プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

双頭の鷲は、古くはローマ帝国の国章とされ、ヨーロッパを中心として関連した帝国、王国、貴族、都市、教会などで使用されていました。
現在残っている国は、ユダヤ官僚に支配されていたり、ユダヤに抵抗している国ではないでしょうか?

アメリカの国章である「鷲」の裏側には、フリーメーソンの監視の目が描かれています。
今、米国を私怨のために動かしているのはウクライナ系ユダヤ官僚です。

東ローマ帝国滅亡後は、皇帝家の皇女を妃に迎えたロシアが東ローマの後継者を自任し皇帝を名乗っています。
その後、ロシア革命が起き、ユダヤによって皇帝一家が虐殺。社会主義ソ連にされています。

第二次世界大戦後、ドイツの双頭の鷲は皇帝の象徴として国章から削除されています。

「ユダヤは、ローマ帝国の「双頭の鷲」の紋章」の質問画像

A 回答 (2件)

ロスチャイルド家は


出てきませんか?
    • good
    • 1

貴重な意見として承り、


今夜の検討課題と致します。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング