凄くどうでもいい質問なのですが。

前に『ガラスの原料は沢山あるので、なくならない』
と聞いたことがあります。

そこで疑問に思ったのですが、鉄などの鉱物は
使い尽くしてなくなることは無いのでしょうか。
あるとしたら、どの鉱物が無くなる危険が高いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

石炭や石油、天然ガスなど、原子配列が複雑で、その複雑性を解放することでエネルギーを取り出す鉱物に関しては、有限というのが適切でしょう。


また、ウランのように、やはり原子炉の中で核分裂を起こさせ、原子そのものが崩壊してしまう鉱物も有限といえるでしょう。
一方、鉄や、金、銀、銅、水銀、亜鉛、チタン、ゲルマニウム…およそあらゆる金属や、シリコンなど、化合物から抽出してずばり単体を有効に活用するタイプのものは、原子がなくなることはないわけですから、(リサイクルまで考えた)広い意味でなくなる危険は(わざと無理やり核融合や核分裂を起こさない限り)ありません。もちろん、ハフニウムだとか、レアメタルの類は埋蔵量が少なく、用途に見合うだけ存在しないから、やっぱり資源としては尽きてしまう…といった状況にはなりえますが。

さて、そういった厳密な話とは別に、質問でおっしゃられていたガラスですが、多少乱暴な言い方をすると、ガラスは岩石をちと整えてやったらできます。つまり、岩石(地殻)がなくなるまで掘りつくせばなくなるなんてこともありえるでしょうが、…無理ですよね。
    • good
    • 1

 「クラーク数」を参照してみて下さい。


 存在比率の大きな元素は、資源的には問題ありません。
 GaAs(砒化ガリウム)とか存在比率の少ない元素を使ったLSIなどは、そのうち、行き詰まるのではないかと思います。

 宇宙に存在する重元素は、以下で作られるとされています。
 (1)恒星の中心部で核融合して生産されるが、その行き着く最後が鉄。従って、鉄は多い。
 (2)鉄より重い元素は、超新星爆発時に出来る。従って、存在比率は小さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9% …
    • good
    • 0

ガラス=珪素類も沢山ありますが、鉄も沢山あります。

地球の中心部に重さで中央に集まった金属類のほとんどが鉄らしいですその一部が地殻変動などで地上付近に露呈しているのを集めて精錬して鉄をつくります。砂漠や土などが赤いのもほとんどが鉄分の(赤錆)です。地球から持ち出さなければ、大量に使ってもいずれは土にかえると数万年のサイクル?で戻ってくるまで不足しないぐらい鉄の在庫はあります。

でも鉄を潤沢に精錬するほど地球上にはエネルギーがありませんので、大切に使いましょう。(リサイクルはエネルギーを精錬よりは使いません、捨てなければまったくエネルギーをつかいません。)

参考URL:http://www.gfd-dennou.org/arch/gfdsemi/2002-03-2 …
    • good
    • 0

鉄はリサイクルも有るし、鉄鉱石がなくなる様では地球そのものが危ういよ。


あまり使い物にはならないけど「砂鉄」って言うの有るしね。

その後の質問は↓行った方が詳しいよ。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/Rmin.html

↓も

参考URL:http://www.jogmec.go.jp/metal/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q混合比の計算方法(比重調整)

・動粘度0.65cs(比重0.760)
・動粘度1cs(比重0.818)
の2種類のシリコーンオイル(信越シリコーン)を混合させて、比重を0.798にしたいのですが、
混合比の計算方法が分かりません。

教えてください。

Aベストアンサー

2種類のシリコーンオイルを混合した場合に、「その合計の体積が個々の体積の和になる」というのであれば、下記の方法で計算できます。
しかし、そうなるという保証はありませんので、混ぜてみたら少し違ったということもあると思います。

一応、計算してみます。
比重0.760のものをx(g)、比重0.818のものをy(g)混ぜたとすると、その合計はx+y (g)になり、その体積の合計は(x/0.760)+(y/0.818) (mL)です。
したがって、その比重を0.798にしたいのであれば、
(x+y)/{(x/0.760)+(y/0.818) }=0.798
を解けば良いことになります。すなわち、
{1-(0.798/0.818)}y={(0.798/0.760)-1}x
となりますので、
0.02445y=0.05x
y=2.00445x

すなわち、xの1.00(g)に対して、yを2.00(g)を混ぜれば良いことになります。
ただし、繰り返しますが、混合物の体積が個々のシリコーンオイルの体積の合計になる保証はありませんので、計算とは異なる結果になる可能性もあります。

2種類のシリコーンオイルを混合した場合に、「その合計の体積が個々の体積の和になる」というのであれば、下記の方法で計算できます。
しかし、そうなるという保証はありませんので、混ぜてみたら少し違ったということもあると思います。

一応、計算してみます。
比重0.760のものをx(g)、比重0.818のものをy(g)混ぜたとすると、その合計はx+y (g)になり、その体積の合計は(x/0.760)+(y/0.818) (mL)です。
したがって、その比重を0.798にしたいのであれば、
(x+y)/{(x/0.760)+(y/0.818) }=0.798
を解けば...続きを読む

Q更新世の年代は?二百万年前から一・二万年前までとは①12000万年前までか、②一から二万年前の事か

今週1月27日号の週刊文春の記事(p75)に、【更新世と呼ばれる二百万年前から一・二万年前までの氷河時代には、日本列島は大陸とほぼ地続きでした】という記述があります。一・二万年前という表記は、①一点二万年つまり12000年前という意味か②一万か二万年前という意味でしょうか?氷河時代の終末が、万単位のアバウトなものなのか、千年単位で示されうるものか、門外漢の私には知識がありません。表記的には、「一点二万年前」と読むのが順当かと思います。
実は、この記事全体を音声訳しなければならないのですが、「イチ点ニ万年前」と読む場合と、「一、二万年前」と読むのは、意味が違ってきますので、困っています。日曜日までに読み上げ、月曜にはサピエという視覚障碍者等の利用するwebにアップしなければならないので、日曜日22日までのうちにご回答いただけたら幸いです。お願いします。

Aベストアンサー

該当記事の内容は知りませんが、一般論としての「更新世」の説明は次のようになっています。
ご指摘の件は「1.2万年」でよいように思います。
(新聞や週刊誌などの縦書き文章で「一・二万年前」と書いてあれば、常識的には「1.2万年」と呼んでかまわないと思います。「一万か二万年前」ということなら「一万~二万年前」と書きます)

ジェラシアン:258万8000〜180万6000年前
カラブリアン:180万6000〜78万1000年前
中期更新世:78万1000〜12万6000年前
後期更新世:12万6000〜 (西暦2000年から数えて) 1万1700年前

Wikipedia「更新世」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B4%E6%96%B0%E4%B8%96

ちなみに、一昔前は「洪積世」と呼びましたね。

蛇足ですが、こんなところで質問するより、ご自分で信頼できる書籍やサイトを確認すべき話かと思います。
もし、間違っていても、私は一切責任はとりません。

Q底の薄いフライパンのおすすめはありますか

ガスコンロが、温度調節付きのハイテクなガスコンロなのですが、今使っている、底が厚く焼く面がデコボコのテフロンのフライパンでは、温度変化が遅くて、かえってデキが悪いのです。

そこで、底の薄い、表面が平らな、熱伝導の良いフライパンを買おうと思います。でも、安いの高いのいろいろあって、高いのを買ったほうがいいのか、安いのでも同じなのか、わかりません。
昔の鉄フライパンのほうが、料理はおいしかったような気がするので、鉄フライパンが気になっています。

鉄フライパンが良いでしょうか?手入れのラクなおすすめのメーカーはありますか?

テフロンでも底の薄い、表面の平らなフライパンてありますか?

Aベストアンサー

ちょっと高価にはなりますが、このようなフライパンはいかがですか?
うまく使うと一生モンのフライパンです。

参考URL:http://www.nisikimi.co.jp/

Q雪が降ると、寒くなくなる…って噂は本当ですか?

こんにちは。
よくスキー場などで、『今日は寒いけど、雪が降り始めたら、寒くなくなるよー。』って言う人がいますが、
これは・・・本当なんでしょうか?

雪を見て、なんとなく気分がよくなるから、
暖かくなったように感じるだけ・・・だと思うんですが。

よかったらアドバイスをください。

Aベストアンサー

生まれは東北地方日本海側です。分かる気がします。
まず夜間なら「曇っているから夜間の放射冷却が起きないため暖かくなる」という解釈があるでしょう。でも日中なら晴れた方が日光があるので間違いなく暖かくなります。

少し観点が違うかもしれませんが、たまに帰省すると気温は東京の方が高いのに「東京や上州の方が寒い」と思うときがあります。

これは要は湿度の問題なのだと思っています。太平洋側は乾燥していますから風が吹くと、非常に体感温度が低くなります。一般に体感温度は湿度15%下がると1℃下がると言われています。乾燥した寒風が皮膚の水分を持ってゆくからでしょうか?

冬の雪国はたまに晴れて湿度が下がる日もありますが、雪が降るときは曇りで湿度が高い(相対湿度100%に近い)です。そのため気温自体は非常に低いのに「寒くない」と感じるのではないでしょうか。

Qフライパンの使い方

フライパンの使い方についての質問です。

まずフライパンだけを熱し、濡れたタオルの上で冷まし、その後にホットケーキ等を焼くと上手に焼けますが、これはどういった理由からなのでしょうか。

教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

熱さないフライパンでいきなり弱火でスタートした時、
フライパンの表面に水分があると生地とフライパン表面との間に
発生した水蒸気のため隙間が出来、生地とフライパンが密着せず、
焼きムラが出来てしまいます。
(生地からも下向けにガスが発生します。)

最初にフライパンを熱すると表面にあった水分が完全に蒸発し、
その後濡れ布巾の上で冷まし適温で焼きをスタートすると
きれいな焼き色がつきます。
(ある程度温度のあるフライパンだとすぐ接触面が焼き固まり
生地から出るガスはほとんど上に逃げます。)

Q鉄の採掘調査

鉄の採掘調査って、実際はどういう方法で行われるのでしょうか?
素人考えでは、ボーリング調査でもするのかなあとおもっているのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ググって見てもみつからないので、質問させていただきました。もうしわけないのですが、答えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

・資源探査衛星で候補地を調べる
・現地調査
  地上調査
   地上で爆発をさして地下の様子をしらべる

有望なら・・・・
ボールリング調査して調べる
有望なら
試掘して調べる
採算があうならば
本格的に採掘に入ります

って感じですね 

Q価格推移を折れ線グラフ(Excel)で表したい。

エクセルで折れ線グラフを作っています。
4つの商品の価格推移を、1画面であらわしたいのですが、
それぞれの価格が桁が違うため、
安価のものは、推移が目立ちません。
Y軸の数値を固定しないで、
ビジュアル的に見せる方法はありますか?
その際、各プロット点の脇に
数値(価格)を表示させるにはどうしたらよいのでしょうか?

あるいは、作表方法のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

(1) 価格が2種類に分類できるなら、第2軸を使って見たらどうでしょうか?
 とりあえず、折れ線グラフを作って、表示されない小さいデータの折れ線を選び、右クリックで「データ系列の書式設定」→「軸」のタブ→「第2軸」とすれば、グラフの右側に第2軸が現れます。

 個々の数値を表示には同じ手順で、「データ系列の書式設定」→「データラベル」タブ→「ラベルの内容」で「値」にチェックを入れれば表示されます。

(2) 第2軸でも表示できない場合は、たとえば、最初の価格でその後の価格を割り、「初期価格に対する%」という形にすれば、どうでしょうか? すべてが、100(%)の周辺になるので、一つのグラフになると思いますが。
ただし、この際は
個々の価格はグラフに表示できませんけどね。

Q鉄について

鉄について

鉄について調べています。下記(1)(2)(3)の内容は正しいでしょうか?

(1)火山岩や隕石には自然鉄が含まれている場合があり、これは鉱物である。

(2)鉄は鉄鉱石を原料としていることが多いが、鉄鉱石に含まれているのは酸化鉄である。
 取り出した酸化鉄を還元して鉄にするので、これは鉱物とは言えない。
 (手を加えているため)

(3)つまり、鉄は鉱物であるものと、そうでないものが存在する。

また『成分としてのFeは色のついているほとんどの鉱物に含まれる。しかしこれは成分(原子)として含まれているので、金属の鉄ではない』
という文章の内容が理解できずにいます。

鉄 = Fe
なのに、Feがはいっていても鉄ではないとは、どういうことなのでしょうか。
Feの数が少ないとかですか??

原子、分子の定義も分からない私ですが、どなたかお願い致します(><)

Aベストアンサー

(1)自然鉄は鉱石です。
 しかし、空気中の酸素で酸化されるものですので、それほど
 頻繁に見られるものではないです。
(2)鉄鉱石(Fe3O4、Fe2O3)は鉱物ですが、これから
 精錬した鉄は鉱物ではありません。
 ちなみに、鉄鉱石の還元には石炭を使います。
 かつては、鉱山と炭田の近いところに製鉄所がおかれました。
(3)確かにそうですが、身の回りの鉄の99.9%以上が人間が
 精錬したものです。正しい表現ながらひっかかるものが
 あります。

Q圧力鍋で黒豆を煮る時、鉄くぎを入れても大丈夫でしょうか?

圧力鍋で黒豆を煮る時に、鉄くぎを入れても大丈夫でしょうか?
圧力鍋が傷ついたり、故障したりしないか心配なのですが・・・。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

経験者です。

私の場合、お茶パックに入れたりキッチンペーパー(紙っぽくないもの)に入れてそのまま圧力鍋を火にかけましたが問題ありませんでした。

Q鉄の磁力

鉄で作られた、鍋や、急須などは、一度溶かされているので、磁石にあまり反応しないのでしょうか?
また、製鉄所で出される純粋でない鉄も、磁石にあまり反応しないのでしょか?
回答お願いします

Aベストアンサー

磁力と磁性に関して誤解があるようです。
磁性とは、磁場によってその物質が受ける挙動で、すべての物質は反磁性・常磁性と強磁性に分類されます。(厳密にはそのどの性質が優位に現れるか)
 強磁性とは磁場に置かれると自身が磁石になって磁石に強く引き寄せられる性質です。

 一方、磁力とはその物質が磁場を変化させることが出来る力を持ち続けること--と考えればよいでしょう。たとえ強磁性でも磁石を取り除けば磁力を失う場合と、そのまま保持し続ける場合があります。こちらがキュリー温度

「磁石に反応」と言う意味がわかりません。鉄自身の磁性は音頭に関わらず、強磁性ですがそれ自身が磁力を持ち続けるか否かは、温度や結晶構造、他の元素と結びついている場合は、その相手との結びつき方で変わります。

「製鉄所で出される純粋でない鉄」の意味不明ですが、ネオジム磁石を含めて多くの永久磁石は鉄との合金で、純粋な鉄ではありません。鉄と炭素の合金である鋼も炭素の含有量が少ない軟鉄や純鉄は磁石にはなりませんが強磁性体です。しかし、鉄の酸化物である酸化鉄(III)のα相は反磁性で磁石を近づけると反発しますが、γ相のものは常磁性を示します。

 鉄の鋳物--鋳鉄--は炭素の含有量が多く、フェライト構造を持つため磁石になりますが、炭素の含有量の少ない鉄は、組成と熱処理によって磁石にならない、反磁性のオーステナイト構造をとる場合もあります。

 まあ、身近な鉄製品で色々試すのが一番ですが、鉄と磁性や磁力は対辺難しくて、その専門の分野に進まない限りは大学でも学びません。
★磁性 ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%81%E6%80%A7 )
★酸化鉄 ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%89%84 )
★鉄 ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84 )
★鋼 ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%BC )
などと、それぞれのリンク先

磁力と磁性に関して誤解があるようです。
磁性とは、磁場によってその物質が受ける挙動で、すべての物質は反磁性・常磁性と強磁性に分類されます。(厳密にはそのどの性質が優位に現れるか)
 強磁性とは磁場に置かれると自身が磁石になって磁石に強く引き寄せられる性質です。

 一方、磁力とはその物質が磁場を変化させることが出来る力を持ち続けること--と考えればよいでしょう。たとえ強磁性でも磁石を取り除けば磁力を失う場合と、そのまま保持し続ける場合があります。こちらがキュリー温度

「磁石に反応...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報