プロが教えるわが家の防犯対策術!

公明党の山口代表は先ほど岸田総理と会談し、寺田前総務大臣の辞任について「率直に申し上げて、総務大臣になる人の足元でそういう課題があったということを聞いて驚いた。説明をするように努力をされてたと思うが、なかなか不透明感が残ったという印象だ」と苦言を呈しました。

相次ぐ閣僚の辞任については、「内閣全体として体制をしっかり立て直して国民の信頼を取り戻す努力が大事だと思う。与党としても厳しい目を持ってこれから政府の取り組みを見ていきたい」と語りました。

また、山口代表は、岸田総理から「総務大臣の辞任について大変ご迷惑をかけて申し訳ないと陳謝の言葉があった」としたうえで、「早急に内閣の体制を立て直して、政府与党結束をしてあたっていこうということを双方で確認した」と明らかにしました。


という事ですが、気違い・悪人・犯罪・洗脳・朝鮮カルトの創価学会公明党が、同じ穴の貉である気違い・悪人・犯罪・洗脳・朝鮮カルトの統一教会自民党中心の朝鮮カルト自公政府を厳しく見ていく監視して行くって、何かのブラックジョークかいな?

岸田も山口も細田も萩生田も加藤も西村も河野も茂木も甘利も二階も麻生も小泉も森も山上すべきではないのでしょうかね。

A 回答 (2件)

なかなか不透明感が残ったという印象なのは国民の方ですね。

自公政権の重い課題は残ったままです。
    • good
    • 1

じゃあ、お前がやれ。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング