プロが教えるわが家の防犯対策術!

憲法改正など、日本の防衛について危機意識を持つ人が増えていますが、ここはあえて、自衛隊を警察組織である「国家警備隊」として再編すべきではないでしょうか?

自衛隊の人手不足は深刻で、2040年代〜2050年代には自衛隊は組織が維持できなくなり、消滅するという計算を政府が出しています。
一瞬で人手不足を解決できる画期的なアイデアがあれば良いのですが、広報とPRくらいしか募集方法が思いつかない以上は、もはや自衛隊を単独組織として置くことに見切りをつけないといけない状況です。

そこで私は、自衛隊を警備警察と海上保安庁と統合し、「国家警備隊」を作るべきだと思っています。あえて自衛隊を警察組織に再編するのです。
日本が他国に侵攻することはありませんから、敵国からの侵攻は内乱罪や殺人罪として処罰すれば良いのです。また、必要であれば新しく刑罰を新設するのも良いでしょう。例えば、日本国の領域に、我が国並びに国民に武力を行使することを目的として武装して侵入することを処罰する刑罰とか。

「警察と軍隊では任務が違う」「武力攻撃に一般刑法で対処するのは不可能」という批判もあると思いますが、そんなことを言っていられる状況ではありません。
憲法9条を改正したところで、急激に入隊希望者が増えるわけではありません。まあ、改憲によって自衛隊が国民に受け入れられ、入隊希望者が増える....という可能性もありますが、所詮は希望的観測にすぎません。


2040年代に組織が消滅する試算なのに、2039年に議論しているようでは遅いので、今から検討すべきだと思います。
あるいは、一瞬で自衛隊の人手不足を解決できる画期的なアイデアがあれば教えてください。

A 回答 (2件)

此処で質問して回答が付けば そうなる・・という発想は何処から来るの?



此処は質問者の思う事のみが正解になだけの遊びサイト

云わば あなたの頭の中の妄想世界ですよ・・

そろそろ妄想と現実の区別くらい理解しましょう・・
    • good
    • 0

>自衛隊を警察組織である「国家警備隊」として再編すべきではないでしょうか?



自衛隊が警察予備隊から発生した警察組織の延長であることがまずいのです。自衛隊は軍隊であるべきです。そうでないと集団的自衛権のような場合に、いちいち法律を作らないといけないからです。

警察はポジティブリストで運営されています。つまり「やって良い」とか「やれ」と言われたことだけやれます。自衛隊は現在ポジティブリストで運営されているので、やって良いとかやれと言われたこと以外できません。同盟国アメリカを攻撃するミサイルが飛んできても、これまでは阻止して良いことになってなかったので、日本は一切手が出せなかったのです。

それがネガティブリストであれば「やってはダメ」とあること以外は何でもやって良いので(軍隊の常識です)敵の攻撃に臨機応変に対処できるのです。ネガティブリストなら集団的自衛権のようなくだらない法律を作る必要もなかったのです。日本の野党のほとんどはアホですから、日本の防衛には手間がかかりますわ。

はよ憲法改正しなはれや、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

論点のズレっぷりを見るに、全く私の質問文を理解できていないようで残念です。
あなたが回答で書いたことは、全部知っています。

お礼日時:2022/11/26 22:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング