今日、ATFを交換いたしました。私の車はスズキのツインです。しっかり10リットル循環交換してもらいました。しかし交換終わって気になることがあります。ATFを交換機(チェンジャー)に他のグレードのATFが入ってました(ちなみにスズキは純正ATFは何種類かあります)。私の交換前に他グレードのATF交換作業があったためです。その時に私の入れるATFにて機械内を循環し以前のATFを外に捨ててから私が入れるべくATFを交換すればよかったとおもいました。
ちなみに多少の別のグレードのATFが入っても問題ないでしょうか?微々たる量だと思いますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。



>微量の件いかがでしょうか?

私も仕事柄ATチェンジャーを使用してATF交換しますが、確かにあなたの仰るとおり、種類を交換する時に微量ではありますが混じる事がありますが、今までこのような件でトラブルは出た事が無いですよ。

いちいち内部のATFが抜けるまで循環なんかしてられませんし、これくらいの事でしたら、どこの会社でもやっていると思いますよ。


そんなに神経質になる事無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度にわたるご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 07:15

ATFですが、別グレードの物が混入してもよっぽど問題はありません。


ただ、NO.2のおっしゃる通りCVT用の物を入れれば話は別ですが…
元々、ATFは通常全量交換は出来ません、チェンジャーでの圧送式の場合、古いオイルも完全には抜け切れないので。
ちなみに下抜きでも圧送式程ではありませんが、古いオイルは多少残ります。

この回答への補足

NO.2様にもお尋ねしたんですが、スズキにはCVTの車種はないですよね?

補足日時:2005/04/12 07:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2005/04/12 07:13

ATFオイルの交換ですが、循環方式でも70%程度しか新しいオイルに置き換わらないと聞きます。


つまり他のグレードに変えるユーザーは30%程度は旧オイルと混ざるわけで、ものの本にはこのことを指摘して、できれば純正のオイル(旧オイルと同じ物)がよいと書いてあります。
ただ田舎のカーショップやGSではそうもいかないと思いますので、ATFオイルの混入はディーラーで交換しなければ多いのではないでしょうか。
尚、レベルゲージから抜く方法は4割程度が替わるだけとか。
日常的に混合が起こり、特に問題になってませんから、少量なら混ざっても全く問題ないと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですよね。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 07:11

スズキのATは、2社以上あるのでメーカー違いでATFが異なります。

グレードも最近のATがかなり多くなってきているので良くなって種類も増えています。特に混ざっても問題ありませんよ。CVTだけは注意する必要があるかも知れませんが、循環式で10ℓ程度使うので混ざっても数パーセントです汚れの方がよっぽど心配です。(ATF以外は別です) エンジンオイルなんかフラッシング入れて、下抜き交換だけなので当然混ざりますが結構普通にやっているでしょう。安心していいですよ。ただATFは純正に限りますよ。

この回答への補足

ちなみにスズキにCVTの車両はないですよね?

補足日時:2005/04/12 07:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。ご意見を聞き安心しました。

お礼日時:2005/04/12 07:09

この程度の量でしたら、まったく問題ないですよ。


気にする事はありません。

この回答への補足

微々たる量だと思いますが、機械(チェンジャー)内に入っている量です。

補足日時:2005/04/11 08:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めてなもので変なところに補足してしまいました。微量の件いかがでしょうか?
いろいろお世話になります。

お礼日時:2005/04/11 08:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む

QATFが壊れて、困っています。

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエレメントを交換(25000円)すれば直るといわれました。

納得できないので、無料で直してもらいたい、と言ったら、詳しく調べるので、車を預けてもらいたい、というので、預けました。

返事は、Oリングの不具合・ブレキバンド(2つ共、ATFのなかの部品)の緩みが原因で、ATFエレメントでは無く、オイルの交換でも無いと言います。(ATFオイルの交換機を製造している人が、音を聞いたでけで、わかったそうです)

対策としては、ATFをそっくり替えるしかないといいます。
ビビルト品(中古で、整備された物)だと、10万円で、交換します、と言っています。

ATFって、こんなに早く壊れるものなんでしょうか?

ビビルト品で、だいじょうぶなんでしょうか?

またこの車は、3年目から、オイルエレメントの不具合・ライトのスイッチの故障・エンジンマウントの割れと、毎年故障が発生しています。

これって、普通のことなんでしょうか?
異常なんでしょうか?
欠陥車なんでしょうか?

車の機械について、さっぱりわからないので、教えて下さい。

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエ...続きを読む

Aベストアンサー

元整備士です。
無茶をされましたね、4万km以上ATFの交換経験がない場合はもう交換しない方がいい場合があります。新しいATFの洗浄作用でスラッジ等が剥離、遊離して油圧回路にはいるとATが壊れる危険性が有るからです。
私は、65,000kmだと説明して基本的には断っていました。壊れても責任もてませんので
もしそれでも交換したい場合は、フィルターの同時交換とオイルパンの下の磁石に付着した金属の除去も同時に行います。※かなりの予算が必要ですが・・・

どちらが悪いかというと難しいですが、ここまで放置したユーザー責任だと思いたいです。

#3の解説です。
ATF(Automatic Transmission Fluid)
Fluidがオイルの意味ですのでATFオイルという表現は
オートマチックトランスミッションオイルオイルになります。

Qエンジンオイル規定量の1.7倍入っていた車

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回オイル交換した人が、エンジンを回し、漏れチェックなどをしたのちに、
オイル量が少ないと勘違いし(オイルパンまでオイルが落ちてきていなかった)
規定量以上、補充したものと推察しますが、知り合いはは半年乗っていても、不具合を感じなかった様子です。


疑問に思ったのですが、
○1,7倍のオイルを入れても、走行に「目立った変化」はないのでしょうか?

自分で交換するときは、ゲージの上限より5ミリでも入れすぎると、気になって、わざわざオーバーしていた分を抜いていました。

オイル量を規定より入れすぎるのは当然車に良くはないとは思いますが、
例えば、ゲージの上限より1センチくらい上でも(大体500CCくらい?) 走行に「支障」は出ないのでしょうか? (たぶん今回 アリストのゲージは 上限より1,5センチくらい上だったと思います、それ以上だったかもしれません)   

ここでの支障とは、長期的にエンジンにダメージが出るという物ではなく、短期的な支障、
車がノッキングする とか オイルが噴く とか そうした 走行に支障が出る症状や、
車に対する知識が「普通の人」が「オイル交換してから 何か調子がおかしい」 と感じるほどの 違いが出てくるものでしょうか?

知人(男性)は 車に対する知識が無いので、1,7倍も多くのオイルが入っていても、車の変化に気づかなかったのでしょうか? もし 車好きな人ならば、変化に気づいていたのでしょうか?
それとも、目立った変化は車には現れないものなのでしょうか?

○エンジンオイルを入れすぎた場合(500CC位大目に入れている場合)長期的に見てエンジンにどんな不具合が出てくるものなのでしょうか?

ご存じの方お教えください

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回...続きを読む

Aベストアンサー

中古車屋の整備士です。

エンジンオイルは2倍以下ぐらいまでなら何とか問題ありません。
それを超えると白煙が出るとか、エアクリーナーにオイルが入るとか・・・・

しかし、上限以上入れると
クランクシャフト等の回転部分がオイルに浸かるためパワーロスになります。
また、オイルを撹拌するためにオイルがあわ立ちます。
あわ立ったオイルで潤滑不良や冷却不良を起こすことが有ります。

問題のないエンジンなら上限を超えて入れないほうが得策です。
また下限以下でもすぐに支障が出ることはありません。(余裕があるため)
ですので、入れすぎよりも下限のラインに合わせるぐらいがちょうど良いと言えます。
オイル消費がひどい物は多少多めに入れることもあります。


それから・・・
エンジンオイルだと思ってATオイルを抜いていませんか?
一度ATオイルの確認をしてください。

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

QATFを交換したい!でももう8万キロ

こんばんは。(こんにちは)

いま、去年中古で購入した車(購入時7万キロ・現在8万キロ)
に乗っています。

色々なメンテナンスのページを見ていると、ATFの交換が最近気になります。
でも中古ですので、過去に交換したかは分かりません。
ATFは難しく無交換の場合は7万キロまでには1度交換しておかないと、それ以降に交換した場合、色々なリスクが伴うんですよね。

基本的にATFは無交換でも構わないらしいですが、理由が「殆どの人が10万キロまでに、乗り換えるから」とか言うのが理由だそうで。

僕は今の車を大事に長い付き合いをしたいので、迷っています。



もしこのまま無交換の場合でも20万キロとかまで行けたりする場合もあるんですか?


あと、燃費も変速ポイントも変わるらしいので、できれば交換したいですが、交換するときはもちろんDラーに頼みます。

Dラーに電話で聞く前に皆さんの意見を聞かせてください。
皆さんならどうしますか?

Aベストアンサー

1度ディーラーさんで 相談してみてください
7万kmの中古を買った旨を伝え 注射器のような物で ATFを抜き
汚れ具合を見てもらい 交換しても大丈夫か判断
交換OKなら 交換してもらう

交換を拒まれたら 使用を続け トラブル時ATO/Hすれば良いのでは? まあ調子は徐々に落ちますが 概算15万km位は 走ってくれるでしょう

もし自分なら 一か八か純正ATFで交換し洗い油代わりに使い 1~2万kmで も一度 交換しますねー
一か八か壊れたら ここでATミッションO/Hします
リビルトATミッション換装の方が安いかも

Qオートマ、滑る。

以前質問させていただいた者です。

私は15年式マークIIブリットIR-S(2.5 AT 17万キロ)に乗ってます。
今年2月の購入時は無かったのですが、オートマが滑るような感じがします。

症状としては・・・停車からゆっくり発進する時(10t車くらいの加速で)、2→3に変速する際エンジン回転数は通常1500rpm以下で済むのにマシな場合は2000rpm、激しい時は3000rpm近くまで回転した後1500rpm以下に戻るというものです。(主にecoランプが点いた後になる)その後は自走可能で高速も乗っています。3速で固定して走らせてもアクセルに素直に加速しますので使用には大して困りません、ただ乗るとき毎回このような感じがします。一度、ECU関連のヒューズを一度外して10秒おいてまたはめましたが変化はありません。

以前質問させて頂いた際に変速ショックを和らげる制御があることを知りました。確かに変速時のガタンとした振動はなく、エンジン音以外は静かです。

思い当たる原因として、1,アーシングを多数していた(8sq程の導線を6箇所程していた)2,多走行車である(これは仕方ない・・・)3,急加速をしたことが何度かある(毎日ではない。キックダウンは月2回あるかないか程度)
1はレーダ探知機の即位性能が大幅に低下したこと、前の車でアーシングをしたらヘッドライトのフィラメント溶断が頻繁に起こったこと、FMラジオにノイズが乗るようになったこと、燃費トルク変化なしで疑似科学みたいなものだった、、などで今は除去しています。予想としては、アーシングでECUに過電流が流れておかしくなったと考えてますが・・・2と3は劣化、摩耗かと思うのですが、中古市場でも30万キロ走った物もありますし、その月2回程度の急加速でなるのか疑問です。

質問をまとめますと
1.滑るような原因は何か?
2.修理は何を交換して、どのくらいの金額がかかるのか?
                           1と2の二つです。

私としては、大変好きな車であり、27万キロまで走りたいと思ってます。同じようなクルマに乗っている方(jzx120 jzx110 jzx100 マークII3兄弟 アリスト GS クラウン ドリフト車1g-fe)、車に詳しい方ご回答をお待ちしております。

長文失礼しますがよろしくお願いします。

以前質問させていただいた者です。

私は15年式マークIIブリットIR-S(2.5 AT 17万キロ)に乗ってます。
今年2月の購入時は無かったのですが、オートマが滑るような感じがします。

症状としては・・・停車からゆっくり発進する時(10t車くらいの加速で)、2→3に変速する際エンジン回転数は通常1500rpm以下で済むのにマシな場合は2000rpm、激しい時は3000rpm近くまで回転した後1500rpm以下に戻るというものです。(主にecoランプが点いた後になる)その後は自走可能で高速も乗っています。3速で固定して走...続きを読む

Aベストアンサー

制御系の要は「コンピュータ」です。

「コンピュータ」が誤判断したとしてもそのような事象はありえます。

エンジン内の圧があがらなければ、エンジンの回転をあげてもトルクが出ませんから、その他もろもろの条件がたくさんありそうな状況のようです。

メカ系も電気系も疑わしい感じがします。


ただ、すべてを完全に修理できたとしても今までのように乗っていってはいけないと思いますよ!かなり古くなっていますから、それなりにいたわって乗ってください。


私のパイザーは平成12年式で20万キロを超えて、2度目のタイミングベルト交換を終えたばかりです。もう、昔のフィーリングなどは微塵のかけらもありませんが、それなりに使っています。

とても重要な事態のようですので、早急の対応が必要かと思われます。ディーラーなり、かかりつけのクルマ屋さんに見てもらってください。


ここで質問しているような悠長な状態ではないと思います。かなり費用がかかるんじゃないかな?

QATF トルコンオイルの交換作業について

本日自分でオイル交換中に誤ってATFのドレーンを外してしまいました.
車種はH5三菱ミラージュ1.5DOHC
赤い油がどぼどぼと出てきたので,やばいと思ってすぐにドレーンを戻そうとしたのですが,熱くて戻せず、その上ボルトを廃油受けに落としてしまって結局全量が抜けるのを見守るだけでした. (結構最悪)
とりあえずATFは買ってきたのですが,ATFの交換は素人はやらない方が無難とのコメントも多くここからどうしようかと思っています。
詳しい方がおられましたら,ご指導いただければと思います。

(1)ドレーンしたATFの量について
スペックにはATF7Lと示されているにも関わらず、廃油の量から推定して3.5L程度しか抜けませんでした。どうせなら全量交換をしたいので,
ドレーンを開けたままエンジンを始動してアイドリング状態で,シフトをP-R-N-D-2-1などと切り替えてATを作動させ,中の油をなるべる全量抜き取りたいと思いますが、機構的には問題は無いでしょうか? 又はやらないほうが良いでしょうか?

(2)駆動輪の回転について
上記(1)の時に、駆動輪をジャッキアップして空転させたほうが良いでしょうか?
それとも回さない方が良いでしょうか?

(3)補充の手順について
気をつけなければならないことがあったら教えてください。

(4)エア抜きなど
は必要なのでしょうか? やるとしたら方法を教えてください。

(5)ATF量確認について
補充後、アイドリング状態,Nレンジで温間確認でよいでしょうか?

(6)その他
こうやるとATを壊してしまうというような事項があったら教えてください。

以上よろしくお願いします。

本日自分でオイル交換中に誤ってATFのドレーンを外してしまいました.
車種はH5三菱ミラージュ1.5DOHC
赤い油がどぼどぼと出てきたので,やばいと思ってすぐにドレーンを戻そうとしたのですが,熱くて戻せず、その上ボルトを廃油受けに落としてしまって結局全量が抜けるのを見守るだけでした. (結構最悪)
とりあえずATFは買ってきたのですが,ATFの交換は素人はやらない方が無難とのコメントも多くここからどうしようかと思っています。
詳しい方がおられましたら,ご指導いただければと思います。

(1)ドレー...続きを読む

Aベストアンサー

それは、お疲れ様でした。

まず、トルコンオイルを抜いたまま、エンジンを掛けて、ギヤを動かすなんて、
絶対に止めてください !! 間違いなく壊れます。
トルクコンバータ (オイルポンプ!? みたいな奴ですね)に、
全量の30~40%は、溜まってしまうので、
全量交換は、オーバーホールでないと、まず無理です。
残念ですが、あきらめてください。

え~ 交換手順です。

>ドレーンボルトを外し、オイルを抜きます。(失礼しました。抜いてたんですね)
>ドレーンボルトを戻して、レベルゲージを抜き、じょうごなど使って、
そこからオイルを入れます。 (抜いた量の80%くらい)
>これで、エンジンを掛けます。 (パーキングのまま)
>レベルゲージを戻して、量をチェックしてください。(エンジンは、
掛けたままです)
>この状態で、フルレベルならば、ブレーキを踏みながら、ドライブに入れたり、
抜いたりして、2~3回繰り返してください。
*注 「走らないで、下さい !!」
>パーキングに戻し、オイルの量を見てください。
>ホントは、駆動輪を、カーリフトなどで浮かし、ドライブに入れ、
タイヤを回しながら!? 量を測るのですが・・・。
>危険ですので、見込みで、少し多めに入れるテにしましょう。
フルレベルより、10~15ミリ上にあれば、OKです。

以上です。 オイルを、レベルゲージの所から入れるのは、
結構忍耐が、要ります。 気長にやってください。
では、失礼します。

それは、お疲れ様でした。

まず、トルコンオイルを抜いたまま、エンジンを掛けて、ギヤを動かすなんて、
絶対に止めてください !! 間違いなく壊れます。
トルクコンバータ (オイルポンプ!? みたいな奴ですね)に、
全量の30~40%は、溜まってしまうので、
全量交換は、オーバーホールでないと、まず無理です。
残念ですが、あきらめてください。

え~ 交換手順です。

>ドレーンボルトを外し、オイルを抜きます。(失礼しました。抜いてたんですね)
>ドレーンボルトを戻して、レベルゲージを抜...続きを読む

QATF交換で悩んでます。

アリスト147 3.0V平成4年車に乗っています。
走行距離7万キロです。
一度もATFを交換したことがありません。
先日カー用品店で交換を強く勧められました。
現在交換した方がいいのか悩んでいます。
ディーラーでやってもらうのがいいのか、
それとも、カー用品店でやったほうがいいのか。
オイルはメーカー純正がいいのか、カー用品店で扱っているものでいいのか。カー用品店だとカストロールのものを使用しているとのことでした。この先15万キロまではメンテナンスをして乗っていくつもりです。
車にくわしいかた、ATFを交換された方、また、ATF交換について解説をしているホームページをご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスをいただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

走行距離が7万キロということであれば、おそらく交換してもいいと思います。

交換する前にタイムラグテストを行って交換しても良いかどうか?を確認します。

タイムラグテストというのはアイドル回転時にDまたはRレンジにシフトした瞬間から油圧制御が働いてプラネタリギヤユニットが作動し、駆動力が駆動輪に伝わるまでの時間を測定するテストです。
 簡単に言うとNからDやRにシフトしてからショックを感じるまでの所要時間を測定するものです。
 予想されることは、例えばクラッチのディスクとプレートの隙間が広ければ、それだけ接続に時間を要し、ラインプレッシャー圧が低ければそれだけクラッチのピストン作動圧に達するまでの時間が長くなります。
 目安時間はN→Dが1.2秒以下、N→Rが1.5秒以下です。ショックが解り辛い場合はタコメーターの下がりを見ても確認できます。

 基本的にディーラーで交換でもカー用品店で交換しても整備手帳の指定してあるオイルを交換すれば、問題ありません。ただし、作業的にノウハウを持っていたりしているのはディーラーの方が慣れていると思いますので、ほかの方がディーラー交換をお勧めしていると思いますが、作業方法やATFを交換してはいけない条件など疑問に対してきちんと返答できるお店であればカー用品店でも大丈夫だと思います。要は信頼できる作業が出来るかどうか?が問題です。

 なお、全量交換に対してATFを交換するリスクと言うのは、油路にスラッジなどが詰まって作動不良になると言うリスクではありません。そのような状態はもう既にタイムラグテストがNGになっているものや交換する前に既に不具合が起こっている状態のものです。
 ATF全量交換の手順は作業的にはオイルクーラーのホースを外してそこにバイパス通路を設けて作業します。出力の汚れたオイルはハイドロリックコントロール(油路があるオイルパン部分)に入らず、スラッジなどは、そのままチェンジャーに廃棄されて、新油がハイドロリックコントロールにそのまま注入されます。
 クラッチが磨耗、消耗され、クラッチ隙間が広くなってクラッチ力を保持出来なくなりますが、汚れたATFがそのクラッチ隙間のなかに入って高μによってクラッチ力を保持しています。その隙間のものがすべて洗い流され、クラッチ隙間が広くなってギヤ保持力の低下による不具合が多いのが一般的です。
 具体的な症状はギヤを入れても吹け上がる。滑るような感じになる。シフトチェンジ時タコメーターが吹け上がる。車が移動できなくなる。などです。
 スラッジなどが詰まりが原因ならば、内製のAT以外殆どオイルパン内にハイドロリックコントロールがあるのでATを分解しなくてもオイルパンだけ脱着してバルブボディを清掃すれば解決します。しかし、実際にはそのような作業で解決するものは稀です。殆どがギヤを保持させるクラッチの不具合が不良でシフトチェンジの不具合が発生してしまします。

 タイムラグテストの新車の状態のデータ-があれば目安になりますね。作業的には難しいテストではありませんので個人でも出来ます。

 あとは信頼できるメカニックさんとお会い出来て、いろいろお話されて「作業依頼できるな。」と思われたお店で交換がよろしいかと思います。

こんにちは。

走行距離が7万キロということであれば、おそらく交換してもいいと思います。

交換する前にタイムラグテストを行って交換しても良いかどうか?を確認します。

タイムラグテストというのはアイドル回転時にDまたはRレンジにシフトした瞬間から油圧制御が働いてプラネタリギヤユニットが作動し、駆動力が駆動輪に伝わるまでの時間を測定するテストです。
 簡単に言うとNからDやRにシフトしてからショックを感じるまでの所要時間を測定するものです。
 予想されることは、例えばクラッ...続きを読む

QオプティのATFが少なかったので補充しら動きません。

オートマオイルが不足していたので、お店でオプティ用のATFを購入して補充したらギアが入らなくなりました。まるでクラッチが滑っているような感じです。 車体をギアをNにして車を押してもまるでパーキングに入れているような感じでロックします。オートマが壊れたのでしょうか?ささいなことでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

文面からすると、不足していたATFを補充する前は正常に走行していて、補充した後に走行不能になったと言う事でしょうか?

ATFを補充したらギアが入らないと言う事ですが、これはセレクトレバーをドライブにしてもガクッとギアが入らず、エンジンの回転ばかり上がると言う事でしょうか?これだけなら、単にATFの不足の様にも思えますが、既に補充した後でしょうし、その状態で車を押しても動かないと言う事から、源因はATFの不足では無いと思うのですが。
複数の要因が重なっている事も考えられますが、確率からしてそう多くは無い筈ですから、まずはどなたかに手伝ってもらって、一人がセレクトレバーを操作し、一人がエンジンルームを見てミッション側のレバーが動いているかの点検をして下さい。問題無く動いているとなると、ミッション本体の故障が高いと言う事です。走行云々の前に、パーキングロックが外れない事から、コントロールワイヤーの折損が怪しいかもしれません。
※コントロールワイヤーの点検
※点検時は、パーキングブレーキをがっちり掛け、ブレーキを踏んだ状態で行ってください。
※ATFの量も再点検して下さい。

失礼かと思いますが、ATFはしっかり補充されましたか?ATFが入っていないくても、同様の症状が考えられるんですが・・・
ATFはミッションの潤滑は勿論、作動油でもあるので、不足するとギアの切り替えも不能になります。例えば、間違ってパワステのリザーブタンクに補充しているとか、意外と良く有る間違いだと思います。
※オプティの年式だと、まだ油圧ポンプでパワステの動力を得ていると思うのですが・・・

ATFの点検
オートバックス http://www.autobacs.com/static_html/techinfo_01/5_98.html

文面からすると、不足していたATFを補充する前は正常に走行していて、補充した後に走行不能になったと言う事でしょうか?

ATFを補充したらギアが入らないと言う事ですが、これはセレクトレバーをドライブにしてもガクッとギアが入らず、エンジンの回転ばかり上がると言う事でしょうか?これだけなら、単にATFの不足の様にも思えますが、既に補充した後でしょうし、その状態で車を押しても動かないと言う事から、源因はATFの不足では無いと思うのですが。
複数の要因が重なっている事も考えられま...続きを読む

QATの滑り、修理代はどの位でしょうか

H12年登録のステップワゴンです。
走行距離が185,000kmと多走行のため仕方ない面も有るのですが、ここ最近発進時や上り坂でATが滑って回転ばかり上がって上手く動力が伝わらなくなりました。

10万km時にATFを交換した経緯が有ったので、まずはATFを交換しましたが症状は改善しませんでした。
となるとリビルト修理か交換しかなさそうですが、一般的にどの位金額が掛かるのでしょうか。
20万円以上掛かるようでしたら、新車に乗り換えも検討したいと思っています。

Aベストアンサー

経験上でわかる範囲でしか金額しか言えませんが
ステップワゴンって、たしかFFですよね?
そしたら、最低限でも足回りをはずしてエンジンを下ろさないと
作業出来ない可能性が高いので、絶対に10万は超えると思います。
また、リビルドとなると必要な部品や組立工賃を考えても
20万円近くなる可能性は大きいです。

もちろん、車種によりエンジンを下ろさなくても作業できるように
してあるものもありますが、HONDAの車はその辺の評判はあまりよくないので
一度、業者に見積もりを出してもらうことをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報