最新閲覧日:

11月の初旬にオーストラリアに行く予定です。そこで初めてエアーズロック
登山に挑戦することになったのですが、やはりかなりきつい登山になりますでしょうか?
たしか、鎖か何かをつたいながら登ると聞きました。急な斜面なのでしょうか?
あと、降りるときも、やはり結構怖かったりするんでしょうか??
風の強さや気候、コレは用意しておいたほうがいい!といった情報も
ありましたらよろしくお願いします。

A 回答 (10件)

はっきり言って、高所恐怖症の方にはかなりきついと思います。

幅1メートルから2メートルもない尾根を登るところがかなりありますから、その幅からはずれれば終わりです。実際に転落死した方の名前が刻んである(慰霊碑とでも言いましょうか)もありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は幸い高所恐怖症ではないのですが、足を踏み外さないように
気をつけます。落ちないように。死なないように。
慰霊碑に名前を刻まれないように。。。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/11 14:24

こんにちわ。

私は、昨年の10月に登りました。
全部で1時間弱で往復できたと思いますが、
印象的だったのが、外国人の女性がミュールで彼氏らしき
人と登っていて、途中で足が痛くてか?泣いていました。
スニーカーで臨んだほうが・・(^^;)
私の友達の一人は、一合目で断念しました。
一合目までがきついです。ニ合目からは、そんなに急ではありませんが、鎖がなく、強風に飛ばされそうになりました。
また、カメラ等手にもって登っていた人がいて、
途中でカメラがガラガラガラ・・・と砕けながら転げ落ちている様を目撃してしまったので、(高そうなカメラでした・・)ウエストポーチ等で、荷物は最小限にするのがよいと思います。
私は、ウインドブレーカーを着ていっていたので、そのポケットに殆ど入れてしまいました。
明け方から上るので、寒いですが、(ホットティー・コーヒーが配られていた)下るころには、嘘のように暑くなります。朝が寒く、昼は恐ろしい日差しで、夜もすごく寒い(気温差が激しい)ので本当にウインドブレーカーが役にたちましたよ。お勧めです(^^)V

下るときは、上からみると「本当にここを下るの~げ!!」と思っていましたが、なんでか?余裕でした。
小走りするくらいに・・

日中は、ハエがうじゃうじゃいます。
前の人の背中にびっしりといった感じでしたが、
ハエがより寄ってくるのは、黒い服を着た人、黒い帽子、
そして女性の化粧とか香水のニオイに寄ってくるそうです。ご参考まで。
とても感動的なのは、間違いないですよ。
気をつけていってらっしゃい!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミュールで登山(登岩?)なんて無謀なことをする人が
いるんですね。
ハエ・・・やっぱりいるんですか・・・・
黒いアイテム・匂いは厳禁って事ですね。ありがとうございます。
私も皆さんのように感動を味わいたいので頑張ってきます。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/11 14:21

(No.6で回答した者です)


ペットボトルですが、バッグの中に入れておくと何かと取り出しに不便です。
私はペットボトルケースを肩からクロスしてかけていたのでとても便利でした。

最近は子供に飲料水を与えるための、ママさん用ペットボトルケースが子供服売場で売られています。
(全国的でなかったらごめんなさい)

結構かわいいデザインがあるのでぜひのぞいてみてください(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両手は空いていたほうが何かと便利そうですね。
肩からかけるケースも探してみたいと思います。
何度もありがとうございました!

お礼日時:2001/09/11 14:17

私も3年前の11月初旬に登りました。

友達で二人ほど登った人がいたのでいろいろと話しを聞いて行きました。「しんどいで~」とおどかされていて覚悟していたからか、<思っていた程>しんどくはなかったです。

前半の登り初めがかなり急な斜面で鎖をつたいながら登りました。
ちょっとバランスを崩したら転げ落ちそうな気がして、しっかり鎖を握りしめていました。みんな疲れたら斜面ですわって休憩したりしていたので、自分のペースで登れば良いと思います。私もたくさん休憩しながら登りました。(その横を元気なおじいさん・おばあさんがハイペースで登っていて抜かされてびっくりしましたが(^_^;))あとは水をたくさん飲まないといけないといわれました。ペットボトルは必ず持参して下さい。私は喉はあまり渇かなかったのですが意識的に飲むように心がけました。暑さは風があったのでさほど厳しく感じませんでした。

ツアーだと制限時間があると思いますが、まあ普通に登っていれば大丈夫だと思います。景色もよく眺めは雄大で最高です。体験して良かったと思います。ぜひ頑張って登って下さい!(あ、余談ですが登頂前の女子トイレすごく混んでましたので早めに済ませたほうが良いですよ。ティッシュは持って行って下さいね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんに頂いた回答を拝見していると、私が想像していたよりは
きつくなさそうなのですが、私は天下一品の(?)運動音痴なため、
かなり心配なのです。「バランスを崩したら転げ落ちそう」なんて
怖いですね・・・私も鎖にしがみついて行こうと思います。

トイレに関するアドバイス、コレはホントに経験されたかたならではの
回答ですね♪ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/11 14:15

私は1月に登りました。

(女性です)
季節は夏でしたので参考になるかと思い書かせてもらいます。

必要な物は、「軍手」と「水」と「滑りづらい靴」の3つです。
たぶん午前中の早い時間に登山されると思うのですが、ちょうど登頂する側は太陽の影になり、夏といっても思ったほど暑くはありませんでした。

帽子は、あまり暑くないということと、風でとばされることもあるので、あまり持っていくことはおすすめしません。
(ガイドの人も必要無しと言ってました)
ハエよけのネットは、登山中にはほとんどいませんでしたので必要ないかと思います。
ただ“オルガ”に行かれる時は必要です。そちらにはメチャクチャいます。

最初の斜面は鎖に頼って登りました。
他の方が書かれているように、鎖部分が終わってからが結構長いです。
でも、最終地点にたどり着いた時の、あのパノラマ忘れられません。感動でした!

私はかなりの運動音痴でしたので、休み休み登りましたが、十分ツアーの集合時間に間に合いました。
中年のご夫婦もちゃんと登れていました。

ぜひがんばって感動を味わってきてくださいね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もかなりの運動音痴で、すごーく不安です。
でも写真でみるだけでもすばらしいあの景色を、一生に一度でいいから
直接見てみたい!と思いまして今回チャレンジすることになりました。
無理をせず、休み休み頑張ります。
回答ありがとうございました!!

お礼日時:2001/09/11 14:07

再び登場です。


お礼拝見しました。
塩は汗をかくので、ミネラルの補給のためです。
私たちは一応、日本からアルミ箔に包んで持ち出したの
ですが、税関で怪しまれました(笑)。
スポーツドリンクの方が、塩と水よりいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ミネラル補給ですね。なるほど。
確かにアルミ箔+塩はかなりあやしい・・・ (^^)
スポーツドリンクもいいですが、トイレが近くなりそうですね。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/11 14:04

鎖はほんと期待しないほうがいいです。


最初にちょこっとあるだけですから。

とっても傾斜のきついところを鎖なしで登ったり、
かけおりたりしましたし、
途中で一度座って休憩しました。

やはり水は必須ですね。
それにしても11月ですか。
暑そうですね。
私は8月で寒い思いをしましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鎖はずっとあるわけではないんですね。
不安だけど頑張ります。
でも自分のペースで休憩すればなんとかなるかな??
水分はきっちり取りたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/11 14:02

MiJunです。


>また登れるようになったんですね。
http://www.arukikata.co.jp/news/tokuhain/c1139.h …
さらに、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?

http://www.arukikata.co.jp/community/msgKO20647. …
(エアーズロックの情報を教えてください。)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~toshiz/homepage/ayer …
(エアーズロック)
http://www.wave.au.com/australia/ayers-rock/defa …
(Ayear Rock)

ご参考まで。

Have a nice trip!

参考URL:http://www.arukikata.co.jp/news/tokuhain/c1141.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます!
「地球の歩き方」は気ががつきませんでした。
こちらも参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/11 14:00

きついというほどでもありません。

でも、途中で挫折している人もけっこういましたけど。鎖があるのは全行程の半分くらいです。4割くらいかも。鎖がなくなった時点で、「もうそろそろだ」と気を抜くと残りがきついですよ。私が行ったのは10年近く前ですので、多少の違いはあるかもしれません。必須アイテムは鎖をつかむ時の軍手です。手のひらに滑り止めがついていればなお良い。これがあるとないとで、ぜんぜん違うと思います。あと、私は必要なかったけど、前に登ったことがある人に聞いたら、ハエよけネットと塩って言っていました。ハエよけシートは現地で売っているそうです。それから飲料水と日焼け止め、ぼうしなんかも必須アイテムですね。
エアーズロック、アボリジニの人の反対で、私が登った直後に登れなくなってしまったと聞いたのですが、また登れるようになったんですね。
またエアーズロック行きたいな。一ヶ月くらいゆっくりして、毎日ボーっとエアーズロック眺めていたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
滑り止め着きの軍手!持ち物の中に「軍手」があったのですが、
滑り止めつきのほうがいいですね!ありがとうございます。
あと・・・「ハエよけネット」はわかりますが、「塩」っていうのは
何に使うのでしょうか??汗をかくので塩分補給?それとも他に
用途はあるのでしょうか??すみません無知で。
よろしければアドバイスお願いします。

お礼日時:2001/09/09 20:41

TOPページで「エアーズロック」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。



ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
一応事前に検索は実行していたのですが、イマイチ知りたい情報が
無かったものですから。。。
でも参考にはなりました。

お礼日時:2001/09/09 20:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報