家庭教師で高校生に倫理を教えています。
新しい参考書を入手したところ、以下のような一問一答がありました。
(出典:山川出版『一問一答用語問題集』)

☆問:現実から逃避し、テレビゲームの中の人間との関係に居心地のよさを感じるような人間を何というか。

★答:一・五人間

いってんご、と読むのでしょうか。いちごにんげんで好いのでしょうか。
だいたい由来はなんなのでしょうか。
新課程の教科書を持っていないせいか、さっぱりです。
語感だけなら納得ですが、なんせ由来がわからないのでよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

検索(調べ物)大好き人間です。


調べてきました。

http://64.233.187.104/search?q=cache:g4JVvRCpVB8 …


読み方は 『いってんごにんげん』 じゃないかと・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速リンク見てみました。
うーん、漢字で書くコトバじゃないですね。

それにしても探すの速いっ! どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 13:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間の睡眠時間

現代人は大体6〜7時間ぐらいが平均睡眠時間だと思いますが、大昔、例えば縄文時代や弥生時代、さらに遡って原始時代の人間たちもそれぐらい寝ていたのでしょうか?

野生の動物は種類によっては極端に睡眠時間が短いものもいます。天敵に襲われないよう、なるべく無防備な状態を避けるためという理由もあります。

人間も2.3時間ぐらいの睡眠で問題ないのではないでしょうか?

Aベストアンサー

現代人は家の中が暗ければ電気を着けて明るくするが、原始時代の人には現代人のような便利なものがないのですから、
真っ暗になったら何もできないから、太陽の動きに合わせて生活していると思います。
言い換えれば、原始人は日の出とともに起床し、日没とともに寝るのだと思います。
ですから現代人よりも睡眠時間が長いのだと思います。

Qわれわれは にんげんの前史を終えることができるか

§ 1 ヒトの定義から入ります。

 その昔 土地を囲ってここはおれのものだと宣言したと想定してみた場合 人間ということに関して前提とするべき公理に ふたつあると考えます。

  (α) 主戦論を採るヒト:奪い合い・競争としての社会交通

  (ω) 非戦論を採るヒト:ユヅリアヒ。奴隷の状態にさえ甘んじる。
        したがって競争し奪い合う交通人は 社会というヤシロ
        の神棚(お二階)に祀っておく。(国ゆづり)

 § 2 ここから《権力》が生じますが これにもふたつの型があると見ます。

  (あ) 第一次の権力関係:
       ユヅリアヒの人間どうしにおいて――ということは ごく
      ふつうに自然本性としてのヒトどうしの間においても―― 
      まなざしを相手に上からそそぐ者とそしてこれを受ける者
      とに分かれる場合。

       この場合には そのまなざしの上下関係が 互いにみと
      めあっている自生的な性格のものと
       そして一方が《アース(接地)役》を務めるかたちとなるよ
      うにそれが必ずしもよいことだとは思われない人為的・人
      工的な性格のものとがある。

  (い) 第二次の権力関係:
       第一次の《自生的な性格のもの》からにせよ《人工的な性
      格のもの》からにせよ そのまなざしの上下関係を社会制度
      として固定させようとして出来たもの。

       身分関係。さらには その身分の世襲制。 

       特には 社会を《市民スサノヲ圏と公民アマテラス圏》との
      二階建ての構造として固定する国家における身分制度としての
      社会力学的な交通関係としての構造。
       (その中で一階と二階とのあいだで流動性が保証されて 
      いる社会のあり方も 現実的ではある)。

 § 3 階級ということ

  (α)の主戦論を採るヒトが築く(い)の第二次の権力関係は 明らかに社会階級の関係として二階建てを成り立たせている。ヒトが品(クラス)ないし課税対象物として分けられ扱われる。

  (ω)の非戦論を採るヒトが築く同じく(い)の第二次の権力関係は そのような階級関係を包み込んだ二階建てに成ると捉えられる。どういうことか?
 
  言いかえると 非戦論によって服従の関係をえらんだそのことが すでにヒトの品による区分を飲んだかたちとなっている。

  ぎゃくに言えば そこで身分制が強固にかたちづくられそれを保守する社会的な圧力が加えられたとしても もともとそのような社会力学は織り込み済みである。

  ゆえに――そうとうきびしいことだけれど―― そのお二階のえらいさんよ 気の済むまでご自由におやりなさい そのあと どこかでその二階へのアマアガリについて反省し人間にお成りなさいと心のどこかで言っている。

  (α)の主戦論派にもとづく階級関係においては その新しい階級と古いのとのあいだで回転(レヲ゛リューション)が演じられる。


 § 4 世界史的存在としての《一人ひとりとしてのわたし》

 経済行為の形式ないしその社会的な制度として 資本主義は――あらゆるモノ・コトを商品として巻き込み その商品をつうじて交通するというよそよそしい形でではありながら 世界中のすべての人びとをやはり巻き込み一面ではその一様な形式による互いの交通を遠慮なく普遍的に行なわせるゆえに―― ヒトを世界史的な存在とすることとなった。

 この資本主義――第一次の勤勉と第二次のガリ勉とから成る――の世界史的な展開の中で 階級の回転が行き着くところまで行き着き(つまり もはやいくら革命をやっても堂々巡りであると分かったところまで行き着き)
 社会の神だなに祀られたお二階さんの王様ごっこがやはり行き着くところまで行き着くなら(――つまり もはや人民よユヅルことはこれ以上してくれるな われもユヅル側になってみたいわいと言い始めたなら――) (α)主戦論および(ω)非戦論それぞれの形式に別れつつ自己形成してきたホモ・サピエンスは その潜在能力を全部出し切ったと言える地点に来るのではないか?

 しかも 階級支配体制やお二階さんごっこ体制といったそれぞれの思想に真っ向から対立する民主制というかたちをすでにわれわれじんるいは採っている。

 このふるいニンゲンは ほろびる。と思われます。

 にんげんの前史を終えて後史――どんな?――に入ると見てよいのか?
 そう見るのが ふさわしいのかどうか?

 よろしくご教授ください。
 われらが《あたらしいひと》とは どういう存在か?

§ 1 ヒトの定義から入ります。

 その昔 土地を囲ってここはおれのものだと宣言したと想定してみた場合 人間ということに関して前提とするべき公理に ふたつあると考えます。

  (α) 主戦論を採るヒト:奪い合い・競争としての社会交通

  (ω) 非戦論を採るヒト:ユヅリアヒ。奴隷の状態にさえ甘んじる。
        したがって競争し奪い合う交通人は 社会というヤシロ
        の神棚(お二階)に祀っておく。(国ゆづり)

 § 2 ここから《権力》が生じますが こ...続きを読む

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。

東南アジアの貧困層の中に、優秀な企業家が多く存在していて
成功者もいて、彼らがもしかしたら世界を変えるのではないか
という結論の本を読んだことがあります。
私は、「あ、それしかない」と思いました。

日本においても、それは全く同じで、日本の中の「超貧困層」
のみが、社会を変える存在になりうると思うのです。
恵まれた環境で生きる人々には、現在が「悪い」という発想す
ら生まれないだろうと思うからです。

私の言う「超貧困層」とは、必ずしも立場ではなく、要するに
侘しい思いをしている人ということです。あるいは、社会の理
不尽を許せない人です。
ひょっとしたら、高級官僚の中にそういう人がいるかもしれま
せんし、ニートでも満足している人もいるでしょう。

最も、そういう思いが強い人たちが、私は社会の「しんがり」
と捉えています。

差別社会である日本が、変わりうるとしたら、一階に住む「侘し
き人」が賢くなり、自由になり、幸せになると、こういうことに
なると思います。

面白いのは、理想的な考えの「オヤジ」がかなりケツのほうにい
るということです。

ブラジュさんの考えとけっこう同じ部分があると思いますが、ど
んなもんでしょうか?

お礼ありがとうございます。

東南アジアの貧困層の中に、優秀な企業家が多く存在していて
成功者もいて、彼らがもしかしたら世界を変えるのではないか
という結論の本を読んだことがあります。
私は、「あ、それしかない」と思いました。

日本においても、それは全く同じで、日本の中の「超貧困層」
のみが、社会を変える存在になりうると思うのです。
恵まれた環境で生きる人々には、現在が「悪い」という発想す
ら生まれないだろうと思うからです。

私の言う「超貧困層」とは、必ずしも立場ではなく、要する...続きを読む

Q人間の睡眠時間について。

人間は基本的に8時間くらいは寝ないとダメという事を、聞いたことがあるのですが、実際に3時間や4時間と言う人がいますが、どうなっているんですか?少ない時間でも、少しでも寝れば生活や仕事に支障はでないのですか?そして、寝すぎたりするのは、健康に悪いのですか?寝すぎたらどうなるんですか?

Aベストアンサー

統計上は最も長生きする睡眠時間というものが出されていることは存じています。
ただ,各人によって異なる生活環境やストレスの度合いなどを考慮すると,一概に○時間がよいと言ってしまってよいのか確信は持てません。

私自身は通常90分~3時間睡眠という生活を長年続けています。
若い頃は2日も3日も連続して徹夜で研究室にこもっていたのですが,さすがに体力も気力も持たなくなっていますネ。
少なくとも1時間半程度は横にならないとダメなようです。

連続した睡眠時間としては先に書いたとおり,長くても3時間ですが,日中,疲れたときは数十秒~数分間目をつぶって回復を待っています。
私はこれで十分なんですが,個人差があるでしょうからネ。

寝すぎるということ(私にとっては5~6時間という睡眠時間は寝すぎにあたります)は,勿体無いという感覚なんですヨ。
一日8時間も寝るということになれば…
90歳まで生きるとして,30年も寝ていることになりますからネ。
以上kawakawaでした

Q『点数』 にんげんはねぇ 人から点数を付けられるためにこの世に生まれてきたのではないんだよ にんげ

『点数』
にんげんはねぇ
人から点数を付けられるためにこの世に生まれてきたのではないんだよ

にんげんがさき
算数は後

みつを


-----------

天の邪鬼のみなさん感想お願いします。

これに何グセ付けれる人いますか?

みんな感動した?

Aベストアンサー

1960年にSam Cookeが歌ってアメリカで大ヒットし、今でもアメリカのFMラジオを聞いていると時々流れて来る

  "Wonderful World"

と言う曲があります。

Don't know much about history (歴史なんて良く知らない)
Don't know much biology (生物学なんて良く知らない)
Don't know much about a science book (科学の本なんて良く知らない)
Don't know much about the french I took (自分がとったフランス語なんて良く知らない)
But I do know that I love you (だけど、私は貴女が好きなことは知っている)
And I know that if you love me too (そして、もし貴女も私を好きだったら)
What a wonderful world this would be (そんなことだったら、なんて素晴らしい世界なんだろう)

Don't know much about geography (地理なんて良く知らない)
Don't know much trigonometry (三角関数なんて良く知らない)
Don't know much about algebra (代数なんて良く知らない)
Don't know what a slide rule is for (計算尺の規則が何のためにあるかなんて知らない)
But I do know that one and one is two (だけど、私は1足す1が2であると知っている)
And if this one could be with you (そして、もしこのことに関して貴女と一緒だったら)
What a wonderful world this would be (そんなことだったら、なんて素晴らしい世界なんだろう)

これって、みつをさんの言っていることと良く似ていますね。でもよく考えて下さい。この歌の内容をもっと判り易く言うと、

私は、歴史も生物学も科学も地理も数学も良く知らない
だけど私は貴女とセックスしたいことだけは知っている
なんて素晴らしい世界なんだろう

ってな歌なんですね。こんな歌が大ヒットして今でも人気がありアメリカのラジオでくり返し流れているとは、アメリカ人の知的興味の程度が知れますね。セックスだけでいいじゃないか、ってんだから。せめて、セックスも教養も両方とも大好きってな国民にならなくちゃ。

こんな国に戦争で負けた国も、セックスだけの国で何が悪いって言うようになってしまうのかしら。

あと、何グセじゃなくって、難癖ね。

一見わかり易い論理って危険だから気お付けてね。

ついでに、

http://ameblo.jp/texas-no-kumagusu/entry-11516660813.html

の後半も参考にしてね。

1960年にSam Cookeが歌ってアメリカで大ヒットし、今でもアメリカのFMラジオを聞いていると時々流れて来る

  "Wonderful World"

と言う曲があります。

Don't know much about history (歴史なんて良く知らない)
Don't know much biology (生物学なんて良く知らない)
Don't know much about a science book (科学の本なんて良く知らない)
Don't know much about the french I took (自分がとったフランス語なんて良く知らない)
But I do know that I love you (だけど、私は貴女が好きなこ...続きを読む

Q睡眠の周期について(適切な睡眠時間)

人間の適切な睡眠時間は6時間1.5時間と言われていますよね。
この周期、個人差が多少なりあるようですが、その周期をなるべく正確に知る、つまり適切な睡眠時間を探すにはどうすればいいのでしょうか。

今年19の男ですが、目安としては6時間前後は取らないと、と考えていますが、自分の体に合った時間を知って、睡眠時間に合わせた生活をしたいという事で、質問させていただきます。

Aベストアンサー

質問者さんがどんなことを知りたいのかが具体的にはわからないので
ちょっとずれてしまうかもしれませんが、睡眠時間の長さを正確に知るのは難しいです、というのも身体的、精神的影響で適切な睡眠時間
というのは毎日変動してしまうんです。
ですから、睡眠時間の長さというより睡眠の周期を整えるというのが睡眠の質の向上につながります。
毎日の寝る時間を決めるというのが一番体には良いです、そうすると体のバイオリズムが一定になり良質な睡眠ができます。
できる限り時間を無駄にしたくない…のであれば、ご自分でどれくらいの睡眠が一番起きやすいかを検証するのもひとつの手ですね。
最近は高性能な目覚まし腕時計なるものが存在します。
脈拍、血圧などのバイタルサインを腕時計が感知し、自分の起きるに最も適した時間帯に起こしてくれる優れものです。
その目覚ましは起きたときの眠気なども感じないみたいですよ(笑)
お役に立てれば幸いです。

Q挑発的に振舞う人間は、賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間ですか?

こんばんは。

私の知人が、挑発的に振舞う(相手の怒りや暴力を誘うかのように、ルールを破ったり、嘘をついたり、騙したり、陥れたり、馬鹿にしたりするような)人間を肯定します。
その大略は以下の通りです。


○その行動に違法性が無ければ問題ない。違法性があっても、捕まらなければ問題ない。捕まっても、それに見合った適正な処罰を受ければ良いだけの話。

○そのような人間は、法律に守られながら、そのように振舞うことによって、(精神的または物質的に)何らかの利益を得ている訳だから、それは賢くて優れた人間、または環境によく適応した健全な人間だ。
逆に、それによって被害を被るような人間は、愚かで劣った取るに足りない人間だ。


この知人の言っていることは正しいのでしょうか?(実際、この知人は、そのように行動しているようです)

真面目に生きるのは馬鹿なの? という嫌な思いが過ぎった為、質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この知人氏の様な人は、結局は損をします。

人間、法律などと言う以前に、相手を尊重しなければ自分も尊重されないものです。尊重されない人間が、どうして賢くて優れた人間なのでしょうか、どうして環境によく適応した健全な人間なのでしょうか(この辺り価値観の違いかも知れませんが)。


歴史を繙くと、たとえば柴田勝家という人が居ます。彼は越中の国(現在の富山)の攻略を命じられた際、その守備隊(上杉家と越中の地侍)をだまし討ちにしています。
その結果、本能寺の変の際に京都へ兵を出すことが、背後を狙われているために出来ず、距離的に遙かに遠くにいた羽柴秀吉が明智光秀を討ち、天下を取り逃がしてしまいました。

結局、この世の中は人間同士で成り立っているのです。真面目すぎるのも考え物ですが、この知人氏の様な生き方も考え物です。

Q色々な動物の平均睡眠時間を教えて下さい

人間の場合、6~8時間くらいで、平均して7時間程度の睡眠時間が一般的だと思います。
(勿論、個人差はあると思いますが)


この度、ふと疑問が湧いてきたので質問させて頂きたいのですが、人間以外の色々な動物の平均睡眠時間が知りたくなりました。


しかし、人間以外の動物に目を向けると、睡眠時間の長い動物、逆に短い動物、また睡眠の取り方が変則的な動物、睡眠を全くとらない動物、一生の大半を睡眠で過ごす動物……などなど、様々な動物がいるんじゃないかなぁ、と想像しています。
勿論、動物によって寿命も違いますから、時間ではなく、一生に於ける睡眠時間の割合で比較しなければなりません。
※ 例えば、1時間しか寝ない種族がいたとして、寿命が10年程度であれば、睡眠時間の割合はだいたい人間と同じ…と云えますよね?


こうした比較の上で、色々な動物の睡眠時間にまつわるお話を聴かせ下さい。
哺乳類であるとか、両生類であるとか、昆虫であるとかにはこだわりません。
単に雑学を蓄えたいだけなので、特に急いでおりません。
よろしくお願いします。

m(_ _)m



P.S.
回答者さまの中で「私はかなり短い!」とか「私はかなり長い!」などの自信(?)をお持ちの方がいらしたら、是非お聞かせ下さい。
(仕事などでやむなく短くなっている…とか、そういうのは除いて)

ちなみに私は6時間寝ればまぁまぁ充分という感じなので、かなり普通です。

人間の場合、6~8時間くらいで、平均して7時間程度の睡眠時間が一般的だと思います。
(勿論、個人差はあると思いますが)


この度、ふと疑問が湧いてきたので質問させて頂きたいのですが、人間以外の色々な動物の平均睡眠時間が知りたくなりました。


しかし、人間以外の動物に目を向けると、睡眠時間の長い動物、逆に短い動物、また睡眠の取り方が変則的な動物、睡眠を全くとらない動物、一生の大半を睡眠で過ごす動物……などなど、様々な動物がいるんじゃないかなぁ、と想像しています。
勿論、動...続きを読む

Aベストアンサー

三度こんにちわ。
最近オーストラリアに行ってきたのでコアラの睡眠時間を聞いてきました。コアラは20時間で正しいようです。でもただ寝たがりなわけではないのです。
コアラはユーカリしか食べません。水も飲みません。でもユーカリには毒があるので食べ過ぎると死んじゃいます。だから食べる量を減らして起きる時間も減らすというように進化したそうです。そこまで努力してもユーカリだけを食べるのは他にユーカリを食べる動物が存在しないからなんです。
結構雑学ですよね。

Qにんげんの前史を終えるということ(!?)

 について あらためて問います。第三セッションです。


 まえがき・あらましは 以前と同じものを使います。
 今回は アメリカという問題に焦点をあてたいと考えています。タテマエとホンネとの使い分けを駆使する行為形式において あまりにも直線的すぎる。上から目線をもって そのことが単純すぎる。のではないか。という問いです。

 § 1 ヒトの定義から入ります。

 その昔 土地を囲ってここはおれのものだと宣言したと想定してみた場合 人間ということに関して前提とするべき公理に ふたつあると思います。

  (α) 主戦論を採るヒト:奪い合い・競争としての社会交通

  (ω) 非戦論を採るヒト:ユヅリアヒ。奴隷の状態にさえ甘んじる。
        したがって競争し奪い合う交通人は 社会というヤシロ
       の神棚(お二階)に祀っておく。(国ゆづり)

 § 2 ここ(この一面的な定義ですが)から《権力》が生じますが これにもふたつの型があると見ます。

  (あ) 第一次の権力関係:
       ユヅリアヒの人間どうしにおいて――ということは ごく
      ふつうに自然本性としてのヒトどうしの間においても―― 
      まなざしを相手に上からそそぐ者とそしてこれを受ける者
      とに分かれる場合。

       ただしこの場合には そのまなざしの上下関係は 互い
      にみとめあっている自生的な性格のものであると考えら
      れる。

       それは けっきょく人びとの仲介役・調整役を買って出る
      音頭取りとそれをささえるほかの人たちに分かれる場合。

        このときにも もしまなざしのあいだに何らかの上下関
      係が起きているとすれば これが高じると 一方が《アース
     (接地)役》を務めるかたちとなるように思われる。他方は
     ガミガミ役になりそれが固まってくるおそれがある。

      人為的・人工的な性格の人間関係が生じ得る。

  (い) 第二次の権力関係:
       第一次の《自生的な性格のもの》をおおむね離れて 《人工
      的な性格のもの》をさらに強固にししかも固定させる動きとし
      てそのまなざしの上下関係を社会制度としてかたちづくろうと
      して出来たもの。

       身分関係。その世襲制度。 

       特には 社会を《市民スサノヲと公民アマテラス》との二階
      建ての構造として固定する国家における身分制度。そこで
      は 倫理を問うことを含みつつも それをもチカラで圧倒する
      場合もあるというような社会力学的な交通として人間関係
      およびその社会構造がかたちづくられる。
       (その中で一階と二階とのあいだで自由な行き来としての
      流動性が保証されている社会のあり方も 現実的ではある)。

 § 3 階級ということ

  (α)の主戦論を採るヒトが築く(い)の第二次の権力関係は 明らかに社会階級の関係として二階建てを成り立たせている。ヒトが品(クラス)ないし課税対象物として分けられる。

  (ω)の非戦論を採るヒトが築く同じく(い)の第二次の権力関係は そのような階級関係を包み込んだ二階建て構造に成ると捉えられる。
  言いかえると 非戦論によって服従の関係をえらんだそのことが すでにヒトの品による区分を飲み込んだかたちとなっている。

  ぎゃくに言えば そこで身分制が強固にかたちづくられそれに即した圧力が加えられたとしても (ω)型のヒトにとっては もともとそのような社会力学は織り込み済みである。音頭取りの中から さらにお山の大将が出て これが常習のガミガミ役にもなるとするなら 二階建てとなりうる。ただ アマアガリしたに過ぎない。
 
 階級関係の一本から成る社会では――つまり単純に言えば 人びとはそれぞれ一人の個人が《ガミガミ役=アース役》なる成り立ちをしていて―― あたかも誰もがアマアガリをねらっている。

  ゆえに――きびしい言い方をすれば―― 階級関係を第一次の権力関係にあってその芽として織り込み済みの社会(ω)においては そのアマアガリしたお二階のえらいさんたちよ 気の済むまでご自由におやりなさい そのあと人間にお成りなさいとさえ 心のどこかで言っている。その人為性・人工性つまり非自然から自由になってくださいと。

  (α)の主戦論派にもとづく階級関係においては その新しい階級と古いのとのあいだで回転(レヲ゛リューション)が演じられる。流動性というよりは 階級がひっくり返ることがある。そして それだけではなく 誰もが《スサノヲ市民=アマテラス公民》なる人格形式をもって 互いに相手のマナザシの隙をつくような姿勢を持つ。

 マナザシの低さや弱いところを突いて おのれのマナザシをそれとしてアマアガリさせようとする。

 このアマアガリ・シンドロームにかんして いまアメリカ人がいちばんきついのではないか?
 中国人は 度を越している。ゆがんでいる。韓国人は 駄々をこねるかたちであたかもこのアマアガリをこころみている。
 
 日本人は いいとこも わるいとこも あるでしょうか。


 § 4 世界史的存在としての《一人ひとりとしてのわたし》

 経済行為の形式ないしその社会的な制度として 資本主義は――あらゆるモノ・コトを商品として巻き込み その商品をつうじて交通するというよそよそしい形でではありながら 世界中のすべての人びとをやはり巻き込み一面ではその一様な形式による互いの交通を遠慮なく普遍的に行なわせるゆえに―― ヒトを世界史的な存在とした。

 この資本主義――第一次の勤勉と第二次のガリ勉とから成ると見る――の世界史的な展開の中で 階級の回転が行き着くところまで行き着き(つまり もはやひっくり返してもそれは堂々巡りであると分かったところまで行き着き)
 社会の神だなに祀られたお二階さんの王様ごっこがやはり行き着くところまで行き着くなら(――つまり もはや人民よユヅルことはこれ以上してくれるな われもユヅル側になってみたいわいと言い始めたなら――) 
 (α)主戦論および(ω)非戦論それぞれの形式に別れつつ自己形成してきたホモ・サピエンス・サピエンスは 言ってみれば互いの諍いにかかわるその潜在能力を全部出し切ったと言える地点に来るのではないか?

 しかも 階級支配体制やお二階さんごっこ体制といったそれぞれの思想に真っ向から対立する民主制というかたちをすでに採っている。

 ここで ふるいニンゲンは ほろびる。と思われます。

 前史を終えて後史に入ると見てよいのか?
 そう見るのが ふさわしいのかどうか?

 § 3 の最後に触れたアメリカ(アメリカ人)という問題について焦点を当てると どういった評言が持たれるでしょうか? 

 ご教授ください。ケネディ大使の捕鯨はくぢらがかわいそうなる発言は 典型的なそのアマアガリ・シンドロームに罹った目線だと考えます。





 § 5 おまけとして: 《後史》がどんなヒトのどんな社会になるのか

  いまはほんとうには分かりません。たぶん《イサカイ》をむやみやたらに繰り広げることを《前史》の特徴とすれば それを止揚しそれから自由になる。でしょうか どうでしょうか。

 もうひとつ。このあたらしい時代を切り拓くのは 世界広しと言えども わが日本人こそがふさわしく その先頭を切ってあゆむのではないでしょうか。(ω)のユヅリアヒが 根付いていると思われるからです。

 宗教の弊害もしくはいわゆる一神教の弊害から わたしたちはそのふつうの生活態度において――理論じょう――すでに自由であり あとはわづかに自分たちの多神教としての〔つまり日本教としての〕じつは一神教なる性格を認識し自覚するなら 鬼に金棒 孫悟空に如意棒となること請け合いではないでしょうか。

 一神教ヰルスからの免疫をすでに半分 得ている。あとの半分をさらに得て 世界に先駆けてあゆむことが出来るし その使命を負っているのではないか。どうでしょう。

 について あらためて問います。第三セッションです。


 まえがき・あらましは 以前と同じものを使います。
 今回は アメリカという問題に焦点をあてたいと考えています。タテマエとホンネとの使い分けを駆使する行為形式において あまりにも直線的すぎる。上から目線をもって そのことが単純すぎる。のではないか。という問いです。

 § 1 ヒトの定義から入ります。

 その昔 土地を囲ってここはおれのものだと宣言したと想定してみた場合 人間ということに関して前提とするべき公理に ふたつあ...続きを読む

Aベストアンサー

アメリカさまへのご批判が所望とのことなので・・・。

アメリカさんの問題点は、
「我こそは正義」
という揺るがない自信でしょうね。
アメリカさんは、「これぞ一神教の権化」みたいなもので、自分と異なる主義主張を絶対に認めてくれない。
地域的特殊性、歴史的背景などをまったく無視し、
他国にアメリカの《正義》を一方的に押し付ける。
しかも、その《正義》が自国の利益に深く結びついているだけに、質が悪い。

話し合いは確かにしますけれども、
その圧倒的な《経済力》と《軍事力》をバックにして、すぐに恐喝するので、
交渉相手は一方的に譲歩する以外ない。
アメリカさまは、そもそも、互いに《譲り合おう》という気持ちを微塵も持ち合わせていない。

まぁ、それだけならば、まだいいのですけれど、
やっている途中でコロコロと変心するし、
うまくいかないと、他国に干渉すべきではないというモンロー主義の動きが国内で起こりだし、
喧嘩をみずから売っておきながら、あるいは、他人に喧嘩をけしかけておきながら、
「正義(民主化や人権、自由などなど)は教えた。あとは皆さんヨロシク」とそそくさと逃げだす。あまりに無責任過ぎる。
基本、
ダブル・スタンダートだし、ご都合主義だし、途中でハシゴを外すようなマネをよくするし、ホント、ホント・・・。

しかも、
「我こそは正義」と信じて疑っていないから、
ヨソサマがいかなる事態になろうとも、途端の苦しみを味わっていようが、良心は傷まない。
そして、自分たちが、実は、ヨソサマから快く思われていないことに、まったく、気づかない。
すこしでも反米的な動きが起こると、
「オレたち、何も悪いことをしていないのに、何でオレたちは嫌われているのだろうか? 不思議だ」
としきりに首を傾げる。
───この世でひとりアマテラス界の市民であるアメリカさまは絶対に過ちをおかさないのだ!!───

一階に住む人々、国々にどれだけ迷惑をかけていることか・・・。
能天気といおうか、おバカといおうか、お目出たいと言うべきか、ふぅ~っ!!
ホントKYだもんな~。

ご主人アメリカさまの忠犬、ポチである日本とイギリスは、ご主人様のご意向に面と向かって逆らうワケにいかず、
いつもいつも振り回されて、損な役回りをさせられるし・・・、
ふぅ~っ。
で、結局、
ご主人様の尻拭いを、日本やその他の西側諸国が連携してやらないといけない。
最近のドイツは、唯我独尊で我が道を行くでしょう。よほどのことがないと、損な役は引き受けてくれないし、他国のイザコザにできるだけ関わらないようにしているし・・・。
フランスは・・・。


今回のウクライナの騒動だって、アメリカの影が見え隠れするようですね~。
前政権を倒した右派武装勢力・《右派セクター》との黒い噂が立ち始めているようです。
 ───敵の敵は味方。 何と浅はかな!! アルカイダから何も学んでいないよ~。 どうしてこんなにおバカなんだ、アメリカは!!───
ホント、かわいそうなウクライナ国民(涙)。

アメリカさまへのご批判が所望とのことなので・・・。

アメリカさんの問題点は、
「我こそは正義」
という揺るがない自信でしょうね。
アメリカさんは、「これぞ一神教の権化」みたいなもので、自分と異なる主義主張を絶対に認めてくれない。
地域的特殊性、歴史的背景などをまったく無視し、
他国にアメリカの《正義》を一方的に押し付ける。
しかも、その《正義》が自国の利益に深く結びついているだけに、質が悪い。

話し合いは確かにしますけれども、
その圧倒的な《経済力》と《軍事力》をバックにして、す...続きを読む

Q睡眠時間と気分の関係について

当方、25歳の会社員(男)です。

この睡眠時間以下だと辛いと感じる時間が皆さんあると思います。
私の場合はだいたいですが睡眠時間が6時間を切ると途端に悪影響が出ます。
具体的な悪影響としましては、

・人と会話したくなくなる(口数が極端に少なくなる)
・ネガティブな感情(不安感など)が1日中消えない
・落ち込みやすくなる、良い発想ができなくなる
・頭の回転力が著しく悪化する

などです。私の場合、睡眠時間が短ければ短いほど上記の悪影響が顕著に出ます。
ここで、「6時間」という数字について議論するつもりはありません。
睡眠時間が足りないと感じる時間は個人差があるはずだからです。

私の場合、睡眠時間と気分は密接過ぎるほど密接に関係しています。
睡眠時間によってその日の気分が決まると言っても過言ではありません。
毎日6時間以上眠れると良いのですが、仕事や人間関係のストレス等で、
確実に6時間を下回る日が存在します。その時が非常に辛いのです。

一般的に睡眠時間によって、ここまで気分が左右されるものなのでしょうか?
(個人的にはかなりまれなケースなのかもしれないと思っていたりもします。)
また、毎日確実に満足いく睡眠時間を得るための良い方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

当方、25歳の会社員(男)です。

この睡眠時間以下だと辛いと感じる時間が皆さんあると思います。
私の場合はだいたいですが睡眠時間が6時間を切ると途端に悪影響が出ます。
具体的な悪影響としましては、

・人と会話したくなくなる(口数が極端に少なくなる)
・ネガティブな感情(不安感など)が1日中消えない
・落ち込みやすくなる、良い発想ができなくなる
・頭の回転力が著しく悪化する

などです。私の場合、睡眠時間が短ければ短いほど上記の悪影響が顕著に出ます。
ここで、「6時間」という数字について議論す...続きを読む

Aベストアンサー

睡眠時間しか気にされていないようですが、睡眠の質について気にされていないのでしょうか?

私の場合ですが、高校時代より新聞配達を行い自分の授業料等を賄っていましたので、
睡眠時間は4時間半くらいです。(現在、40代半ばです)
今でもたまに連日徹夜で仕事をする事がありますが、陽が昇ると覚醒されテンションが上がってきます。
そのため、あなたが書かれた症状は一切出てきません。

広く世間的に言われている「睡眠時間が短くなると、気分障害になる傾向が出てくる」と言うのは、私的に整理すると“精神的ストレスにより、睡眠時間が短くなり結果的に気分障害を引き起こしているでは?”と思っています。
現に、高齢者においてですが、医学研究論文で「高齢者において、睡眠時間・睡眠の質が心血管系疾患死亡リスクにどのような影響を及ぼすか」を検証した論文が2009年に発表されています。
そこで、最後に「今後、睡眠の健康影響を考慮する上で、睡眠時間と睡眠の質の両者を考慮する必要性がある」と締めくくられています。
その論文が、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科「睡眠時間・睡眠の質の健康影響に関する論文掲載のお知らせ」http://www.unit-gp.jp/eisei/wp/?p=266
にLINKが張られていますので、英文が読めるならば読んでみては如何でしょうか?

また、睡眠の質を上げるために、現在使用している寝具を見直す事も必要かと思います。

睡眠時間しか気にされていないようですが、睡眠の質について気にされていないのでしょうか?

私の場合ですが、高校時代より新聞配達を行い自分の授業料等を賄っていましたので、
睡眠時間は4時間半くらいです。(現在、40代半ばです)
今でもたまに連日徹夜で仕事をする事がありますが、陽が昇ると覚醒されテンションが上がってきます。
そのため、あなたが書かれた症状は一切出てきません。

広く世間的に言われている「睡眠時間が短くなると、気分障害になる傾向が出てくる」と言うのは、私的に整理すると“...続きを読む

Q山川草木悉皆成仏とは

仏教では山川草木悉皆成仏と説いていますが
これが難解で分かりません。

感情のあるものを有情、そうでないものを非情と
捉えて、人は有情ではあるが髪とか爪など感情の
ないところの非情と一体になっている。
人に仏性があるのは、有情非情ともに仏性がある
ことである。だから非情の山川草木にも仏性が
ある。こういうことを教わりましたが、その時は
なるほどそうなんだと思いましたが、いま思うと
有情非情が一体だからではないのかな。非情のみ
の山川草木になぜ仏性があるのだろう。

考えていますが答えが出ません。
ご解説ご回答をお願いいたします

Aベストアンサー

草木成仏という思想は、日本ではポピュラーですが、伝統的な仏教思想のうえからは少し逸脱して主観的な感覚にかたむいた部分があります。そこのあたりに少し落ち着きの悪さというか、論理の飛躍を感じられるのではないか、と思います。

遠回りのようですが、最初に日本での草木成仏の見解を整理しておきます。
まず、親鸞は『唯信鈔文意』のなかで、「仏性すなはち如来なり。この如来微塵世界にみちみちてまします。すなはち、一切群生海のこころにみちたまえるなり。草木国土ことごとくみな成仏すととけり」と書いています。仏性が満ちているこの世界では、草木も成仏するはずだ、ということです。

また、空海はわが国で最初に草木成仏説を唱えた人物ですが、『吽字義』のなかで、「草木也成。何況有情」として、はっきりと草木でも成仏する、と名言しました。草木ですら成仏するのだから、心のある生きものが成仏しないわけはない、というわけです。

ほかにも、最澄は「木石仏性」といい、非情にも仏性があることを強調しましたし、道元は草木や瓦礫を含めたこの世界一切をまるごと仏性の表れと表現しています。

ただ、ここで仏教の伝統的な教学を確認しておいたほうがいいのではないか、と思います。というのは、一応正統とみなされる教学では、「仏性があること」と「成仏すること」は峻別して考えられていて、草木成仏は、いわばこのセオリーを無視ないし超越して、仏性をイコール成仏としてみなす見解にたっているからです。

少し説明します。
初めて「仏性」という言葉を使ったのは大乗の涅槃経で、「一切衆生 悉有仏性」という言葉はよく知られています。ここにおいて仏教の歴史上はじめて、すべての衆生には仏性がある、とうたわれたわけです。

しかし、この言葉にも制約があるのです。ひとつは、「衆生」というものの中身が、もっぱら「(心があると当時思われた)動物や昆虫のたぐい」だけであって、植物はもちろん、無機物は想定されていないことです。これは考えてみればあたり前のことで、仏性というもの自体が、人々を仏道修行へと誘引する目的で説かれたのですから、涅槃経では「修行しないと仏性は見えない」だとか、「悟りを求める気持ちがないと仏性が見えない」という立場をとっているのです。当然、仏性は心を持っている動物について限定的に語られることになるわけです。

意外と知られていませんが、涅槃経の終わり近くでは、「一切衆生即仏性」とも説かれます。「縁起を見る者は法を見る。法を見る者は仏を見る。この仏とは仏性である。なぜなら、仏たちは仏性を本性としているからだ」(獅子吼菩薩品)とあって、仏性とは実は法のことで、法というのはすなわち縁起の理法のことである。とすれば、縁起の表れに他ならない存在である衆生は、実はそのまま仏性なのだ、と論が進められるわけです。

ただ、「衆生がそのまま仏性である」といっても、先に書いたように涅槃経の目的は衆生を仏道にいざなうことですから、その仏性はやはり八正道や六波羅蜜といった行をおこなわないと実感されない、という立場が強調されていました。つまり、仏性はあくまでも修行の結果として確認されることにすぎないし、仏性と成仏もあくまでも切り離して考えられていたわけです。

しかし、観念的な純粋化というのは思考のひとつの常であって、仏性は衆生だけについて説かれるのでなく、やがて、縁起そのものの表れである現象世界の一切が、縁起ゆえに仏性である、と観念されるようになっていきます。草木も山も川も石ころも、すべて仏性であるというわけです。
最澄(草木の仏性は力説したものの、その成仏は語っていない)や道元(世界はそのまま仏性だとしながらも草木の成仏までは書いていない)は、あくまで修行者のひとりとして、このような世界観を表現したと言えるでしょう。

詳説はしませんが、やがてさらに、仏性とは修行や菩提心と関係なしにそのまま成仏である、と無条件に肯定されるようになり、この世界の存在はすべてそのままで円満具足した仏である、世界は本来過不足なく悟りのなかにある、という感覚を生みます。これが草木成仏思想の背景です。

こうやって眺めてみると、草木も成仏するという見解は、突き放して言えば認知上の観念的逸脱である、という言い方もできるかもしれません。「本来さとっている」という思想では、修行の価値を位置づけることがむずかしくなりますから、いきおい抽象的な言説に終始しがちで、そのあたりの主観性がわかりにくさと裏腹になっているのでしょう。
(逆に、現代のわが国で「草木成仏」がそれほど反発をまねかずに一定程度受け入れられるのは、曖昧な言説のままホンワカとした自然観に包まれてしまっているから、なのですが)

ただもちろん、主観的であることは必ずしも否定されるべきことではありません。宗教は結局、個々人がどのように目の前の世界を認識するか、という問題に帰着するのだから、です。

答えになっていませんけれども、涅槃経について書いたように、瑣末に気をとられすぎるとその本意を見失ってしまいがちです。「草木が成仏する(している)」という世界認識が、仏教という大枠のなかでどのようなポジションにあるのか、という点を考慮しながら、それがどのような体験を織り込んで成り立っているものか、自分の体でもって追体験しようとする努力をする、ということが大事なのではないかな、という気がします。涅槃経が修行を重視していることの重要性は、強調してもしすぎることはない、と思うからです。以上、僭越ながら・・・。

草木成仏という思想は、日本ではポピュラーですが、伝統的な仏教思想のうえからは少し逸脱して主観的な感覚にかたむいた部分があります。そこのあたりに少し落ち着きの悪さというか、論理の飛躍を感じられるのではないか、と思います。

遠回りのようですが、最初に日本での草木成仏の見解を整理しておきます。
まず、親鸞は『唯信鈔文意』のなかで、「仏性すなはち如来なり。この如来微塵世界にみちみちてまします。すなはち、一切群生海のこころにみちたまえるなり。草木国土ことごとくみな成仏すととけり」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報