株を売ることが出来ないと出ます。

これってどうゆうことでしょうか。

初心者なのでわかりません!


このような場合
どう対処すればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すみません。

補足は必要ありません。

>前日から持ってる A株売り700 9:10分
>同じ銘柄     A株買い600 9:15分
>時間はだいたいこんな感じです。
>いつでも売れるようにその銘柄を売ろうと
>確認ボタンを押したら

今日やっているのは、差金決済該当です。

もし買いたいのなら、買い付け代金全額を入金しないと、今日は無理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ検索してなんとなくわかってきました。

たとえば昨日1株一万の株を100万で買って
株が今日の朝120万になって、

100株120万で売って。

また株価が100万にまで下がったとして、

その日の内にその銘柄の利益で120株買おうとすると

"ミ,,゜Д゜彡テメッ、コノヤロ!

となるわけですね。

売り→買い→売り

については、まだややこしいのでもうちょっと
検索してみたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/11 11:26

回答がおかしかったですね。



やはり、明日まで待つか、お金を入れて、買い→売り、だけにするかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、下の文の訂正です。

「たとえば今日1株一万の株を100万で買って
株が今日の朝120万になって」

です。

同一銘柄だと

買→売

売→買

どちらもその日一回が基本ですね。

お礼日時:2005/04/11 11:36

>A株売り700 9:10分



すみませんが、これは約定していますか?
多分、約定していると思いますが。

もうひとつ、前の日から持っているというA株の約定代金はどうなっていましたか。買った時点で十分に資金がありましたか?
    • good
    • 0

信用はわかりませんが、現物なら



状況がわかりませんが、買い付け資金が不足しているのでは?受け渡し日に資金があればいいので、買いの約定ができたのでしょうが、その代金が口座に残高がないことが考えられます。

あるいは、買いそのものができないのかも。

いずれにしても入金しないと解決しません。

例)A株売り→A株買い→×A株売り
これをやりたいなら、翌日まで待つ。

差金決済
例)A株買い→A株売り→×A株買い
例2)A株売り→A株買い→×A株売り
買って売る、売って買う、各々1回なら可能。同一資金の場合。

今のところ、これだけアドバイスしておきます。詳しい状況を補足してもらって解決になるかわかりませんが、何をしたのか時系列で書いてもらうと、何かわかるかもしれません。

まさか、買いと売りを反対に書いてないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早い返事どうもありがとうございます。

今日の朝に

前日から持ってる A株売り700 9:10分

同じ銘柄     A株買い600 9:15分

時間はだいたいこんな感じです。

いつでも売れるようにその銘柄を売ろうと
確認ボタンを押したら

「ご指定の株は担保不足もしくは差し金取引に該当するため承れません」

とエラーメッセージのように出ます。

>いずれにしても入金しないと解決しません

(((( ;゜д゜)))アワワワワ

その株の購入金額が40万ぐらいなのですが。

入金が必要としたらどのくらいになるのでしょうか。

入金しないでそのまま明日になれば売れないのでしょうか?

お礼日時:2005/04/11 10:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

売る 株」に関するQ&A: 自社株売却はタブー?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株主代表訴訟の担保提供とは

株主代表訴訟において、被告側から原告の株主側へ、訴訟を続ける条件として巨額の担保提供を裁判所に申し出るケースが増えてきた。
これは株主代表訴訟にブレーキをかけることになりかねない

本でこのような内容を読んだのですが、この原告が担保提供を求められるとはなぜでしょうか?
何の担保を求められているのでしょうか?

Aベストアンサー

不当訴訟が認められた場合の、被告の原告に対する損害賠償請求権
のための担保だったと思います。

Q株でレバレッジを利かせるとは、具体的にどうゆうことでしょうか?

当方、ジム・ロジャーズを崇拝しており、彼の経歴を見ていると、度々、「レバレッジを利かせる」といった語句が出てきます。

確かに、簡単に言えば「テコの原理」ということなのでしょうが、株式において具体的にどの様にしておこなうのでしょうか?

ちなみに、下記のサイトにも「レバレッジを利かせて暴れまくる。」とあります。

http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/retsuden7.html#rojer


どうか具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

レバレッジをかけた投資手法(株式投資を含みます)とは、基本的には借入金と自己資本を原資とした投資を指します。このうち、借入金の占める割合の高い投資手法をレバレッジ倍率の高い株式投資と位置づけます。

例えば、100万円を元手(自己資本)として、100万円の借り入れを行い(貸してくれるかどうかは別問題です)、合計の200万円で投資を行えば、レバレッジ倍率が2倍の投資を行ったということになります。この倍率が高いほど、「レバレッジをきかせた」投資となるわけです。

個人投資家が行うレバレッジを行う手段としてもっともよく使われているのは信用取引です。信用取引口座を開設し、そこに証拠金と株式を入れると、それを担保(株式は時価評価に一定のディスカウントがある)として信用取引による株式の買付余力を与えてくれます。信用取引を認めている銘柄であれば、買い付けることができますし、本題とはそれますが、売りから入ることもできます。

ただし、制度信用取引の場合、6ヶ月以内に反対売買を行わないといけないという規則があるため、長期的な投資には不向きであると言えるかもしれません。

レバレッジをかけた投資において気をつけるべき点は、投資損益率がレバレッジの倍率を乗じて決まりますから、レバレッジなしの投資で10%の損失は、2倍レバレッジの投資では20%の損失となることです。もちろん、利益率も2倍になりますから、ハイリスク・ハイリターンの投資ということです。

さらに、信用取引の場合、担保となる株式の時価が下落した場合、レバレッジ倍率が上昇することが問題となります。最悪の場合、自己資本が0を割りこみ、債務超過ということもあるわけです。(もっともそうなる前に証券会社が強制的に取引を終了させますが)そうならないために、株式買付だけではなく、売り建て(いわゆる空売り)などの組み合わせが望ましいと言われています。

また、資金を調達する借り入れ利子(いわゆる日歩)も発生していますから、このことも把握しておく必要があります。(例えば松井証券では年利2.1%)

レバレッジをかけた投資手法(株式投資を含みます)とは、基本的には借入金と自己資本を原資とした投資を指します。このうち、借入金の占める割合の高い投資手法をレバレッジ倍率の高い株式投資と位置づけます。

例えば、100万円を元手(自己資本)として、100万円の借り入れを行い(貸してくれるかどうかは別問題です)、合計の200万円で投資を行えば、レバレッジ倍率が2倍の投資を行ったということになります。この倍率が高いほど、「レバレッジをきかせた」投資となるわけです。

個人投資家が...続きを読む

Q住宅ローン担保債権とは?リーマン問題で最近よく新聞に掲載されていますが、、。

リーマンの問題で新聞に掲載されている言葉で

「住宅ローン担保債権」とありますが、

これは「住宅を担保にしてローン(お金を借りる)を組む、それを返済する義務」 という
解釈で合っているのでしょうか?

日本でよく耳にする住宅ローンは「住宅を購入するために借りるお金(ローン)」 と
思っているのですが、、、
そこらへん 解りやすく詳しく教えてください。
住宅購入もしたこととない素人なのでよくわかりません。

Aベストアンサー

違いますよ。

これは、アメリカの金融会社がはじめたもの
    ↓
住宅ローンを借りる人がいる(サブプイライムローン)
    ↓
それを一ところで扱うとリスクが高くなるので
その金額を細分化して、証券化する。
    ↓
その証券を転がして運用し商売にする金融商品にした
    ↓
これが「住宅ローン担保債権」です。

これには、サブプライムローンに融資すための資金を
集めるために、この手法が考え出されたようですが
ローンの借主が返済が滞らないうちはうまく回りますが
想定以上に返済が滞り、ローンの借主が返済不能にでも
なろうものなら、その仕組みはもう成り立ちません。
その金融商品の価値自体が落ちたのと同じことなのです。

今回のリーマンブラザースはこの金融商品を多く扱っており
サブプイライムローンの焦げ付き(いわゆる返済不能に陥る)
金融価値のない証券がでてきてしまい、従って多く扱って
いればいるほど損失額も大きくなり、今回の破綻に追い込まれたということです。

日本の土地バブルでも似たようなことがありましたよね。
それとまったく同じ種類の失敗をしています。

違いますよ。

これは、アメリカの金融会社がはじめたもの
    ↓
住宅ローンを借りる人がいる(サブプイライムローン)
    ↓
それを一ところで扱うとリスクが高くなるので
その金額を細分化して、証券化する。
    ↓
その証券を転がして運用し商売にする金融商品にした
    ↓
これが「住宅ローン担保債権」です。

これには、サブプライムローンに融資すための資金を
集めるために、この手法が考え出されたようですが
ローンの借主が返済が滞らないうちはうまく回りますが
想定...続きを読む

Q単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

単元未満株1株を所持していて、株式併合して例えば2株→1株になった場合、所持している株はどうなるのですか?

配当金や株主優待などの特典もどういう扱いになるのか御指南ください

Aベストアンサー

持ち株×0.5になります=0.5株

っのは無いので・・・・
良くあるパターンは・・お金で交付されます ので株券が無くなります

Q譲渡担保、買戻し特約、再売買予約とは?

1、再売買予約と買戻し特約と譲渡担保契約との法的な違い、それに実利上の違いは?
2、お金を貸す方が有利な方は?借りる方が損する方は?
3、実際の実務上はどのような取引が多いのでしょうか?
お知恵をお貸しくださいませ。

Aベストアンサー

>農業委員会の許可がなければ、無効にはならないのでしょうか?

 そうです。所有権移転ですからそうなります。
抵当権設定だと許可不要ですね。

>「仮登記担保契約に関する法律」って?そのことによって、どうして同じような契約形態になったのでしょうか?

 抵当権の実行だと、民事執行法とか、そういう決められた手続きを取らなければ、いけないわけですよ。
 しかし、再売買予約などだと、所有権移転さえすればいいわけです。
質問の3つの契約は実質は担保に使われるのは、所有権移転という担保があるわけです。ところが弊害もあります。
 例えば、1000万を貸し、借主の土地は1億だとします。
借主は返せなくて、土地を手放す。貸主は9000万も儲かりますね。
 かつてはこういうことがあったのです。

 これが、まず判例により是正されました。清算義務というものです。
つまり、貸主に所有権を移転するなら、まず9000万払ってから移転するという義務です。
 これが明文化されたのが仮登記担保契約に関する法律です。

 担保的機能をもつ所有権移転もしくは仮登記契約は上記の法律が適用されるので、貸主にうまみがなくなったので実質違いがなくなったということですね。ですから、質問の3つの契約形態も担保的機能があれば上記法令の適用があります。

 あと補足ですが、#2さんご指摘のように再売買予約も消滅時効にかかりますが、中断できますね。しかし買戻しはできません。そういう意味で期間制限は再売買はないと言ってしまいました。正確性に欠けましたね。

>農業委員会の許可がなければ、無効にはならないのでしょうか?

 そうです。所有権移転ですからそうなります。
抵当権設定だと許可不要ですね。

>「仮登記担保契約に関する法律」って?そのことによって、どうして同じような契約形態になったのでしょうか?

 抵当権の実行だと、民事執行法とか、そういう決められた手続きを取らなければ、いけないわけですよ。
 しかし、再売買予約などだと、所有権移転さえすればいいわけです。
質問の3つの契約は実質は担保に使われるのは、所有権移転という...続きを読む

Q株を新規上場したとたんに代表権を持つ人間が株を売ることは可能?

株を新規上場して例えば1ヶ月後などに、
その会社の社長であり筆頭株主の人間が、
持株を大きく売却することは可能でしょうか?

詳しい方、お教えください。

Aベストアンサー

もちろん可能です。
そもそも新規上場の際には、「売り出し」といって
大株主の持ち株の一部を売るのが普通です。

その後については、上場の際にロックアップを掛けるかどうかが決めます。通常は半年のロックをかけることが多いです。詳しくは上場の際の目論見書に全て記載されます。

逆に言えば、半年過ぎると大株主の売り物が大量に出てくることもありますので、そういうIPO銘柄を買うときには注意が必要になります。

Q公共性の担保とは?

指定管理者制度について勉強しています。
事業計画の中に「公共性の担保」という言葉が出てきますが、具体的にどういうことを言うのでしょうか?
お教えください。

Aベストアンサー

指定管理者制度というのは、経費削減のように思えますが、「公共」目的で設置・建設した施設の管理を通して、民間会社に「金儲け」をさせる一面を有していることは否定できません。

 質問者の読んだ文章全体の流れをみて判断する必要がありますが、「公共性の担保」とは、民間会社が管理しても、その施設が「公共目的で建設されたという目的と存在理由を堅持してゆく保証」という意味だろうと想像されます。

Qタンス株?を売りたい(思い切り初心者)

金庫に株券があって手持ちの株券は証券会社に早く預けたが良いみたいな事を聞きますが どこに頼んだら良いか・・売るだけだったら 証券会社に直接行って売ってもらえばいいのでしょうか?
もう 監理料とか預けたりするのに口座を開いたりしなくてはいけないのなら 売ってしまおうかと思ったのですが 単元株数ないと売れないのでしょうか?
単元株数とか言うのを調べたら1000枚でした
手持ちは200枚です
変動があるでしょうが 例えば一株700円として 手数料はいくらぐらい引かれますか?
手数料は証券会社ごとに違いますか?
お勧めの会社はありますか?

Aベストアンサー

単元株数が1000株で、お手持ちの株数が200株、すなわち単元未満株式で、手元に株券を持っているとして説明します。

○上場会社の株式の場合
 その上場会社の株主名簿管理人(信託銀行もしくは専門の証券代行会社)に連絡を取り、「単元未満株式の買取請求」をしたい旨を伝えます。株主名簿管理人は、四季報や日経会社情報に掲載されていますし、証券会社に聞いても教えてくれます。その上場会社に聞いても教えてくれます。
 株主名簿管理人から「単元未満株式買取請求書」が届いたら、必要事項を記入し、届出印を押印したうえで、株券を添えて返送するか、その株主名簿管理人の窓口(信託銀行の場合は国内本支店の窓口)に提出してください。書類と株券がすべて整っていれば、通常の場合、その日の終値(複数上場の場合は東証の終値であることが多いようです)で上場会社が買い取ってくれます。ほとんどの会社では、規定の手数料および手数料に掛かる消費税を引いた後、残額を送金してくれます。
 ※証券会社が取り次いでくれる場合もありますが、場合によっては有 料になります。

非上場会社の場合
 株主名簿管理人がいる場合は株主名簿管理人、いない場合はその会社に「単元未満株式の買取請求」を行なう旨を伝えます。書類と株券を提出するところまでは、上場会社と一緒ですが、非上場会社の場合、時価がはっきりしませんので、会社が決定している価格で買い取られることになります。

手数料
 会社によって異なります。計算方法は、その会社の有価証券報告書に記載されています。株主名簿管理人でも教えてくれます。非上場で株主名簿管理人もいなく、有価証券報告書も提出していない場合は、会社に聞くしか方法はありません。手数料無料の会社や、無料の時期を設けている会社もあります。

単元株数が1000株で、お手持ちの株数が200株、すなわち単元未満株式で、手元に株券を持っているとして説明します。

○上場会社の株式の場合
 その上場会社の株主名簿管理人(信託銀行もしくは専門の証券代行会社)に連絡を取り、「単元未満株式の買取請求」をしたい旨を伝えます。株主名簿管理人は、四季報や日経会社情報に掲載されていますし、証券会社に聞いても教えてくれます。その上場会社に聞いても教えてくれます。
 株主名簿管理人から「単元未満株式買取請求書」が届いたら、必要事項を記入...続きを読む

Q債務履行の担保のための生命保険とは

生保の本を読んでいると”債務履行の担保のための生命保険”という文言があったのですが
具体的な例など教えていただけませんか?

これって借金のかたに、返せない時は生保で返せということですか?
昨今問題となった消費者金融の利用した手なのでしょうか??

Aベストアンサー

baffetto12さん、こんにちは。
はじめまして、fulfill-jpと申します。

「債務履行の担保のための生命保険」についてですが、いろいろな角度からお話ができると思います。
債務履行担保・・・
住宅ローン支払い中に被保険者様に万が一の場合、残債を保険金で支払う。
法人経営者などが被保険者になり、万が一の場合、会社の債務を返済できうるだけの保険金を受け取る。
などがありますね。

Q株について初心者なので馬鹿げた質問かもしれませんが

株について初心者なので馬鹿げた質問かもしれませんが教えてください。

株で最低保有数と価格がありますが例えば下記のような場合両方合計金額は同じですよね。

•1000円の株を1株
•1円の株を1000株

例えば株単価がたった1円上がったとしても下の場合だと1000円の儲けとなりますが、上の場合だと1円の儲け。

この認識で間違いないですか?
もしそうなら単価安くて株数が多い方がいいって事ですか?

単純な質問ですみません…

Aベストアンサー

実際には売買手数料がかかりますから、1000円の株を一株 買っていたら手数料負けしてしまいます。
仮に手数料を100円としたら、買いの時と売りの時で200円の手数料がかかってしまいますから、株価が1201円以上にならなければ儲けはでない事になります。
はたして株価が200円以上、上がるのを待っていられるでしょうか!?
もし質問に書いてあるように、一円上がったところで売れば一円の利益にはなりますが、売る時もやはり100円の手数料がかかってしまいますから、結局はトータル199円の損という事になってしまいます。

一円の株を1000株買い二円で売れば、買いの時と売りの時の手数料を引き、800円の利益になります。

株ビギナーの人は、手数料計算をしていない人が多く、儲けたつもりが損をしていたという事がよくあります。
他にも手数料だけでなく税金もかかる事を頭の片隅にでも置いておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報