えば床の裏(根太の間)にスタイロホームを貼り付けるだけで冷気は完全に遮断されます。
夏には不要ですが エアコンなどの効率も良くなります。

床下の湿気は
高台であればあまり発生しないので 換気口をふさいでもさほど影響はないでしょうね
ただし暖かくなったら 湿度も上がってきますので外し忘れのないように・・・

家が朽ちるほどの結露が冬場の床下にに出来るとは考えられませんけれど・・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報