お伺いします。

祖父が事業に失敗し、負債を残して亡くなってから、数ヶ月経ちます。事前に手はずを整えていてくれたので、滞りなく相続放棄の手続きを済ませました。法律家に依頼して、裁判所へ申請を行ってから数ヶ月がたちますが、債務者側からの音沙汰がありません。
申請後には、祖父の正の遺産の差し押さえ手続きが来るものと思っていましたが、何もなく、肩透かしをくらったような、かといって、はっきりと「終わった」とは思えないため気を抜くこともできず、若干、疲れました。

御伺いしたいのは、この状況がいつまで続くのか、ということです。
負債の相続と放棄に伴い、債務者側には、申請まで3ヶ月の猶予と期限があるのですが、同じように、債権者側に期限はあるのでしょうか。

お読みいただきありがとうございました。
それでは

A 回答 (3件)

ずっと、このまま音沙汰もない状態が続くと思います。


相続人に設けられた3ヶ月の熟慮期間と言うのは、相続をするか、放棄をするかを
考えるために民法によって規定された期間です。

そして、被相続人の債権者については相続の開始の事実を知ってから何ヶ月の間
債権の行使をしてはならないという規定は民法にはありません。

あなた方、相続人全員が相続の放棄の申述を家庭裁判所に行い受理されたのであれば
相続財産は、プラスの財産も負債もあなた方には帰属していません。

ですから、あなた方を相手に訴訟を提起して差押ということもあり得ないことなのです。

今後も、静かなままでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
なるほど、明確な期限のないこと、理解できました。
そうなると、現在残っている、祖父の日常使いの通帳や古銭などはどうあつかえばよいのでしょう。このまま維持しておいてよいのでしょうか。また、維持していた場合、こちらが忘れた頃に来た債権者の方が要求すれば、差し出すことになるのでしょうか。

お礼日時:2005/04/12 08:38

#1です。



遺産があった場合は、届け出ないで自分のものにしてしまったら、まずいことになってしまいますよ。債権者云々は関係なく。
相続しないという約束を国としたわけですから。
早急に相続放棄の手続きを依頼した法律家(弁護士?)に相談したほうがいいと思います。

財産としての価値が余り無くて、形見のような位置づけのものは没収はされないと思いますが、念のために、全て申告しておいたほうがいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。
>全て申告しておいたほうがいいのではないでしょうか
はい、全て済ませてあります。何しろ、私が生まれる前の時代の話ですから、物心ついたときにはあらかた整理されていて、手はずはすでに整っていたので。ただ、申告してあるもの(祖父名義の口座、車、あと古銭や切手など)に関して、債権者側からも裁判所側などからも、どこからも何もなく。改めて裁判所へ行く予定でいます。この空白期間が気になっていましてお伺いしました。では

お礼日時:2005/04/12 23:24

というか、相続を放棄したのなら、債権者がこなかろうが、遺産は残りませんよ。

万一、債権者が手続きを忘れて、債権を回収できなくなったとしても、遺産は国庫に没収されてしまうでしょうから。
というわけで、債権者がどうであろうとも、相続を放棄したなら、遺産はゼロなわけです。

もちろん、相続を放棄しなかった相続権者がいれば、その人が負債を背負うわけですが、今回は、全員が放棄したと言うことですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
今回は全員が放棄の手続きをしたため、遺産として入るものはありません。ただ、祖父が年金を受け取って、日常生活に使っていた口座に、少なくない額の預金が残っていたり、趣味の貨幣があったりしました。これらをどう扱うか迷っています。

お礼日時:2005/04/12 08:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続放棄手続き中の督促

こちらでの意見を参考に、相続人全員で相続放棄を行おうとしています。
現状【このままだと法的手続きを取ります】といった請求書が、債権回収会社から被相続人(父)宛に届いていますので、相続放棄手続き中に、訴訟や取り立てがあるかと心配しています。

こちらでの回答に【放棄や相続が決定するまで返済義務がなく、借金はその間、請求出来ない】との記載がありましたが、間違いないでしょうか?

債権者から連絡があった際は【父は他界し、現在相続人全員で相続放棄の手続き中です】と言って良いでしょうか?
今は請求出来ないですよね?なんて、借金しておいて言うべきではないかな‥と思っていますが、それは主張して取り立てを回避するのは取ってもよい手段でしょうか?

また、第一順位者が相続放棄完了し、第二順位者が相続放棄手続き中のタイミングで債権者が取り立てをするとなると、直接第二順位者へ連絡したり、取り立てに行ったりするでしょうか?
第二順位者が高齢の祖母で(父の母)、心労が掛かる事は避けてあげたいのです。
父が暮らしていた家は、祖母の名義ですが、今回の相続放棄にこの家や土地は関係しないですよね?
叔母達は【祖母が他界すれば父の物になった訳だし、祖母へ、家や土地を処分して借金を払えと言われるんじゃないの?】と、私たちが相続放棄完了してから、祖母や叔母が相続完了までの間を、痛く心配して責めるので若干辛いです。
良かれと思って相談してぃるのですが、難しいですね。

私たちが相続放棄完了して、祖母や叔母は手続き中であれば、こうすればいいんだよ と自信を持って説明してあげたいので教えて下さい。
長文で失礼しました。

こちらでの意見を参考に、相続人全員で相続放棄を行おうとしています。
現状【このままだと法的手続きを取ります】といった請求書が、債権回収会社から被相続人(父)宛に届いていますので、相続放棄手続き中に、訴訟や取り立てがあるかと心配しています。

こちらでの回答に【放棄や相続が決定するまで返済義務がなく、借金はその間、請求出来ない】との記載がありましたが、間違いないでしょうか?

債権者から連絡があった際は【父は他界し、現在相続人全員で相続放棄の手続き中です】と言って良いでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

>こちらでの回答に【放棄や相続が決定するまで返済義務がなく、借金はその間、請求出来ない】との記載がありましたが、間違いないでしょうか?

間違いありません。

>債権者から連絡があった際は【父は他界し、現在相続人全員で相続放棄の手続き中です】と言って良いでしょうか?

「相続放棄の手続き中」ではなく「相続手続き中で、誰が負債を相続するのか、まだ未定」と言った方が良いです。

「相続放棄の手続き中」と言ってしまうと、相手は「ヤバい!取りっぱぐれる」と、色々な手を打って来ます。

で、全員の相続放棄手続きが終り、負債を相続する人が居なくなってから「手続きが終了しました。全員が相続放棄しました」と伝えて下さい。

>また、第一順位者が相続放棄完了し、第二順位者が相続放棄手続き中のタイミングで債権者が取り立てをするとなると、直接第二順位者へ連絡したり、取り立てに行ったりするでしょうか?

「全員の意思決定が完了しないと、相続が完了しない」ので、誰か一人でも意思未決定の場合、債権者は何も出来ません。

>祖母が他界すれば父の物になった訳だし、祖母へ、家や土地を処分して借金を払えと言われるんじゃないの?

全員の意思が確定するまで、何も言われません。

>父が暮らしていた家は、祖母の名義ですが、今回の相続放棄にこの家や土地は関係しないですよね?

関係ありません。

が、お祖母様が相続放棄をする前に他界してしまった場合、お祖母様がお祖父様の負債を相続してしまうので、早急に相続放棄を完了した方が良いでしょう(下手をするとお祖母様名義の家を失います)

>こちらでの回答に【放棄や相続が決定するまで返済義務がなく、借金はその間、請求出来ない】との記載がありましたが、間違いないでしょうか?

間違いありません。

>債権者から連絡があった際は【父は他界し、現在相続人全員で相続放棄の手続き中です】と言って良いでしょうか?

「相続放棄の手続き中」ではなく「相続手続き中で、誰が負債を相続するのか、まだ未定」と言った方が良いです。

「相続放棄の手続き中」と言ってしまうと、相手は「ヤバい!取りっぱぐれる」と、色々な手を打って来ます...続きを読む

Q父の相続を放棄すれば祖父の相続も放棄することになるか

私の父が最近亡くなりましたが、相続財産の中に祖父名義の土地が含まれています。祖父は40年ほど前に亡くなったのですが、おじおばの間で話がこじれ父が亡くなる前には決着がつかなかったのです。祖父の相続争いには巻き込まれたくないので父の相続を放棄しようと思うのですが、これで祖父の相続争いから抜けることができますか。それとも父が祖父の相続を普通承認しているのでいまさら放棄できないのでしょうか。また放棄できるとしたら相続放棄の申述書には父と祖父の両者の名前を書いておいたほうが無難ですか。

Aベストアンサー

亡父の相続を家裁で放棄することによって、お察しのように
すでに亡くなっている亡父の父(祖父)の相続手続きから
離脱できます。

これにより、残った亡父の相続人が祖父の遺産分割の
テーブルにつくことになります。

Q相続放棄手続きについて

父が亡くなり、母1人が財産(負債は無)を相続できるようにしたいのですが、子供(私と妹)がそれぞれ相続放棄手続きをするだけでよいのでしょうか。父には親はいませんが、兄弟姉妹が複数います。母1人が相続人になるためには彼らにも相続放棄手続きをしてもらわなくてはならないのでしょうか。その場合は、子供の相続放棄が受理された後の手続きとなるのでしょうか。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

相続権は親等の近さにより決定されます。
被相続人(故人)の配偶者に2分の1,残りが子等と,存命であれば故人の両親が同等(同じ割合)の相続権を得ます。子等や親が相続権放棄すれば,配偶者であるお母さんが全てを相続します。
この状態で叔父・叔母や従兄弟などに相続権が生じることはありません。
将来,お母さんが亡くなられた時は,改めて子等が相続権を得ます。
その時子等が存命でなければ,孫達に相続権が移りますから,子孫が絶えない限り,叔父・叔母や従兄弟などに,相続権が移ることはありません。
故人に負債がある時など,相続権の全面放棄も選べますが,それには申請の日限があります。
あなたの場合,ご質問通り子等二人の放棄で遺産の全てがお母様のものとなり,それ(お母さんの財産)についての相続権まで失うことはありません。

Q財産放棄手続き申請を依頼したが・・・・?

私の知人が死亡し、その遺族は負債があったため財産放棄の申請を司法書士に依頼しました。その司法書士は負債があった金融機関の支店長の推薦・紹介でした。
その司法書士は支店長の親しい友人で「俺にまかせろ」的な依頼の仕方でした。
10人の相続放棄で11人目の義姉が相続し、負債の整理を行なう予定でした。
直系尊属(子2人・親1人)の3人は手続きが終了し、残り7人も手続きが終了したと聞かされました。そして金融機関が11人目の義姉の権利で知人の所有していた土地を売買を強要し、その売買が成立しました。
しかし、その半年後(依頼してから1年後)7人の財産放棄手続きがなされていないことが判明しました。司法書士に問いただしたところ、そんな依頼は引き受けていないとの返答でした。それなら、何故3人は手続が完了しているのかと問いますと
実はその支店長の指示で手続きをしなかったとの事でした。ちなみに3人の手続料は100万円余でした。(直系尊属3人だけですよ)
知人の遺族は支店長と司法書士がぐるになって騙されたと感じています。
犯罪的な要素はないのでしょうか?

Aベストアンサー

他の回答者の方から若干はっとさせられる回答をいただきましたので、質問者の方に誤解のないように釈明させていただきます。
 #7の回答については、たしかに私の私見ですが、私が懸念したのは、皆さんがこれからの相続放棄を検討したさいに、またしても不実な専門家に遭遇してしまわれた場合、「不動産処分してしまっているんじゃ、いまさら相続放棄は無理ですよ」というような説明で済まされてしまい、皆さんが相続放棄を断念するようなことがあってはならないと思ったからです。
 とにかく、他人の責任はあとからでも追及できます。相続放棄の可能性を検討してください。

Q相続放棄の手続きについて

分かりやすく書くために、故人をA(女性)とします。


故人Aには夫と子どもが3人いました。

Aは、夫の事業のために借金をしていたため、Aの死後、夫がその借金を返済していく予定です。

夫のみがAの借金を含めた遺産をすべて相続し、子ども3人は相続放棄をすることで合意しました。

この場合、相続放棄の手続きをするのは、子ども3人のみで良いのでしょうか?



Aの遺産の相続権を持つ人間は、夫と子どもの他に、実母と妹、姪と甥がいます。

Aの借金を誰も相続しない場合には、子ども3人だけでなく、Aの実母、妹、姪、甥も相続放棄の手続きをしなければならないと聞きました。

夫がAの借金を相続し、子どもがその相続を放棄する場合でも、Aの母たちは相続放棄の手続きをする必要があるのでしょうか。



ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般社会で相続放棄という言葉を使う場合に2種類あります。

相続人全員による遺産分割でAが財産と借金を相続するということで子供が放棄するという使いかたです。
この場合、債権者にこの遺産分割の債務の承継は通用しないのが法律ですが、一般社会では通用しています。
それは債権者が常識的な人であることと返済が遅滞なく行われている場合です。

一方厳密な相続放棄は裁判所に相続を知った時から3カ月以内に放棄手続きをとるということです。

お子さん達全員が放棄しますと相続人は第2順位のお母さんとなりますので、お子さん達が放棄したことを知ってから3カ月以内に裁判所に放棄の手続きとなります。

お母さんが放棄しますと第3順位の妹姪甥が相続人になりますので、また放棄の手続きが必要となります。

借金の額や債権者の質によるので、遺産分割でいいか裁判所の放棄手続きをした方がいいかは質問からは判断出来ません。

住宅ローンの場合は遺産分割協議ですませてます。

Q差し押さえ手続きを自分で行おうと考えています。この手続きに関し、債務者からの全面協力が得られます。

宜しくお願いします。

飲食店を経営する義理の弟(A)が長期入院することになり、Aは自分の店(本人名義)を友人(B)に居抜きで賃貸する事になりました。
私はAに開業資金として700万円の融資をしておりAが健康な現在までは遅滞無く返済金がありました。
しかし今後は、私への返済金(10万円)はBから受け取る賃料(20万円)からAは支払うと言ってくれています。

Aは私以外からの借金(住宅ローン2000万円、その他諸々)があり、
Aは「兄さん(私)には迷惑をかけたくないので、他の債権者がBの支払う賃料に目を付ける前に早急にそれを差し押さえて欲しい。住宅ローンに関しては最悪の場合競売にかけられても仕方がない。」と腹をくくっています。

このような事態を想定していなかったので、8年前に私がAに700万円融資した時には、現金で融資し簡単な覚書しか作っていませんでした。
法的知識の拙い私の考える事ですが、今から700万円に関する公正証書をAの協力の下に作成しその返済金不払いを理由にBの支払う賃料20万円を即座に全額差し押さえようと思うのですが、正しい考えでしょうか?
差し押さえの効力を、将来他の債権者に、くつがえされることはありますか?

予定では、差し押さえた20万円の内残りの10万円はAに返金して、今後のA家族の生活費にしなければならないので、20万円全部を差し押さえる公正証書を作りたいと思っています。

宜しくお願いします。

飲食店を経営する義理の弟(A)が長期入院することになり、Aは自分の店(本人名義)を友人(B)に居抜きで賃貸する事になりました。
私はAに開業資金として700万円の融資をしておりAが健康な現在までは遅滞無く返済金がありました。
しかし今後は、私への返済金(10万円)はBから受け取る賃料(20万円)からAは支払うと言ってくれています。

Aは私以外からの借金(住宅ローン2000万円、その他諸々)があり、
Aは「兄さん(私)には迷惑をかけたくないので、他の債権者がBの支払う...続きを読む

Aベストアンサー

前回答の趣旨としては、身内の金銭貸借を他の債権者を出し抜く形で回収を図ることに問題があるのではないか、質問者さんの協力があれば弟さんも現状維持をしながら再起を期すという考え方があるのではないか、という立場で回答したのですが、技術論として捉えられたようですので、立場上再回答します。

まず、公正証書の性質についての理解ですが、法律行為に係る権利の得失関係を明らかにし、裁判によらずに執行する根拠となる証書いう意味ですから、家賃の差押を公正証書に巻くという考え方ではなく、金銭の消費貸借契約を公正証書で巻くことで強制執行の権限が付与される、と考えるべきです。
http://www7.ocn.ne.jp/~byoudou/kousei.html#deki

既存の金銭消費貸借契約がある以上(覚書の形であっても)、状況に応じて担保を徴求することは、債権保全・債権管理の見地からは通常の経済行為と理解されると考えます。経済自由の原則の中で法律上認められる範囲の中で債権者としての権利を行使して下さい、というのが回答になります。

家賃債権の差押・譲渡に関してはこちらのサイトを参照下さい。
http://birdreport.jp/rp/BR010514.html

あと追加する点は第二順位での抵当権に基づく家賃債権の差押は、第一順位での差押があればそちらに劣後する点と、家賃20万円を全額差押した後で家族に10万円戻すという行為は差押による回収20万円 +10万円の譲渡若しくは新たな貸借行為になるという点と、破産となれば資産・負債関係が全債権者に明らかになるという点です。

前回答の趣旨としては、身内の金銭貸借を他の債権者を出し抜く形で回収を図ることに問題があるのではないか、質問者さんの協力があれば弟さんも現状維持をしながら再起を期すという考え方があるのではないか、という立場で回答したのですが、技術論として捉えられたようですので、立場上再回答します。

まず、公正証書の性質についての理解ですが、法律行為に係る権利の得失関係を明らかにし、裁判によらずに執行する根拠となる証書いう意味ですから、家賃の差押を公正証書に巻くという考え方ではなく、金銭の...続きを読む

Q家裁への相続放棄手続きのミス

多額の借金を残して死亡した親戚がおり、その妻(X1)と子(Y1)は、すぐに相続放棄の手続きをしました。その親はすでに死亡しており、死亡した本人(被相続人)の兄弟姉妹(ABCDE)の中には、すでに死亡した人(AB)もいます。
家裁の窓口で指摘されたのですが、相続関係図の中に一部誤りがありました。窓口でAの子である私の父a1にどうなのかと聞いたところ、被相続人には、先妻(X2)がいて死亡、X2との間に子(Y2)がおり、失踪して40年にもなるということです。
申請せず3ヶ月を経過したら大変なので、一旦申請しようと思い申請して帰りました。

そこで、質問させて下さい。
1.相続の順位になる前に、事前にした相続放棄手続きは、無効なのですか?
家裁では、申請書について、父a1の意思が真意であることを面接で確認し、証明書まで作成してくれました。しかし、相続放棄手続き無効の裁判を起こされたら負けます。事前の相続放棄手続きが無効でも、相続の順位になった時、追認とか出来ないのですか?
2.本当の相続順位になった時に、再度、相続放棄手続きは、受け付けてもらえますか?
3.裁判所の窓口の前で、父とドタバタして、無効の相続放棄申請書を提出した行為は、錯誤の部分もあったかも知れませんが、悪意と受け取られて、今後、何か不利に取り扱われたりしませんか?
4.失踪者がいると、いつになったらa1の順番かわかりません。

多額の借金を残して死亡した親戚がおり、その妻(X1)と子(Y1)は、すぐに相続放棄の手続きをしました。その親はすでに死亡しており、死亡した本人(被相続人)の兄弟姉妹(ABCDE)の中には、すでに死亡した人(AB)もいます。
家裁の窓口で指摘されたのですが、相続関係図の中に一部誤りがありました。窓口でAの子である私の父a1にどうなのかと聞いたところ、被相続人には、先妻(X2)がいて死亡、X2との間に子(Y2)がおり、失踪して40年にもなるということです。
申請せず3ヶ月を経過したら大変なの...続きを読む

Aベストアンサー

>1.相続の順位になる前に、事前にした相続放棄手続きは、無効なのですか?
はい。

>相続の順位になった時、追認とか出来ないのですか?
はい。

>2.本当の相続順位になった時に、再度、相続放棄手続きは、受け付けてもらえますか?
はい。

>3.裁判所の窓口の前で、父とドタバタして、無効の相続放棄申請書を提出した行為は、錯誤の部分もあったかも知れませんが、悪意と受け取られて、今後、何か不利に取り扱われたりしませんか?

いえ。ありません。

>4.失踪者がいると、いつになったらa1の順番かわかりません。
まあ債権者からの請求でもなければわからないでしょうね。
ただ相続を知ったときからなのでそれからでも有効ではあります。
一番注意しなければならないのは単純承認行為です。

あと失踪者ですが、Y2の行方を戸籍と戸籍の附票を使って探し出して見てはどうですか?
これは役所でご相談下さい。正当事由があれば誰でも取得できることになっていますので、ご質問の場合には正当事由に該当するとみなしてくれるのではないかと思います。

Q知らなかった負債が2年経過してから出てきました。相続放棄について。

先日、2年前に亡くなった父の債務が信用保証協会というところから急に出てきました。自分の会社の保証人になっていた様です。亡くなる直前まで一緒に住んでいなかったので、今まで家族は全く知らず、信用保証協会で父の死亡を知り、娘である私と母の所へ通知が来て初めて知りました。

書類の内容は「相続放棄の書類を送付して欲しい」という事でした。
借金の存在を知らなかったという事と、ほとんど父からは相続していない事を告げると、「そんなに大変じゃないから自分で手続きして、相続放棄した方が良い」と、保証協会の担当者からは言われましたが、そんなに簡単に相続放棄して良いものなのか、2つ程気になる事があります。

負債の方は400万、知らずに降ろしてしまった貯金は60万程です。今から相続放棄は可能でしょうか?

現在身内は、別居していた妻である私の母(70代)と、私(30代独身)だけですがこの2人が相続放棄できたとして、亡くなった父より高齢の80歳近くの兄弟達、またはその子供にも今後負債義務は発生してくるのでしょうか?

また、こういう事は弁護士を立てずに行って不利益は出ませんでしょうか?

今までまったく考えてもみなかった状況で困惑しています。どうぞ良きアドバイスをお願い致します。

先日、2年前に亡くなった父の債務が信用保証協会というところから急に出てきました。自分の会社の保証人になっていた様です。亡くなる直前まで一緒に住んでいなかったので、今まで家族は全く知らず、信用保証協会で父の死亡を知り、娘である私と母の所へ通知が来て初めて知りました。

書類の内容は「相続放棄の書類を送付して欲しい」という事でした。
借金の存在を知らなかったという事と、ほとんど父からは相続していない事を告げると、「そんなに大変じゃないから自分で手続きして、相続放棄した方が良い...続きを読む

Aベストアンサー

まず、相続放棄の期限3ヶ月は、ケースによって延長可能なので、問題ないかと思います。手続自体は、家庭裁判所で申述書というのをもらい、記入すれば済むのでそれほど難しくありません。

相続人の相続放棄によって相続順位が繰り上がるということはありません。だから、あなたとお母さんだけが手続きすれば済むことです。

ただ、すでに貯金を60万円ほどおろしてしまったという点が引っかかります。これは法定単純承認事由にあたるので、本来であれば、放棄できなくなります。そこで、やはり法律の専門家に相談されるべきでしょう。他の方がおっしゃるように、弁護士でなく司法書士でもOKです。

Q相続放棄手続き中のカード会社への対応について

相続放棄手続き中のカード会社への対応について

先月父が亡くなり、父の口座を確認したところクレジット会社からの借金があり、
元々財産がないので、相続放棄の手続きを今行っているのです。
1週間後には家裁に書類を送付する予定です。
先日、カード会社から家に電話があり(母が電話をとり)、亡くなったなったことを伝え、相続放棄の手続き中
と連絡したのですが、母の携帯を聞いただけで脱退の手続きができませんでした。
こちらとしては、正当に対処しているので問題はないと思うのですが、
債権放棄を言ってもなかなか聞き入れてもらえないケースもあるみたいなので
気になりました。
今後、債権放棄完了後、カード会社にどう対応したらよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

>債権放棄を言ってもなかなか聞き入れてもらえないケースもあるみたいな
「相続放棄」はサラ金に「債権放棄をしてもらう」手続きではありません。

父の全財産(債務を含む)を承継しないことを明確化するだけです。
>今後、債権放棄完了後、カード会社にどう対応したらよろしいでしょうか?
どうもこうもありませんよ。
粛々と放棄手続きを進めて「相続放棄受理申述書」(のコピー)を
そのサラ金へ送りつければオシマイです。それであなた方に義務が無くなることがハッキリするだけです。

これによりあなた方は、亡父の相続人ではなかったことになるのですから、つまり、父より承継する財産・債務は一切ないことになります。

Q負債の相続と債権放棄について

85才になる父がおります。
父の実の弟が事業に失敗して信用保証協会に2千5百万の借金(利子を生んだ現在の金額です。元金8百万)を作って倒産しました。
お人好しの父はその借金とは別に、弟に650万円貸しましたが消えてなくなりました。

まずは弟に2500万の負債が行きましたが、持家を失いたくない弟は借金を保証人である父に回しました。
私の父は650万失った上に2500万の負債を抱えました。

私の父は年金生活者で資産もないので、信用保証協会も踏み込んで来ないようです。一年に一度明細が来ます。

弟は(私のおじさん)は、信用保証協会に誠意を見せる為に毎月1万円を私の父親名義で払っているようです。

おじさんは、「信用保証協会はそこまで追ってこないから大丈夫」と言っています。

不安に思い私は信用保証協会に電話したら負債は相続に従って移動します。と言われました。

このままでは私は2500万の負債を抱える事になります。

そこで質問したいのですが。

父死亡の場合の負債の相続順について教えて下さい。

親族構成
父85才、母80才、嫁いだ私の姉56才、息子2人(ただし姉は養子縁組済みで嫁ぎ先の子供になりました。)、私は54才既婚者子供無し。
父の弟75才既婚者息子2人。

私自身は相続放棄をすればそれで済むと思ってますが、お人好しの父が心配して悩んでおります。

どうか相続に詳しい方宜しくお願いいたします。

また、心配しなくてもよくなる秘策があれば教えて下さい。

85才になる父がおります。
父の実の弟が事業に失敗して信用保証協会に2千5百万の借金(利子を生んだ現在の金額です。元金8百万)を作って倒産しました。
お人好しの父はその借金とは別に、弟に650万円貸しましたが消えてなくなりました。

まずは弟に2500万の負債が行きましたが、持家を失いたくない弟は借金を保証人である父に回しました。
私の父は650万失った上に2500万の負債を抱えました。

私の父は年金生活者で資産もないので、信用保証協会も踏み込んで来ないようです。一年に一度明細が来ます。
...続きを読む

Aベストアンサー

父が先に他界すれば、母と姉妹二人で相続
母(50%)(姉妹それぞれ25%)
全員で父との相続を放棄で借金は借りたおじさんへ行きます。
※馬鹿なことに、普通は5年で時効になるのに、毎月1万円支払っているから。結果時効を迎えない。
おじさんが他界してもその家族へ相続されます。
万一その家族が相続を放棄した場合、再転相続で、姉妹に相続が回ってきますが、その際にもまた相続放棄なさればOK。

今の内に、年110万円までの生前贈与までは非課税なので、母にでも預金の名義を変えて起きましょう。
そうしないと葬式代金が大変なことになります。


人気Q&Aランキング