「教えて!ピックアップ」リリース!

月は、常に同じ面を地球に向けてますが、これは、何かの力の釣り合いで、同じ面だけを地球に向けてるのですか?それとも、これは、今の時代だけで、何億年も前は、月の裏側も見せてて、今後も、少しづつずれて、いずれは裏を見せるのですか?

A 回答 (11件中1~10件)

潮汐ロックについてですが、月や地球の岩石も潮汐力によって変形するので、潮汐ロックがかかることが起こりえます。

惑星の周囲を回っている衛星で自転周期がわかっているもののほとんどが、潮汐ロックによって公転周期と自転周期が一致しています。
 ついでに、月はいつも全く同じ面を地球に向けているのかというとそうではなく秤(ひょう)動という現象によって裏側の一部分も見ることができます。
参考(国立天文台ひょう動):https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C7E9C6B0.h …
これ以外の場所は永遠に見ることはできないでしょう。
    • good
    • 0

No.9 です。

全部に答えていませんでしたね。

>これは、今の時代だけで、何億年も前は、月の裏側も見せてて、今後も、少しづつずれて、いずれは裏を見せるのですか?

出来た当初は、不安定に「月もランダムに自転する」状態だったと思いますが、やがて #9 に書いたような『遠心力によって「重さが偏っている方向」を外側にして回転する』状態に落ち着いて行きました。その方がエネルギー的に安定なので。

従って、特に外乱がない限りは、この状態が安定なのでずっと続くのでしょうね。
ただし、月と地球との距離は「楕円軌道」で一定ではなく、また地球の「潮汐運動の摩擦力」によって徐々に「地球の自転、『地球と月の重心』の周りの回転運動」にブレーキがかかっているので、地球と月の運動も徐々に変化していきます。その場合にも、「月が裏を見せる」には「何らかの力やエネルギーが加わる」必要があるので、可能性は小さいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一面だけを見せるような力が働いてて安定してるんですね。

お礼日時:2022/12/15 17:34

「月は地球の周りを回っている」


と言いますが、正確には
「地球も月も、『地球と月の重心』の周りを回っている」
のです。
そして、「地球も月も、その『重心』が『地球と月の重心』の周りを回っている」
なのです。

従って、地球も月も、その重心と重量分布が偏っていれば、遠心力によって「重さが偏っている方向」を外側にして回転することになります。
月は「固体」なので、偏りがあると常に同じ面を向けることになります。
地球は「海」という液体があって海水の移動で「重心位置」が変わるので、「固体」の地球本体が回転することが可能です。このために「潮の満ち干」が発生します。

#7 さんのおっしゃる「潮汐ロック」とは、地球は潮汐があるので自由に自転できるが、月は「潮汐がないので自転がロックされ常に同じ面を向ける」という意味なのでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/12/15 17:34

異星人が作った人工衛星だから、有り得ない事だらけなのね。



中は空洞だしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/12/15 17:29

「潮汐ロック」と言う現象です。


潮汐ロックに於いては私が書いてもイイですが、間違った事を書いてもダメなので御自分で
調べて下さい。
潮汐ロックは地球と月との関係だけではなく、この宇宙には沢山有ります。
月の裏側が見えるかに於いては、年間約3.8cmずつ地球から離れて行っていますので
何れ徐々に見える面が動くでしょうから、現在の月の裏側全体が見えるまでには至らない
としても、見えて居なかった所が見える様になるでしょうね。
ただ、月は離れて行くが再び地球の重力に引き寄せられ50億年後には地球と衝突すると
言われて居ますが、50億年後は太陽も終焉を迎えるのでどうなるかは判りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。離れてから再び近づくんですね。

お礼日時:2022/12/15 17:31

NASaは月面の裏側も周回して探査していますが月人は住んでいなかったようです。



NASaが公開した月の裏側の写真です。
「月は常に同じ面を地球に向けている。」の回答画像6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/12/15 17:31

もともとは月は独自の自転をしていました。

ですから裏は見えていたんです。ところが地球重力の影響で何億年かかけて同じ面をむけるようになりました。いわば重力のつり合いといえるでしょうね。

このような現象は太陽と水星との関係でもみられます。水星は同じ面を太陽に向けていますので灼熱の地獄ですが、裏側は極寒の世界です。

月の公転と自転はどうして一致するの?
https://www.kodomonokagaku.com/read/hatena/5193/
「月は常に同じ面を地球に向けている。」の回答画像5
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一面だけを見せるような力が働いてるんですね。

お礼日時:2022/12/15 17:27

重力の釣り合いです。


月は地球に向いてる面のほうが少し重いので、その面の方が地球に強く引きつけられ、地球を向くのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。一面だけを見せる力が働いてるんですね。

お礼日時:2022/12/15 17:25

月自身が回転する、月の自転周期と、月が地球の周りを回る公転周期がほぼ等しく、約27.32日だからです。


https://moonstation.jp/faq-items/f204
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2022/12/15 17:26

月は地球の周りを約27日で一周しています。

これを月の公転運動といいます。一方、月は自分でまわる自転(運動)もしてこれも27日で一周します。
つまり公転運動と自転運動の周期が同じだから地球には同じ面しか見えないのです。
地球と月は46億年前にできていますが、月と地球の関係は変わらないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング