以前にも似たような質問をさせていただきましたが、タイトルのようなことが実際あるのかどうか、逆の場合でもよいのですが。なにかご経験とかお考えがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

他の方も、指摘されているように絶対というのは難しいかも知れませんが、いくつか挙げることが出来ると思います。


たとえば、他の方も仰っているように「あ、うん」などは最たるものではないでしょうか。欧米(特にアメリカ)では適切に自己主張(assertive)出来ることが美徳だとされます。日本は、察することに重きを置いた文化とも言えますから、場合によっては真逆といえるでしょう。たとえば、パーティーの席で初対面の人から飲み物を勧められたとして、それに遠慮して(本当は飲みたいのに....)断った場合、要らないのね...といった感じで終わります。要るのか、要らないのかであって、それ以上でもなければ、それ以下でもない感じです。(裏を返せば、本当に欲しくない場合でも、適切に断ることは失礼でもなければ、何でもない。)また、大学の講義などでも、教師の側が学生に意見を求めたり・議論したりする事も多く、日本に比べて、能動的(自分がやる、やってみる)と言った印象を強く受けます。たとえ、その議論の内容が多少外れていたとしても、自分の意見を表明したことに対して一定の評価がされます。

食べ物についても、私たち日本人は「程よい」と言ったものに美味しさ感じるように思います。たとえば、あんこ。人にもよるのでしょうが、アメリカ人の友人に勧めたときに。もっと甘くすれば美味しいのにと言ってました。私たちにすると、あの程よい甘さが丁度良いと感じるのに対して、彼らは中途半端と感じるのかも知れません。また、アメリカに留学していたときに、アメリカ人はこれでもかって位にトーストにピーナッツバターを塗りたくって、紅茶にも砂糖を驚くほど入れるって感じの食事をしてましたから。これにはびっくりしました。
他にも、留学生当時、日本文学を専攻しているアメリカの大学生に、「日本では、虫の鳴き声や風の音に美しさを感じるの?」って聞かれたことがあります。Yes.と答えたところ、「私、どうやっても、それらが美しいとは思えないのよね...ただのノイズに聞こえてしまう」とも言ってました。また、桜の散る姿や移ろいゆく季節に美しさを感じるのも、日本人が多いのかなと思います。前述の日本文学を専攻している学生が言っていたのですが、「花は咲いている(満開)な時が美しい。」その散りゆく姿に、美しさを感じたりするのはよく分からないと言ってました。

冗長に書いてしまってごめんなさい。参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすく説明頂き、有難うございます。親切の表現などでも違うかなと思いました。

お礼日時:2005/04/13 12:38

「あ・うん」なども難しいでしょうね・・・。



このほかに理解が難しいこと、”心中”のようです。特に母子心中、まず理解されないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心中もそうですか。神風特攻隊も当時のアメリカ人には理解されなかったといいますが、関係があるのかもしれないと思いました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 10:03

「あ、うん」だと思います。



日本人同士には言葉に出さなくても伝わる事ってたくさんあると思いますが、対アメリカ人だと
”言わなければわかりません”
それは感じ取る能力が欠けているとかではなく
いくら相手が感じとっていても、主張してない事は無い事になってしまうからです。

日本語はたくさんの言葉と表現があり、本質ずばりを口に出さなくても、ニュアンスで真意が伝わるという事があります。
に対し、英語は言葉、単語が日本語に比べれば非常に少なく、コード(暗号)をパズルのように組み立てて話しているような気がします。なので、日本語のように回りくどい微妙な表現を英語に訳して言っても、意味が伝わりにくいと思います。

でも、私はそんな日本語が情緒があって好きですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどと思いました。西洋の哲学では暗黙知などと訳される専門用語を使っていろいろ考えている人がいるようですが、東洋では常識のことなのかもしれないと思いました。日本語は同じことを表現すると英語より長くなるという説もあるようですが、勉強したいと思います。

お礼日時:2005/04/13 09:59

No.4の礼欄のご投稿拝見しました。



あまり日本についての知識が無い方には理解困難ということで、十分な知識のある人には説明すれば解る人もいると言うことではないでしょうか。

前掲のの得意先は商売のみでその他の日本事情には全く興味の無い人で理解出来ないのが当然の気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に答えていただき誠に有難うございます。これから考えていくための参考として使わせていただきます。

お礼日時:2005/04/13 09:54

外国の得意先が来日時、竜安寺へ連れて行き縁側で座ってずっと庭を眺めている人のことを尋ねられて


「無」
「無心」
「無我」
「無欲」
等について説明しました。
どうも理解出来ないようでした。

そのとき、異文化理解はなかなか難しいと感じました。

「義理」、「人情」等も理解し難いものの一つでしょうね。

矛盾しますが、外国の日本研究家の一部の人は日本人より余程日本文化を理解してされています。  例えばドナルドキーン博士、ラフカディオ ハーン教授は古典を理解し日本語の著述もあります。

だから絶対とは言えないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。理解できないというのは、原理的なことではなくて、心がけとか関心で克服できるということでしょうか。

お礼日時:2005/04/12 17:14

長年西洋人とつきあってきて、日本人と一番違うと思いまうのは、彼らは何でも「論理的(筋を通す)」に考えるとのことです。

簡単な一例をだすと、厚い本でどこに探している項目があるかをさがすのに、ぼくが(技術屋なのに)ぱらぱら本をめくってさがしていたが、彼らは必ず目次を見ることです。これが一番初めにぼくが気がついたことで、なるほどと感じたことです(あまり良い例ではありませんが)。

それと、重要なことは日本をよく知る人と全く知らない人には異なる言い方をすることが大切です。例えば、あなたが大阪に住んでいるとします、日本を知らない人には I live in Osaka near Tokyo.でOKです。米国では飛行機で1時間で行けるところは非常にちかい。日本にいる米人にはこれでは説明がつかない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。実にいろいろなことがあるものですね。大変ためになりました。

お礼日時:2005/04/12 14:20

「絶対」っていうのがむずかしいですね。


絶対、はないでしょうね。
日本人より日本語が達者で日本文化に精通しているアメリカ人はいっぱいいますからね。

でも一般的に言うとあるでしょう。
たとえば幼児言葉とか。ぶーぶーとか、でちゅょ、とか、くっくとか、知識としては理解しても感覚的理解は日本人に劣るでしょうね。
あと炊き立ての白いご飯とお味噌汁を前にしたときのあの感覚とか。
幼少期に培われた感覚より派生するものは知識では補えないものがあるでしょう。

あとは他の方が回答されていたように、
もののあわれ 、とか、 わびさび とか
日本建築のあの質素ななかの豊かさとか、
陰影礼賛とか、アメリカ人にはわかりにくいでしょうね。

個人的にはイタリアンとかフレンチを食べながらコカコーラを飲んでいるアメリカ人のおとなはまったく理解できません。
とか、国民の半数がブッシュを支持しているとかね。

でも絶対、はないでしょうね。
日本人同士でも理解しあえませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。絶対というのはあいまいな言葉でした。相手のことを、安易に分かっているつもりになってはいけないことも多いのかと思ったものですから。

お礼日時:2005/04/12 13:05

日本人でも言葉で説明できないが,感覚的には分かるというものがあてはまると思います.




「わび,さび」などは最たる例かと思います.
「幽玄」などもありますね.これは日本人でも難しいかもしれません.


茶道を外国の方に教えるとたいていの作法は完璧といっていいくらいの精度でこなすのですが,道具のセンス,バランス,雰囲気の最上のものは「暗い,汚い」と言うのをよく聞きます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教示有難うございます。渋いなどという感覚は場合によっては汚いというような感じに捉えられてしまうのでしょうか。

お礼日時:2005/04/12 12:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング