プロが教えるわが家の防犯対策術!

ゼレンスキーについて、演技性パーソナリティ障害を疑う声があがってます。

医学的評価をお願いします。


【演技性パーソナリティ障害の症状】
際立って人の注目を集めたがり、自分が場の中心になっていないと不快になる傾向があります。
他人の目をひくために自己中心的に大きな物音を立てる、突然泣き出すなど演技のような言動をすると共に、期待通りに注目されない場合には過剰にストレスとして感じて自己破壊を促進する挑発的な性行動に走ります。
自分の好感度を過大評価しやすく、常日頃から際立って周囲の注目を集めたがる癖があり、肌の露出度が高い服装を着用する、まわりの場所や状況を考えずに性的なアピールを実践するなど自分の性的な魅力を強調しやすい傾向も認められます。
また、感情表現が大げさですが、話に一貫性がありません。
話し方は演技をしているように見えるほど大げさですが、内容が薄いのも特徴です。






過去の独裁者で、精神神経疾患によって判断能力を失っていた例

パラノイア→ヒトラー、毛沢東、スターリン
被害妄想が強く大虐殺を行なった。

(ゼレンスキーもロシア系を虐殺していた。)

質問者からの補足コメント

A 回答 (5件)

バイメイへの拘り?

    • good
    • 0

ゼレンススキーは、学生時代は、ロシア(語)を愛す、皆、ロシア語を話せばいいと、主張していた親ロ派だったんですけどね。



無能な大統領として、議会からも国民からも馬鹿にされ、どん底を味わいつつ、米国の莫大な金と優しい言葉の飴で、ポロシェンコの悪政を踏襲拡大し、国内のスラブ民族に復讐心しか沸かなくなったんじゃないですかね。

演技性パーソナリティ障害についてはあるんじゃないでしょうか。
ロシア侵攻当初は、言わされてる感が強い操り人形でしたが、今は本人の様々な欲を満たす為に権力を最大限利用してるように見えますが、やはり、政治家としての能力が無い事で様々な障害は起きてると思います。

今はクリチコに喧嘩売ってますけど、これもキーウ市民からは操り人形と思われてる本人は、かなり葛藤になるのではないかと。
    • good
    • 3

>指導者が精神疾患だったら、問題ですよ。



それには同意します。プーチンなんて酷い物ですね。
各種人格障害のてんこ盛りですからw
    • good
    • 0

精神障害はプーチンと同等ですよ。

    • good
    • 0

政治家や芸能人など知名度の高い人は


多かれ少なかれそういう傾向はあります。
程度問題であって、障害がありそうだからと断罪するのは
単なる差別です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指導者が精神疾患だったら、問題ですよ。
既にゼレンスキーは、その兆候があるんですから。

お礼日時:2022/11/30 15:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング