主人が他界して、下2人(12歳と15歳)が、学資保険から育英年金を受取ることになり、今年それぞれ確定申告をしましたが、今後永久に私の所得控除から外れることが分かりました。その後、お祝い金・満期金共に子供の一時所得になることもわかりました。
1.お祝い金は、いつ課税されますか?
   (出る度に引き出してても満期時にまとめて課税されますか?)
2.今年の所得額がそれぞれ、47万と72万ですが、市県民税、健康保険税はどうなりますか?
3・どこかの回答で、
   >学資保険は教育費に使うのであれば、非課税
  とありましたが、育英年金等はどうなのでしょうか?もし、非課税である場合、源泉徴収された部分はどうなるのでしょうか?又、今年申請してても来年以降は、私の所得控除に入れれるのでしょうか?

分からない事だらけです。どうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

もう少し一時所得の課税の仕組みも含めて詳しく補足しておきます。

(ご質問の場合既払込保険料が増えないことから疑問を解消しきれないと思いますので)

いま、満期受取の時から逆算して考え、更に支払い保険料総額が固定として考えるとご質問の場合は非常にわかりやすく理解できます。いまトータルで4回支払をうけると考えます。

受取総額4-支払保険料総額=収支4
受取総額3-支払保険料総額=収支3
受取総額2-支払保険料総額=収支2
受取総額1-支払保険料総額=収支1

一回の受取金額を定額のAとします。つまり、
受取総額4=4A
受取総額3=3A
受取総額2=2A
受取総額1=A
となります。

また支払保険料総額をBとします。
すると毎回の収支は、
収支4=(4A-B)
収支3=(3A-B)
収支2=(2A-B)
収支1=(A-B)

となります。Bの金額が丁度2Aだったとしましょう。すると収支1と収支2は0円以下なので、収支3,4がそれぞれA,2Aになります。ここで一時所得の計算式に当てはめてみますと、

所得3=(A-50万)/2=A/2-25万
所得4=(2A-50万)/2=A-25万

つまり課税される所得の総額は、A/2+A-50万=1.5A-50万となります。

ここで思い出して欲しいのは、支払総額は2Aでした。それに対して受け取り総額は4Aです。ですらから満期時に一度に収支を計算すると2Aになります。もし雑所得として計算すれば2Aにそのまま課税されます。
それが一時所得では1/2して計算することから1.5A-50万になります。
つまり課税される所得は少ないのです。

何故一時所得の算出で1/2するのかというと、一時所得ではご質問の疑問にあるように重複課税となることがあるので、1/2することでそれを避けるようにしているわけです。

基本的に所得税は得た利益を所得として課税しますが、一時所得で特別に1/2するのは、重複の話があるからなのです。これにより得た利益(所得)以上の課税にはならないように工夫しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく分かり易い回答を有難う御座いました。
ん~なるほど!雑所得と比較することは考えてませんでした。確かに1/2にすることで、重複課税は、避けられますし、税負担も軽いみたいですね。
でももし不幸にも、早い時期に契約者を亡くしたとしたら、受取額によっては、育英年金をつけてなくても、扶養控除が受けれない事もあり得ますね?それも一番学費がかかり、特定扶養控除が受けれるころあたりに???学資保険って貯蓄感覚でかけてましたが、やっぱり生命保険なんですね?勉強になりました。

いろんな事を、知っていくとすごく面白いですね。もっともっと、学習していきたいと思います。また、いろいろと、教えてください。有難う御座いました。

お礼日時:2005/04/13 00:03

>学資保険ってなんなんでしょうねえ?


これは学資保険本体ではなく特約の形でついているはずです。
でこの育英年金にはそういう落とし穴があるので要注意だから育英年金はつけないという人も結構います。

>既払込保険料総額は、これ以上増えない訳だから今後受取る学資金・満期金には所得税がかかる可能性があると言う事ですね?
そういうことになります。ただ一時金としての受取ですから、50万の控除と1/2の圧縮によりあまり高額にはならないと思いますが。

>一時所得=(その年に受け取った学資金-(既払込保険料総額-既受取額総額)-50万)/2
>既受取額総額:その学資保険から前年までに受け取った「学資金」の総額
>もし前年までに納める分があったとして、またここでも、課税される事になりませんか?

これは式を変形すればわかります。

(その年の学資金+既受取額総額) - 既払込保険料総額

となりますね。()内は受け取り総額に対して引くのは既払込保険料総額ですから普通はマイナスになるのです。
というのも、満期を待たずして払込保険料総額を上回る受取があるということは、即ちその時点で解約しても利益が出ます。逆に言うとでは満期金の為の積立金はどこに言ったの?という話になります。
もちろん運用が上手で、運用利益分が満期金用の積立に回っている可能性は0ではないけど普通はそういうことはありません。

ですから、満期までは通常は0円で、満期の時にしか課税がないというのが普通です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この2本は、加入時(H2.H4)まだ学資金・育英年金が、取外せない全部ひっくるめて主契約のセット商品だったんです。(のちに外せるようになったみたいですが・・・)
ということで、また新たな疑問があるのですが、補足で質問を繰り返すのは、良くないですよね?
自分でも、もう少し調べてみます。そして、どうしても分からない時は、質問を投稿したいと思いますので、その時はまた、mickjey2さんにご回答いただけると幸いに存じます。
有難う御座いました。

お礼日時:2005/04/13 00:53

まずはお悔やみ申し上げます。


>>>
主人が他界して、下2人(12歳と15歳)が、学資保険から育英年金を受取ることになり、今年それぞれ確定申告をしましたが、今後永久に私の所得控除から外れることが分かりました。その後、お祝い金・満期金共に子供の一時所得になることもわかりました。
<<<
整理させてもらいますと、学資保険は通常ご主人が契約者、お子様が被保険者として加入しています。この場合ご主人がお亡くなりになった場合は、その契約は被保険者の物となり、そのときに相続税の課税対象となります。
従いまして、相続税の納税が必要であれば納税します。ご質問にある確定申告をしたというのは相続税に関するものですね?
そして、その後その保険の受取については、お子様のものになりますが、それに対しては一時所得や雑所得として課税されるということがわかったということですね?

>1.お祝い金は、いつ課税されますか?
>   (出る度に引き出してても満期時にまとめて課税されますか?)

満期は関係ありません。もらった年に課税されます。
つまり、お祝い金や満期金などの学資金は、貰った年の分をまとめて一年分を合計し、

一時所得=(その年に受け取った学資金-(既払込保険料総額-既受取額総額)-50万)/2

既払込保険料総額:学資保険開始から、ご主人が亡くなるまでに支払った保険料総額
既受取額総額:その学資保険から前年までに受け取った「学資金」の総額

で計算します。この時、学資金や既払込保険料総額、既受取額総額では育英年金の分は除外します。
具体的金額は保険会社に確認してください。

>2.今年の所得額がそれぞれ、47万と72万ですが、市県民税、健康保険税はどうなりますか?
本人控除以外にはなにもないとしますと、所得税と住民税はそれぞれ、47万に対しては
所得税\7,200、住民税\5,900となるでしょう。
所得72万の場合は、
所得税\27,200、住民税\16,500となるでしょう。


健康保険税とは国民健康保険のことでしょうか?
ご質問者は国民健康保険に加入しているということでしょうか?
基本的に国民健康保険は世帯単位ですから、ご質問者の所得とお子様の所得を合計して所得割が算出されます。

ご質問者が国民健康保険ではなく社会保険の健康保険なのであれば、お子様の受給額は扶養基準内(政府管掌健康保険の扶養基準はご質問の雑所得の場合は130万未満であること)と思いますから、ご質問者の扶養に入れれば何も負担増はありません。

>3・どこかの回答で、
>   >学資保険は教育費に使うのであれば、非課税
>  とありましたが、育英年金等はどうなのでしょうか?
教育費であれば非課税ということはないと思います。育英年金は雑所得として課税されます。

>源泉徴収された部分はどうなるのでしょうか?
最終的な納税額と異なる場合には確定申告してください。

>今年申請してても来年以降は、私の所得控除に入れれるのでしょうか?
育英年金は毎年受け取った分について雑所得として課税されますので、その金額が他の所得とあわせて38万以上であればご質問者の所得税の扶養控除対象には出来ません。

この回答への補足

大変遅くなってすみません。
>まずはお悔やみ申し上げます
有難う御座います。

>確定申告をしたというのは相続税に関するものですね?
説明不足でした。相続税は控除枠内だった為申告していません。昨年(16年)に貰った育英年金(80万必要経費8万・50万必要経費3万)の所得の確定申告です。基礎控除と減税分の還付金がありました。

国民健康保険加入です。
やっぱり市民税も、国保も発生するんですね。
16歳~22歳の特定扶養親族控除も受けれなくて、私(所得額180万弱)の諸税が上がるばかりでなく、子供まで諸税が、つくなんて・・・それ以上のものを貰うとはいっても、学資保険ってなんなんでしょうねえ?主人さえ元気でいてくれたら・・と思う事ばかりです。

3の質問は、非課税だった場合なので、そうでなければ納得できます。

既払込保険料総額は、これ以上増えない訳だから今後受取る学資金・満期金には所得税がかかる可能性があると言う事ですね?

補足日時:2005/04/12 15:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
お礼の場所で申し訳ないのですが、もう一つ疑問ができました。
>一時所得=(その年に受け取った学資金-(既払込保険料総額-既受取額総額)-50万)/2
>既受取額総額:その学資保険から前年までに受け取った「学資金」の総額
(金額はぬきにして)これって、既受取額総額を必要経費から引くって事ですよね?その分課税金額が増えますよね?貰った分まとめて課税されてませんか?
>もらった年に課税されます
もし前年までに納める分があったとして、またここでも、課税される事になりませんか?思い違いだったらすみません。

お礼日時:2005/04/12 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告必要ですか?

国税庁のホームページなど見ましたが、よくわからないので
教えていただきたいんです。。。

去年夫が亡くなって死亡保険金を受け取りました。
遺族年金ももらっています。
子供の学資保険も保険料免除になり、育英年金を受け取っています。

そこで質問なんですが、
・死亡保険金は契約者と被保険者が夫で受取人が妻である私。
・死亡保険金の受け取り方法は一時金と残りを年金形式で5年で受け取りですが年金部分を一括で受け取りましたので全額もらっています。
(保険の担当者に一括のほうがいいと言われたので)
・その際に満額ではなく少し引かれていました。問い合わせたら税金なんだそうです。
・もう一本死亡保険金を受け取っていましてその保険は
契約者、被保険者夫で受取人は指定できない保険です。
・なので法定相続人である妻と子が受取人になりました。
・実際のその保険料の支払いは夫の親が支払っていたようです。
(いつから払っていたか、以前は夫が払っていたのかなどは聞いてません)
・その保険金は満額振り込まれ何も引かれていません。
・私は仕事はしておらず収入はありません。
・子供は学生です。
・遺族年金と育英年金は支払い開始時にさかのぼって支給されました。
・過払い分の保険料(生命保険2本と学資保険)も返金されています。
・何故かと言うと死亡がわかったのが去年で、
亡くなってたのはもう少し前だったからです。。。

少し複雑ですが、確定申告の知識が全くないので
どういう書類がいるのかなど教えて下さい。
宜しくお願いします。

国税庁のホームページなど見ましたが、よくわからないので
教えていただきたいんです。。。

去年夫が亡くなって死亡保険金を受け取りました。
遺族年金ももらっています。
子供の学資保険も保険料免除になり、育英年金を受け取っています。

そこで質問なんですが、
・死亡保険金は契約者と被保険者が夫で受取人が妻である私。
・死亡保険金の受け取り方法は一時金と残りを年金形式で5年で受け取りですが年金部分を一括で受け取りましたので全額もらっています。
(保険の担当者に一括のほうがいいと...続きを読む

Aベストアンサー

余り自信はないのですが。
死亡保険金はこの場合相続税になるので確定申告は無関係だろうと思います。
年金部分を一括で受け取った場合、少し引かれるのは金利分だと思います。
 (一括で受け取るほうが節税になる場合もありますが、どちらが徳かはケースバイケース)
ご主人の親御さんが払っていた保険料があれば厳密には贈与税がかかるはずですが、まぁ考えなくても良いかな。
遺族年金と育英年金については確定申告が必要だと思います。
過払い分の保険料の返金は本来契約者であるご主人のものなので所得ではなく相続財産としての申告になると思います。

なので、確定申告に付いては遺族年金と育英年金のみで良いと思います。
必要な書類は保険会社などから通知書の類が届いてるのでは?と思います。

相続税については
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/souzo33.htm
申告先はご主人(死亡した人)の住所地を所轄する税務署なのでご注意を。

納税額が\0だとしても世帯主であれば確定申告はしたほうが良いと思います。
期限後でも申告できますから(呼び名は変わるけど)、相続の方を先にしてその時相談されても良いかと思います。
思います。ばっかりですみません。

余り自信はないのですが。
死亡保険金はこの場合相続税になるので確定申告は無関係だろうと思います。
年金部分を一括で受け取った場合、少し引かれるのは金利分だと思います。
 (一括で受け取るほうが節税になる場合もありますが、どちらが徳かはケースバイケース)
ご主人の親御さんが払っていた保険料があれば厳密には贈与税がかかるはずですが、まぁ考えなくても良いかな。
遺族年金と育英年金については確定申告が必要だと思います。
過払い分の保険料の返金は本来契約者であるご主人のものなので所...続きを読む

Q養育年金と確定申告

確定申告の扶養親族についてお伺いします。
2年前に主人が他界し、16歳の長男に生前かけていたJA学資保険から養育年金が支給されています。
長男名義で支給されているため本人の確定申告が必要との事で、昨年は私に申告するだけの収入がなかったこともあり長男のみ確定申告をしました。
今回、私に給与所得ではなく雑収入にて所得がありましたので申告するのですが、本人名義で申告書を別に提出する長男は、私の扶養控除に入れられないのでしょうか?
長男は普通に高校生でアルバイトもしていません。
学資保険から昨年は養育年金と進学準備金とが支給されましたが、必要経費と源泉とで相殺されるようになっていて、本人の基礎控除枠を使うこともなく非課税です。
タックスアンサーには「合計所得が38万以下の」とあるのですが、そこがよくわからないのです。養育年金額は65万をも超えます。
16歳の扶養控除額は金額も大きくだいぶんな違いになります。
寡婦控除を入れてもちょうどこの扶養の金額の有無で私に所得税&住民税がかかるかどうかの境目なので悩んでいます。
私の扶養控除に入れられるのでしょうか?
もし入れられないのであれば、来年のために知っておきたいのですが、本人の基礎控除額は38万円?65万円?
よろしくお願いします。

確定申告の扶養親族についてお伺いします。
2年前に主人が他界し、16歳の長男に生前かけていたJA学資保険から養育年金が支給されています。
長男名義で支給されているため本人の確定申告が必要との事で、昨年は私に申告するだけの収入がなかったこともあり長男のみ確定申告をしました。
今回、私に給与所得ではなく雑収入にて所得がありましたので申告するのですが、本人名義で申告書を別に提出する長男は、私の扶養控除に入れられないのでしょうか?
長男は普通に高校生でアルバイトもしていません。
学資保...続きを読む

Aベストアンサー

>学資保険から昨年は養育年金と進学準備金とが支給されましたが、必要経費と源泉とで相殺されるようになっていて、本人の基礎控除枠を使うこともなく非課税です。
(回答)収入金額は、手取額+源泉税です。ここから、必要経費を控除したものが所得です。ただ、源泉徴収をされているとのことですから分離課税で申告不要の場合もあります。説明をよく読んでください。

>本人の基礎控除額は38万円?65万円?
(回答)質問の意図は所得控除が基礎控除38万+勤労学生控除27万なのか、基礎控除のみなのかということだと思われますので、申告する場合は、両方の合計65万円を控除できます。

>扶養控除になるか否か。
(回答)確定申告した所得が、38万円以下であれば扶養控除できます。
また、寡婦控除も特定の寡婦となる可能性もあります。
源泉税が控除されていることから分離課税となり申告不要となる可能性もあります。説明が理解できない場合は、保険会社に確認してください。

Q学資保険の育英年金の一括受取は損なのですか?

昨年主人が亡くなったので、現在12歳になる息子の学資保険をうけとることとなったのですが、主人の職場で何の説明もないまま、年金か一括かでの受取方法の選択を問われ、考えもせず一括受取にしました。いざ振り込まれた金額を見ると、年金で受け取るより100万円以上少ないのです。一括のほうが少なくなるのは理解できるのですが、これ程差があるものなのでしょうか?主人が急死だったこともあって証券もろくに確認せず決めてしまった私が悪いのかもしれませんが、説明は本当に何もなかったです。後日担当者に一括での受け取りの計算方法を教えてほしいといったのですが、そのようなものがあれば送りますと言ったままなしのつぶてです。実際のところ、一括と年金でのと受取で金額に大差はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

既に的確な説明がなされていますが、ご参考までに。

1)100万円以上差があってもその都度雑所得となり、税金がかかります(死亡保険金の手続き時にも相続税の対象となり、受け取る際にも税金となる)。一括ならばおそらく無税であったはずです。年金保険も一括で受け取ったほうが有利な場合が多いように、私なら一括受け取りに何ら「損した」ということはあてはまらないと思います。
受け取ったお金は今すぐにでも使える、という利便性があります。元本保証で年利6~8%の金利商品もあります(下記アドレス参照。死亡保険金をまるまる預けて配当収入だけで生活している方を何人も知っています)。一括のほうが絶対にいいです。

2)100万以上の差、これは今の受け取りと今後の受け取りの差ですよね。学資保険をこのまま継続した場合の受け取りとは今後も掛け金を掛け続けるわけですから、トータルの支払額と受取額の差を見てみると本当に100万もありますか?まあ、1000万くらいの学資ならば話は別なのですが、育英年金の原資の差額としては何か勘違いをされている可能性を感じます。12歳ということは今後の運用期間がせいぜい10年ほどとなりますので、あまり大差はないはずです。確かに加入時は高利回りであったはずですが、年金受け取りにすると今の運用利率となるからです。

3)ご主人の残された愛情・・大切なお金です。息子さんの名義にして託してあげる、というようなことは年金受け取りではできませんよ。

参考URL:http://www.mrius.com/japan/

既に的確な説明がなされていますが、ご参考までに。

1)100万円以上差があってもその都度雑所得となり、税金がかかります(死亡保険金の手続き時にも相続税の対象となり、受け取る際にも税金となる)。一括ならばおそらく無税であったはずです。年金保険も一括で受け取ったほうが有利な場合が多いように、私なら一括受け取りに何ら「損した」ということはあてはまらないと思います。
受け取ったお金は今すぐにでも使える、という利便性があります。元本保証で年利6~8%の金利商品もあります(下記アドレス...続きを読む

Q子供のアルバイト、いくらで扶養はずれる?

16歳の子供ですが、夫の扶養で、健康保険(社保)も夫のに入っています。

高校を辞め、アルバイトを始めたのですが、月にどのくらい収入があれば、夫の健康保険から出て、国保に入らないといけないのでしょうか?月単位の金額でみるのか、年収でみるのかも分かりません。

年収で見るとしたら、アルバイトもどのくらい続くかも分からないし、年収も今年は、見込みでもいくらになるか分からないので、年末調整の時、夫は子供の収入は書けないと思うのですが、どうでしょうか?

健康保険と年金はセットなのかな?と自分の認識で思っているので、未成年の子供は国保は関係ないのかな? 教えてください。

Aベストアンサー

>月にどのくらい収入があれば、夫の健康保険から出て、国保に入らないといけないのでしょうか?
扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下が連続した場合)であることが必要です。

>月単位の金額でみるのか、年収でみるのかも分かりません。
前に書いたとおりです。
税金は1年間(1月から12月)の年収、健康保険も年収ですが、向う1年間に換算してなので、連続して(3か月くらい)108334円以上なればです。
なお、健康保険は健康保険によって考え方に違うこともあるので、会社もしくは健康保険の事務局に直接確認されることをおすすめします。

>年収も今年は、見込みでもいくらになるか分からないので、年末調整の時、夫は子供の収入は書けないと思うのですが、どうでしょうか?
税金上の扶養のことですね。
年末調整はその年の分について行うものなので、今年の年末調整では年収はある程度はっきりしているはずです。

ただ、「扶養控除等申告書」に書く年収(所得)のことだと思いますが、それは、翌年分(平成25年分)を前の年(去年)の年末調整のときに提出させることもあるし、通常、その年の最初の給料をもらう前までに提出するものです。
そのことですね。
なので、今は適当でいいです。
今年の年末調整のときに、もし、103万円を越えそうなら、会社から平成25年分の「扶養控除等申告書」を返してもらい、お子さんの氏名を消して出し直しすればいいです。
それが年末調整です。
ただ、はっきりしないなら、今、そのことをしておいたほうがいいでしょう。
あとから、扶養にすれば年末調整でたくさん所得税還付されますが、逆に今扶養にして扶養からはずさなくてはいけなくなった場合、12月の給料で控除分が一気に追徴されます。

>健康保険と年金はセットなのかな?
自分で加入している場合や配偶者の場合はそうです。
でも、お子さんの場合は違います。
健康保険の扶養であってもなくても、20歳になれば年金に加入しなくてはいけません。

>未成年の子供は国保は関係ないのかな?
いいえ。
加入しなくてはいけません。
国民年金は未成年は関係ありません。

>月にどのくらい収入があれば、夫の健康保険から出て、国保に入らないといけないのでしょうか?
扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下が連続した場合)であることが必要です。

>月単位の金額でみるのか、年収でみるのかも分かりません。
前に書いたとおりです。
税金は1年間(1月から12月)の年収、健康保険...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報