こんにちは。私は今,国税徴収法について勉強しています。そこで教えていただきたいのですが,督促状と催告書にはどういう違いがあるのでしょうか。地方税法によれば,税金を納付期限までに完納しない場合は納期後20日以内に督促状を出さなければならないとのことですが,それに対して催告書は必ずしも義務的なものではないという記述を以前目にしたように思います(どこで見たかは失念しました。不確実な前提ですみません)。それ以来,この二つの違いがどこにあるのか気になっています。もしご存知の方がいらっしゃいましたら,ぜひともご教授ください。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

そんなに詳しくはありませんが一応地元役場の税務課職員です。


あなたの書いてあるのは間違いではありません。ただ督促状は出さないと差押ができないけれども催告書は出さなくても差押はできます(督促状さえ出していれば)。あと督促状はあなたが書いたとおり納期限後20日以内に送付しますがあくまでもそのときの税金(例えば固定資産税の1期分とか)だけで、催告書は現在滞納している全部の額を通知します。また催告書は滞納者に今どれだけ滞納していて延滞金がどれだけついいているかお知らせするだけで私の役場では年に4回出していますがまあ出した効果はいくらかあります。例えばただ単に忘れていただけの方が催告書を見て忘れていたのを思い出して納税にこられたり、延滞金の額にビックリして納めにこられたりとかせすね。
あまり参考になりませんでしたがそんな感じだと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。督促状を出すのは法律に基づいた義務的行為であるのに対し,催告書は(表現は適切ではないかもしれませんが)いわば平穏な納税を促すサービス的行為であるという理解でよろしいでしょうか。税務課職員の方にしろ,納税者にしろできれば差押などという事態は避けたいですものね

お礼日時:2005/04/13 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市民税・県民税滞納の催告書がきました。

昨年8月結婚し約10ヶ月が過ぎようとした先日、
旦那の3年前の市県民税の滞納催告書が来まして、
未納額が53600円に対し30%以上の延滞金がついております。

旦那に聞いてみたところ、
元々催告書と言っても半年に1回くらいのペースでしか来ず
(結婚して初めて届く催告書です。郵便の転送もかけています)、
民間なら債権請求の義務を怠っていて、しかもヤミ金並みの延滞金で
行政の完全な怠慢なので払わなかったということです。
また当時旦那はアルバイトで月15万くらいの手取りでした。

差し押さえ通告がきたら裁判してもいいと言ってます。

ネットで少し調べたのですが、
民間では債権請求の時効は売掛金でも2年のようです。

お聞きしたいのは
1)民間の債権請求の義務は行政には適用されないのか
(適用されないなら、別に定める法律があるのか)
2)ヤミ金並みの延滞金も現在の民間では考えられない金額で、これも行政には適用されないのか(適用されないなら、別に定める法律があるのか)
3)もし5年の時効直前に差し押さえ通告が来て裁判する場合、
上記1)2)の民間では当たり前に法で規制されてる要項が当てはまっても負けるでしょうか。

裁判してもいいと言う旦那ですが
最終的には財布の紐を握っている私にまかせるそうです。

私達庶民は吹けば飛ぶような存在ですから
延滞金も込で払うはめになると思いますが
一応、最後のあがきでこちらに質問してみました。

回答いただける方は、任意で構いませんのでご職業をお教えください。
どうぞ宜しくおねがいします。

昨年8月結婚し約10ヶ月が過ぎようとした先日、
旦那の3年前の市県民税の滞納催告書が来まして、
未納額が53600円に対し30%以上の延滞金がついております。

旦那に聞いてみたところ、
元々催告書と言っても半年に1回くらいのペースでしか来ず
(結婚して初めて届く催告書です。郵便の転送もかけています)、
民間なら債権請求の義務を怠っていて、しかもヤミ金並みの延滞金で
行政の完全な怠慢なので払わなかったということです。
また当時旦那はアルバイトで月15万くらいの手取りでした。

差し押さえ通告がきた...続きを読む

Aベストアンサー

1「民間の債権請求の義務」というものがあるとしても、行政には適用されません。
2、延滞金利率は年14、6%で、法律で決められてます。
 滞納しなければかからないのが延滞金ですが、本税の30%近くになってるとするなら、滞納期間がそれだけ長いという意味です。
 納付しないでおいて「延滞金がつくとは何事だ!」と文句をいう方が間違いです。
3、租税徴収権の時効が5年であることはご存知のとおりです。
 時効消滅する寸前であろうと、まだまだ時効消滅まで期間があるにしろ、差押がされたことに対しての異議申し立ては、いきなり裁判所にはできません。
 異議申し立て前置主義があり、まずは差し押さえした市に異議申し立てをすることになってます。
 異議申し立ての内容としては、差押された財産が自分のものではないとか、既に完納してあるのに差押処分がされたなどです。
 「裁判してもよい」という覚悟は立派ですが、何に対して裁判をするのかが問題です。
 裁判とは、Aは○だと思うがBは×だという「争い」の決着を裁判官に求める手段です。
「税金が滞納してる」という事実があると主張する市に対して「税金の滞納はない」と争うということでしょうか。
これは、明らかに負けます。
 「財産の差押を受けたが、滞納していない」と争うとしても同じです。

租税滞納処分は、本人の了解なしで、かつ、裁判所の許可を必要とせずできます。

また「財産差押の予告書」に対しての異議申し立てはできません。
差押の通告書を「差押の予告書」という意味で言われてるならば、単なる通知であって行政処分ではないので異議申し立ての対象ではないからです。

実際に差押がされれば差押書あるいは差押調書謄本が本人に送達されます。
これに対して「裁判」をするならば、記述のようにまずは差し押さえをした者に異議申し立てをします。
その結果が不服ですと、その後に一般的な裁判手続きに進みます。

ご質問内容をみると「請求の仕方に問題があるから、おれは払わなくても良いのだ」と言われてるような気がします。
ちがったらごめんなさい。
租税の場合には、納期限が過ぎたら督促状が発布されて、その発布の日から10日と5年で、滞納税金の徴収権が時効消滅します。
そのあいだに「このように請求をしろ」という規定は存在しません。
あるのは「納税がされないならば、財産の差し押さえをしろ」という規定です。
ですから、「請求の仕方が悪いから、俺は払う必要がないのだ」というのは「とっとと財産の差し押さえをしろ」と当局に喧嘩を売るようなものです。

1「民間の債権請求の義務」というものがあるとしても、行政には適用されません。
2、延滞金利率は年14、6%で、法律で決められてます。
 滞納しなければかからないのが延滞金ですが、本税の30%近くになってるとするなら、滞納期間がそれだけ長いという意味です。
 納付しないでおいて「延滞金がつくとは何事だ!」と文句をいう方が間違いです。
3、租税徴収権の時効が5年であることはご存知のとおりです。
 時効消滅する寸前であろうと、まだまだ時効消滅まで期間があるにしろ、差押がされたことに対して...続きを読む

Q市民税滞納【最後催告書】についてお伺いします。

フルタイムでアルバイトをしている主婦です。
19年まではお給料から天引きで市民税を支払っておりました。

会社の意向で天引きが廃止となり、
20年度よりは自分で支払うよう通達がありました。

年4回、請求書が来ていましたが、
自分勝手な理由で支払わずに今まで来てしまいました。
わざわざ支払うというのが嫌という稚拙な理由や
払おうと思った時には大きい金額になっていて払えなくて
見ないふりをしていました。

先日【最後通告書】とともに延滞金も含め、42万円ほど請求が来ました。
本税30万ほど、延滞金12万ほどです。

初めて事の重大さを知り、猛省しています。
期日(4/20)までに払わないと差し押さえされるとの通知です。

1期分ずつ、コンビニでも支払える用紙が1期分ずつ
5枚入っていました。

反省しても遅いのですが、
今支払える分だけでもとコンビニで1期~3期分(31万円)払ってきました。
あとの分(11万円)は早くともお給料(25日)までは支払えず、
親にも言えず悩んでいます。

私は11万ほどお給料がありますが、
今住んでいる場所の家賃等光熱費は自分の給料で支払っています。
主人とは長期別居しており、少額の生活費のみ毎月もらっていて
それで食費などをまかなっています。

残りだけを分割にしていただくことは可能なんでしょうか。
もしくは、1期~3期分を支払ったので、また支払い期限が伸びたり
当面の差し押さえは回避出来たととらえていいのでしょうか。

月曜日には市役所に相談のご連絡はしようと思っていますが、
全額でないと駄目だと言われないか心配で仕方ありません。

よろしくお願いいたします。

フルタイムでアルバイトをしている主婦です。
19年まではお給料から天引きで市民税を支払っておりました。

会社の意向で天引きが廃止となり、
20年度よりは自分で支払うよう通達がありました。

年4回、請求書が来ていましたが、
自分勝手な理由で支払わずに今まで来てしまいました。
わざわざ支払うというのが嫌という稚拙な理由や
払おうと思った時には大きい金額になっていて払えなくて
見ないふりをしていました。

先日【最後通告書】とともに延滞金も含め、42万円ほど請求が来ました。
本税30万ほ...続きを読む

Aベストアンサー

「納付できる金額は納めたので、残りを分割にして欲しい」と申し出るしかないでしょう。
金額からみて、督促を受けたのち、何度も「早く納めろ」という請求を受けたのを無視した年数が累積してるのです。

すでに反省なさってるので、他人があれこれ言うべきではないでしょうが、述べてしまいますので、読みたくなければ飛ばしてください。
住民税は税率が10%。
ということは、単純計算すると10年分溜めると、一年間分の収入を全部納税しなくてはいけないことになります。
絶対に無理です。
かつ、延滞金が付きますので、一度滞納し始めると、およそ納税が出来ない状態になります。
破産をしても、税金は免除されないので、心がけを変更する時期だと存じます。

公租公課は、かって「ほかっておけば時効になる」「払わないでいたら、請求がなくなった」という時期がありました。
国税は別として地方税当局に滞納の徴収権が時効になって「不納欠損」になっても「まあ、ええて」という風潮があったのは事実なのです。
すでに、このような風潮自体に自治省が改善を指示してます。
「滞納を徴収すれば、増税など無用」という意見が強くなってきてます。
滞納者がいるので、現実に金が自治体が入らない、自治体が貧乏だというのを、既にきちんと納税してる人に「増税」として負担を求めることなどできない状況になってるわけです。
「バカにするな」と納税してる人は口にしますよ。
「滞納してる奴がいるから、増税などという話が出るのだ。丸裸にして、生活保護を受けるようになってもいいから、一度きちんと滞納処分をしろ!」という事になっても、やむをえません。

ずるい奴を許してたおかげで、自分たちが被害を蒙るということに気が付いてきたわけです。
「まあ、ええて」などとする自治体の人間など、職務怠慢なのです。
鬼の徴収職員になってもらわないと困ります。そのために給与を払ってるのです。

「増税→滞納者がいなくなれば増税などいらない→滞納者からきちんと徴収すべし→財産差押して公売しろ→それで仮に「住む家がなくなっても自己責任」
という理屈です。
「苦しいようだから、まあええじゃんか」と言ってた人が「払うべきものをチャンと納めてもらえば、増税などいらないのだ」という意見になってるわけです。

延滞金は「自業自得」です。

ちなみに仮に家の差押を受けても、公売されるまでは居住できますし、公売後も買受人から借りれば住んでいられますので、差押を受ける=この町から出て行けという意味にはなりませんね。
滞納は犯罪ではありませんが、会費を払わずにパーティに参加して飲み食いしてるのと同じ「とても恥ずかしい行為」だと思います。
猛省なさっておられるようで、なによりです。

「納付できる金額は納めたので、残りを分割にして欲しい」と申し出るしかないでしょう。
金額からみて、督促を受けたのち、何度も「早く納めろ」という請求を受けたのを無視した年数が累積してるのです。

すでに反省なさってるので、他人があれこれ言うべきではないでしょうが、述べてしまいますので、読みたくなければ飛ばしてください。
住民税は税率が10%。
ということは、単純計算すると10年分溜めると、一年間分の収入を全部納税しなくてはいけないことになります。
絶対に無理です。
かつ、延滞金が付...続きを読む

Q突然の固定資産税&差し押さえ予告の通知

いつもお世話になっております。
今しがた、市役所から固定資産税の請求書と差し押さえ予告が送られてきました。
突然のことで驚いております。
8年前に亡くなった父が所有していた土地と建物(わたしの実家)で、現在はそこに母と兄が暮らしています。
(ちなみに、いまは私の兄の名義です。)
その告知の宛名は母の名前ですが、(  )で父の名前が書いてありましたので、おそらく本来亡くなった父が払うべき税金なんだとおもいますが、納得がいかない箇所があります。
それは、「いままで催促したにもかかわらず」という文章です。
わたしの母は税金は几帳面に納める人ですし、母の記憶では、いままで請求書が届いた記憶がないそう。また、請求金額も100万円近い金額で、その約半分が滞納金なんです。
なにか納得がいかない気がします。
早速にでも市役所に問い合わせたいところですが、今日はあいにくの土曜日・・・。
どなたか固定資産についてお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どういうわけで今までなかった請求が突然来たかわかりませんが
固定資産税の滞納による差し押さえ予告のことならわかります。

まず、ご安心ください。
役所はすぐに差し押さえなどする気はさらさらありません。
できるだけ収めて欲しいとおもっっています。

ただし、これは税金ですので収めない限りいつまでも追っかけてきます。
最終的には払うことになります。

そこで!
窓口まで行かなくてもかまいません。
その通知書に「ご相談のある方はこちらまで」と書いてるところが必ずあります。
また、その脇に担当者のシャチハタの印鑑が押してあるはずです。
電話で結構ですのでそのシャチハタの名前の人を呼び出して
「この件について支払いなど相談したい、こっちに来られないか?」
といえば、「ではいついつお伺いします」と言ってきます。

万が一ぐずったら、収めようと思っているのはこっちだ、
その担当のあなたが話に乗ってくれないなら収められないじゃないか!
こっちは毎日の仕事で忙しいんだ!行政なら民間の仕事の時間とるな!
そっからこい!」
といえば必ず来ます。

さぁ、交渉です。
「いくらだって?」
「100万になりますねぇ」

「ほーそうかぁ・・、役人さんには民間人の苦しさなんてわからないと思うけど、一遍には
とても払えないなぁ、少しずつじゃダメか?」

「一括では無理ですか?」

「あー無理だね、全く無理! 一家で首くくることになる。どこかにいい枝ぶりの松はねーか?
今探してんだ。 年寄り抱えてそんなもん一遍に払ったら年より殺すようなもんだからな。
明日から食うもんもねーし・・・」

「どのくらいなら収められますか?」

「100万だろ・・・そうだなぁ、年間20万くらいかな、月2万てとこだな」

「月20万ですか?」

「ボケ!年にきまっとろーが! ねん20まんだ。 まぁ月2万なら24万になるけどな」

そこから先は絶対に譲らないでください。

年20万は払うで押し切って下さい。
1円でも払うと言ってる人の差し押さえは絶対しません。またできません。
もし、
「年20万じゃ差し押さえになりますよ」
などといったら、
「ふざけるな! 払うと言ってるのに差し押さえする気か!、そんな役所きいたことねーぞ!
こっちは悪意があってはらわねーんじゃねーんだ!カネがねーから少しずつでも
国民の義務として収めようって言ってんだ!それが行政のやることか!」
ど怒鳴りつけて下さい。

そんなことには十中八九なりません。まず一発で延払いを認めます。
納税してくれればいいわけですから。

しかし、100万だったら年に最低14万以上収めて下さい。
そうしないと延滞税が14パーセントつきますから
いつまでたっても減らないことになります。

それから交渉としてもう一つ。
払うけど、本税から引けよ!と付け加えましょう。
本税さえ減っていけば延滞税の付き方も少なくなりますからそのほうが得です。

本税100万を一年ほうっておくと延滞税14万が付いて114万になります。
これをたとえば
20万本税を払い本税から引けば、残り本税80万に延滞税14万で残り総額は96万になります。
一方、延滞税16万と本税4万の20万を払うと残りは本税が96万だけとなります。
さて次の年、
本税80万に14パーセント付くのと
本税96万に14パーセント付くのとでは
全然違うでしょ。

だから納めたら本税からひいてもらいます。
どちらを収めようとこっちの勝手です。本税を納めると言って収めましょう。
黙っていると、延滞税を先に引かれちゃいますから本税が多く残ってしまいます。

すでに延滞中ですから来年も延滞税は付いてきます。
できるだけ延滞税をつけないようにして下さい。
常に延滞税だけ払ってると毎年5万とか6万とかの数字しか減っていきません。
最終的には倍ほど収める金額が違ってきてしまいます。

いずれにしても、ちょっとでも払う、という姿勢を見せれば
差し押さえなどという手荒なまねは絶対しません。

ただ、確実に悪意があるとか、まったく納める意思がないとか
これから先も収められる数字ではないとか(たとえば単なるサラリーマンなのに
相続税の残りが1億ある、なんていう場合など)言う場合にのみ差し押さえになります。
それでもいよいよ差し押さえがなされるのは5年くらいあとです。
さらに役所の「土地の差し押さえ」なんていうのは
謄本だけの話で実際に使えないということはありません。

土地謄本に「差し押さえ」というはんこが押されるだけです。
収め終わればまっさらになります。
謄本だけが汚れますが、住んでる分にはそのまま使ってていいのです。

「差し押さえ」などと看板が立つわけでもないし、ドリフターズのコント(古!)のように
張り紙でぺたぺた張っていくわけでもありません。

したがって誰にもわかりません。
使えなくなることは一切ありません。はいつもと同じです。

ただ、その土地を売ろうとしたり、土地を担保にお金を借りたりすることができないだけです。

売るときには買う人も差し押さえてある物件を買う馬鹿はいませんので、
差し押さえを解かなければなりません。
それには先に収めなければなりません。

売ったお金で払うから先に差し押さえを解いてくれ!
と言っても受け付けてくれません。
なにがなんでも先に収めないと売ることはできないということになります。


さらにさらに、その「差し押さえ」の期間が数年たって始めて競売を持ちかけられます。
「どうしても収めていただけないのでしたら仕方ありませんね、競売という方向で
考えますが同意していただけますか?」ときます。
そこで
「ここまで待ったんだからもうちょっと待てよ!何とかするからよ!、売るなら俺が売ってくるよ
競売なんていうなよ」
と濁せばまた数年その状態が続きます。

でいよいよむこうも堪忍袋の緒が切れて競売となりますが、
それまでのらーりくらーりかわすとほんとの競売まで初めての催告状が来てから
20年たっぷりかかります。
その代わり、延滞税がごっそり付いて100万が400万くらいになっていますけど・・・。
その400万も土地で間に合わなければいつまでたっても追いかけてきますから
まぁ、払えるときに早めに払ったほうがいいでしょう。


というわけで、差し押さえの通知など恐るに足らず!
ゆっくり構えて、まずは担当を呼びつけ、
一括で払えなかったら月々払っていけばまったく問題ありません。

どういうわけで今までなかった請求が突然来たかわかりませんが
固定資産税の滞納による差し押さえ予告のことならわかります。

まず、ご安心ください。
役所はすぐに差し押さえなどする気はさらさらありません。
できるだけ収めて欲しいとおもっっています。

ただし、これは税金ですので収めない限りいつまでも追っかけてきます。
最終的には払うことになります。

そこで!
窓口まで行かなくてもかまいません。
その通知書に「ご相談のある方はこちらまで」と書いてるところが必ずあります。
また、その脇に担当...続きを読む

Q住民税の滞納で督促なしでいきなり差押予告書が来ました

普通徴収で毎回住民税をきちんと支払ってきましたが、今年の1月に急に職を失ったため4回目の納税ができませんでした。
それから4ヶ月が過ぎた今日5月27日に市から突然差押予告書が届きました。滞納してから今日までの間、催促状も督促状も一度も来ていなかったのにいきなり届いたのが差押予告書だったので驚いてしまいました。
その予告書を読むと「下記の滞納市税については、再三にわたり納付催促をしてきましたが、いまだに納付がありません。~」と印刷されていましたが「再三にわたり納付催促をしてきましたが」の部分にボールペンで一本線がひかれ消されていました。催促してないけど差押はするんだ、という意志が感じられました。
支払いたい気持ちはあるんですが、一度に12万円も払うのは到底無理です。それに差押予告書だけ入っていて納付方法も書かれていないのです。支払期限は5月29日になっていて(あと2日しかありません)、発行日は5月20日でした。発行日から1週間もたってから届いて、あさってまで払えといわれても無理です。
とりあえず明日連絡先に電話してみようとは思いますが、自治体がこういうやり方をしても良いものかどうか皆さんのご意見をお聞きしたいです。
どうぞよろしくお願いします。

普通徴収で毎回住民税をきちんと支払ってきましたが、今年の1月に急に職を失ったため4回目の納税ができませんでした。
それから4ヶ月が過ぎた今日5月27日に市から突然差押予告書が届きました。滞納してから今日までの間、催促状も督促状も一度も来ていなかったのにいきなり届いたのが差押予告書だったので驚いてしまいました。
その予告書を読むと「下記の滞納市税については、再三にわたり納付催促をしてきましたが、いまだに納付がありません。~」と印刷されていましたが「再三にわたり納付催促をしてきま...続きを読む

Aベストアンサー

あなたは住所地にお住まいですか。
通常行政機関からの郵便物は2日で届くと考えられます。
おおよそ「その行政区域」に配送されるのですから、なぜ一週間もかかってあなたの元に届いてるのでしょうか。
「わざと自分のところに書類が届きにくくしてる」ような事をされてるのではないでしょうか。

だとしたら、あなたに督促状が届いてない理由もわかります。
届いてないのではなくて、宛所なしで返戻されてしまって「公示送達」されて督促状が届いたとして効力が発生してる可能性があります。

本当に納付書が同封されてませんか。
もし納付書が同封されてないなら、市担当は「アホ」でしょうね。
しかし納税に市役所までくれば納付できますから、納付書が入ってなかったというのは納税義務を全うできなかった理由にはなりません。

ちなみに、税金が納期限までに納付されない場合には「督促状の発送」がされます。その後は「催告書」とか「差押予告」とか色々と考えて送られてきますが、一番初めは「督促状」です。
そして督促状を発送してから10日を経過し、本税延滞金の全額が納税されてない場合には、徴収職員は「財産の差押をしなければならない」と規定があります(国税徴収法47条、地方税法でも準用)。

つまり「督促状」の送達がされてない場合には差押処分はできません。無効です。

まず「督促状」を受け取っていないということを市に抗議しましょう。

「催告はしないけど差押はする」という意志があるかどうかは不明ですが、督促状が送達されて一定期限が経過してれば「あなたが泣こうが喚こうが」差押処分はされます。

自治体がこういうやり方をして良いものかというご質問ですが、手続きとして「督促状が送達されてる」なら、まったく問題のない手続きです。

住所変更もなし、20日発送の郵便が27日についてる、もとより督促状が送達されてない、というなら当局に厳重に抗議しましょう。あなたには何の落ち度もありません。
そのことと納税義務とは別なので、納税をどうするかは考えましょう。

あなたは住所地にお住まいですか。
通常行政機関からの郵便物は2日で届くと考えられます。
おおよそ「その行政区域」に配送されるのですから、なぜ一週間もかかってあなたの元に届いてるのでしょうか。
「わざと自分のところに書類が届きにくくしてる」ような事をされてるのではないでしょうか。

だとしたら、あなたに督促状が届いてない理由もわかります。
届いてないのではなくて、宛所なしで返戻されてしまって「公示送達」されて督促状が届いたとして効力が発生してる可能性があります。

本当に納...続きを読む

Q国民保険料を滞納していて最終催告書がきたのですが

初めて質問します。
私の父が国民健康保険料を滞納しており、最終催告書がきたのですが今の状態では支払える能力及び金額がないのですが、どうしたらいいのでしょうか?

期日までに支払えない場合、差し押さえをすると書かれているみたいです。
皆様の意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

まずは相談すること。
市役所の国保担当課(保険年金課だったり市民課だったり)に相談してください。役所はなんだかんだ言っても鬼じゃありません。
「ただ払えない」だけでは役所も冷たくなります。相手も人間ですからあくまで紳士的な態度で相談することが大切です。「払えないもんは払えない!!」なんていう態度はだめです。それだと「払いたくても払えない」のか「払えるのに払えない」のか向こうも判断できないですから。
その上で話としては「少しずつでも・・・」という話になると思いますので1万円でも5千円でも払ってください。「少しでも払う」というのは重要です。

Q6年前の住民税の催告状がきました<至急>

6年前に住んでいた市から今日、市県民税の催告状というのが届きました。
そこには、
督促状等で納税をお願いしてまいりましたが
と書いてあり納税額を上回る延滞金がついていました。

古い記憶を辿って思い出してみましたが、
その年の未納月の翌月に他県に引っ越し、その翌年に未納のお知らせが届き、分納した記憶がありますが、
それ以降には全く、督促がきたこともありません。

まだ未納があるのならばもっと前に督促や未納のお知らせをもらっていれば、支払っていたのに
いきなり税金を上回る膨大な延滞金を付けて6年前の税金を今月末までに支払えというのは、ちょっと納得がいかないのです。
悪徳な金融機関でももっとマメに督促すると思うのですが・・・
決して税金を踏み倒そうとかおもっているわけではありません。
税金の倍以上の延滞金がついてから催告書を送ってきたのが納得できないのです。
今週末までには仕事の合間に市役所に電話をしようと思っていますが、
お役所は、未納の6年の間に督促状や未納のお知らせを送る義務はないのでしょうか?
同じような経験をされた方、お役所で市県民税に関わった方、税金に詳しい方お話を伺えたらと思います。
よろしくお願いします。

6年前に住んでいた市から今日、市県民税の催告状というのが届きました。
そこには、
督促状等で納税をお願いしてまいりましたが
と書いてあり納税額を上回る延滞金がついていました。

古い記憶を辿って思い出してみましたが、
その年の未納月の翌月に他県に引っ越し、その翌年に未納のお知らせが届き、分納した記憶がありますが、
それ以降には全く、督促がきたこともありません。

まだ未納があるのならばもっと前に督促や未納のお知らせをもらっていれば、支払っていたのに
いきなり税金を上回る膨大...続きを読む

Aベストアンサー

役所の人間ではありませんが、仕事で役所からの税金滞納による差し押さえを取り扱った事があります。
質問者様側のお気持ちは分らないでもありませんが、客観的に通るかというと難しいと思います。

>未納のお知らせが届き、分納した記憶があります
すべて納めきったのでしょうか?
納めていなかったのに、「督促してくれば払ったのに」とは、第三者が聞くと言い訳にしか聞こえません。
転居先を追いかけるという余計な手間をかけさせておいて、「税金を踏み倒そうとかおもっているわけではありません」「膨大な延滞金を付けて支払えというのは、納得がいかない」と主張しているときけば、じゃあ、さっさと払っておいたら問題にはならなかったじゃないか、としか思えないです。

悪意の有無はともかく、未納であるということに違いはないんですよ。
そして「悪意がない」というのは、質問者様は、ご自身の事だから分かっているのであって、相手には分からない話でしょう。
「督促を受けていない」というのも、質問者様の言い分です。相手は「督促をしていた」と主張しているわけです。水掛け論ですよ。
それに分納というのは、その時点で払うべきものを払えていないから、お願いして分納させてもらうものであり、その時点で、既に余計な手間を役所にかけさせている、ひいては税金で賄われている役所のコストをわずかながらとは言え、増加させてしまっているのです。
分納が終わったか、終わっていないかを認識しておく一番の責任者は質問者様なんですよ。
支払わなければ延滞税がついていくのは当たり前の事、分納という譲歩を相手にさせたのに守らなかったのですから、ペナルティの意味もつくのは当然です。相手には、督促しなければいけない義務はないのです。

交渉の余地があるとすれば、質問者様は既に完納したと認識していたため、督促が来なくても不思議にも思わなかった、というケースでしょうね。
ただ、その場合でも、かなり難しいと思います。
質問者様側にも、領収書とか総額を納めたと思って当然の資料ってないでしょうから、「この書類を見たら完納したって考えていても不思議はないじゃないか!」と主張する根拠はないわけです。
もし、その主張ができそうな何かがあるのならば、交渉してみるのもありでしょうし、法テラスなどで相談をなさってみるのもありだと思います。

役所の人間ではありませんが、仕事で役所からの税金滞納による差し押さえを取り扱った事があります。
質問者様側のお気持ちは分らないでもありませんが、客観的に通るかというと難しいと思います。

>未納のお知らせが届き、分納した記憶があります
すべて納めきったのでしょうか?
納めていなかったのに、「督促してくれば払ったのに」とは、第三者が聞くと言い訳にしか聞こえません。
転居先を追いかけるという余計な手間をかけさせておいて、「税金を踏み倒そうとかおもっているわけではありません」「...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q納付と納入の違いは?

地方税法を読んでいたところ、「納付」と「納入」という言葉が出てきました。一般的には、ほぼ同じ意味で使用している言葉だと思いますし、国語辞典で「納付」を調べても、「納入」との違いがはっきり記載してありませんでした。2つの言葉の使い分けを教えてください。

Aベストアンサー

地方税法上では「納付」とは「本来の納付義務者が納める場合」に、「納入」は「特別徴収義務者が納める場合」にと使い分けられています。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.wel.ne.jp/staff/kaigo/2000/08/kaigo2436.htm

Q返済催告状を無視し放置したらどうなりますか?

現在、同棲している彼氏に借金があることが発覚しました。
某消費者金融から50万(利息込)ほど平成15年2月に借入れてます。
昨日、一括返済催告状というものが届き発覚したわけですが、
今回の通知で支払わなければ、「法的手段による解決を検討する」と書かれてありました。
彼は払う意思がないと言っています。
このまま何もしないで放置していたらどうなるのでしょうか?
法的手段とは具体的にどのようなものなのでしょうか?
詳しい方教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最後に返済したのはいつでしょうか?
もし平成15年2月から支払っていないのであれば、平成20年2月には時効が成立しますので、請求金額のうち元金が高額(40万以上)の場合は裁判を起こしてくるかもしれません。
また業者が送ってくる催告状は不穏な文章が多く債務者を不安にさせがちですが、大手のサラ金ならばなかなか裁判をおこさないですよ。
サラ金は延滞してから3ヶ月くらいは電話が頻繁にかかってきたり、手紙による督促が多いです。
手紙の文言は最初は「支払いをお忘れではないでしょうか」など穏健な内容ですが、日数がすぎるにつれ「法的手続きをとります」などと不穏なものに変わりますが、これを放置していると次第に督促の回数が減っていきます。
これは債権が支店から本店の債権管理部に移行したことを概ね意味します。
そうすると本店の債権管理部は抱える案件が膨大ですので自然と一軒一軒にかかわる密度が薄くなるためと思われます。
そうすると次の督促は半年後だったりという感じですかね。
しかし、借りている金融会社が小規模だったりすると放置するのは止めたほうがいいと思います。
いずれにせよ返せるのであれば業者と話し合って、返せる額だけでも返していったほうがいいのは言うまでもありません。
少々長くなりましたが、業者が送ってくるただの催告状ならば督促さえ気にしないのであれば無視しても大きな問題にはならないと思います。
内容証明郵便などで督促された場合は業者も本気になってきていますので放置は危険かなと思います。

最後に返済したのはいつでしょうか?
もし平成15年2月から支払っていないのであれば、平成20年2月には時効が成立しますので、請求金額のうち元金が高額(40万以上)の場合は裁判を起こしてくるかもしれません。
また業者が送ってくる催告状は不穏な文章が多く債務者を不安にさせがちですが、大手のサラ金ならばなかなか裁判をおこさないですよ。
サラ金は延滞してから3ヶ月くらいは電話が頻繁にかかってきたり、手紙による督促が多いです。
手紙の文言は最初は「支払いをお忘れではないでしょうか」...続きを読む

Q参加差押 と差押の違い

「登記事項要約書」の甲区の中で、「差押」と「参加差押」とが併記されています。この二つの言葉の意味の相違をお教えくださいませ。
また、同一債権者による「参加差押」が異なる日付で二行あります。このようになる一般的な経過も知りたく存じます。
宜しくお願い申上げます

Aベストアンサー

【差押】
督促状を受けた滞納者が、督促状を発送した日から10日を経過した日までにその税金が完納されない場合は、徴税吏員は滞納者の財産(土地家屋などの不動産、動産、電話加入権、預金などの債権)を差押しなければならないというのが、税法上の原則になっています。差押を受けると、滞納者は、その財産を法律上または事実上処分できなくなります。差押した財産は、原則として公売により売却するか、取立をしてその代金を滞納税金などに配当することになります。

【参加差押】
滞納者の一定の財産について滞納処分による差押がされている場合に限ってされる手続きで、交付要求の一種です。一定の財産とは、動産・有価証券、不動産、船舶・航空機、自動車・建設機械、電話加入権です。参加差押の効力は先行の滞納処分手続きから配当を受けうることですが、その強制換価手続きが解除または取り消されたときは、参加差押をしたときにさかのぼって差押としての効力を発生します。
・・・・・・・以上は、福岡市中央区役所納税課ホームページからの(下記のリンクです)コピーです。要するに2番目に差し押さえる時は参加差押という事のように思えます。

参考URL:http://www.city.fukuoka.jp/contents/7d34bbf200/7d34bbf20022.htm#SEC27

【差押】
督促状を受けた滞納者が、督促状を発送した日から10日を経過した日までにその税金が完納されない場合は、徴税吏員は滞納者の財産(土地家屋などの不動産、動産、電話加入権、預金などの債権)を差押しなければならないというのが、税法上の原則になっています。差押を受けると、滞納者は、その財産を法律上または事実上処分できなくなります。差押した財産は、原則として公売により売却するか、取立をしてその代金を滞納税金などに配当することになります。

【参加差押】
滞納者の一定の財産について...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング