プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領はロシアによる核攻撃を待つのではなく、予防措置としてロシア領に先制核攻撃を行うようNATO(北大西洋条約機構)に呼びかけた。国連はこの発言を受け、核兵器の使用に関する議論は一切受け入れられないと反発した。

ゼレンスキー大統領はオーストラリアの独立系シンクタンク、ローウィー研究所でビデオ演説を行った中で次のように呼びかけた。
「NATOは何をすべきか。ロシアによる核兵器使用の可能性を排除するのだ。予防攻撃を行って、彼らが行使するとどうなるか、先にわからせるのだ。その逆はだめだ。ロシアによる核攻撃を受けて、よくもやったな、いいか、今に見ていろよ!という態度ではいけない。自らの圧力行使を見直すのだ。これこそまさにNATOのやることだ。(核兵器の)使用方法を見直すのだ」

ゼレンスキー大統領の発言を受け、国連のステファン・デュジャリック事務総長報道官はブリーフィングの中で、核兵器の使用に関する議論は一切受け入れられないと反発した。

ロシアのドミトリー・ペスコフ報道官もゼレンスキー大統領の発言を批判し、第3次世界対戦の開始を呼び掛けるものに他ならないと評価した。また、ウクライナ政府を事実上、管理しているのは米英であることから、この両国がその責任を負うことになるとも警告した。その上で、核戦争を防ぐため、ゼレンスキー大統領の発言を一致して批判するよう、国際社会に呼びかけた。

ゼレンスキー大統領がロシア領への先制核攻撃をNATOに要請
https://sputniknews.jp/20221007/nato-13239103.html

質問者からの補足コメント

  • 【核シェルター普及率】
    スイス、イスラエルの人口あたりの核シェルター普及率は100%。
    ノルウェーは98%
    アメリカ82%
    ロシアは78%
    イギリス67%
    シンガポール54%

    【ゼレンスキー政権がファシズムの象徴として挙げた国】
    ドイツ3%
    日本0.02%
    イタリア不明0?

      補足日時:2022/11/20 08:47
  • 日本に原爆落としたのは、アメリカと世界ユダヤ。

      補足日時:2022/11/20 09:08

A 回答 (4件)

戦争PR屋が蠢いてる日本だと、ウェブにはあまり流れませんでしたが、先月位に海外などで話題になってましたね。



ゼレンスキーの核落とせ発言


ゼレンスキーは、NATOに先にロシアに核を撃てと挑発してますね。
2月24日よりも前から言ってるので、これで2度目。
今回の映像が残ってるのは、ロシアが侵攻した理由の1つが、ウクライナは核兵器を使おうとしているとしていた事にも繋がる証言なので、重要でしょうね。

まぁ、頭おかしい。
自分でまともだと思ってそうなのが、尚一層、頭がおかしいのを露呈してて、ちょっと壊れてるので、ウクライナ脳の人の中にも目が覚める人も少しはいるんじゃないでしょうか。

とりあえず、ウクライナ紛争の大きな元凶の1つは、ゼレンスキーの存在、そのものでしょうね。
    • good
    • 1

まあそういうことです。

ゼレンスキーは、なんとしてもNATOを戦争に引きずり込む為にあらゆる手口で策動しているのです。後になって「こうなったのは先制核攻撃をしなかった戦争の責任だ。」と責任逃れする為の伏線を撒いているとも解釈できます。
    • good
    • 0

ゼレンスキー大統領の発言は戦略的なもので、ロシアの核使用を抑制しようとするもの。

それはアメリカもEUも承知の上でしょう。
いずれにせよ核を使えばその後どうなるかプーチンもゼレンスキーも良く知っている。目前の言葉の応酬にいちいち反応しないことが重要ですね。
    • good
    • 0

それを信じるなら、あなたも巻き込まれて放射能を浴びるので、死ぬ前にやりたかった事をやりなさいよ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング