「教えて!ピックアップ」リリース!

台湾の選挙で経済が最大の注目になったから民進党は負けましたが経済が最大の注目になったら何故民進党は勝てないのですか?
民進党の経済政策ってそんなに酷いのですか?

A 回答 (3件)

物価高騰、若者の就職難、エネルギー危機と、台湾経済は低成長に喘いでいます。

 それが民進党の経済政策の所為かどうかはともかく、民進党政権下で国民が経済的困難に直面している事実があると言うことです。 なにか問題があれば、どこの国であれ、その時の政権が国民の矢面に立つことになるのです。 問題がない国なんてあるわけがないので、二大政党制の国では、統一地方選挙や総選挙では常に政権政党が問題の元凶とされ、政権運営に関係のない野党に有利に働きます。
    • good
    • 0

そうではありません。



中国が、台湾侵略を狙っています。

だから、台湾人は、中国と対立した
政策をとる与党ではなく、
中国寄りの野党に票を入れたのです。

その方が安全だろう、対話で解決
出来るのでは、と考えたのです。

甘いですね。

日本では、中国寄りの民主党が与党に
なった途端、尖閣で
中国漁船が海上保安庁の船に突っ込んで
来ました。

中国よりの政権だと、組安し、と
舐められるのです。

天安門事件でも、欧米は経済制裁を
しましたが、日本はやりませんでした。

中国は恩に着るどころか、敵の必要性を
認識し、
以降、反日政策を採るようになりました。

台湾人は、間違った選択をしたと
思います。

    • good
    • 0

そういうことではなくて、経済となると親中の国民党有利です。

国民党も民進党も、特に経済政策はありません。中国との距離感、向き合い方が違うだけ。

(1) 【台湾統一選で与党惨敗】台湾国民は「抗中」より「親中」...日本のインバウンドに好影響?(2022年11月28日) - YouTube
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング