先ほど間違えた質問をしてしまいました。すみません。聞きたかったのは、以下です。
訴訟用語だとおもうのですが、訴えの主観的追加的併合の意味を教えてください。あまり難しい専門用語では分からないと思うので簡単に教えていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

継続中の訴訟にもう一人又は数人原告に加わることです。

私も「主観的」という言葉はおかしいと思っていました。訴訟の主体のことを主観的と云っているようです。「訴えの主体の追加的変更」というものだと考えていいと思います。
「訴えの客観的併合」に対応してこう呼んだのでしょう。客観的併合の方は簡単に言えば、途中で別の請求を追加することです。
「追加的」というのは継続中の訴訟に後から加わるからです。
「変更」というのは前の訴訟の当事者の数が増えるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!いつも助けて頂きありがとうございます。日本語の意味本来の使い方と違うから、用語で違和感を覚えることが多いです^^;置き換えて説明していただけて納得できました!ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/14 02:56

失礼しました


「併合」を「変更」と書き間違えました。
訂正させていただきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語における対義語・類義語

英語について,対義語や類義語はどのようなものが挙げられますか。以下は例です。
【対義語】hard⇔soft,easy【類義語】difficult≒hard≒tough

Aベストアンサー

日本語に訳してから対義語を考えるとおかしくなる。
そんなアホな事はしていないですよね?w
英英辞典や、英語の対義語辞典を見るべきでしょう。

Q訴えの主観的予備的併合

訴えの主観的追加的併合と、訴えの主観的予備的併合の違いを教えてください。よろしくおねがいします。似たような質問ばかりで申し訳ありません。

Aベストアンサー

「主観的追加的併合」の方はもうOKですよね。
「主観的」→民事訴訟法では通常「人」のこと
「併合」 →複数の訴訟をまとめて一つの訴訟にすること

「予備的」というのは訴えに順序をつけることです。
たとえば、Aに責任があればBに責任がなく、Bに責任があればAに責任がないっていう場合がありますよね。本人と無権代理人の責任などです。
この場合、まず本人に対する請求をメインにして(主位請求)、それが認められない場合を考えて、サブとして(予備的請求)代理人に対して請求し、両方をまとめて一つの訴訟にしてしまうことです。

しかし、これは問題があって判例では認められていませんでした。司法試験受験レベルの問題です。
しかし便利な方法ではあるので、新民事訴訟法では、類似の「同時審判の申出がある共同訴訟」という制度が作られました。

失礼ですが「主観的予備的併合」と「被担保債権」をほとんど同時に質問なさる方のレベルと意図に大変とまどっております。

Q英語の類義語の学習法

 英語の類義語は、そのニュアンスの違いをつかむのに日本人の私たちには習得するのはなかなか難しいなと思っています。そこで皆様にご意見を伺いたいと思います。質問内容は以下の3点です。

(1)英語の類義語を勉強するときに、どんな点に注意されて勉強していますか。


(2)英語の類義語を勉強するのに、どのような資料を使いますか。(例、英英辞典、類義語辞典など)皆様が使われている辞典ないしは本を英語のものでも日本語のものでもかまいませんので、推薦していただけるものがありましたら教えてください。

(3)英語の類義語に関して皆様がご存じのサイトがありましたら教えて下さい。
  (自分で調べた範囲では、該当するものが見あたらなかったので)

 皆様からのご意見をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も会社で通訳や翻訳業務に関わっているときには、どうしてこの言葉がこの文章にふさわしいのか、よくニュアンスも加えて他の社員の方に説明してます。やっぱりニュアンスまで理解しないと、非常に不自然な英語になってしまうからとても重要な点ですね。よく外国の友人に“...ですね?”というと“?? ああ、こういうことね。”といい直されたことも何度かありました。だから“英和辞典は使えない”と思うことも何度かあります。

(1)“類義語を勉強する”という意識はないのですが、必ずしている事といえば「意味の似通った言葉をピックアップ」→「辞書に記載されている各単語の意味と例文すべてに目を通し、それぞれどんな意味合いが強い単語かを把握」→「一番近い意味の言葉で文章を作る」大体このような流れですが、必ず英英辞典でこの作業をし、必要に応じて英和辞典も加えてやってます。あと一番のポイントとして言えることは、類義語の理解度は生の英語に接しながらニュアンスを理解することと比例してることでしょうか。

(2)類語辞典の(上級レベル)"ROGET'S INTERNATIONAL THESAURUS"、(初級~中級レベル)"Longman Language Activator"、英英辞典の(中級レベル~)"AMERICAN HERITAGE Dictionary"とこれらはアメリカの大学で推奨されてたもので、卒業後もすっと使ってます。あとは英和和英+国語の電子辞書ですね。

(3)5カ国に住んでいたという帰国子女の友人から教えてもらった"babylon"を私は愛用してます。ワンクリックで一発検索といったタイプのオンライン辞書ですが、意味だけでなく各種Glossary+各言語で意味を一度に比較できる優れものです。他、色んな機能がありますのでまた試してみてください。

こんなんですが、参考にしてもらえると幸いです!

参考URL:http://www.babylon.com

こんにちは!
私も会社で通訳や翻訳業務に関わっているときには、どうしてこの言葉がこの文章にふさわしいのか、よくニュアンスも加えて他の社員の方に説明してます。やっぱりニュアンスまで理解しないと、非常に不自然な英語になってしまうからとても重要な点ですね。よく外国の友人に“...ですね?”というと“?? ああ、こういうことね。”といい直されたことも何度かありました。だから“英和辞典は使えない”と思うことも何度かあります。

(1)“類義語を勉強する”という意識はないのですが、必ずしている事...続きを読む

Q会社が訴え(少額訴訟)を提起する場合と訴訟委任状

会社が知り合いをアルバイトとして雇うという話で、20万先払いで貸しました。
その時「借用書」も書いてもらいました。

しかし、その知り合いが働かず音信不通になりました。
そこで、少額訴訟を起こす事になるかもしれません。

わたしは小額訴訟の敷金返還で強制執行で回収までやった経験があり
任されるかもしれません。

そこで、法人が訴訟の当事者となる場合、代表者(代表取締役、理事、清算人など)が
会社を代表して訴訟を行う(訴訟の提起自体は会社の代表者がしなければならない?)
との事ですが、

代表取締役は忙しいので行く時間がありません。
一般社員のわたしが一人で訴状を作成・提出し、口頭弁論から回収まで可能なのでしょうか?

訴訟委任状は訴状を作成・提出する時に簡単に作成して認められるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>一般社員のわたしが一人で訴状を作成・提出し、口頭弁論から回収まで可能なのでしょうか?

可能です。(少額訴訟であり、管轄が簡易裁判所ですから)
まず、会社がmimimi3さんを社員であることの証明書を発行します。(社員証明書)
次に、会社はmimimi3さんに訴訟を委任します。(訴訟委任状)
次に、mimimi3さんが裁判所に「代理人許可申請書」を提出します。
勿論、社員証明書と訴訟委任状は添付書類として同時に提出します。
それで裁判所の許可があれば代理人となれます。
実務では、「社員であること。」「法律知識があること「当該事件を精通していること」等が満たされていれば許可しています。
なお、強制執行は、委任状だけでよく、裁判所の許可は不要で代理人となれます。
各書類の書き方などわからなければ教えます。

Q類義語について

類義語について質問です。
中学生のいとこに質問されて返答に困っております。
Wordで、類義語辞典を使っていたときのことです。
Supperの単語をDinnerに置き換えるという操作をしました。
逆にDinnerの類義語を検索するとSupperは検索されませんでした。
いとこに「なぜ?」と聞かれなんと答えてよいか返答に困っております。
きちんとわかりやすいように説明をしてあげたいのですが、なんと答えたらよいでしょうか?
ネットでも色々検索してみましたが検索できませんでした。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

これは、この二つの単語が違う意味合いを持っているからと言う事なのです。

類語と言う事は「似た意味を持っている単語」と言う事ですね。

単語にはいろいろな意味合いを持つ事が多いですね。

その意味合いの一つを取ってその意味合いとして、あるいは似た意味合いを出せる単語は何なのかを書いてあるのが類語辞典なのです。

ですから、夕飯と言う夕方から夜遅くまでの時間に食べる食事のことをさすと言う意味合いから見ればdinnerは「違う用法だけど」使えるときがある、としているわけです。 supper=dinnerではない、と言うことを類語辞典で入っていると言うことを認識しておかないといけないと言うことなのです。 midnight snackなども、夜中近くに食べるものと言うことからsupperの類語として載せている類語辞典は多いと思いますよ

では、なぜ、dinnerの類語としてsupperがないのか、と言うことになりますね。

なぜなら、このdinnerとは実は、「時間によって分類した」日本語的食事名とは違うと言う決定的に違うフィーリングに基づいた単語だからなのです。

supper夕食は時間によって分類されたものですね。 ですから、もしdinnerがその時間にされたのであれば類語辞典に載るわけです。

しかし、dinnerと言う単語はそうではなく、かしこまった食事、昼または夜に取る一日のうちの主要な食事と言うフィーリングを出している単語名わけです。 時間によって分類されると言うこととはまったく関係ない(朝ではないですが)と言う事なのです。

よって、dinnerの類語にsupperは出にくい、と言うことになるわけです。

ただ、食事、と言う意味合いであれば、類語としては出てくるでしょうね、breakfast, lunch, meal, snack, main meal, buffetなどたくさんの単語が載ることになり、パーティーと言う意味合いでdinnerの他にないかなと思ったら類語辞典を見て、partyと言う単語があれば、なんだよ、灯台元暮らしじゃんか、とpartyと言う単語を選ぶかもしれませんし、soireeと言うちょっとしゃれたフランス語からの外来語の方が良いな、と言う判断もするかもしれませんね。

thesaurus.comと言うサイトを使ってみてください。 類語辞典としての大御所的存在の辞典を無料でネットで使えるのです。

そして、その使い方は、まず、その単語の意味合い、フィーリングですね、が書かれた部分を探すわけです。

練習です。

まず、http://thesaurus.reference.com/browse/dinnerに行く事で、dinnerの類語を探す事になりますね。

そして、パーティーと言う意味合いの単語を探していると言うことであれば、一番下のdefinitionにpartyと書いてある所を見るわけです。

そうすると、このsoireeと言う単語がありますね。 この単語のことを知らなければ、この単語をクリックしてください。 そうすると、soireeの類語が出てきますね。 そしたら、http://thesaurus.reference.com/browse/soiree につきましたね。

一番上のほうか下のほうにdictionaryと書いてあるアイコンがありますから、それをクリックすると定義・訳が書かれたページにいけますね。

そうすると、an evening party or social gathering, esp. one held for a particular purpose: a musical soiree. と言う訳が出てくるわけです。

そして、また一番上か下のほうのEncyclopediaをクリックすると、http://www.reference.com/search?q=soiree に行き、partyについてより知るようになるわけですね。

これらの事を「紙の辞書」でやろうとしたらとてもやっていけませんね。

と言うことで、supperとdinnerとは日本での英語教育ではちょっと見逃しているところがあるので、dinnerを夕食としてしまうから、なぜ、dinnerの類語にsupperがないのか?と言う疑問が生まれてしまうわけです。 supperは時間的分類に寄っての単語、dinnerはいわゆる豪華さとかかしこまり具合などの分類要因で分けた単語だと言う事がコアのちが異なわけです。 これを知っていれば、この問題は解決できたのではないでしょうか。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

これは、この二つの単語が違う意味合いを持っているからと言う事なのです。

類語と言う事は「似た意味を持っている単語」と言う事ですね。

単語にはいろいろな意味合いを持つ事が多いですね。

その意味合いの一つを取ってその意味合いとして、あるいは似た意味合いを出せる単語は何なのかを書いてあるのが類語辞典なのです。

ですから、夕飯と言う夕方から夜遅くまでの時間に食べる食事のことをさすと言う意味合いから見ればdin...続きを読む

Q訴訟の併合について

当事者が同じ訴訟の場合、別訴として提起されていても、一つの訴訟に併合されているのをよく見かけますが、あれは裁判所が職権で行っているもので、当事者が異議を申し立てても認められないものなのですか?
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

>でも訴訟が併合されると、その分争点が多くなりますから、口頭弁論の終結までにより長い時間を要する場合も多く、当事者(特に原告)にとっては不利益なこともあると思います。

 確かにそれは否定できませんが、被告の立場からすれば、応訴の負担が軽減されます。弁論の併合によって審理が不必要に長期化しないように、弁論準備手続、審理計画の策定、進行協議、弁論の制限、中間判決、一部判決などを活用するといった工夫は必要になると思います。

>裁判所にとっては、関連する事案であれば一緒にやってしまったほうが効率的なのかもしれませんけれど・・・。

 それは大きな理由かもしれませんね。

>実際併合される場合はどのような観点から併合されてるんでしょう?

 上記に挙げた点もありますが、当事者の申立(上申)がきっかけというの事も多いのではないでしょうか。原告が別訴で訴えるのは原則として自由ですが、被告が同じ場合、被告にとっては応訴の負担が大きくなります。そこで、被告が裁判所に、弁論の併合を上申するというようなことです。

Q対義語でも類義語でもある2つの言葉

学校ではっ!と思いついたのですが、
この対義語でも類義語でもある言葉はありませんか?
例えば、
   軽い⇔重い   
これは対義語ですけれど、それに加え
類義語でもある2つの言葉はあるのでしょうか?

出来れば、単語でお願いしたいんですけれど、
短い文という感じでも大丈夫です。
あと、意味もお願いします。

Aベストアンサー

 [ANo.1]の者です。
 僕は基本的に[ANo.2]さんに賛同なのですが
 [ANo.6]さんや[ANo.7]さんの回答に
「なるほどー」とおもったので
 すこし真面目に考えてみました。
 これから挙げる言葉が本当に「対義語」なのかどうかは
 テキトーなので全く自信がありませんが、
 考えかたの参考になれば幸いです。

・憚る⇔控える

「憚る」は「憎まれっ子世に憚る」にある通り
「増長する・つけ上がる」などの意味が有ります。
 一方で「慎む・控える」などの意味も有るので
 対義語であり類義語でもあると言えそうです。

・先⇔後

 これも「先」には「憚る」と同じ特性があるので
「先にやった人」と「後にやった人」では対義語ですが
「先々(さきざき)のこと」「後々(のちのち)のこと」
「先のことを考えても…」「後のことを考えても…」
 これらでは類義語になってしまいますね。

 この[憚る]や[先]の様に、もともと一つの言葉で
 対義的な意味を持ち合わせているというケースは
 まだまだ沢山あるハズなので、
 これらに類義語をみつけてきてあげれば
 お求めのパターンを作れますね。

・「逃げなくていいのか?」⇔「逃げんのか?」
「逃げんのか?」を「逃げるのか?」ととるか
「逃げぬのか?(逃げないのか?)」ととるかです。
 これらは[ANo.7]さんと同じ戦法です。

・「しなさいよ」⇔「よしなさい」
「しなさいよ」の[よ]をうしろから前に持ってくれば
「よしなさい」になる、ということはどうでもいいんですが
「よしなさい」を「止しなさい・やめなさい」と解釈すれば
 対義語ですし、「良し、なさい」と解釈すれば類義語に。
 バカ言えwってかんじですね。

・「バカ(を)言え」⇔「バカ(を)言うな」
・「ウソ(を)つけ」⇔「ウソ(を)つくな」
 ふざけろ!ふざけるな!というのもあるみたいですが。
・「とてもじゃないが」⇔「とても」
 これも対義語&類義語になりそう。
 [ANo.4]さんの「分かるような分からないような」戦法。
 うしろに「できない」などを付ければ解りやすいかな。
 このあたりはマンガの[あたしンち]から。
 あと
・「ゾッとしない」⇔「ゾッとする」
 類義語といってもすこし違いますが…。まぁいいかな。

・「気の置けない」⇔「気の置ける」
 誤用ですけど。対義語にもなるし類義語にもなる、かな。
「偽善者ぶる」とか「カマトトぶる」とかでもできますかね。
 ついでに
「せわしい・せわしない」や「危険極まる・危険極まりない」も
 アリと言えばアリでしょうが、僕としてはこれらはナシで。

 真面目に考えておもいついたのはこんなところです。

 [ANo.1]の者です。
 僕は基本的に[ANo.2]さんに賛同なのですが
 [ANo.6]さんや[ANo.7]さんの回答に
「なるほどー」とおもったので
 すこし真面目に考えてみました。
 これから挙げる言葉が本当に「対義語」なのかどうかは
 テキトーなので全く自信がありませんが、
 考えかたの参考になれば幸いです。

・憚る⇔控える

「憚る」は「憎まれっ子世に憚る」にある通り
「増長する・つけ上がる」などの意味が有ります。
 一方で「慎む・控える」などの意味も有るので
 対義語であり類義語でもあると言えそう...続きを読む

Q併合訴訟の場合の価額の算定

損害賠償の訴訟で下記のとおり、合計500万円の損害の内金として300万円を請求した場合。
 名誉毀損の慰謝料300万円
 損害額200万円

Aベストアンサー

通常の民事訴訟であれば、今まで述べた通りです。例えば、1000万円の貸金返還請求訴訟において、100万円の弁護士費用がかかった場合には、「訴訟額」は1000万円であり、弁護士費用の100万円は「訴訟額」には入りません。弁護士費用等の「訴訟費用」は、普通は「敗訴者負担」となります。「訴訟額」とは、「その訴えで得られる利益の額」を言いますので、弁護士費用等の、訴訟するためにかかった費用とは別のものです。

なお、「特許権訴訟」等の「知的財産権の訴訟」の場合には、弁護士費用を訴訟額に入れる等と言った、例外があると言う事は、私は聞いた事がありません。

Q類義語辞典(または、それに類するもの)を探しています。

類義語辞典を探しています。ただ、辞典というよりも、2つ(以上)の単語のどこがどう違い、どういう使われ方をするのか、そのニュアンスの違いを解説してくれるものを探しています。

書店で類義語辞典を探したのですが、オックスフォードやコリンズなど、あるのは単語と、それに似た意味を持つ単語をずらずらと並べているものだけでした。

「これは」と思うものをご存知の方、お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!
私が愛用している辞書があるのですが、どちらかというと実用類語辞典タイプ、中級から上級レベルでESLクラスの学生向けのものです。
"Longman Language Activator"という辞書で、易しめの単語について、これでもかとこと細かく説明がされています。非常に判りやすく、ニュアンスの意味を理解するには必ずこの辞書から探しています。見出しはよく知っている単語でも、説明を読み進めて行くうちに、侮れないなーとよく思います。どちらかと言うと、口語から日常生活まで十分使える言い回しの内容が多く、大学院といった論文作成向きの辞書ではないと思いますね。英語の基礎固めには十分な辞書と思いますよ。

>書店で類義語辞典を探したのですが、オックスフォードやコリンズなど、あるのは単語と、それに似た意味を持つ単語をずらずらと並べているものだけでした。

このようなタイプの辞書はネイティブも使用している上級レベルのものです。判らないまま使用してもいたずらに時間がすぎるものなので、このレベルの辞書でじっくり実力をつけながら、併用してゆくことをお勧めします。

以前同じような質問に答えたことがありましたので、ご参考までにURLをお知らせします。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=108920

こんにちは!
私が愛用している辞書があるのですが、どちらかというと実用類語辞典タイプ、中級から上級レベルでESLクラスの学生向けのものです。
"Longman Language Activator"という辞書で、易しめの単語について、これでもかとこと細かく説明がされています。非常に判りやすく、ニュアンスの意味を理解するには必ずこの辞書から探しています。見出しはよく知っている単語でも、説明を読み進めて行くうちに、侮れないなーとよく思います。どちらかと言うと、口語から日常生活まで十分使える言い回しの内容...続きを読む

Q訴訟の併合について教えて下さい。

AとBと言う2つの訴訟があり、Aが先にスタートしています。
裁判所より2つの訴訟を併合されました。
分からない事は以下の通りです。
(1)準備書面などAとBと別々に提出するのか?
(2)事件番号はAの訴訟の事件番号に統一されるのか?
(3)判決はAとBと別々に言い渡されるのか?
(4)Aが勝訴でBが敗訴なんてある?
(5)そもそも併合された訴訟と単独の訴訟で何が違うの?(例えば手続きとか)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)について
 準備書面・証拠申請書等の書面は常に共通のものを出します。証拠の提出も同じことです。

(2)について
 事件番号は併記されます。統一されません。

(3)について
 判決は原則として1通で言い渡されます。

(4)について
 あります。

(5)について
 手続については,同じことを2回やるのが1回で済むという訴訟経済上の利点があります。併合された訴訟では,主張は,AとBで共通になりますので,単独の場合のように,A訴訟とB訴訟で別の主張をするという,ズルを防ぐことができます。さらに大事なことは,A訴訟とB訴訟の結論の矛盾を避けることができます。


人気Q&Aランキング