僕の持っているギター雑誌に、
「カッティングとブラッシングはちがう」
みたいな事を書いてあったのですが、
どう違うのか、文面を見る限りでは理解できません。

違いを説明して頂ける方、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

カッティングと言うのは、リズムを刻む時に使われる奏法のことです。

音符に従った長さで音を切り、休符のところできちんと休符の時間を守ることが特徴的な奏法になります。

ブラッシングと言うのは、ミュートをかけた状態でピッキングを行うことです。 音程が出ないようにミュートをかけた状態の弦を弾き、音程がはっきりとしないパーカッシブなノイズだけを出します。
ブラッシングは、上記のカッティングと呼ばれるリズム奏法の際に、休符の部分にあるビートを強調する目的で、音程感のないノイズを出すときによく使われます。
また、ブルーズなどで使われる例のある、他に高音弦の1音を出す際に、わざとその目的の弦よりも低音弦側をミュートしつつ、目的の弦までをまとめてピッキングして、目的の弦の音1つだけを出すチョッピング奏法でも、ブラッシングが使われます。 (こちらはカッティング時以外でも、ブラッシングが使われる例として、紹介してみました)

カッティングの際にブラッシングが特徴的に使用されることから、両者が用語として同一視されることもありますが、厳密にこの二つを切り分けて理解する際には、カッティングは大枠での奏法を指したリズム奏法(音を出すこと、音を切ること、ブラッシングノイズで休符を強調することなどを内包した"奏法")、ブラッシングはノイズを出すための"テクニック"と、切り分けて把握するのがよいと思います。

(ちなみに蛇足になりますが、ブリッジの上にピッキングする手を置いて、パームミュートをかけて弾く、音程はあるがサスティーンがないブリブリした音を出すことは、通常"ブリッジミュート"と表現します。 深く歪ませたHR/HM系の音楽では、こちらのブリッジミュートが多用されます。)

参考になれば。
    • good
    • 0

以前ギターをすこしカジっていたものです。



雑誌にあるとおり違います。
ミュートとブラッシングで理解できないならわかるが...

カッティング・・・ミュートやブラッシングやシンコペーションなどを組み合わせてできたリズムの刻み方。
ブラッシング・・・指を弦に乗せているがしっかり押さえていない状態でピッキングをすること。

ちょっと言葉じゃわからないかな?
    • good
    • 0

カッティングは、ブリッジミュートしながら弾くこと(ピッキングの瞬間に左手でミュートする方法もあると思いますが…)。

右手でピックを持っている場合、拳を握った場合の小指側の部分を、弦の付け根にあてながらピッキングします(あまり強くおさえないように)。音はツブツブとした感じでのびませんが、音階はちゃんとあります。
ブラッシングは、ネックをおさえる方の手(普通は左手)が弦に触れるだけの状態で、ピッキングします。シャカシャカという音になるはず。ポジションによって音に高低はあると思いますが、ちゃんとした音程にはなりません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング