プロが教えるわが家の防犯対策術!

コスタリカ戦、非常に日本らしいサッカーだと思いました。何回打っても入らないゴール、凡ミス。相手はずっと引いて、冷静に1本を決める。昔からずっと日本のサッカーてこんなイメージなんで、全くそのまま時間だけ流れてるんだなと感じました。
スペインに向けてターンオーバーしてたのかは謎ですが、次は相手は引いてこないので日本のまぐれ当たりが炸裂するかもな印象です。皆さん感想いかがでしょうか?

A 回答 (8件)

バックラインで回ししてるのが、時間稼ぎにやるような回し方。


前線は知ってるのに縦に出さなかったよね・・
そこがスペインと大きく違ってた。

で、毎試合恒例の吉田選手の致命的なミスのうち一つが失点になった。
それは、予選のサウジ戦やオリンピックのメキシコ戦でもあったから・・仕方ないね。

ドイツはコスタリカに大量点狙ってくる。
ロシア大会も韓国相手に3点以上必要なのが堅さに出て負けたからね。
2試合とも引き分け・・・が唯一の解。
    • good
    • 0

冷静に1本のシュートを決めた、相手に軍杯が上がったという話です。


これを「日本代表に対する批判」と受け取ってしまう文章読解力が絶望的に欠落した下の回答者。
この手の人間は、自分の気に入らない意見を言う人を「ろくに応援もしない人間」だとレッテル貼りし、意図的に相手の主張を歪めて貶めることで、自分こそ正義だと誇示したいだけです。
というか、そんなに日本代表を賞賛したい(自分と違う評価は一切認めたくない、自分の意見が絶対正しいと思いたい)のであれば、わざわざネット上で喧嘩を売らずに自分の好きな投稿だけ読んでいればいいのでは?なぜ自分から首を突っ込もうとするのか意味不明です。
    • good
    • 3

確かにそうです、経験が少なく当たり負けしていた頃のサッカー、気持ちの問題だと信じたい、浮かれず冷静に。

です
    • good
    • 0

ずっと同じ。

特にFWがクソすぎる。いてもいなくても変わらないオモチャ。歴代で言えば、枠に入るシュートを打てるのは本田、香川、堂安、久保のみ。あとはなーーーんにも変わらない。ホームランシューターやコロコロシュートのみ。ドイツ戦のチャンスでハゲがしたヘディングやドイツ戦でこぼれ球を酒井がホームランして悔しがるシーンが昔からの日本の姿。
昨日も上田とか誰知らない、機能しない雑魚をトップに入れて、案の定前半で交代。日本の監督はダメだね。だって監督じしんが経験してないし、保守的だから。ドイツに勝ってモチベ上がりまくってるんだから、冷静にとかじゃなくて、勢いのままガンガン攻めて昨日でリーグ突破を決めればよかったんだよ。頭で作戦を色々考えすぎるまじめな日本人監督はむいてないよ。
    • good
    • 1

まぁそれでも過去に決勝トーナメントで延長となった時に、選手交替枠が残って居たのに


活きの良い選手を出さずにPK戦にまで行って負けたと言う事が有りましたが、それでも
その時の監督は何故か絶賛されていましたね。
それに比べたなら選手を使って来て居る分未だ良い方でしょう。
まぁコスタリカに負けてしまいましたが最少失点。
スペイン戦は負けて当然と言う風潮が強いですが、ここでスペインを食ったなら面白い事に
なりそうです。
    • good
    • 0

サッカーは偶然の重なりという面があってそこが魅力ですね。

何が起こるか分からないドキドキ感。
    • good
    • 0

この様にろくに応援もしない人間が批判だけは一人前にするのが日本人や韓国人の精神的な問題かと。

    • good
    • 2

まさに伝統芸とも言える日本らしい試合だなと思いましたね

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング