「三相のスターデルタ回路で、一次側3.3KV、二次側200V、皮相電力500KVAのとき、一次側と二次側に流れる電流はいくらか?」
というような問題です。数学は大の苦手でこんな問題も
ちゃんと理解できていません。自分でも理解できるように頑張っていますが、納得がいきません。
どなたか今すぐにでも助言よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして“O( ^ - ^〃 )O”



3相の電力の公式は
 √3×V×I(VA)
ですよね!?これのVとIは線間電圧、Iは線電流です。これは変圧器の結線がスター結線でもデルタ結線でも同じです。

ご質問の変圧器は1次線間電圧が3300V、2次線間電圧が200Vです。これらを上の公式に当てはめると線電流が求まります!

<1次側線電流>
500000/(1.73×3300)=87.58A
<2次側線電流>
500000/(1.73×200)=1445.1A

となります。

ちなみに、変圧器の電力は1次も2次も同じです。
1次電流×1次電圧=2次電流×2次電圧となります。つまり、変圧器とは同じエネルギー(電力)で電圧と電流を変換するものだと思っていただけるといいです!

ちなみに変圧器の巻線に流れる電流(相電流)は、
<1次>
 スター結線であるため、相電流=線電流となり87.58A
<2次>
 デルタ結線なので、相電流=(線電流/√3)ですから1445.1÷1.73=835.3A

となります。


さらに補足ですが、3相の電力は「3×相電圧×相電流」でも求まります。

これに上で求めた数値を当てはめてみると
<1次>
スター結線なので相電圧は線間電圧÷√3より
相電圧:3300÷1.73=1907.5V
相電流:87.58A
3×1907.5×87.58=501(KVA)

<2次>
デルタ結線なので相電圧=線間電圧より
相電圧:200V
相電流:875.3A
3×200×835.3=501(KVA)

と同じ値が求まりましたヾ(≧∀≦)ノ


『線電流』『線間電圧』『相電流』『相電圧』の考え方と使い方をしっかり理解し、マスターする事が電力の考え方の基礎となりますのでしっかり勉強されてください!!
あと、「1次の電力=2次の電力」というのがポイントですo(*^▽^*)o

ご理解いただけましたでしょうかぁ!?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助言どうもありがとうございます☆
かなり詳しく解説してくださったのでバッチリ理解することができました!
仕事でCADを使うので、計算でわからないことがあったらその時また助言よろしくお願いします!

お礼日時:2005/04/11 23:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません

電流がI=dQ/dtやI=-dQ/dtと表わしてある意味がわかりません。
物理で、抵抗R、コンデンサC、スイッチSが閉じる回路があり、コンデンサCの両極に±Qの電荷がある。
このとき、スイッチを閉じ抵抗Rを通じて放電するときの電流の時間変化を求める問題において、I=-dQ/dtとして、微分方程式を立てて解くことみたいです。そのとき、なぜ、電流をI=-dQ/dtとするのがわかりません。下記のページ↓を見ても、なぜこの問題においてI=-dQ/dtとするのかわかりません。わかりやすく教えてください(+o+) お願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222281602

Aベストアンサー

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上の電荷の意味です。
だからこの式は方程式なのです。(定義式ではありません。)
(この場面でI=dQ/dtは出てきません。電荷が増加する方向に電流が流れるということが起こらないからです。起こるとしたら電池を接続しての充電の場合です。#2の図でいえばスイッチの入っている方向が違うのです。1つの場面に両方の式が出てくるということはありません。)

極板に電荷がたまっていればQ=CVで決まる電位差が存在します。
電流Iはこの電位差とも関係します。I=V/Rです。
I=Q/(CR)ですから微分方程式は Q/(CR)=-dQ/dtになります。
変数分離で解くと初期値をQoとして
Q=Qoexp(-t/(CR))

放電によって電荷が(指数関数で)減少するという結果が出てきました。
-をつけた式で考えたので矛盾のない結果になったのです。

充電の場合でしたら
I=dQ/dt
Q=CV
I=(E-V)/R  ・・・  (Eは電池の起電力)

t=0でQ=0という条件で解くと
Q=CE(1-exp(-t/(CR)))

t→∞でQ=CEです。
充電できました。

コンデンサーにたまっていた電荷が放電する場合ですからそれに合わせて考える必要があります。
#2に場面の説明と図があります。(抵抗Rを入れておく方が分かりやすいでしょう。)
その図で言うと電流の向きは反時計回りです。
この向きは+Qのある極板(Aとします)から-Qのある極板(Bとします)に向かって電荷が移動するということで決まります。逆は起こりません。電流が流れれば極板の上の電荷は減少します。
I=-dQ/dtです。
この式の中でのQは一般的な電荷の意味ではありません。極板Aの上...続きを読む

Q三相200Vを取るのに単相トランス30KVAを2台V結線した容量と三相

三相200Vを取るのに単相トランス30KVAを2台V結線した容量と三相変圧器1台30KVAの容量は同じでしょうか教えてください

Aベストアンサー

>単相トランス30KVAを2台V結線した容量…

30kVA×2台×√3÷2 = 52.0kVA

>三相変圧器1台30KVAの容量…

30kVA

>同じでしょうか…

同じではありません。

Q【電気】I=VR これの意味することは 仮説1 電流が高くなると電圧も高くなる 仮説2 電流が高くな

【電気】I=VR

これの意味することは

仮説1
電流が高くなると電圧も高くなる

仮説2
電流が高くなると抵抗が高くなる


どっちですか?

電流が高くなると電圧が上がるんですか?抵抗が上がって等しくなるんですか?

どっちかが上がって等しくなるのではなく両方上がって等しくなるんでしょうか。

Aベストアンサー

ってゆうか
I=V/RまたはV=IRじゃなかったかな
電流が多くなるとまたは大きくなるともいうのかな、でも電流が高くなるとは言わないような

Q単相200Vと三相200V

よろしくお願いします。

ネットオークションで農業機器の購入を考えています。
質問1
当家には溶接機用に単相200V15Aの配線は有りますが、
三相200Vの配線は有りません。
三相200Vのモーターを単相200Vの配線で効率よく回す事はできるでしょうか?

質問2
単相200V1kwモーターと三相200V1kwモーターでは、
仕事率?能力?は同じでしょうか? 
それとも三相200V1kwは単相200V1kwの1.5倍の能力でしょうか?

当方、素人ですので、理解しやすい回答をお願いします。

Aベストアンサー

質問1

農業をなされているのでしたら、農業用で三相200V電源が引けると思います。

通常の電源よりかなり安価ですので、電力会社に問い合わせてみてはいかがですか?

どうしても単相しか取れないのであれば、インバーターを使う手があります。

これは本来、電動機(モーター)の回転数を制御するのが主目的ですが、単相電源で三相電動機を回すことが出来る仕様のものがあります。

原理的には、入力の交流電源を一度直流に変換して、もう一度交流にするものです。

交流にする際に、出力周波数を制御出来るので結果として電動機の回転数(通常は電力会社が決めた一定の周波数で回転しています)が変えられます。

下にリンクを貼りましたので参考にしてください。

質問2

誘導電動機(一般的なモーターはほとんどこれです)では三相の方が効率が良くなります。

通常電動機の出力は
三相出力=√3×電圧×電流×力率×効率
単相出力=電圧×電流×力率×効率

出力が同じで電圧が同一なら単相では電流が√3倍必要となりますから、電動機が大きくなればなるほど電気代もかかりますので実用的ではありません。

参考URL:http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/inv_spec/inverterProductInfoServlet.do?menu=1&formNM=FR-D720S-1.5K

質問1

農業をなされているのでしたら、農業用で三相200V電源が引けると思います。

通常の電源よりかなり安価ですので、電力会社に問い合わせてみてはいかがですか?

どうしても単相しか取れないのであれば、インバーターを使う手があります。

これは本来、電動機(モーター)の回転数を制御するのが主目的ですが、単相電源で三相電動機を回すことが出来る仕様のものがあります。

原理的には、入力の交流電源を一度直流に変換して、もう一度交流にするものです。

交流にする際に、出力周波数を...続きを読む

Qこの変圧器に流れる電流で、 無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。 そして負荷を接続すると流

この変圧器に流れる電流で、
無負荷時はI3(励磁電流)のみ流れています。

そして負荷を接続すると流れる一次電流I1、二次電流I2はE1、E2と同相(0度)だそうです。

I1、I2共にコイルを通っているにも関わらず位相が遅れない理由はなぜでしょうか?
電圧、電流発生のメカニズムは何とか分かるのですが位相が0度の点がどうしても分からないです

Aベストアンサー

>I2=(N1/N2)I1はどう計算したのでしょうか?

N1・I1 - N2・I2 = Rmφ≒0
から直ちに出てきます。

Q3相400Vから3相200Vへダウントランスで落とします。その時3相200v電動機の総和が58.6k

3相400Vから3相200Vへダウントランスで落とします。その時3相200v電動機の総和が58.6kwとなるのですが どのように設計すいいですか?れば

Aベストアンサー

・動力用変圧器Qの容量は、一般に次のように求めます。
Q=Σ(電動機[kW]×1.25×需要率[%])+将来増設負荷S[kVA]
つまり、個々の負荷を1.25倍して入力換算し、それに需要率を掛けて合計したものに、将来増設負荷Sを加えます。
概算的に求めるとして、需要率を100%と仮定すると
Q=58.6×1.25×1+S=74+S[kVA]
Sを26[kVA]と仮定すると
Q=100[kVA]となります。
Sを考慮する必要が無ければ、S=75[kVA]となります。
勉強の参考にして下さい。

Q変圧器の二次側電流についてですが、 一次側の電圧をV1、電流をI1 二次側の電圧をV2、電流をI2

変圧器の二次側電流についてですが、

一次側の電圧をV1、電流をI1
二次側の電圧をV2、電流をI2
容量を1000VA

とすると1000V/100Vの変圧器の場合二次側電流I2はV1I1=V2I2より10Aとなります

電圧は巻き数比によって固定、電流は(まだ負荷をつけてませんので流れませんが)V1I1=V2I2より固定なのでかわらずですが
ここに100Ωの抵抗をつけた場合電圧100V、抵抗100Ωなのでオームの法則から計算すると1Aなのに皮相容量一定の考えからだと10A流れなければおかしい事になります

これはどう考えたらよいのでしょうか

Aベストアンサー

No2です(^^)
発電所から流れ出る電流は変化する事になります(`・ェ・´ノ)ノ
発電所では、もちろん電磁誘導を利用して電気を起こしていますが、
発電機に電流が流れれば流れるほど、発電機は”重く”なります(◎◎!)
これは、電磁力が発電機の変化(つまり回転)を妨げるように働く事によります(-_-)
ですから、負荷に大きな電流を流すためには、発電機に大きな力を加えて発電させる必要があります。
負荷での消費電力が大きければ、発電機を回すためのエネルギーも大きくなる・・・エネルギー保存則を考えなければ、当然と言えば当然ですね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

QSB60Aの契約を8KVAに替えたい

電気工事を職業としている者です。
プロとしてとても恥ずかしいほどの初歩的な質問なのですが、お客さんがSBの60Aの契約をしている方が「契約ブレーカーがたまにとぶので契約を上げて欲しい」との事なので8KVAに変更するのですが、現在その分電盤ではSB60Aの後にELBの3P60Aがついています。普通に考えればSBを外してELBを40Aに替えれば良いのですが、このお客さんがどこかでもらって来たノーヒューズブレーカの3P40Aを使って欲しいとの事。
この場合、ELBはそのままでSB60Aをノーヒューズブレーカ3P40Aに交換すれば8KVAの契約となるのでしょうか?
いつもは当たり前のようにELBの交換をしていたので、このパターンでも良いのか?と少し不安になってしまいました。
ご存知の方いらっしゃいましたら、これで良いのか教えて頂けませんでしょうか?
ちなみに中部電力管轄内です。

Aベストアンサー

>ELBはそのままでSB60Aをノーヒューズブレーカ3P40Aに交換すれば8KVAの契約…

私は最初にその方法を考えますけど。
理由は、
(1) ELB 40Aより NFB 40A の方が安い。
(2) ELB 60A を ELB 40A に落としてしまうと、10kVA にしたくなったときまた大きな費用。
(3) リミッタスペースが空いてしまうと美観を損ねる (分岐増設スペースとしたいときもあるが)。

>SBの60Aの契約をしている方が「契約ブレーカーがたまにとぶので契約を上げて欲しい」との事なので8KVAに…

これは案外、実効がないこともありますよ。
釈迦に説法かとは思いますが、SBの60A は両相を足して 60Aです。
内線規程で許される不平衡率 40% のとき、36A + 24A です。

ELB でも NFB でも 40A は、片側 40A しか流せません。
不平衡率 40% で 40 + 26.7 = 66.7A で落ちてしまう計算になります。
お客様は 2kVA 余計に使えるとばかり思っているのに、0.7 kVA 少々使っただけで落ちてしまうことも起こりえるわけです。
そのあたりを十分説明しておかないと、苦情がくるかも知れませんよ。

余計なお節介失礼しました。

>ELBはそのままでSB60Aをノーヒューズブレーカ3P40Aに交換すれば8KVAの契約…

私は最初にその方法を考えますけど。
理由は、
(1) ELB 40Aより NFB 40A の方が安い。
(2) ELB 60A を ELB 40A に落としてしまうと、10kVA にしたくなったときまた大きな費用。
(3) リミッタスペースが空いてしまうと美観を損ねる (分岐増設スペースとしたいときもあるが)。

>SBの60Aの契約をしている方が「契約ブレーカーがたまにとぶので契約を上げて欲しい」との事なので8KVAに…

これは案外、実効がないこともありま...続きを読む

Q電気の電流の話の続きです。 V I=- R コイル 2πfL コンデンサ 1 - 2πfL コイルは

電気の電流の話の続きです。
V
I=-
R

コイル 2πfL

コンデンサ

1
-
2πfL

コイルは100V、50Ωだと2Aの電流が流れる。

60Ωになると1.6Aで電流が減少する。

コンデンサは2πfLの逆数だから100V*50Ωとなる。

するとコンデンサの電流は500Aになる。

60Hzになると600Aになる。

同じ抵抗値のコイルとコンデンサでコイルは2Aでコンデンサは500Aになるって本当に合ってるんですか?

500Aって凄すぎませんか?

コンデンサだと電流は50Hzから60Hzになると電流は増加するっていうのが答えですか?

でも本にはコンデンサは電流は60Hzになると減少するって書いてて意味が分からない。

結局答えは

コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?

Aベストアンサー

基礎のお勉強(知識)が無いと、お話しは難しいでしょう。

> コイルは電流が減少してコンデンサは電流が増加するで良いんですか?
直列に接続されていれば、周波数が上がるとそうなります。
コイルLのインピーダンスZLは、ZL=j*2*pi*F*L
コンデンサーCのインピーダンスZCは、ZC=1/(J*2*pi*F*C)になります。

V*I=-R …これは意味不明
V*I は、一般的には電力です。

Q12kVAの契約をする際、サーキットブレーカー 欠品保護付 (MCB

12kVAの契約をする際、サーキットブレーカー 欠品保護付 (MCB 3P 100/60)という物が見積もりにあるのですが、100という数字は何を意味しているのでしょうか。

またこういったブレーカーは規定のアンペアを超えた場合、どの程度のマージンがあるものでしょうか。


さらに質問で申し訳ないのですが、ヒートポンプ給湯器2台(450L 370L最大消費電力1.5kW 200V)、IH調理器具(最大消費電力5,800w 200V)、エアコン2台(定格消費電力75~2330W 200V)が同時に最大電力で動いた場合、何kVA程度になるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

100/60は100AF/60ATが省略されているのだと思います。
Fはフレームで100Aまで対応出来るブレーカーの大きさと言う意味です。
Tはトリップで60Aを超えると落ちるという意味です。

マージンに関しては、ブレーカーによって違いますが、JISに規程が有ります。

参考URL:http://www.kawamura.co.jp/images/electric/faq/br_sankou.pdf


人気Q&Aランキング