庭にムスカリを植えてもう二冬越して、今年もまた花が咲き始めました。
植えっぱなしだったので、そろそろ掘り上げたいのですが、葉がぜんぜん枯れないのです。徒長して、醜くなりました。チューリップと一緒に掘り上げて良いのでしょうか?また、その後の管理はどのようにしたら良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私はいつもチューリップと一緒に掘り上げてますよ。


たしかチューリップの葉が黄色になるころムスカリの葉も
黄色に変わっていた記憶があります。
葉が黄色になれば堀上時です。
堀り上げた球根は病害虫予防に薄めたベントーレ液に1時間つけ、
そこらへんに広げて乾かした後(1日ぐらいかな)
メッシュの袋(台所シンクの生ごみを入れる袋)に入れて
翌年まで日陰で風通しのよいところに干しておきます。

翌年はムスカリは少し遅めに植えると葉ばかりが茂ってだらしなくならないですヨ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱりチューリップと一緒でよかったのですね。
チューリップは時期が来ると、葉が枯れてくるのですが、
ムスカリが、なかなか枯れてくれないのです。
枯れないので、もう少し待って球根を大きくしてと思っていると、年が明けてしまうのです。

お礼日時:2005/04/12 14:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毎年店で買って来たチューリップやムスカリなどの球根を植えていました。今

毎年店で買って来たチューリップやムスカリなどの球根を植えていました。今年のチューリップは全部咲き終わって枯れてしまい、青いムスカリは咲き終わり今は白いムスカリが咲いています。他にもいろんな花を鉢植えしていますが、咲き終わった球根類はその球根を土から抜き取りその球根を使って来年も花を咲かすことが出来ると聞いたことがあるのですが、抜き取った球根をそのまま来年まで袋に入れて置いておくだけではダメなような気がするのですが、どうすれば抜き取った球根で来年も花を咲かすことが出来るのでしょうか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

>どうすれば抜き取った球根で来年も花を咲かすことが出来るのでしょうか? 

先のご回答にあるリンク先が詳しいので補足程度ですが、
どちらも花が終わったら花柄を摘み取って、お礼肥えを施し、充分生育させます。
この間に来年の球根が栄養を蓄えます。
葉が黄色みを帯びてきたら掘りあげて、消毒、陰干しし、風通しのよいところ(軒下など)に
ネットや紙袋に入れてつるして保管し、秋になったら植え付けます。

植え付け前には球根をベンレートやオーソサイドで消毒します。
チューリップは植えっぱなしだと球根が病気にかかりやすいので
掘りあげて秋に植えなおすほうをお薦めします。

球根の消毒(掘りあげた時にもやっておくといいです)
http://www.nanbouen.co.jp/season/bulb.htm

ごく小さい球根や、保管中に萎縮したり傷んだ球根は捨ててください。
ムスカリは球根が詰まってくると花付が悪くなるので状態を見て植え替えていくといいでしょう。
なかなかうまくいかないことも多いのですが、自家栽培の球根で咲かせた花は
格別のうれしさがあります。頑張ってください。

>どうすれば抜き取った球根で来年も花を咲かすことが出来るのでしょうか? 

先のご回答にあるリンク先が詳しいので補足程度ですが、
どちらも花が終わったら花柄を摘み取って、お礼肥えを施し、充分生育させます。
この間に来年の球根が栄養を蓄えます。
葉が黄色みを帯びてきたら掘りあげて、消毒、陰干しし、風通しのよいところ(軒下など)に
ネットや紙袋に入れてつるして保管し、秋になったら植え付けます。

植え付け前には球根をベンレートやオーソサイドで消毒します。
チューリップは植えっぱなしだと...続きを読む

Q地植えでのチューリップが咲き終わった後について教えてください。 チューリップの花が咲き終わった後、花

地植えでのチューリップが咲き終わった後について教えてください。
チューリップの花が咲き終わった後、花を摘んで、葉が黄色くなるまでそのままにして、球根を掘り起こすといいと聞きました。
球根を掘り起こす場合と、掘り起こさずに翌年まで地植えのままにしておく場合とがあると思います。
それぞれの場合で、長所と短所とを比較するかたちで教えて頂けると分かりやすく、助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

短所は、掘り起こさないと、水分が多い所では腐ってしまう事が有ります。
また、細分化して球根が細かくなって、翌年一か所から何本もの芽を出し小さな花に成る可能性が有ります。
長所は、掘り起こしたり植え替える手間がかからない事です。

Qチューリップとムスカリの球根の掘り上げについて教えてください。

チューリップとムスカリの球根の掘り上げについて教えてください。
初めてチューリップとムスカリの球根を植えて、とっても綺麗に咲いてくれたので是非来年も咲かせたいと思い、できれば球根を取りたいと思っています。
ただ超初心者なので、できるかどうか心配です。
時々水をあげながら6月頃まで待てばいいだけなのですか。掘り上げた後の手間や管理は大変ですか。花が終わった後は肥料などをあげるのですか。
質問がばっくりとしていて申し訳ありませんが、具体的に教えてください。
あまり難しいようなら諦めようかなぁとも思います。球根が育っている間は他の花を植えれませんし。

Aベストアンサー

No.1です。
ムスカリとかグラジオラスは嫌って言うくらい増えましたが、チューリップはひとつも減っていませんが残念ながら増えていません。なかなか子球を大きくするのは難しいです。

ムスカリタワー、笑っちゃいますよね~。私は鉢植えで育てているのですが、こぼれ種で庭のあちこちから毎年芽が出てきます。最初は育てていたのですが、今では雑草と同じ扱いにしています^^!

Qチューリップの花が終わったら、花を摘んだあと球根に栄養を蓄えさせるため、葉が枯れるまで植えておきその

チューリップの花が終わったら、花を摘んだあと球根に栄養を蓄えさせるため、葉が枯れるまで植えておきその後掘り起こすとあります。
ですがユリは植っぱなしで良いのはどうしてでしょうか?
チューリップもそのまま植っぱなしの方が土の栄養を十分に吸って良いようにおもえます。

我が家にたくさんのチューリップが植わっているので、どうしようかと考えているところです。
本やネットで調べたとおり球根を掘り上げて秋口に植えなおしても、また再び同じような大きくて綺麗な花が咲かないような気がします。

Aベストアンサー

自家採種のチューリップの球根は一年おきでないと良い花を咲かせません。
ですので、6月頃に掘り起こしたらそれはそれだけをネットの袋に入れて直射日光の当たらない場所に保管します。
そして、10月頃に植えて、来春、花芽が出てきたら摘んで、花無しで6月まで置いて掘り起こします。そして保管。
その秋に植えれば、次の年の春に花を咲かせます。

ただし、新品種の場合、次に花を持たせたときに同じような花になるか、先祖帰りして普通のチューリップになるか、判りません。

ですので、今年の花を眺めたら、来年の花は秋に新しい球根を買いましょう。
その後は一年おきに花を見る花壇と球根を育てる畑の二種類に分けます。

チューリップでもゆりでも同じですが、モグラやネズミに球根を食べられます。
ですので、花を咲かせるために植えつけて、葉が枯れたら掘り出して保管する、でないと、次の年芽が全然出なくなります。

たいていの場合、球根を大きくする為に植えるのが面倒になって、毎年秋に球根を新しくする人が多いです。
クリスマスが終わってから園芸店に行くと、一つ5円くらいになります。(ただし有るの全部で1000円とか、2000円とかで売ってます)
そんなにいらないとか言うようでは駄目です。
新しい球根だと、球根と球根をくっ付けて植えても花はきれいに咲きますので、飽きるまでその手を使うのも良いかと思います。

自家採種のチューリップの球根は一年おきでないと良い花を咲かせません。
ですので、6月頃に掘り起こしたらそれはそれだけをネットの袋に入れて直射日光の当たらない場所に保管します。
そして、10月頃に植えて、来春、花芽が出てきたら摘んで、花無しで6月まで置いて掘り起こします。そして保管。
その秋に植えれば、次の年の春に花を咲かせます。

ただし、新品種の場合、次に花を持たせたときに同じような花になるか、先祖帰りして普通のチューリップになるか、判りません。

ですので、今年の花を眺めたら...続きを読む

Q芽の出ない球根(ムスカリ、チオノドグサ、シラー等)

去年の秋から10月初めに植えた球根についての質問です。

10月頃にチューリップ、ハナニラ、ムスカリ、チオノドグサ、シラー、ヒヤシンスを植えました。
また11月の終わり頃、ムスカリを少し植え足しました。
その内、チューリップ、ハナニラ、ムスカリの一部(10月に植えた物の半分くらい)は芽が出てきました。(1月末現在)
ですが、チオノドグサ、シラー、ヒヤシンスはまだ芽が出ていません。

私が住んでいるのは中国地方ですが山間部のため、雪こそそんなに降りませんが、冬の今時分はとても寒いです。
球根は、庭の花壇に埋めました。
少し広めの花壇で、地面の上に直接土を盛って縁石で囲っただけのものなので、水はけは良いほうだと思います。
ヒヤシンスなどはもうそろそろ芽が出ないと駄目なのではないかと思うのですが、まだ芽は出ないものなのでしょうか?
それとも、今年はもう諦めたほうが良いのでしょうか?

ムスカリも、10月に植えたものの半分だけは芽が出ていますが、残りはまだ芽が出ていません。
ちなみに、11月の終わりに植え足したムスカリは、すでに袋(ネット状)の中で発芽していたものを植えたものです。

もしも今年は諦めたほうがいいのなら、その後のお手入れについても教えてください。
よろしくお願いいたします。

去年の秋から10月初めに植えた球根についての質問です。

10月頃にチューリップ、ハナニラ、ムスカリ、チオノドグサ、シラー、ヒヤシンスを植えました。
また11月の終わり頃、ムスカリを少し植え足しました。
その内、チューリップ、ハナニラ、ムスカリの一部(10月に植えた物の半分くらい)は芽が出てきました。(1月末現在)
ですが、チオノドグサ、シラー、ヒヤシンスはまだ芽が出ていません。

私が住んでいるのは中国地方ですが山間部のため、雪こそそんなに降りませんが、冬の今時分はとても寒いです。
球根は、...続きを読む

Aベストアンサー

こちらは北海道南部ですが、お書きになったものの発芽はこちらではすべて3月の中旬くらいですよ。植えっぱなしのムスカリは夏の終わりに芽を伸ばして、長い葉っぱのまま雪の下で春を待っていますが。
ということで、発芽の時期は地域差が大きいようでまったく参考にもならない回答ですが、そのまま春になるまで待ってみるのがよろしいかと。

Qチューリップを植えた後の土はまた使える?

今、プランターにチューリップが咲いています。
咲き終わったら、その土に、又 秋 
チューリップの球根を植えてもいいものでしょうか?
違うものにしたらいいのか、使ってはいけないものなのか、
なにか・・・土にしなければいけない事があるのか・・・
教えてください。

Aベストアンサー

消毒・殺菌などは黒いポリ袋にでも土を入れておいて半月ぐらい日当たりに放置するだけでもいいとは思いますが、窒素、リン酸、カリという三大栄養素以外の微量栄養分の補給が必要です。
「再生させる土」というのもありますが、ほとんどの場合、普通のプランター用土を買うよりも高いですね。今のプランターにはあまり元肥を必要としない春植えの植物を植え、秋には新しい用土を購入してチューリップ、という方がいいと思います。

Qすでに葉と根が出ているムスカリの球根は?

先日、植えた覚えのない砂利の中からムスカリの葉が出ているのをみつけました。
土の整理をしている時に球根が落ちたのだと思いますが。
日当たりが悪いところなのでちゃんと土の中に植えてあげたいと思い、球根ごと掘り上げましたが・・・

葉が伸びすぎないようにするには11月過ぎて植えるほうがよいと聞きました。
でも、それはまだ葉が出ていない球根の場合ですよね?

すでに葉が出ている球根はすぐに土に植えたほうがよいのでしょうか?
それとも葉も根もついたままで11月まで保管してから植えてもよいのでしょうか?
葉の長さは2,3センチのものから10センチくらい伸びでいるものもあります。

また1つの球根は誤って葉をすっぽり抜いてしまいました。
一度葉が抜けてしまった球根はもう葉は出ず花も咲かないのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ムスカリはユリ科の球根植物で、ブドウスイセンと言う別名があります。
寒さには非常に強い性質があって、植付け時期を間違わなければ屋外にて
越冬させる事が出来ます。

基本的には6月に掘り上げて保管し、10~11月を過ぎてから植付ける
ようにします。10月より早く植付けると、早く芽が出て寒さによる害を
受けやすくなります。現在葉が出ているのは、土の整理をしている時に球
根が落ちて、そのまま落ちた場所に根付いて締ったのだろうと思います。
再び葉を切る事は良くないので、今年はそのまま植付けて冬場は防寒対策
をされて越冬させ、6月に掘り上げるようにされたらどうですか。

ムスカリは水はけの良い砂質の土を好んで、酸性の土壌を嫌う性質があり
ます。自然界では何もしなくても酸性土壌に傾きますから、植付け前には
苦土石灰で酸度調整が必要です。
基本的には日当たりの良い場所を好みますが、真夏の高温期は葉焼け等の
障害が生じますから、真夏時は光線を和らげる工夫が必要です。

葉を抜いた球根ですが、生長点が残っていれば再生するはずです。生長点
も抜けてしまっていれば、球根は腐敗してしまうでしょうね。
先程に書いた要領で植付けを行い、春まで様子を見るしか手はないと思い
ます。

ムスカリはユリ科の球根植物で、ブドウスイセンと言う別名があります。
寒さには非常に強い性質があって、植付け時期を間違わなければ屋外にて
越冬させる事が出来ます。

基本的には6月に掘り上げて保管し、10~11月を過ぎてから植付ける
ようにします。10月より早く植付けると、早く芽が出て寒さによる害を
受けやすくなります。現在葉が出ているのは、土の整理をしている時に球
根が落ちて、そのまま落ちた場所に根付いて締ったのだろうと思います。
再び葉を切る事は良くないので、今年はそのまま植付...続きを読む

Qおととしの秋に植えた80個ほどのチューリップを植えました。

おととしの秋に植えた80個ほどのチューリップを植えました。
去年の春は全てピンクパープルだった(と思う)のですが、今年はあるエリアの10本ほどが他のエリアよりも開花が遅いなと思っていたらふくらんできた花が白いのです。大きさも少し小さく、葉も茶色くなっているものがあったりします。今、花が開いてきたのですが、いくつかはピンク色のすじのような模様ができています。これってやっぱりウィルスでしょうか?
アドバイス、お願いいたします。

Aベストアンサー

質問文の内容から考えると、ウイルス病とは違って正常だと思います。
ウイルスを病原菌での病気の症状としては、委黄病、委縮病、モザイク
病、壊疽モザイク病、葉巻病、輪紋病があります。
この中で該当する病気は一つも無いので、チューリップに発生した病気
は病気でもウイルス病でも無いと言う事です。

あなたは質問の中で「と思う」と言う言葉を使って居られますが、間違
いなく全がピンクパープルだったと確信する事はできていませんよね。
と言う事は80球の中に今回開花した品種が混ざっていたと考えるべき
ではありませんかね。葉が茶色になるのも、これは生長過程で生じる事
ですから、葉が茶色になったからウイルスだと考えるのは危険です。
ウイルスに対応する薬剤を使用したとしても、実際にはウイルスでは無
いのですから薬害を起こして枯れるかも知れません。

花の大きさが小さいのは、肥料の取り合いによって養分が行き渡らなか
ったためだと思います。間隔を広めにして数に適応した量の肥料を与え
られたらどうでしょうか。昨年と今年の気候も違うので、気候の変化も
多少は影響が出ているのかも知れません。

質問文の内容から考えると、ウイルス病とは違って正常だと思います。
ウイルスを病原菌での病気の症状としては、委黄病、委縮病、モザイク
病、壊疽モザイク病、葉巻病、輪紋病があります。
この中で該当する病気は一つも無いので、チューリップに発生した病気
は病気でもウイルス病でも無いと言う事です。

あなたは質問の中で「と思う」と言う言葉を使って居られますが、間違
いなく全がピンクパープルだったと確信する事はできていませんよね。
と言う事は80球の中に今回開花した品種が混ざっていたと考える...続きを読む

Qチューリップ、ムスカリの球根の堀上と消毒,保管について

20本ほどのチューリップもすっかり終り、葉が黄色く枯れてしまったので、球根を掘りあげました。
とりあえず、すぐに水で洗って泥を落とし、ネットに入れて風通りのよい場所につるしてあります。
ベンレート液とかいうもので消毒するといいと聞きましたが、それ以外に消毒の方法ってあるのでしょうか?
また、既に水洗いだけで乾燥してしまっているのですが、今から消毒を行っても問題ないでしょうか?
それと、球根は大きいものや小さいものがくっついて、塊になっていますが、それは離したほうがいいのでしょうか?
また、根っこがくっついているのは、根はそのままでいいのですか?

ムスカリについては、まだほりあげていませんが、
こちらについても、チューリップと同様のことが知りたいのです。

細かいことをたくさん聞いてすみません。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常消毒は球根の洗浄をした後にすぐします。
すでに乾燥されているのなら粉状のベンレートをまぶしておくと消毒ができます。
消毒は必ずやらないといけないものではありません。
この先梅雨になると球根が腐りやすいので、その原因になる雑菌を殺す意味で行います。
そのまま何もしなくても球根を保管することは可能ですよ。
高温多湿になりにくい日陰で吊るしておけば大丈夫と思います。
分球は大きい子球だけ残してバラバラにしておくのが基本のようです。
母球は花後子球を作るとなくなります。消耗した母球や古い皮を残しておくと腐りやすくなるのでバラしてしまったほうが無難ですよ。
小さい球根も植えると花は咲きませんが葉は出ます。
上手く太らせると2~3年後には花が付くので、スペースが許せば植えて育ててはどうでしょう。
根っこは乾燥できたら切り取ってしまっていいです。
古い皮などは取り除いたほうが腐りにくくなっていいですよ。

ムスカリもチューリップ同様乾燥させて保管します。
チューリップのように毎年堀上ないほうが株が詰まって花が密集しキレイ咲きそろいます。
ムスカリは母球がなくなることはないので堀上たら洗って乾燥(消毒はどちらでも)分球、根や皮の処理をチューリップと同じ要領でやればいいです。

きっとチューリップの球根は買った物のサイズよりかなり小さくなったんではないでしょうか?
このまま育てるとどんどん球根が小さくなっていずれ花が咲かなくなります。
上手く年を越して球根の再生ができるようになったら、球根を復活させるように花を咲かせない年を作るといいですよ。
蕾のうちに花を取ってしまい肥料を充分にあげて育てると球根が大きく育ち大きな花が付くようになりますよ。

通常消毒は球根の洗浄をした後にすぐします。
すでに乾燥されているのなら粉状のベンレートをまぶしておくと消毒ができます。
消毒は必ずやらないといけないものではありません。
この先梅雨になると球根が腐りやすいので、その原因になる雑菌を殺す意味で行います。
そのまま何もしなくても球根を保管することは可能ですよ。
高温多湿になりにくい日陰で吊るしておけば大丈夫と思います。
分球は大きい子球だけ残してバラバラにしておくのが基本のようです。
母球は花後子球を作るとなくなります。消耗し...続きを読む

Q毎年春にこのチューリップにた葉っぱが出てきますが特に花が咲くわけでなく

毎年春にこのチューリップにた葉っぱが出てきますが特に花が咲くわけでなくいつの間にか枯れてしまいます。
この愛想のない植物は何でしょうか。花を咲かせる方法はあるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

チューリップに間違いないと思います。

この葉の様子ではまだ小さな球根かと思います。
以前に大きい球根があってその子でしょうか?

土にも肥料分が少ないのかもしれません。
葉が枯れた頃、掘り起こして十分肥料を施しもう一度植えなおしてみてください。
来春、花が咲くといいですね。


人気Q&Aランキング