ベストアンサー選定ルールの変更のお知らせ

今から32年前、職場の隣に建物が建ったときの話です
隣の建物の持ち主が「おたくの建物がうちの敷地に3センチめり込んでるので3千万払え!」と言ってきました。ちなみに隣の建物はその筋の関係の会社だそうです。
もめ事になるとまずいので社長が3千万払ったそうですが、これって恐喝ですよね?

A 回答 (6件)

まず、3センチめり込んでいるか


否かの確認が必要です。

更に、恐喝になるためには
客観的に、恐怖を与えるような
言動が必要になります。

恐怖を与えるような言動で
請求したような場合は、たとえ
めり込んだのが事実だとしても
恐喝になります。

反対に、恐怖を与えるようなことが
なければ、たとえめり込んでいなく
ても恐喝にはなりません。

ただし、詐欺(未遂)の可能性は
出てきます。
    • good
    • 0

そんなに境界線ギリで建っていたのですか?


屋根や雨どい等がはみ出ていたって測量結果で言われたのなら、どこがどの程度かを確認し修繕も出来たのかなと思えますけど、多分社長さんは先々も考え和解したのでしょ。
    • good
    • 0

3センチ分の土地購入費?土地貸借料? 何れにしろ事実なら恐喝には価しません。

    • good
    • 0

3cm の境界線は正確な測量をして登記簿と照合しないと越境しているか否かは分かりません。


その措置をされた結果、隣の方が言われているのなら別ですが。
    • good
    • 0

法律にかけると3センチでもその部分の建物の撤去を命じられます。


つぶして建て替えるよりは3千万で示談にしたほうが安くつくと社長が判断されたのだと思います。その時の同意書などがあるはずです。会社なら税理士が税理処理していると思います。それがないと社長は3千万の脱税。使途不明金をしたことになります
    • good
    • 0

敷地に3センチめり込んでるのが事実かどうか確認しなければ何とも言えません。

地価の問題もありますしね。銀座一丁目なら、当然の要求とも言えます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング