電子と陽電子が対発生するとき、その直前までその発生部位に両方とも存在していたと考えるのでしょうか。

A 回答 (3件)

存在していません。

その発生部位に両方ともあったならば、反対の電荷をもつので引き合って、対消滅して電磁波(光子)になってしまいます。(γ線は光子です)
真空が何もない空間ではなく、一定の確率で物質が対発生し対消滅している、そのたびに電磁波を発生させあるいは吸収している、というような構造を持った存在であることが知られています。
粒子の世界は部品を組み合わせてつくる積み木細工のようなものではありません。
ついでながら「同重体理論」なるものは典型的なトンデモ学説ですね。

この回答への補足

すると発生の直前にはどうなっているのでしょうか。

補足日時:2005/04/11 17:48
    • good
    • 0

以下、#2pyon1956さんのご回答に対する質問者の補足要求


>すると発生の直前にはどうなっているのでしょうか。
に対するアドバイスです。。。
これは場の理論の領域の話で、この辺の分かりやすいお話は高橋康著「古典場から量子場への道」の第V章「場と物質」に載っています。図書館へ行かれて一読されるとよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示有難うございます。近くの図書館へ行って探してみます。

お礼日時:2005/04/12 08:40

本当かどうかは分りませんが、


宇宙には空間子(結合電子対)と言うものが真空中にも満ち溢れているという説があります。
空間子がγ線を吸収すると電子・陽電子対生成が起こり、
対消滅では空間子に戻ると同時にγ線を放出するのだそうです。

参考URLは「アニメ」もあって結構詳しく書かれています。

参考URL:http://www4.ueda.ne.jp/~guoningqiu/dojutaihome/i …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもご教示ありがとうございます。ご紹介のサイトも拝見したいと思います。

お礼日時:2005/04/11 17:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬毛の静電気発生防止のメカニズム

馬の毛は静電気を発生しにくいという事ですが、なぜ化学繊維と違って静電気が発生しにくいのでしょうか?メカニズムがわかるかた教えてください。

Aベストアンサー

化学繊維だけが異常に静電気を帯び易いだけであり
馬毛だけでなく 他のものは静電気が発生しにくいだけの話。

摩擦により発生したエネルギーが 熱だけでなく 電気として溜められるだけであり
その電気が逃げにくい(絶縁性がある:金属や水分を殆ど含まない)物質で、溜まり易いだけです。


尚、下敷き相手では (馬)毛でも静電気が発生し易いので・・・・
(擦り合わせた物質の極性差で どれだけ静電気になりやすいかが決まり・・・)

Q水素を構成する陽子、中性子、陽電子、陰電子の数は?

太陽では核融合で「陽子がヘリウム原子核に変換している」といったり、「水素がヘリウム原子核に変換している」といったりします。
水素(ばかりとは限りませんが)には紛らわしい呼び名や物質が沢山あります。そこで次の各物質の構成要素の数を纏めておきたいと思います 。
質問の丸投げはいけないかと思い、苦し紛れに書き出してみました。左から順に、P(陽子)、N(中性子)、+(陽電子)、-(陰電子)の個数です。誤っている所を訂正し、末尾の?のうち著しく不適当な所はご意見をお聞かせ下さると有難いです。

―――――――P、N、+、-
陽子―――――1、0、1、0(水素原子核の別名?)
水素イオンー-ー1、0、1、0(陽子の別名?)
軽水素(原子)ー1、0、1、1(水素原子の別名?)
水素原子核――1、0、1、0(陽子の別名?)
水素原子―――1、0、1、1(誤解がなければ水素という?)
水素分子―――2、0、2、2(誤解がなければ水素という?)
重水素――――1、1、1、1
重水素の分子―2、2、2、2
三重水素―――1、2、1、1
三重水素の分子2、4、2、2
四重水素―――1、3、1、1
四重水素の分子2、6、2、2

なお、当方は大目に見ても高校生の知識しかありません。また、考えたり調べたりしないと回答を読解できないことがありますので、お礼には幾晩も要する可能性があります。
よろしく、お願いします。

太陽では核融合で「陽子がヘリウム原子核に変換している」といったり、「水素がヘリウム原子核に変換している」といったりします。
水素(ばかりとは限りませんが)には紛らわしい呼び名や物質が沢山あります。そこで次の各物質の構成要素の数を纏めておきたいと思います 。
質問の丸投げはいけないかと思い、苦し紛れに書き出してみました。左から順に、P(陽子)、N(中性子)、+(陽電子)、-(陰電子)の個数です。誤っている所を訂正し、末尾の?のうち著しく不適当な所はご意見をお聞かせ下さると有難いで...続きを読む

Aベストアンサー

そもそもこの表で「陽電子」を書く欄があるのは可笑しい(陽電子に出番はない)ので、単純に電荷として考えてみると良いでしょう。

陽子・・・・・・・・・・・P1、N0、E0、+
水素イオン・・・・・・・・P1、N0、E0、+
軽水素・・・・・・・・・・P1、N0、E1、0
水素原子核(=陽子)・・・P1、N0、E0、+
水素原子(=軽水素)・・・P1、N0、E1、0
水素分子(水素原子×2)・P2、N0、E2、0
重水素原子・・・・・・・・P1,N1、E1、0
重水素分子・・・・・・・・P2、N2、E2、0
三重水素原子・・・・・・・P1、N2、E1、0
三重水素分子・・・・・・・P2、N4、E2、0
四重水素原子・・・・・・・P1、N3、E1、0
四重水素分子・・・・・・・P2、N6、E2、0

※Pは陽子とその数、Nは中性子とその数、Eは電子とその数、最後の数字は全体的な電荷を表す。

Q雲の発生するメカニズム

雲の発生のメカニズムを詳しく教えてください

Aベストアンサー

分かり辛くなってしまいますが、
 
(1)水蒸気を含んだ『空気のかたまり』が上昇(雲のできる高さになると雲が発達します)

(2)『空気のかたまり』が上にいくほど、気温と気圧が低くなり、露点(気体が液体になる温度)に達する(雲の中に水滴や氷の粒が出来ます)

(3)『空気のかたまり』の上昇に伴い、体積が増える(つまり大きくなる)

(4)水滴や氷の粒が次第に大きくなる(この時点で雲はかなりの大きさになっています)

(5)(4)のような時、水滴や氷の粒の重さに上昇気流が耐えられなくなり、水滴などは雨となって落ちてくる
 

という流れだと思います。
簡単に言ってしまえば気温、気圧が高くなり、水が蒸発して、冷やされ、膨張し…という感じでしょうか。(違
中学生レベルですので、それ以上をお望みでしたらすいません。

Q電圧の掛かっている極板間に電場に垂直方向に電子を射出(極板に水平に)すると電子は放物線を描くのは、陽

電圧の掛かっている極板間に電場に垂直方向に電子を射出(極板に水平に)すると電子は放物線を描くのは、陽極に向かってF=qEが働くためと理解できるのですが、

この時の電磁力はなぜ考えないのでしょうか

電子を電場に垂直に射出ということは電磁力は奥に向かって働くのでらせん運動になるのではないかなと思うのですがなぜ電磁力を考慮しないのでしょうか

Aベストアンサー

質問として、分かりづらい所があるので、確認させて下さい(^^;)
「電磁力」とは、磁場が電流に及ぼす力を一般には指しますが、
質問で、電子に力を及ぼしている磁場は、どこから出たものでしょうか?(・・?)

Q大潮が発生するメカニズムを教えてください。

いつもお世話になっています。
今日は「大潮が発生するメカニズム」を教えてください。
ウィキペディアで「大潮」だけの独立した項目が有りませんでして、それでしょうがなく「潮汐」の項目を読みましたが、大潮の発生メカニズムがよく分かりませんでしたので、こちらでお願いする次第です。
大潮なのですが、特に大潮のときに何故海面の高さが長時間(数日間とかという期間で)も上昇するのかそのメカニズムを教えてください。
海面は1日約2回のリズムで干満(高低)を繰り返しているのではないのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/1064/diving/sea01.htm

Q真空から+電子と-電子が発生することがありますか?

以前に現代科学を紹介する本の中に、何もない真空中から、プラス電子とマイナス電子を同時に発生させることができると読んだ気がします。そんなことが、本当にできるのでしょうか? エネルギーもプラスとマイナスで打ち消して、トータル・ゼロになるから、エネルギー不滅の法則に反しないのだという説明だったと思います。

Aベストアンサー

ウラン原子とウラン原子を非常に接近させ(見かけ原子番号182の原子、A原子とします)ると周囲に強力な電界ができて、真空が自発的に崩壊して電子-陽電子を対生成するそうです。
これは別にウランを2個近づけるのに使ったエネルギーが電子-陽電子になる訳ではなく、A原子が単独で居るよりも周囲に電子が回っている(K殻)方がエネルギーが低い状態になるからだそうです。
そのために全く何も(実は強電界がありますが・・・)ない空間が勝手に電子-陽電子を発生させるようになるそうです。
(確か本間三郎さんの”素粒子の謎を追う”と言う本に載ってました)

理屈はA原子単独の場合からそのK殻に電子が捕らえられた時に発生するエネルギーが電子2個分のエネルギー(E=mc^2)を上回ってるため、真空が破れて電子を生み出し強力だった電界を緩和するような感じです。(陽電子はどこかへ飛んでいってしまいます)

Q水酸化カルシウムからOHラジカル発生のメカニズム

水酸化カルシウムを水に溶かしたとき、OHラジカルが発生するのは、どういうメカニズムでしょうか?
Ca(OH)2という化学式から行けば、OH-が発生してもおかしくないとは思いますが、持続的に発生するものでしょうか?
この質問をされ、誰でもわかるように説明しなさいと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

以下は

博士学位論文の中に書いてあることがウソだということでしょうか?

についての参考意見としてお読みください。

確かに、rad-costさんの回答のように、ホタテ貝殻セラミックスからOHラジカルが
生成している様子ですが、『水酸化カルシウムを水に溶かしたとき、OHラジカルが
発生する』とは書いてありませんね。

「論文の審査結果の要旨」の該当する部分を言い換えると...
 ホタテ貝殻セラミックスで、ホルムアルデヒドの分解が進行するんだけど、
 どのような機構で進むのかを調べてみたら、ESRでOHラジカルが発生している
 ことを捕らえたので、OHラジカルが分解の中心的役割を担っているだろうと
 いうことが強く示唆された
ということでしょう。
なお、OHラジカルがホルムアルデヒドの分解機構の中心的な役割を担っている
のは酸化チタンの場合がそうです。
(リンク参照:2つめはTiO2からOHラジカルが発生することが一般的な話として記載されています)

・・・ホルムアルデヒドの一部がH2に分解される・・・の件(くだり)は
H2Oに分解されるの誤り(誤植)と思われます。論文自体には「H2O」と記載され
ているのではないでしょうか。

博士論文ですから、間違いなく審査があります。東大や京大でなくても
きちんと審査されて博士号が取れるんです。
(私は、大学関係者じゃないですよ。)
OHラジカル発生の真偽自体については、特に、分析で引っ掛けた(ESR)ことが非常に大切なことで
要旨から判断する限り、発生していたのは事実だと私は思います。

参考URL:http://www.photocatalyst.co.jp/pdf0506/200506272829.pdf,http://www.shokubai.org/meeting/topics/97_2A02.PDF

以下は

博士学位論文の中に書いてあることがウソだということでしょうか?

についての参考意見としてお読みください。

確かに、rad-costさんの回答のように、ホタテ貝殻セラミックスからOHラジカルが
生成している様子ですが、『水酸化カルシウムを水に溶かしたとき、OHラジカルが
発生する』とは書いてありませんね。

「論文の審査結果の要旨」の該当する部分を言い換えると...
 ホタテ貝殻セラミックスで、ホルムアルデヒドの分解が進行するんだけど、
 どのような機構で進むのかを調べてみた...続きを読む

Q2.04MeVのγ線照射で対生成した電子のその後?

ガンマ線を照射するための陽子が一個静止していたとします。いまこの陽子をめがけて、エネルギー2.04MeVのガンマ線が照射されたとします。このとき、陽子近傍の真空からは、電子と陽電子の対が生成される場合があることが知られています。このような場合、約1.02Mevのエネルギーを持つ陽電子は遠方まで飛び去るのに対し、電子の方は遠方に飛び去らずに、すぐにガンマ線を放出して速度を落とし、近傍にあった陽子に取り込まれて陽子内に吸収されたり、吸収されないまま陽子と水素原子を生成したりする場合がある兆候は、観測されていますか? もし、そのような過程が観測されている場合、実際に電子が放出するガンマ線のエネルギーの実験値を教えてください。またこのような情報が得られる教科書、論文等があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

いわゆる対生成の話でエネルギーが物質に変換される例になっています。

>約1.02Mevのエネルギーを持つ

最大0.51Mevと考えるべきです。対生成に1.02Mevのエネルギーを使い、陽電子で余剰のエネルギーを半分づつ持つと考えられます。核との衝突等によるエネルギーロスがあります。

>陽電子は遠方まで飛び去るのに対し、電子の方は遠方に飛び去らずに、すぐにガンマ線を放出して

根本的な誤解です。陽電子は周囲物質の外核電子等とすぐに対消滅してガンマ線になります。電子は核外電子と衝突しながら減速します。

Q相思相愛はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

昔から疑問でしたが、相思相愛はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?
例えば、AがBの事を好きであり、BはAを悪く思っていないため恋人同士になったとします。恐らく、彼氏・彼女の成立というのはこのような流れが多いと思うのですが、
相思相愛というのはどのように起こるものなのでしょうか?
世の中片方に気が合っても、片方は無関心と言うことは良くあるため、相思相愛が存在すると言われてもどのように起きるものなのか今ひとつ分かりません。
少なくとも、自然な成り行きでそう簡単に起きるわけではありませんよね。
皆さんどのように努力しておられるのでしょうか。その中で相思相愛はどのように成立するものなのでしょうか。

Aベストアンサー

思い込みと錯覚の相乗効果

Q陽子と陽電子について

「陽子」と「陽電子」と「反陽子」の違いってなんでしょうか?
よく似た言葉で,よくわかりません.
ネットで検索をしても,その答ずばりが書かれていたページは見つけられませんでした.
もしご理解の方がいれば,ご教授よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

高等学校のレベルで陽子と電子の違いは出てきます。
この2つが混乱するようでしたら陽電子とか反陽子とかに手を出すのは無理です。

電子と陽電子、陽子と反陽子が対になります。
電子と陽子ははっきりとした違いがありますから混乱しないと思うのですが。
陽電子は反陽子と同じく反粒子ですから反電子と呼んだ方がよかったのかもしれません。正の電荷を持っているということで「陽」電子という名前がついてしまった様です。

教科書で原子の構造が載っているところを調べなおしてください。


人気Q&Aランキング