プロが教えるわが家の防犯対策術!

底なしのゼレンスキーのたかりにしんどくなってきた米国のプロパガンダですか?
ウクライナのように、日本人のナショナリズムを煽って増額支援させようという魂胆が丸見え。
日本はATMではないし、ウクライナのように、米国に利用はされない!

ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/ …

質問者からの補足コメント

  • 鬼畜米兵!

      補足日時:2022/11/26 07:41

A 回答 (7件)

>底なしのゼレンスキーのたかりにしんどくなってきた米国のプロパガンダですか?



普通は飛ばし記事と見るけど、そう思うのは君のように脊髄反射で生きている人だけだよ。

>日本人のナショナリズムを煽って増額支援させようという魂胆が丸見え。

基地外侵略国家ロシアの野望を成功させないための努力は、普通にやりますよ。

ロシアは持久戦狙いっぽいけど、遂に噂の最新鋭戦車T-62がウクライナでデビューしました。噂されているT-54/T-55、更には未知のT-34が出てくるのではないかと。T-62は自動争点機能を廃し、ビックリ箱対策も万全なようです。さすが、ロシアですね。
    • good
    • 0

他でも回答しましたが、そのライターは、 Isabel van Brugen

https://twitter.com/isabelvanbrugen
日本では陰謀論とされるような、胡散臭い記事が多い人っぽいですね。
特にネオナチでは無いとは思うけど、今は、反ロシア記事で注目を浴びてるっぽい。ジャーナリストと言っても金目当てで記事を書いてる人なんじゃないかなぁ。

その内部告発者が本物として、そんな記事やSNSを見て、国家の極秘事項を知るFSBの要人が、せめて米NYT辺りでは無く、わざわざそんな人物にリークするかは甚だ疑問が残る。

(まぁあの人は誰彼構わず馬鹿にしてるような頭のおかしい人ですけど)またゼレンスキーやったように、日本人も単細胞なバカが多いと煽られてるだけのような気もするので、そのロシアの情報らしき物の出典がわかってから、これについては考えた方がいいと思うけどね。
    • good
    • 1

大国の横暴


米 日本を利用し続けている
同盟国ではない
    • good
    • 1

世界で一番戦争をする国がアメリカです



アメリカの軍需産業は30兆円です
10年に1度は戦争をやらないと軍需産業が成り立たない
そこで世界各国に紛争の種を撒き散らします

ペロシ議長が台湾に行ったのも戦争の種を蒔くことが目的ですし
北朝鮮をターゲットに日本海での軍事演習も戦争の種をまき
日本や韓国に武器を売るためのセールスです
    • good
    • 1

ニューズウィークか。

どういう目論見による報道かな。単純にロシアに対する不信感を煽ろうとしただけか。有識者による分析を待ちたい。
    • good
    • 1

日本はアメリカのATM。

鬼畜米兵?鬼畜米英ダロ
    • good
    • 1

白人は大昔から腹黒いんですよ

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング