裁判が確定した後で、担当裁判官が重大なミスに気付いた場合、どうなりますか?
ケース1・・・委任を受けた弁護士を出廷させなかった場合。(法律事務所に一切無連絡でした。)
ケース2・・・被告人を間違えて裁判してしまった場合。(個人に言い渡すべき判決を法人に言い渡してしまったとか)
ケース3・・・判決が確定し、判決に沿って金品の受け渡しが実行されたが、1ヵ月後、間違って担当裁判官が強制執行をしてしまった場合。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

訴訟の事案はtaro15さんのおっしゃるとおりでよいのでしょうか?それを前提に回答しますと、


ケース1→A弁護士はその訴訟の委任を受けていない(「原告はA弁護士に○○相手の訴訟を委任します」という委任状をその具体的に事件番号のついた訴訟において裁判所に出していない)なら、裁判所にはA弁護士を出廷させたり、連絡したりする義務はありません。
ケース2→被告を誰か決めるのは、裁判所ではなく原告です。原告が被告をH氏として訴えたのであれば、裁判所はH氏を被告として判決するしかありません。
ケース3→判決が確定したからと言って、裁判官が勝手に強制執行するのではありません(世間ではよく裁判所が取り立ててくれると勘違いされているようですが)。強制執行は、債権者(原告)の申立によって行われるのであり、確定判決に基づいて被告から金員を支払ってもらったのであれば、普通原告は強制執行の申立をしないでしょう。それを強制執行してしまったというのであれば、それは債権者(原告)のミスです。債務者(被告)が請求異議訴訟を起こすか、訴訟外で債権者債務者間で何らかの解決をすべきだと思います。
最初の質問だけでは裁判所が重大なミスを犯したように読めましたが、そうではないのでしょうね。
    • good
    • 0

事案としてはこういうことですか?


Hさんは原告の法人となんらかのトラブルがあった。
原告は初めはA弁護士に相談した。
A弁護士はHさんを訴えることを提案した。
後に原告はB弁護士にも相談した。
B弁護士はF社(代表者はHさん)を訴えることを提案した。
原告はB弁護士の提案に乗ってB弁護士に訴訟委任した。
B弁護士はF社を被告として訴えを提起した。
口頭弁論期日にHさんはF社の代表者としての訴訟活動をせずに、Hさん個人として訴訟活動をした。
裁判官もその点特ににHさんに注意しなかった。
そのために被告の敗訴となった。

こういうことですか。
もしそれなら裁判所は被告を間違えていませんよ。
訴訟代理権を証明する書類は必ず裁判所に提出しなければなりませんから、原告が訴訟委任したのは確実にB弁護士だと思われます。A弁護士はHさんと交渉する委任は受けたけれど、訴訟を起こす委任は受けていないのではありませんか?。
    • good
    • 0

 原告の訴訟代理人であるBがF社を被告として訴えを提起している以上、裁判所もあくまで、F社を被告として扱います。


 ですから、裁判所は、原告のF社に対する請求が認められるかどうかを判断するのであって、原告がHに対して請求権を有しているかどうかや、原告がF社ではなく、Hに対して訴訟を起こすべきだったかどうかを判断するわけではありません。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。ただこの場合、困ったことに、委任を受けた原告側弁護士は、一度も出廷しませんでした。提訴すらしていませんでした。
 おかしな話なのですが・・・。

 また、ケース3ですがどなたかアドバイスいただけませんか?

補足日時:2005/04/13 11:28
    • good
    • 0

民事訴訟では、二重訴訟が禁止(民訴142条)されており、重ねて訴えること、紛争の蒸し返しはできません。



ここで、何が、訴訟の同一になるかということですが、「請求の趣旨」と「原因」という考え方があります。

法律が違えば趣旨が違い、「引き渡せ」か「支払え」でも異なるとされています。
しかし、実務では、訴訟の併合という形をとり、一体で判断を下すことになるのですが、今回の事案は、裁判長がそのような請求に対して耳を貸さなかったことは...?です。

「既判力(判決の効力)の及ぶ範囲」で処理する問題になるかもしれませんが、上掲の通り、何ともいえないところです。

この回答への補足

 ご回答ありがとうございます。
民事訴訟の二重訴訟との事ですが、この一件のみです。傍から見ていると明らかに原告側の雇ったB弁護士のミス(思い込み)が原因かなと思えるのですが・・・。
 ということで、今回の事案は、裁判長がその請求に対して耳を貸さなかったことでは・・・・?とのことありえません。B弁護士のミスを正当化する為、そのまま裁判を続けたのではないかな?結局、A弁護士は自分の扱っている事案が裁判になっていることを1年以上に渡って、知らなかったみたいですし。
 

補足日時:2005/04/12 10:56
    • good
    • 0

 F社は、株式会社などの法人で、H氏は、F社の代表者(代表取締役など)ですか。

訴状では、被告をF社としているのですか。それとも、H氏を被告(あるいはF社との共同被告)にしているのですか。

この回答への補足

 裁判では原告(法人)被告(法人)でした。
 しかし、提訴の段階でB弁護士は重大なミスを犯してしまいました。本来被告となるべきはHさん、会社の休みの日に(日曜日でした)子供さん2人とHさん3人で公園へ出かけました。その道中での事が裁判になったのです。もちろん原告側社員はそのことを良く知っていますし、A弁護士も相手方はHさん(被告となった法人ではない)として書類を作っていました。被告となった法人は、社員のHさんが休日に子供と公園へ行ったことに関しては何ら関係ありませんし、取引上のトラブル等で裁判になった訳ではありません。
 もちろん共同被告にもせず、被告は被告法人のみ

補足日時:2005/04/12 10:54
    • good
    • 0

 民事訴訟で回答します。



>裁判が確定した後で、担当裁判官が重大なミスに気付いた場合、どうなりますか?

 判決が確定すれば、裁判官(正確には、受訴裁判所)は何もできません。正確に言えば、判決が確定するまでもなく、受訴裁判所は、判決を言い渡した後、判決を変えることはできません。これを判決の自己拘束力といいます。これの例外が、更正の決定(民事訴訟法第257条)と変更の判決(民事訴訟法第256条)です。

ケース1
 当事者(その訴訟代理人)に口頭弁論期日を告知せず、口頭弁論に出席する機会を失ったまま判決がなされ、それが確定したケースでしたら、再審事由にも該当しないので、当事者がとりうる手段はありません。(当事者が期間内に上訴すべきだった。)ただし、判決正本すら送達されていないとしたら、そもそも判決が確定していませんから、上訴すればよいです。

ケース2(補足をお願いします。)

 被告を間違えたというのが、単に被告の表記を間違ったという意味なのか、訴えられていない当事者に対して判決をしたという意味ですか。

ケース3

 裁判官が間違えたというのはどういう事を指しているのかよく分かりません。というのは、執行力のある債務名義の正本(たとえば、執行文の付された確定判決の正本)があれば、執行裁判所(あるいは執行官)は強制執行の手続きを開始しますから、債務者が債権者に弁済したにもかかわらず、強制執行手続が開始されれば、債務者が請求異議訴訟を起こして争うことになります。(強制執行により、債権者に金銭が渡ってしまったのならば、不法行為による損害賠償又は、不当利得返還請求訴訟をする。)
 

この回答への補足

 民事訴訟です。実名を挙げ、裁判所名及び裁判官の氏名事件番号も書き込んで説明したいのですが・・・。あんまりリアルになると・・・。少しわかりにくいかもしれませんが、ご了承ください。
 本物の被告人はHさんという男性。原告から委任を受けたA弁護士もHさんと文書のやり取りをしていました。数ヶ月後、原告から委任を受けたB弁護士、A弁護士のことは聞いていなかったらしく間違ってF社を原告として訴訟を起こしてしまいました。裁判所も気付かずF社を被告人として、結審。確定しました。
 原告側はA弁護士を雇った覚えは無いと、法廷で述べていましたがまったくの嘘。結果として間違った判決が出てしまいました。商法上も違法と思えるのですが・・・。
 Hさんは、裁判中に2度裁判官に対してA弁護士を出廷させるように言いましたが、無視。その旨の書類も、2度、提出されています。

補足日時:2005/04/12 00:20
    • good
    • 0

民事訴訟と、刑事訴訟とでは適用法律も考え方も異なりますので...


ケース1
状況がよく理解できないのですが...
欠席裁判で口頭弁論終了(敗訴)は手続き上あります。(民訴166条)

ケース2
―民事―
・1週間以内に限り、「変更の判決」をすることができる。(民訴256条)

いつでも、「更正の決定をすることができる。」(民訴257条)
―刑事―
最高裁判所は、『宣告のための公判期日』が終了するまで、「宣告の訂正:言い間違い」「内容の訂正:量刑の変更』を認めています。
ケース3
国家賠償法の対象になるのでは?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q包丁の正本について

正本は浅草の吾妻橋にある総本店と、
築地にある築正本がありますが、
どう違うのか両店に聞いても、はっきりした答えが
ありませんでした。
両方とも優れた包丁ですが、どう違うのか知っている方がいたら教えてください

Aベストアンサー

muroajiさん、こんにちは。
違いについて調べていたのですが、築正本で調べると総本店のHPに飛ぶので、結局は売り場が違うだけで中身は同じなのかもしれませんよ。

いくつかHPを載せますね。

http://www.kodawariyasan.com/masamoto_page.htm

http://www.tukijimasamoto.co.jp/

http://www.ippintei.com/page694.html

Q1審で裁判官に不等な判決を言い渡されそうです。

数年前、知人がOA関連物品を扱う会社のフランチャイズとして営業所を開設して、私はその傘下の営業所として稼動していました。
1年半前、知人が金銭問題を起こし連帯責任を取らされました。知人はその会社と交わしていた契約が解除され、傘下を理由に私も仕事を失いました。
私と会社との契約書はありませんが、知人とは独立して仕事をしており、会社も承知のうえで私を扱っていました。従って私は実質的にその会社と契約関係にあったと思っています。
(また、知人とは独立して営業を行うとして契約書を交わしています)
私には何の問題もありません。独立扱いの実態があるのに、門題が起これば傘下を理由にして責任をとらせる会社に対して昨年9月に訴えを起こしました。今年9月25日で結審です。
内容は相殺に使用された2カ月分の報酬返還と、契約が解除されてから当9月までの逸失利益、慰謝料を要求しました。数々の証拠も提出しています。
しかし裁判官は、独立の実態があっても直接契約がないという形式でしか判断しておらず、前回和解の提案が出されたのですが、2カ月分の報酬金額が告げられただけでした。
問題も起こしていないのに仕事を失って、どれだけの将来不安、屈辱を覚えたか知れません。解除後も嫌がらせさえ受けているのです。
本日9/6も期日だったのですが、新たな証拠を提出しても提出(当日付)が遅れたからという理由だけで却下されました。文句を言うと「貴方には有能な弁護士がついているのだから・・・」と意味不明なことを言われました。
それは高裁へ行けといっているのか、弁護士に対する感情があるのか?・・・失望しました。
こんな状況ですから高裁で戦うしかないと思っています。(正直キツイですけど) 
この先どうやって戦っていったらよいのか分からなくなってしまいました。
どうかアドバイスをお願いします。

数年前、知人がOA関連物品を扱う会社のフランチャイズとして営業所を開設して、私はその傘下の営業所として稼動していました。
1年半前、知人が金銭問題を起こし連帯責任を取らされました。知人はその会社と交わしていた契約が解除され、傘下を理由に私も仕事を失いました。
私と会社との契約書はありませんが、知人とは独立して仕事をしており、会社も承知のうえで私を扱っていました。従って私は実質的にその会社と契約関係にあったと思っています。
(また、知人とは独立して営業を行うとして契約書を交わ...続きを読む

Aベストアンサー

>知人の問題は知人に解決させるべきことで、私が責任を取らされる理由はないと思います。

 責任を取らされるという表現は、まさしく御相談者が主張する法律構成を前提としています。ちょっと事例を変えますが、仮に注文者(会社)、元請(知人)、下請(御相談者)という関係であった場合、元請と下請との関係は、経済的に従属的な関係かもしれませんが、一般的には雇用契約ではなく、請負契約の関係ですから、法的には下請は元請から独立しているわけです。
 そして注文者と元請との請負契約が、元請の責めに帰すべき事由により解除になった場合、その結果として、下請が仕事を失うことになっても、それは注文者が下請に責任を取らせたことにはならないわけです。ですから、これと御相談者との事例が違うことを裁判所に納得させる必要があります。それが、会社と御相談者と何らかの契約関係の存在です。

>私に不利になることなら何でも言っておこうという考えです。こちらが覆すと以降は一切その件には触れてこなくなります。

 そのようにどんどん主張してくれた方が良いのです。これにいちいち反論するのは疲れますが(相手方を疲れさせるというのも裁判の常套手段です。)、反論に成功すれば、それだけ相手方の主張の信憑性が薄れますから、裁判所の心証形勢に有利になります。

>主張しないほうがいいのですか?心証が悪くなりますか?

 心証が悪くなることはありませんので、主張してください。事実の主張は事実審(1審と2審)でしかできません。

>再び証言台に立って質問されるのですか? 

 1審の本人尋問で十分だと考えれば、本人尋問を行いません。

>期間はどのくらいかかりますか?(1審は約1年2ヶ月)

 控訴審(高等裁判所)は1回の口頭弁論で終結することも多いです。(およそ半年ぐらい)

>1.5倍の費用がかかると聞きましたが、弁護士にも新たに着手金を支払うのですか?

 訴額の1.5倍が控訴の訴訟手数料です。(控訴状に貼る印紙)
 弁護士に着手金に払うかどうかは、弁護士との契約によりますが、通常は、あたらたに払う事になると思います。

>掻い摘んだ話で恐縮ですが、貴方様ならばどのような判定をされますか?

 ご質問者の請求は難しいなという印象はあります。なぜ難しいかと言えば、オーソドックスな事例ではないので、オーソドックスな考えを持つ裁判官(よく言えば法解釈の王道を歩んでいる人、悪く言えば頭の固い人)を説得するのは骨が折れると思うからです。しかし、あきらかに無理な請求だとは思いませんでした。

>知人の問題は知人に解決させるべきことで、私が責任を取らされる理由はないと思います。

 責任を取らされるという表現は、まさしく御相談者が主張する法律構成を前提としています。ちょっと事例を変えますが、仮に注文者(会社)、元請(知人)、下請(御相談者)という関係であった場合、元請と下請との関係は、経済的に従属的な関係かもしれませんが、一般的には雇用契約ではなく、請負契約の関係ですから、法的には下請は元請から独立しているわけです。
 そして注文者と元請との請負契約が、元請の責め...続きを読む

Q判決正本って誰でも閲覧可なのですか?

お世話になっています。

先日、裁判所で判決が出たのですが(原告)判決正本なる書類が送られてきました。負けた裁判だし、内容が内容なので、自分の裁判の判決正本が誰にでも閲覧可だったら正直嫌だなという気持ちがあります。

ただ「裁判の秘密」などというものは無いので、おそらく判決正本も裁判所が国民に自由に閲覧できる書類になっているのだろうなと思うと(憶測ですが)、頭痛いです。まさかすべての判決正本が、ネットで自由に読めて、実名がそのまんまネットに載っているということがないのを祈りますが、判決正本って誰でも読めるものなのですか?興味本位でも読みに来る人っているのですか?やはり裁判所内でしか閲覧できない書類なのですか?

Aベストアンサー

誰でも閲覧はできますが、閲覧申請で裁判所名、事件名、事件番号、当事者名等必要です。
従って、一般の者が、単に「閲覧したい」だけでは不可能です。
全国では、数万以上ありますから、特定の事件を探すのは不可能です。
建物等の差押えも、全国ネットで閲覧できますが、氏名だけは伏せています。

Q担当裁判官が判決を出す前に、

長さんに、どうするかを、聞きに、行くそうですが、ほんとかな?

Aベストアンサー

> 長さんに、どうするかを、聞きに、行く

(A) 修正の時に "所"長さんの「所」を削除してしまったケースの質問でしたら、「ウソです」というのが正解です。

(B) 修正の時に "裁判"長さんの「裁判」を削除してしまったケースの質問でしたら、「当然です」というのが正解です。


 Aの場合ですが、裁判所長と裁判官は、検察官のように「上司と部下」の関係にありません。

 裁判官は、憲法・法律と自己の良心に従って独立して裁判をやって、独立した責任において判決を出します。

 あまりにひどい判決(計算ミス、誤字脱字、明らかな論理矛盾、違憲判決の連発、などなど)ばかり書いていると、10年以内の再任時に再任されない場合もあります。

 が、所長にはまったく責任はありません。


 Bの場合ですが、3人の裁判官で(その中の一人が裁判長)裁判をする場合がありますが、その場合、合議・判決は3人でやりますが、実際に「判決文」を書くのは、その中の一人です。

 おそらく、一番経験不足の陪席裁判官が担当するのだと思いますが、その判決文担当裁判官は、判決書案ができあがったら当然ですが裁判長に見せてOKを取るはずです。

 その上で、もう1度3人で読み直して間違いがないか確認して、それから判決言い渡しという手順になりますね。
 

> 長さんに、どうするかを、聞きに、行く

(A) 修正の時に "所"長さんの「所」を削除してしまったケースの質問でしたら、「ウソです」というのが正解です。

(B) 修正の時に "裁判"長さんの「裁判」を削除してしまったケースの質問でしたら、「当然です」というのが正解です。


 Aの場合ですが、裁判所長と裁判官は、検察官のように「上司と部下」の関係にありません。

 裁判官は、憲法・法律と自己の良心に従って独立して裁判をやって、独立した責任において判決を出します。

 あまりにひどい判...続きを読む

Q調停調書の正本・謄本

先日,調停が成立したのですが,内容は
確認条項1項目と調停費用の各自負担だけです。

調停調書の正本とか謄本とかいうものがあろうとなかろうと,調停内容の効力そのものには関係ないですよね?
例えば正本が相手方に送られないと,効力が相手に及ばないなんてことはないですよね?

強制執行を行うためには調停調書の正本が必要かもしれないけれど,それ以外でどんな場合に必要になりますか?

Aベストアンサー

相手に、その調停調書が送達されている必要があります。
個人間だけの間でしたら、調停の成立と同時に効力があるとしても、
その不履行を国家権力で強制執行するためには「送達証明書」が必要です。

Q忌避原因のある裁判官がなした判決が確定すれば覆らないのか。

忌避原因のある裁判官がなした判決が確定すれば覆らないのか。

 忌避理由(除斥原因に該当していない)のある裁判官に当事者は証言してしまいました。
 この場合、原則として忌避の申立てができません。

 上申書を提出して、裁判官に回避するようと思っていたのですが、当事者は上申書の提出を拒んでいます。
 このような状態で判決が出された場合、再審や控訴・上告で判決が無効となるのでしょうか。
 忌避理由のある裁判官は、原告の望む方向で判決をだすと思いますので、原告は判決が覆ることを望んでいません。

 上申書を提出しない理由として、被告のアドバイザーは法学部を出ているが、調停やこの裁判での対応から、法律力が低いから、裁判官の忌避原因に気付かないというものです。

 このような状態で、仮に被告側が気付かないとしても、判決が覆ることは避けられるものでしょうか。
 判決が確定してしまえば、後発的に忌避理由を根拠に再審も上告もできなければいいのにと思っています。

 ご教授おねがいしたします。

 (以下は余談)

 上申書を提出して、他の裁判官に判決をお願いしたほうが、不安が無いからと主張しているのですが、文書を作成できないので、書かない。と言い張っています。暗に私が作成することを待っているのですけど。
この手にのかって、何通も書面を代筆している。

 インターネットで調べていると、裁判官に忌避が認められるケースが少ないということも確認していますが、この辺りが疑問。
 

忌避原因のある裁判官がなした判決が確定すれば覆らないのか。

 忌避理由(除斥原因に該当していない)のある裁判官に当事者は証言してしまいました。
 この場合、原則として忌避の申立てができません。

 上申書を提出して、裁判官に回避するようと思っていたのですが、当事者は上申書の提出を拒んでいます。
 このような状態で判決が出された場合、再審や控訴・上告で判決が無効となるのでしょうか。
 忌避理由のある裁判官は、原告の望む方向で判決をだすと思いますので、原告は判決が覆ることを望んでい...続きを読む

Aベストアンサー

裁判官忌避は当事者の申立によらなければならず、その申立のないままで判決が言い渡されれば、それはそれで確定すれば、覆すことはできないと思います。
また、上申書は法的手続きではないので、効力はないと思います。

Q判決正本の再交付について

判決正本を紛失してしまい、強制執行をするのに必要になるため再交付を申請する場合、裁判所に提出する申請書はどのように書けばよいのでしょうか?
雛形等教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

判決正本再交付申請という申請があります。
表題が上記のとおりで、事件番号、原告(債権者)、被告(債務者)を明記し、判決正本を紛失したこと、強制執行をするため判決正本が必要なこと、ついては判決正本を再交付して頂きたいこと等々を書いた書面を裁判所の担当部に提出されるとよいと思います。判決文1ページにつき、収入印紙150円が必要ですのでそちらも準備されると良いと思います。
後、強制執行を行う判決文には執行文の付与というものをつけないといけないのではないかと思いますので、そちらの申請もご一緒にされるとよろしいと思います。執行文付与申請は収入印紙300円が必要です。
いずれにしても、裁判所にご確認されるのが確かに一番よろしいかと思います。親切に教えて下さいますよ。

Q裁判官が裁判の判決を出すにあたって

注意することはなんでしょう。
法律や判例に照らすことぐらいですが、ほかにもあるのでしょうか。
ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

1 当事者が求めていない判決をしてしまうこと。
2 取調べをしていない証拠を示して判決理由を書いてしまうこと。
3 誤字脱字があること。
この程度でしょうか,法律や判例に照らすということ以外では。

Q訴状の書き方で質問です。訴状や書証が複数ページになる場合、「正本、副本

訴状の書き方で質問です。訴状や書証が複数ページになる場合、「正本、副本、甲1号章,甲2号章」の記載は、ホチキスで綴じた1ページ目だけに書けばいいのでしょうか?それとも。全ページに記載しないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判所用の第1頁目に正本、被告用の第1頁目に副本と書きます。全頁に記載する必要はありません。
甲1号証などの記載も同じです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/form/sojotin.html

Q民事裁判の判決日当日は出廷しても良いですか?

民事裁判の判決日当日は出廷しても良いですか?

地方裁判所の民事の判決が出ます。
代理人である弁護士からは、当日、出廷する必要がないと言われています。
(早く知りたいなら弁護士の事務所に電話をしなさいということでした。)

私は原告側です。


いろいろと調べてみましたが、判決当日、弁護士でも出廷しない場合があるらしいです。
が、裁判を闘ってきた中で、自分自身の気持ちにけりをつけるためにも、判決当日直接出廷したいと考えております。
ですから、代理人の弁護士がいたとしても原告が出廷しても大丈夫なのでしょうか?

また出廷したとしても、法廷に誰もいない可能性があるのでしょうか?

今住んでいるところと、裁判所と距離があるので、裁判所に出かけて空振りしたくないので詳しい方、また、判決日に出廷したことがある方などいらっしゃいましたらご回答くだされば大変助かります。

弁護士に聞くのが一番なのでしょうが、忙しいらしくなかなか連絡がつかず大変困っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

判決と書かれた日の裁判を傍聴しました。
書記官?みたいな人しかいなくて、しばらくすると、その人が電話で、時間になり、傍聴人がいますのでお願いします、といって、催促しました。
裁判官は、だれもいないと思って、時間に遅れてきました。


人気Q&Aランキング