日本の戦国から徳川にかけてを根ほり葉ほり調べているヨーロッパ人の友人から、「つまるところ、秀吉はねねと淀殿どっちを愛してたんでしょうね?」と聞かれました。私には手に負えない無理難題です。どなたかよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日本に住む日本語をしゃべる外国人の方って、日本人以上に日本史に興味ある方がたまに居るんですよね。

私の友人にも同じような方がいます^^

さて、表題の件。。。。
実際は知ることも出来ないですが、秀吉好きとしては、ネネさんを好きであって欲しい・・・というところじゃないでしょうか?
言っちゃ悪いですが、淀君ではイメージが悪い^^;

でも、政治的に考えると違った歴史が見えてくるのでは?
豊臣秀吉一代記となる太閤記は1625年に小瀬甫庵により書かかれた書物。(正確にはどこまで記述されていたか知りません^^;)
つまり、徳川の時代になってからの書き物です。

豊臣秀頼を滅ぼしたのは徳川家。
淀君=秀頼の母。従って、徳川氏は淀君の印象悪くする必要があった。
秀頼がナヨナヨしたイメージがあり、淀君の陰鬱たるイメージもこのあたりが要因?
一方、北の政所。結果的に関が原で徳川家に一大勢力を作る要因となる。
家康自身、北の政所を粗略に扱えなかったし、政治的にも家康は高台寺(ネネさんの隠居先)に多くの寄進をしている。
従って、北の政所を悪者扱いは出来なかった。
こういう雰囲気が作られていたとしてもオカシクは無いと思うのです。

徳川は結果的に北の政所を支援して関が原へ、という事も言えるわけですから。。。

歴史は勝者が作る・・・から言えば、
あながち、言いすぎでは無いようにも思うのですが。。。

でも、日本史上最大の「陽」キャラの秀吉。
単純に「ネネさんとアツアツだった・・・」であって欲しいですよね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

本当にそう思います。私も、ドラマや小説の影響でしょうか、ねねさんに肩入れしたくなるんですね。ただ、歴史はそれぞれの人間がそれぞれのリアリティに基づいて作るものである、ということは確かです。「徳川の意向が歴史の記述に反映している」なんて言ったら、友人は大喜びするかもしれません。そういうフシがありますから。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 00:52

この質問は直接本人に聞くしかありません。


そう答えるのが正解です。

強いて答えるなら当時の社会事情などを説明するしかありません。
当時、特に秀吉は後継者の誕生を切望していました。
正妻「ねね」にはそれを望めない事は確実でしたから、当時の有力者の常として側室により後継者を得るしか選択肢はありません。
淀君は後継者を生んだ功労者でありしかも名門出身で美人であれば「ねね」とは異なる愛情を感じたでしょう。
両者への愛情はその性質が異なるものであった、どちらがどうという比較出来るものでは無かったと考えるのですが・・・
    • good
    • 4
この回答へのお礼

すごい!やっぱりそうですか!私もそう思ったんですけど、その場でそう切り返す度胸がありませんでした。でも、もう少し本を読んでみます。ズバリの回答ではなくても、友人の知識にプラスアルファできるものがあればいい、ということかな、と思います。

お礼日時:2005/04/12 00:48

一つは現在でもよくあるパターン。


下積みの時に支えてもらった世話女房を
出世してからその地位で得られる綺麗な女性に
取り替えて満足する。
二つは年令と権力の取得により、
母性・依存の要がなくなり、
対象が異性・支配に変わるケース。
秀吉の場合はこの二つに、信長の娘を
収めるという意義が重なっていると思います。
どちらを愛しているのか…の質問は
いささか短絡で答えは出ないのでは…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は心理学の素養がまったくないのですが、なんだかそれっぽいお話です!母性依存と異性支配か…でも、こんな風に説明して、あとは示唆にとどめておく、というのも、件の友人の趣味に合うかもしれません。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 00:46

二人の内どっちを愛していたか?なんて本人以外には実際には答えは解りません。


私見として述べさせていただきます。

秀吉は若い頃は相当な頑張りやさんだったようです。
その秀吉の女房として彼を支えた「ねね」さんは非常に聡明な女性であり、主君である信長でさえも彼女のことを非常に気に入っていて、二人が夫婦喧嘩した際には「ねね」の味方になり秀吉を戒めるような手紙まで「ねね」に送ったりしています。
こうした状況から秀吉にとって「ねね」とは女房であり、同志、盟友といった類の存在だったと思われます。

これに比べて天下人になってからの秀吉は単なるエロ爺といった感じで若い「淀殿」にご執心だったようです。
秀吉は昔から信長の妹である「お市の方」に憧れていたようで、その延長上に彼女の娘の「淀殿」があったようなので「淀殿」に関して一女性としてどれほど愛していたのか、疑問があります。

秀吉は「淀殿」に対しては格好付けた姿しか見せていないと思われ、「ねね」に対しては本当の自分をさらけ出していたのだと思います。
すなわち、生涯を通じて「ねね」を愛していたのだと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。「生涯を通じて」というところがポイントになるのでしょうね。淀殿とねねについての史実をもう少し詳しく話す、というところで勘弁してもらうのが妥当な線でしょうか。

お礼日時:2005/04/12 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豊臣秀吉の妻ねね

豊臣秀吉の妻ねねの本名を教えて下さい!!

Aベストアンサー

尾張国 杉原彦左衛門定利 の次女に生まれ ねね と呼ばれている
おね、ねい、ね などが署名に使われている
ほかの書簡では寧子、吉子などの記載がある。
当時の風習で女性は名前の一字を署名することが判っているが
ね、ねい、ねね、おね、etcと
本当の名前は定かではないというのが現状です。

Q「秀頼が秀吉の実子ではなく、石田三成が淀殿と密通して生ませた子」

「秀頼が秀吉の実子ではなく、石田三成が淀殿と密通して生ませた子」
と言う説がありますよね。
その事に関してどのような説があるのか知りたいのですが……。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

三成はたしか側室を持ってなかったと記憶してます。そんな三成は主君の側女に手を出せない。いや彼にとっては考えられないでしょう。しかし淀殿からアプローチされれば三成も修理も拒否出来ないのでは。個人的には、修理が怪しいと思ってます。秀吉の子であるわけがないでしょう。

Q命名「~太郎」「~一郎」「ねね」の流行 

最近の小さい男の子の名前に「~太郎」「~一郎」が多いような気がします。
私のまわりだけでしょうか?
友人の子どもに「しょうたろう」くん、「ゆうたろう」くん、「たいちろう」くんなどなどがいます。その母親同士はまったく面識がありませんので、偶然というよりはそういう流行があるとしか思えず、けれどなぜ流行るのか見当がつきません。
有名人かタレントさんなのでしょうか?
友人に聞いても「え、なんとなくこの名前にした」と言います。

同じく、女の子で「ねね」ちゃんが身近に3人います。でもそれぞれのママは知り合いではありません。一人は京都、一人は東京、一人は大阪在住です。
何かそういう流行があるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは♪
私は来年1月に出産予定のニンプですが、もう男の子とわかっていて
名前は「○太郎」と決めています。
はやっているとは全く知りませんでしたが、
さいきんの読むのにも???とか、男の子か女の子かもわからないという名前にはしたくなかったので
あえて古風な名前にしました。
主人が「これからは逆に古風なほうがはやるんだ!!」と言っていたのですが、
本当にそうなんですねぇw( ̄Д ̄;)w

Q淀殿の呼称

淀殿は伏見城に住んでいた時期に西の丸殿と呼ばれていたそうですが、家臣からも~殿と呼ばれていたのでしょうか。

Aベストアンサー

No.1です。 当時は、本名で呼ぶのは、親か主君くらいだったでしょうから、家臣は字(あざな)で呼んだでしょう。

『生存中には、居場所の変化に伴って淀の方(よどのかた、他に「淀之上様」「淀の女房」など)、二の丸殿(にのまるどの)、西の丸殿(にしのまるどの)などと通称された。秀吉の死後に落飾して大広院(だいこういん、大康院とも)と名乗っていたという説もある』
『現在最も一般的に用いられる淀殿、過去に用いられた淀君の名は、同時代の史料には一切見られず、いずれも江戸時代以降の呼び名である』
という事のようです。

Q新春ワイド時代劇 寧々(ねね)~おんな太閤記の衣装などについて

テレビ東京の新春ワイド時代劇 寧々(ねね)~おんな太閤記を見ています。農民役の方がきれいにお化粧していたり、全体的に衣装に何か違和感を感じますが、どうしてでしょうか?柄が大きくはっきりしているからでしょうか?また、秀吉の動きは見ていて激しいのですが、あのような方だったのでしょうか?

Aベストアンサー

信長が南蛮鎧を装具するのは晩年ですね。

>全体的に衣装に何か違和感を感じますが
間違いなく作者の言いたい事が服装に表れています。

時代柄、桃山小袖に代表されるように
美しく動き易い物が多かったようです。

信長は祭りで庶民と同じように振舞い、百姓の汗を拭くなど、
通説では考えられない行動が多いです。
明智軍記は、信憑性に於いては注意すべきです。

一方、税制についてですが、貫高(貫目)制でしたので
米=金と考えて良いです。

慣わしですが、
金山銀山はもとより、山川も天下の物で、「禄」が武将の物
と言う考えでしたので戦国武将は金銀を蓄えていたようです。
(天下人太閤秀吉に後にこれが全部集まる)

土地についてですが、
所有者が二重三重が普通であり、
大名、地侍に二重に収めるなどは普通でした。(加地子)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%BE%8D
これを土地の所有権を1人に、大名の年貢だけにしたのが検地です。

ので、百姓には並々ならぬ苦悩が想像されます。
百姓を優遇せねば国が無くなるので優遇されていたと言う意見は偏見があると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E9%A0%98%E5%85%B7%E8%B6%B3

>農民役の方がきれいにお化粧していたり
年貢が6割を超えた国もあります。
信長は3割を基本とし、国土拡張と上納金で賄う方針であったと言う説
を採用するならば、「良し」とします。

信長が南蛮鎧を装具するのは晩年ですね。

>全体的に衣装に何か違和感を感じますが
間違いなく作者の言いたい事が服装に表れています。

時代柄、桃山小袖に代表されるように
美しく動き易い物が多かったようです。

信長は祭りで庶民と同じように振舞い、百姓の汗を拭くなど、
通説では考えられない行動が多いです。
明智軍記は、信憑性に於いては注意すべきです。

一方、税制についてですが、貫高(貫目)制でしたので
米=金と考えて良いです。

慣わしですが、
金山銀山はもとより、山川も...続きを読む

Q淀君と淀殿

私は歴史はマンガから入ったので、それをベースにいろんな歴史
上の人物を思い浮かべたりします。
その中で太閤秀吉の側室で秀頼の母を「淀君」と記憶しているの
ですが(「淀君」というタイトルの本から入ったため)、
淀君は蔑称で淀殿が本当は正しいと聞きました。
たしかにその後読んだ「日本の歴史」でも淀殿になっています。
どうして「淀殿」が「淀君」になると蔑称になるのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

度々すみません、#1です!

あれからずっとビデオラック探してて、やっと見つけました!えっと・・・2年ほど前のNHK「その時歴史は動いた」で、淀殿の屈辱についての記された回がありました。一応詳しい放送日時を調べたので、下記に貼っておきますね。

第092回 鎧をまとった母・淀殿の悲劇~裏切られた平和への願い~
放映日:2002年04月17日
ゲスト:田端泰子(教授)
その時:慶長20年(1615年)5月8日・大坂夏の陣

もし機会があれば、大きな図書館などのビデオライブラリーで閲覧できると思いますので、宜しければ一度ご覧になられて見たら良いと思いますよ。なかなか興味深かったです。

ご参考の一部に加えて頂けたら幸いです。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=cache:gSyDt5lQsqAJ:www6.plala.or.jp/camui/sonotoki/sekigahara1.html+%E6%B7%80%E6%AE%BF%

Q名付け、漢字で「ね」

名付けで、先に読み方を決めてから、漢字を当てはめようと思ったら、うまく行きませんでした。

「ね」という読み方のできる漢字を探してます。

音と根、以外で、名前に適した漢字があれば、教えてください。

Aベストアンサー

「祢」や「嶺」はどうですか?パソコンでひたすら変換していたら、出てきました。

Q淀殿が悪女扱いされた理由

先日、テレビ番組「歴史ヒストリア」で、大河ドラマの主人公・江の姉で豊臣秀吉の側室・淀殿の特集をやっていました。
特集の中で、淀殿がなぜ悪女扱いされたかという説明があり、
「淀殿の妊娠・出産に関連した秀吉の処罰があったから」だと解説していました。
具体的にいうと、
第一子・鶴松を妊娠したとき、淀殿の浮気相手との子だ、秀吉の子ではない、といううわさが立ち、そのようなうわさを流した人々を処罰したこと
淀殿が第二子・秀頼を出産した後、秀吉の養子で、これまで跡取りに考えていた秀次を自殺に追い込み、秀次の妻・側室・子どもも処刑したこと
以上だそうです。もちろん淀殿の責任ではありませんが。
ただ、それ以外にも淀殿が悪く言われる理由があると考えています。

1・「勝者の歴史観」
「勝者」である徳川幕府の視点で見れば、徳川家康と最後まで対立し、服従しなかった淀殿は「悪者」に見えたと推測できます。これは人民裁判で処刑されたマリー・アントワネットや、東京裁判で処刑された東条英機にも当てはまるのではないかと思います。

2・「男尊女卑の価値観」
江戸時代の武家社会の間では、儒教(朱子学)に基づく男尊女卑的な価値観があり、女である淀殿が表舞台に立ち、政治に口を出すことを良く思わなかったからだと思います。これは洋の東西を問わず、権力を持った女性有名人全般に多少は言えることなのかもしれません。

以上のことに「歴史ヒストリア」は突っ込んでなかったという感想を持ちましたが、この私流の解釈は妥当なのでしょうか。ご回答よろしくお願いします。

先日、テレビ番組「歴史ヒストリア」で、大河ドラマの主人公・江の姉で豊臣秀吉の側室・淀殿の特集をやっていました。
特集の中で、淀殿がなぜ悪女扱いされたかという説明があり、
「淀殿の妊娠・出産に関連した秀吉の処罰があったから」だと解説していました。
具体的にいうと、
第一子・鶴松を妊娠したとき、淀殿の浮気相手との子だ、秀吉の子ではない、といううわさが立ち、そのようなうわさを流した人々を処罰したこと
淀殿が第二子・秀頼を出産した後、秀吉の養子で、これまで跡取りに考えていた秀次を自殺に...続きを読む

Aベストアンサー

1,御指摘のように、勝者の歴史観てのが第一でしょう。

日本も負けて悪者にされました。
原爆を落として、非戦闘員の女子供を虐殺した
米国は正義のヒーローです。

どうしようもない幕府に対して、清廉潔白の
勤王の志士、なんてのも明治政府の意向でしょう。

2,男尊女卑もあるかもしれませんね。

ただ、徳川側が、70を過ぎた家康が最前線に
出動しているのに、若い秀頼の出動を押さえた
てのは感心しません。

戦争は戦争のプロに任せるべきでした。
我が子大事のあまり、足を引っ張ったのは確かでないですか。

東洋では、女性が全面に出てくると、ろくなことが
無いように思えますが、これも男尊女卑に基づく
後講釈ですかね。

Q部首がねへんの漢字を探しています

部首が「ねへん」でとなりが「豊」の漢字の読み方に困っています。
「ネ豊」←この漢字です。(無理やりカタカナの「ネ」と「豊」をくっつけました。)

今、高齢者の名前をパソコンで入力しているんです。そしたら、原稿に上記の漢字が出てきており・・。手書きパッドも、部首検索もダメで、ネットで調べても検索できず大変困っています。もしかしたら、旧字体なのかもしれません。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ねへん」ではなくて「しめすへん」です。
「禮」という字で「礼」の旧字体です。
「れい」という読み方でパソコンでも出てくると思います。

Qいつの間にか、淀君が淀殿に

私が歴史を学んでいた頃は、「淀君」という呼び方が当たり前でした。
淀君というのは、蔑称で、淀殿と呼びましょうという、提唱は、どなたがされたのでしょう。

 

Aベストアンサー

こんばんは  田端 泰子という日本史の学者さんらしいですね。
 経歴をみると女性のことがお得意のような感じを受けます。
 ○○君というような名前は、江戸時代の遊女のような名前だからということらしいですね。
 こっから先は質問者さんのお得意の分野でしょうから、この辺で退散します。
http://72.14.235.104/search?q=cache:uU_thp7wpMcJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%80%E6%AE%BF+%E6%B7%80%E5%90%9B&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp
http://www.tachibana-u.ac.jp/official/reserch/professor/h_professor/tabata.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報