長文ですが、質問はひとつです。福祉用品販売の求人がなかなか見つかりません。ご存知の方教えてください。
わたしは現在介護福祉士として老人保健施設で勤務しています。29歳、男です。

前職は知的障害者更生施設で指導員をしていました。昨年介護福祉士を取得して、前職が非常勤だったので、正規の職員にと転職したのです。しかし、就いてみて、向いていないとつくづく実感している毎日です。
それで、自分の適性を改めて考え直してみたりしました。
それでこれまでの経歴を活かしつつ自分に合った仕事と思い、福祉用品販売の仕事がいいのではないか、と考えるようになりました。
しかし、福祉用品の販売の求人というものが、なかなか見つかりません。探し方が悪いのでしょうか・・・?
最近はホームセンターなどでも福祉用品を扱っていますが、そういう店ではたぶん、DIYの売り場に回されたり、異動があると思うので、そういう店では働けないと思っています。
どういう形で求人を探すのが良いのでしょうか・・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

遅くなりましたが、NO3.の返信に対する回答です。



>福祉用具専門相談員という仕事に就くとした場合、ケ>アマネの資格取得は有利になりますか・・・?
居宅と併設の貸与事業所に就職するには、
有利だと思います。
(業務内容は、専門相談員ではなくケアマネ業務中心で
採用されるという感じでしょう。)

純粋に専門相談員がご希望ということでしたら、
ケアマネは業務上で必須とされる資格ではありません。
介護保険の貸与事業所の運営規定の人員基準上では、
ケアマネを持った人がいても特に関係ないからです。
でも、ケアマネの資格を取得=見識があるという意味では、
強いアピールになると思います。

>それと、実はわたしはAT限定で普通免許を取得したのですが、
>限定解除をしておくべきでしょうか・・・?
配送車輌は、お店によって色々だとは思いますが、
お客様の家をまわる担当者は、大きなトラックではなく、
小回りのきくバンなどが多いと思いますので、
AT限定でもそれほど問題ないのではと考えます。
心配であれば、採用の際に相談されて、必要があればそれから対応でも十分間に合うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます。大変参考になりました。
とにかくケアマネ取得のための勉強と、求人を探すなどしていきたいと思います。いろいろ教えていただき、少し安心できる気持ちにもなりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 14:51

こんにちは。


投稿を拝見して、ご希望されている職種は
福祉用具専門相談員なのかな?と思いました。
それならば、「福祉用具レンタル事業者の営業・配送職」で
探されると良いと思います。
実際、普通に転職情報欄などで求人が出ていますよ。

介護ショップの中だけで販売担当をする
いわゆるショールーム番の募集は少ないと思います。
なぜなら、この業界は、外商が中心です。
介護を必要としているご利用者やご家族は、
お店まで足を運ぶことができないことが多いからです。


「営業」という職種には抵抗があると書かれていましたが、
いわゆるセールスマンとして、飛び込みで各家庭を回るような
他の業界の営業とはニュアンスが違うので、
まずは、具体的な仕事内容を確認してみられてはどうでしょうか。
介護ショップやレンタル事業者の場合、
ご相談の申し込みがあった方に商品を持ってご説明に出かけたり、
居宅支援事業所のケアマネのところを回ったり、
施設やホームなどを回るのが中心だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大変参考になりました。
それで、さらに質問させていただきたいのですが、福祉用具専門相談員という仕事に就くとした場合、ケアマネの資格取得は有利になりますか・・・?
それと、実はわたしはAT限定で普通免許を取得したのですが、限定解除をしておくべきでしょうか・・・?
お暇なときで結構ですので、よろしくお願いします。

お礼日時:2005/04/18 09:04

福祉施設にお勤めでしたら、福祉用品を扱っている会社をご存知ですよね?


そのような会社で販売を担当する職種は営業です。

福祉用品販売というと、介護ショップでしょうか。
こちらも上記営業に近い仕事になると思いますが…。
求人は、、あるのでしょうか?直接聞いてみてはいかがでしょう。

そのほかに「福祉用品屋」は思いつきません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、介護ショップで働きたいんです。でも、それも営業に近い仕事になってしまうんですか。。。
imoesanのおっしゃるように、直接聞いてみる、というのが一番ですよね。。。新聞の求人広告を探してばかりおりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/14 09:54

コムスンはどうですか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。さっそくコムスンのHPで採用情報等見てみました。
ただ、言葉足らずだったのですが、営業みたいな仕事は自分には向いていないと思っています。
とにかくご回答いただきありがとうございます。

お礼日時:2005/04/13 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福祉用具専門相談員について

ヘルパー2級を持っていると、福祉用具専門相談員の講習会をわざわざ受けなくてもぃぃのでしょぅか?!誰か分かる方教えて下さい。事業所で福祉用具を扱う場合、二人以上福祉用具専門相談員の資格を持つ人がいないと出来ないと聞いたのですが、ヘルパー2級なら福祉用具専門相談員の講習会を受け資格をとらなくてもよいものなんでしょうか?それとも、福祉用具を扱うにはきちんと福祉用具専門相談員の講習会を受け資格をとった方がぃぃのでしょぅか?

Aベストアンサー

現時点においては、ヘルパー2級(その他にもありますが)を保有していることで
福祉用具専門相談員の要件として満たされていることとなっていますので、
特に受講する必要はありません。

ただ、今年の4月から福祉用具専門相談員の要件が改正されるようです。
これによりヘルパー2級は要件から除外されるようですので、
福祉用具専門相談員として勤める場合には、受講する必要が出てきますね。

(参考URL)
全国福祉用具専門相談員協会
http://www.zfssk.com/qa/

Q児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思ってい

児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思っている高校2年生女子です。閲覧ありがとうございます。

私は去年1年間進路を考えていく上で、福祉関係の仕事に就きたいと思い、今その候補として社会福祉司と児童福祉司が上がっています。ただ私には将来の夢として実は言語を学び、外交官や通関士、通訳ガイドなど外語を活かせる仕事に就きたいというのもあります。
どちらかを選択しなければならないと思っていましたが、自分で色々と考えていく中で社会福祉士や児童福祉司の仕事に英語を生かせないのか、という考えを持つようになりました。日本に住んでいるのはもちろん外人の方もいて、日本人と結構して日本に住んでいるため日本語が話せる方もたくさんいるとは思いますが、老若男女トラブルが起きた時に外国語で手助けでき、かつその業界の専門家ならさらに多くの人の手助けができるのではないかと思ったのです。もしも外国語の需要があるのならば、外国語大学を卒業してからそのような仕事につくのも進路の1つとして今は考えています。

とはいえ、このような仕事に外国語の需要がどのくらいあるのか、また社会福祉士や児童福祉司の仕事内容もまだまだ曖昧な部分がありますので、以下のことを質問させてください。

1. 社会福祉士または児童福祉司の仕事内容を教えてください。

2. どのような経緯(大学や研修、資格獲得など)を得てその職業に就いたのか教えてください。また、外国語大学を経てから社会福祉士、児童福祉司を目指すことについてご意見をお聞かせください。(現実可能か、将来性など…)

3. 仕事の中でやりがい、楽しさを感じる場面や、辛い、大変だと思う場面があれば教えてください。

4. 仕事をしている中で、外国語があればよかったと思った時があれば教えてください。また仕事の上での外国語の需要がどのくらいあるのかを教えてください。

5. 最後に社会福祉士や児童福祉司を目指す上で大切なこと、今のうちにがんばっておくべきことなど、ご意見がありましたら教えてください。


たくさんの質問で申し訳ありません。全部答えていただかなくてももちろん結構です。将来の進路を決めるこの一年の参考に実際に働いている人からのご意見が聞きたいです。回答よろしくお願いします。

児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思っている高校2年生女子です。閲覧ありがとうございます。

私は去年1年間進路を考えていく上で、福祉関係の仕事に就きたいと思い、今その候補として社会福祉司と児童福祉司が上がっています。ただ私には将来の夢として実は言語を学び、外交官や通関士、通訳ガイドなど外語を活かせる仕事に就きたいというのもあります。
どちらかを選択しなければならないと思っていましたが、自分で色々と考えていく中で社会...続きを読む

Aベストアンサー

これからの事をしっかり考えていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
アラフィフのおばさんですが、何かお役に立てればと思い書き込みさせて頂きます。

私も高校の時、人の役に立てる仕事に就きたいと思い社会福祉学部に進みました。
社会福祉も色々分野があります。対象が老人・子供・身体障がい・精神障がい・生活困窮者・一般の人などで資格も違って来ます。
施設等で実際にケアする仕事をしたいのか、コーディネートする仕事をしたいのか、それにより資格も違って来ます。
あなたはどんな事がやりたいのでしょうか?
やりたい事がありそれにはどんな資格が必要なのか、が順番のような気がします。
社会福祉士に比べ児童福祉司はさほどニーズはないと思います。国家資格ではないからです。
子供関係に就きたいのなら、保育士を取ることもお勧めします。

今は児童館で児童厚生員をしています。
職場で外国語が出来れば、と思ったことはあります。
私の地域では南米系の方が多くいらっしゃり、日本語が片言であったり、殆ど話せない親や子がいます。
そんな時ポルトガル語、スペイン語が出来たらと思います。でも需要と言われると殆ど無いですね。
出来たらいい、程度でしょうか。
東京とか大都市なら、英語が出来る保育士さんなんて需要がありそうですが。

福祉の仕事は人間相手の仕事ですから、やりがいも難しさもその中にあります。
十人十色ですから、この対応がAさんには良くてもBさんにはダメな事もあります。
なかなか気持ちが通じない時もあります。
でも相手が心を開いてくれたと感じた時の嬉しさは、それまでの苦労がいっぺんで吹き飛んでしまいます。
とてもやりがいのある仕事だと思います。
ただ福祉の仕事はお給料はかなり低いです。
老人介護の現場などでは、きつい上に低賃金で、認知症になった方から暴言を吐かれる、暴力を振るわれるなんて
事もあります。ですから離職率も高いです。

福祉の仕事と外国語を生かせる仕事は別物のように私には思えます。
福祉の仕事か、外国語を生かせる仕事かどちらかに決められた方が良いように思います。
いずれの仕事に就くにせよ、高校生のあなたには新聞やニュースをよく見て世の中の動きや問題などに
関心を持つ事が必要だと思います。
また人間に関心を持って下さい。相手の立場になって考える寛容さを持って下さい。
例えばあなたの嫌いな人がいたとします。でもその人にもお友達はいてその人を大切に思っているご家族もいます。
人間は一面だけでなく、色んな面を持っています。自分の嫌いな一面だけで判断しないで、どうしてそうなんだろう?
ってちょっと考えて見て下さい。
「世界の終わり」の「ドラゴンナイト」、あんな風に考えられる人が増えれば、もっと優しい社会になるのになって
おばさんは思っています。

あくまでも私の考えですが、何かあなたの今後に参考になれば幸いです。
まず健康である事!これが一番大事です。
頑張って下さいね。陰ながら応援させて頂きます。

これからの事をしっかり考えていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
アラフィフのおばさんですが、何かお役に立てればと思い書き込みさせて頂きます。

私も高校の時、人の役に立てる仕事に就きたいと思い社会福祉学部に進みました。
社会福祉も色々分野があります。対象が老人・子供・身体障がい・精神障がい・生活困窮者・一般の人などで資格も違って来ます。
施設等で実際にケアする仕事をしたいのか、コーディネートする仕事をしたいのか、それにより資格も違って来ます。
あなたはどんな事がやりたい...続きを読む

Q福祉用具専門相談員、福祉用具プランナーについて

私は福祉住環境コーディネーター試験にむけて勉強をしている家政学部家政学科住居・インテリアコースの学生です。今度の4月で大学3年になります。
1、福祉用具専門相談員について聞きたいのですが、講習を学生も受けてるとHPで見たのですが福祉学科の人のみとかそういう制限はないのでしょうか?
2、講習を受けるだけで専門相談員になれるのでしょうか?試験などはあるのですか?講習を受けても専門相談員になれない方もいるのでしょうか?
3、講習を行っているところが書いてあるHPがありましたが講習の場所によって良し悪しはあるのでしょうか?学ぶことは同じなのでしょうか?値段はいくらくらい、日にちはどれくらいかかるのでしょうか?
4、就職には有利なのでしょうか?私は住宅改修、福祉用具ショップなど、はっきりとは決まっていませんが福祉用具がかかわる就職をしたいと思っています。福祉住環境コーディネーターは単独では就職に有利にならないと聞いたので他に自分がやりたいことに関する資格をとりたいと思ったのです。(でもまずは福祉住環境コーディネーターに合格することが目標です)
5、福祉用具プランナーとは何が違うのでしょうか?福祉用具プランナーは学生の私ではなれるのでしょうか?
6、福祉用具専門相談員指定講習修了者、福祉用具供給事業従事者研修修了者
 (福祉機器選定相談員研修(50時間)及びこれに準じた研修の修了者を含む)
というのが福祉用具プランナーのところに書いてあったのですが、福祉用具供給事業従事者研修修了者っていうのはなんなのでしょうか?  

以上の点が私が質問したいことです。一部でもいいのでよろしくお願いします。

私は福祉住環境コーディネーター試験にむけて勉強をしている家政学部家政学科住居・インテリアコースの学生です。今度の4月で大学3年になります。
1、福祉用具専門相談員について聞きたいのですが、講習を学生も受けてるとHPで見たのですが福祉学科の人のみとかそういう制限はないのでしょうか?
2、講習を受けるだけで専門相談員になれるのでしょうか?試験などはあるのですか?講習を受けても専門相談員になれない方もいるのでしょうか?
3、講習を行っているところが書いてあるHPがありましたが講習...続きを読む

Aベストアンサー

1、福祉用具専門相談員について聞きたいのですが、講習を学生も受けてるとHPで見たのですが福祉学科の人のみとかそういう制限はないのでしょうか?

基本的に、ヘルパーなどの実務者、福祉系の学生、仕事で必要な方などの明記はありますが、特別制限はしてないようです。

2、講習を受けるだけで専門相談員になれるのでしょうか?試験などはあるのですか?講習を受けても専門相談員になれない方もいるのでしょうか?

指定の講義を受けることでなることが出来ます。たいていの学校が一週間のカリキュラムで終了します。

3、講習を行っているところが書いてあるHPがありましたが講習の場所によって良し悪しはあるのでしょうか?学ぶことは同じなのでしょうか?値段はいくらくらい、日にちはどれくらいかかるのでしょうか?

国でやっているところから、福祉系カルチャースクールまで様々です。
やはり人気のあるところはなかなか受講できません。良し悪しは、つけられませんね。



5、福祉用具プランナーとは何が違うのでしょうか?福祉用具プランナーは学生の私ではなれるのでしょうか?

たしか、認定機関が違うようです。
中身の内容はほぼ変わりません。

以上、私の覚えている範囲のものです。
信憑性については、本人でご確認ください。

1、福祉用具専門相談員について聞きたいのですが、講習を学生も受けてるとHPで見たのですが福祉学科の人のみとかそういう制限はないのでしょうか?

基本的に、ヘルパーなどの実務者、福祉系の学生、仕事で必要な方などの明記はありますが、特別制限はしてないようです。

2、講習を受けるだけで専門相談員になれるのでしょうか?試験などはあるのですか?講習を受けても専門相談員になれない方もいるのでしょうか?

指定の講義を受けることでなることが出来ます。たいていの学校が一週間のカリキュ...続きを読む

Q社会福祉基礎構造改革と社会福祉法が目指す社会福祉像

 社会福祉基礎構造改革と社会福祉法が目指す社会福祉像という、ちょっととっつきにくいタイトルなのですが

 ・社会福祉基礎構造改革とは何か
 ・社会福祉法が目指す社会福祉像は何か
 ・基礎構造改革と福祉法との間でのギャップは何か
 ・それらについての参考文献も合わせて教えてほしい

 ということです。一応授業でやってはいるのですが、かなり広い範囲のことを考えることになるので、
また、どんな文献を参考にしていいのかわからなかったのでみなさんの意見を参考にして見ようと思い
投稿しました。現場の方、社会福祉関係の学生の方、またまったく関係ないけれど福祉に関する知識を
お持ちの方、ご回答よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

戦後、戦災孤児が街に溢れ慈善団体が孤児の世話をしていました。
そして、新憲法が施行されましたが、新憲法は慈善団体への公費(税金)の支出を禁じたので、公費の支出ができなくなりました。
そこで社会福祉事業法が制定され、「社会福祉法人」の制度が出来て、慈善団体は「社会福祉法人」の認可を受け、公費を受けて、児童福祉法の施行により「児童養護施設」として、戦災孤児等を護る制度(法)ができました。
何を言いたいかというと、今までの社会福祉制度のスタートは戦後間もないころであり、その後、社会福祉8法が整備されましたが、依然として社会福祉は救貧法(貧しい人々を国が護っていく。)、そのままだったのです。
昔は、福祉のお世話になるのは恥ずかしいとか、貧乏人と思われるのがイヤで、積極的に世話になろうと思う人も少なかったため、国の負担も少なくて社会福祉制度でなんとかOKでした。
でも、社会の変化(少子高齢化社会)は、社会保障制度全般を見直す必要が出てきたのです。
つまり、「少子社会」は、今後の働く人(つまり税金を納める人)が少なくなることであり、「高齢社会」は、今後、老人福祉施設が多く必要となって、税金も多く必要となる事を意味しています。
社会変化で一番大きいのは家族関係であり、昔のように、嫁や子供が老人(親)の介護をする時代では無くなったという事でしょう。
今や、社会福祉(老人福祉施設)はだれもが必要とする時代になったのです。

また、社会福祉施設のを見ると、以前は、国も社会福祉施設も「やってあげている。」的な態度であり、施設に入所している人も「してもらっている。」という遠慮のある関係だったと思います。
現在、福祉はサービスと考えられるようになり、誰もが必要なサービスを受けたいという考えに変わってきました。
特に老人介護の分野が顕著と思いますが・・・
社会福祉は、「やってあげている」、では無くて、「誰もが必要な時に必要な福祉サービスを受けられるように」に変わる必要があったのです。
従来の措置制度では、区市町村が入る施設を決定していたため、入る人は施設を選べず、不満も言えずの状態でした。
介護保険制度や、来年度からの支援費制度では、自分で施設を選び、契約制度によって、施設と対等な立場でサービスを受けられるようになりました。
通常の市場制度は対等ですよね。
お金を払って買う物は、自分で選ぶし、サービスが良くなければ苦情を言いますよね。
今までの社会福祉にはそれが無かったんです。

戦後すぐに施行された法は、現在の社会に合わなくなったので改正されたんです。
だれもが、必要な福祉サービスを自分の意志で決定して受けられるように・・・
そして、施設は、適切なサービスを適切に提供するように・・・
また、サービスにかかる費用は、介護保険制度により40才以上の人に均等(収入に応じて)に負担してもらうように変化しました。

厚生労働省の回し者では無いのですが、社会福祉基礎構造改革は当然必要な事だったと思います。
50年前の法律では、現在の社会に対応出来なくなっていますから・・・
なお、基礎構造改革と福祉法の改正は一体で改正されてれているので、ギャップが出ては困りますね・・・
これから数年が本当の構造改革であり、結果は、5年後10年後ではないのでしょうか。

ごちゃごちゃになってしまい、スミマセン。

戦後、戦災孤児が街に溢れ慈善団体が孤児の世話をしていました。
そして、新憲法が施行されましたが、新憲法は慈善団体への公費(税金)の支出を禁じたので、公費の支出ができなくなりました。
そこで社会福祉事業法が制定され、「社会福祉法人」の制度が出来て、慈善団体は「社会福祉法人」の認可を受け、公費を受けて、児童福祉法の施行により「児童養護施設」として、戦災孤児等を護る制度(法)ができました。
何を言いたいかというと、今までの社会福祉制度のスタートは戦後間もないころであり、その後、...続きを読む

Q福祉用具専門員

福祉用具のお店に行くと福祉用具専門相談員の方が
色んなアドバイスや適切な提案をしてくれますが
何か資格とかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

福祉用具専門相談員といいます。国による公的資格です。
介護保険法施行令第四条において福祉用具の貸与等を行なえる者として定義されていて、資格を認定するための決まりごと(介護保険法施行規則第二十二条の三十一)もちゃんとあります。
(令 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10SE412.html)
(規則 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000036.html)
(通達 http://www.zaitaku-kyo.gr.jp/pdf/kaigo_hoken_406.pdf)

具体的には、都道府県が実施する福祉用具専門相談員指定講習を修了すると資格が与えられます。
但し、保健師や看護師、理学療法士・作業療法士、社会福祉士・介護福祉士、義肢装具士は、講習を受講することなく、福祉用具専門相談員として認められます。
(例 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0603/yougukousyu/yougukousyutop.html)

福祉用具を取り扱う店舗などには、必ず、この資格を持った人がいないといけません。
一方、このような店舗などでは住宅環境の整備も同時に行なうことがありますが、そちらに関する資格の名前は福祉住環境コーディネーター(http://www.kentei.org/fukushi/)といい、あくまでも民間資格(東京商工会議所による資格)であり、公的資格である福祉用具専門相談員とはまったくの別物です。

福祉用具専門相談員といいます。国による公的資格です。
介護保険法施行令第四条において福祉用具の貸与等を行なえる者として定義されていて、資格を認定するための決まりごと(介護保険法施行規則第二十二条の三十一)もちゃんとあります。
(令 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10SE412.html)
(規則 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11F03601000036.html)
(通達 http://www.zaitaku-kyo.gr.jp/pdf/kaigo_hoken_406.pdf)

具体的には、都道府県が実施する福祉用具専門相談員指定講習を修了...続きを読む

Q児童福祉施設について

先日質問させていただきましたが、
埼玉県内の児童家庭支援センターが3つあるのはわかりました。
その児童家庭支援センターの管轄地域まではわからないでしょうか?

何度もすいません。

回答お願いします。

Aベストアンサー

結論から先に言いますね。
児童家庭支援センターの管轄地域のようなものは、特にありません(埼玉県に限りません)。

以下、その理由のようなことを書いておきます。

実際問題として、センターの利用内容によっては、電話相談やメール相談などだけでは終わらずに、何回か相談やカウンセリングにかよったりしなければならないこともありますよね?
そうなると、センターにかよいきれなければ何にもなりません。

ですから、現実には、近隣の市町村の方がセンターの利用対象です。
要は、センターという所は、「たまたまそこで相談事業をやっていますから、かようのに支障がなければおいで下さい」ぐらいの意味しかないのです。
言い替えると、児童相談所のように「総合的に、幅広くサポートしてくれる」という所でもありません。

児童相談所は、行政の責任できっちり面倒を見るという建前です。
意外と知られていないのですが、立ち入り調査権など、かなり強い権限も持っています。
ひとりひとりのニーズが違うので自然と限界はありますけれども、でも、あらゆる方面(いろいろな病院や関係機関、学校など)に対して、実に幅広いパイプを持っています。
言い替えれば、たくさんある選択肢の中から、その人にとって一番良い方法を選べる可能性が拡がるのが児童相談所です。

ということで、まず、このようなイメージを持っていただきたいと思います。
その上で、やはり、児童相談所のほうに先に相談したほうが道が開けてきますから、そこも頭に入れておいたほうが良いと思いますよ。

児童相談所に出かけていって相談をし、そこから、児童家庭支援センターをはじめとするさまざまな機関につないでもらう、と考えるとわかりやすいと思います。
先につなげる、といった機能を持つ以上、児童相談所のほうはしっかりと管轄区域を決めて行政としての責任を果たそうとしている、とも言えますね。
 

結論から先に言いますね。
児童家庭支援センターの管轄地域のようなものは、特にありません(埼玉県に限りません)。

以下、その理由のようなことを書いておきます。

実際問題として、センターの利用内容によっては、電話相談やメール相談などだけでは終わらずに、何回か相談やカウンセリングにかよったりしなければならないこともありますよね?
そうなると、センターにかよいきれなければ何にもなりません。

ですから、現実には、近隣の市町村の方がセンターの利用対象です。
要は、センターという所は、「た...続きを読む

Q福祉用具専門員で開業したいのですが

このたび福祉用具専門相談員の資格をもてました、専門員2人で個人開業したいのですが、福祉用具はどこから仕入れすればいいのでしょうか?フランチャイズするしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。福祉用具貸与事業所の者です。
まず介護保険法の指定事業所となる要件として法人であることが
あげられます。これはクリアできますでしょうか?

次は仕入れになりますが、自社所有でレンタルを行う場合は保管・消毒
が一定の基準で行える施設・設備が必要となります。当然多くの種類の
福祉用具をそろえなければ利用者さんに適切なものを提供できませんので
相当数の在庫を持たなければならず、その購入資金も必要となります。

ですのではじめはレンタル卸会社(日本ケアサプライ等)から仕入れるのが
ベターだと思いますが、原価率は高いです。
厚生労働省で行った事業所概況調査の結果はご覧になったことはありますでしょうか? 
福祉用具貸与事業所の平均では売上高に対する人件費率が大体49%。
仕入れ原価が45%くらいに抑えられていないと利益がとれません。
おおむねスタッフ一人あたり利用者が100人前後にならないと黒字には
ならないので(もちろん各々の事業所により事情は異なりますが)、その
人数になるまでは赤字を垂れ流す覚悟、それに耐える運転資金が必要です。

前述の調査でも結果がでていますが、福祉用具事業所全体のうち、収益率が
-20%以下の事業所が20%、逆に20%以上の事業所が25%と二極化
しており、収益のある事業所のほとんどは大型の事業所です。

また介護保険制度が始まって8年が経過し、各事業者それぞれにノウハウや
人脈の蓄積があります。その中での新規参入はものすごーーく苦労しますよ。
私の地域でもここ3年で何社か新規参入しましたが、結局全て撤退しています。

もしそれでも・・・というのであれば、最寄りのレンタル卸会社などで
地域の情報や事業所指定の取り方などアドバイスしてもらえると思います。
ちなみにレンタル卸から仕入れる分にはフランチャイズの必要はないです。契約金が必要な卸会社も
少ないので、仕入れた分だけの支払い、というのが基本です。

こんにちわ。福祉用具貸与事業所の者です。
まず介護保険法の指定事業所となる要件として法人であることが
あげられます。これはクリアできますでしょうか?

次は仕入れになりますが、自社所有でレンタルを行う場合は保管・消毒
が一定の基準で行える施設・設備が必要となります。当然多くの種類の
福祉用具をそろえなければ利用者さんに適切なものを提供できませんので
相当数の在庫を持たなければならず、その購入資金も必要となります。

ですのではじめはレンタル卸会社(日本ケアサプライ等)から...続きを読む

Q福祉施設職員の婚活。

20代半ばでただ今婚活している福祉施設で働く男です。
結婚相談所、婚活パーティなど色々登録したり参加していますが、現在のところ全戦全敗です。

結婚相談所での紹介を受けた人とのお見合いの断り理由が「収入面で不安」と言う理由が殆どで、婚活パーティなどでは職業を話すと「優しい人なんですね」と言われた後「でも仕事がきついんですよね」とかはっきり言われた時は「生活苦しくないですか?」とどうしても収入の事ばかりです。

確かに収入は同年代の他の職業と比べ低く、下手すると上場企業の初任給並ですし、仕事に対しての給料のバランスは低いです。

その為か職場の結婚パターンは、職場化同業者との早い結婚、女性職員は収入の大きい職業の方と結婚、そして結婚を逃した人と言った具合です。

福祉施設で働く人はどうやって結婚しましたか?
また結婚後生活はやりくりできますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
高齢者福祉施設で働いています。
素晴らしい洞察力ですね。(笑)
その通り!
私は職場か同業者との早い結婚のタイプでしょうか。

でも、結婚後のやりくりに困ることはないですよ。
福祉分野は給料は安いかもしれませんが、安定していますし、職を転々とせずに地道に働けば問題ないと思います。

私の場合ローンはもちろん残っていますが、二十代で新築一軒家も買いましたし、車も持っています。旅行も年に数回。(今年は泊まりで4回ほど行きました)

婚活頑張って下さい。

Q福祉用具で開業したいです、、よくわかりません

福祉用具はレンタルした場合は必要な書類に記入して、県庁に持っていけばいいのでしょうか?家族や本人、もしくは福祉用具専門員が、その届出の行為により介護保険適の手続きができるのでしょうか?

Aベストアンサー

サービス事業所として福祉用具のレンタルをする場合、ケアマネが「サービス担当者会議」を開き、それに出席して利用者に必要なサービスを検討します。
そしてケアマネの作成した「サービス計画」と、毎月の「サービス提供票」に基づいて貸し出します。
介護度によっては、レンタル商品に制限がかかっているものもあります。また、それらの中には、主治医の意見やサービス担当者会議の内容により、ケアマネが保険者に申請して適応とされればレンタル可能になる…、など色々あります。
そして、レンタル事業者は、前月のレンタルの実績を、翌月の10日までに「国保連合会」へ「介護報酬請求」するのです。
今は、紙媒体での請求は殆どなく、FDでの請求も減ってきています。
効率をあげるため、伝送(電子媒体)を推進しています。
請求業務も結構複雑です。仕組みが分かっていないと、「返戻」や「保留」や「減額決定」や「過誤申請」をどう扱っていいのか困るでしょう。

Q新卒で福祉施設に就職した方に質問です

私は今大学3年で福祉施設(障害児・者)への就職を希望しています。
大学の就職課で相談したとき、福祉就職した先輩たちの中で、福祉系の企業で内定をもらって、施設の方の就活をした方もいるという話を聞き、私も福祉系の企業も調べたりしていました。しかし、最近企業についてや施設についてなど調べたり、考えた結果、企業のほうの就活はやめようかという気になってきました。今、就活についてや将来についてとても不安で、いろんな人の体験談などを聞きたいと思っています。
なので、新卒で福祉施設に就職した方、どのような就活をされていたか教えていただきたいと思っています。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは。
今年、障害者施設で働き始めた家族のことで参考になれば。。。。

大学は4年生福祉系大学でした。
資格は社会福祉士をはじめ福祉住環境コーディネーター2級、ヘルパー2級、衛生管理者免許その他、取得しています。(在学中に自発的に)

福祉の就職募集は卒業年度の12月頃から始まり一般企業よりかなり遅いので、家族としてはとても心配しました。しかし、福祉系の企業や事業所、施設を集めた就職説明会(就職フェアのようなもの)が夏休み頃必ず開かれますので、3年頃から参加して情報を集めるのも良いと思います。施設見学等もその場で申し込むのもよいと思います。(もちろん、就職活動スーツで!)常に相手様への挨拶・確認(前日)も忘れずに。
前々出の方もおっしゃっていますが、
欠員等がないと募集がないのも事実ですが、
根気よく情報収集してみてください。
それと同時に上記のような資格取得は就職活動でアピールする際の大きな要因になります。
特に社会福祉士はすぐには役に立つ資格ではありませんが、難関なので、その取得するんだという姿勢、勉強に対する姿勢は評価されるようです。
実際の仕事に至るまでには在学中に他の障害者施設においてバイトや付き添い(ガイドヘルプ的な)等もして経験も積みました。
実際、バイトで働いたところからオファーもありました。
現在、シフトにより夜勤もありますが、一般企業に比べると、残業等がないことは良いかもしれませんね。
実際の募集は1名に対して数十名が受験。
採用された要因を分析すると、人物はもちろんですが、
資格、経験(障害者施設でのバイト等)は最低限必要かと思います。

福祉の就職先は売り手市場といわれるなか現状は厳しいようです。
あきらめずに頑張って下さいね!!

こんにちは。
今年、障害者施設で働き始めた家族のことで参考になれば。。。。

大学は4年生福祉系大学でした。
資格は社会福祉士をはじめ福祉住環境コーディネーター2級、ヘルパー2級、衛生管理者免許その他、取得しています。(在学中に自発的に)

福祉の就職募集は卒業年度の12月頃から始まり一般企業よりかなり遅いので、家族としてはとても心配しました。しかし、福祉系の企業や事業所、施設を集めた就職説明会(就職フェアのようなもの)が夏休み頃必ず開かれますので、3年頃から参加して情報を集め...続きを読む


人気Q&Aランキング