この場合の過失割合はどうなるのでしょうか。

走行中に一時停止を怠って交差点に突っ込んできた車とぶつかりました。
私はブレーキを踏んだものの、相手方がかなりの速度で突っ込んできたので避けきれずにぶつかりました。
私はスグに停止しましたが、相手は逃走。同乗していた友人がその車を追いかけたのですが300mほど走行を続け停止しました。それもボロ車だったからかエンジンが壊れて走行不能になったので仕方なく止まったような状態です。
私の友人の他に相手方がぶつかってきた末逃走したと言うことを証言してくれると言ってくれている人が居ます。
相手方が加入しているT海上火災からは9対1だと言われました。
(T海上火災の人は事故現場には来ませんでした。
話だけを聞いて過失割合を判断しています。どこもそんな感じなのでしょうか?)
走行中の事故なので、10対0はあり得ないと言われました。
私も避けきれなかったので(正しくは避けようがなかったのですが)
10対0は無いかもしれませんが、相手方の車は逃走行為を行った以上は自分が100%悪いと認めたから逃げたのではないかと思うのです。
この場合でもやはり9対1になるのでしょうか。
何だか納得がいかなくて・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まずyoshimitさんの記載文面から当方なりの判断を致します。

部分的にきつい表現をする箇所もあると思いますが、予めご了承頂ければ幸いです。

>走行中に一時停止を怠って交差点に突っ込んできた車とぶつかりました。
この文章からでは、信号の無い交差点と判断します。
ここでyoshimitさんが信号の無い交差点と理解していたか、していないかが第一の判断基準となります。
仮に理解していた場合「標識にてこの先に交差点がある」と判断していたと思われます。しかし、信号が無い場合「道路交通法上」では「停止線」がある車道を通過しようとする車両が「停止」する事が大原則ですが、信号の無い交差点の場合は「横断しようとする車両が来るかもしれない!?」という判断をyoshimitさんがされたかいなかが判断の基準となると思われます。
これは、具体的にどういう事かというと、イエローラインの場合は「はみ出し禁止」という事で100:0の可能性は大いにありますが、交差点というのは車両が横断する場所、つまり信号がある場合はいいのですが無い場合の交差点の場合は車輌が横断するかもしれないという判断がyoshimitさんにできていたかというのが鍵になります。判断されていた場合に何故yoshimitさんは危険を予測し停止(車両のタイヤが完全に停止していない場合)しなかった100:0には厳しいものがあります。
では、100:0にするにはそうすればいいのか?ですが
事故を起こした相手は「全て保険会社を通して・・・」と言ってくるでしょう。
ここで、過去のことですが相手に対しての人間としての感情的な部分での過失割合を追求するほうほうがあります。
kensakuさんと同様の意見ですが、事故を起こした側の保険会社が保証しない部分を、個人的に負担させる方法です。
この場合は相手に話し上で理解させ(本当は事故を起こした時点で理解させ一筆させる事が好ましいい)相手に過失の前面肯定をさせ一筆させる事です。
この一筆がある場合は、yoshimitさんにたいする過失割合の請求は無くなります。

次に、相手の車輌が当て逃げした部分ですが!
>私の友人の他に相手方がぶつかってきた末逃走したと言うことを証言してくれると言ってくれている人が居ます。
という事ですが、相手が「車輌を急に停車出来ない常態だった」と証言した場合は目撃者がいても立証になり難い部分があります。というのは「接触した時点で車輌の停止をしようとしたが即停止が困難だった(車輌を緊急停止できる状況では無かった)。」とかいう場合があるからです。

今回の事故の場合は「怪我人」や「あて逃げ(事故時点で相手側車輌に逃げられた)」があった場合は刑事事件となりますが、今回は法的には「民事事件」となります。

ここで無理して裁判に通しても「裁判費用」の負担が結果として多くなると思われます。
できることなら、相手が直接交渉の余地があるのならばyoshimitさんの過失割合を0と主張すると同時に、相手に対する過失割合を完全請求、できる事ならひきょうな方法だが、あいての就職状況、仕事内容、役職などの社会的地位を把握できればいいと思います。

今現在、各保険会社は業績が厳しく、できる事なら1円でも少なく、人件費も安く事故を解決「示談書」の交わしをしたいと思っている事が現実です。

yoshimitさんも相手の保険会社から「示談書」の交わしの要求があると思いますが、むちうち等の後遺症も考えられるので、1年位の経過時間の確保をされる事を、保険負担以外にお勧め致します。

長々と記載しすいません。
参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
詳しく教えていただきありがとうございました。

交渉の余地はありそうなので、行政書士の方に介入してもらい
いま話を進めている最中です。
相手が常識の分からない相手ですので、相手方の保険会社(代理店)も
困惑しているようでした。
相手方は事故後にナンバーを変えているし(そういうことをして何になるのかと
思いますが・・・)訳の分からない相手なので、
早めに片付けたいとは思うのですが、何とも言えない状況です。
教えていただいたことを参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 20:49

当方(yoshimitさん)と相手方が同程度の速度の場合は


当方20:80相手方となります。

当方が減速していた場合は
当方10:90相手方となります。

当方が徐行していた場合は
当方0:100相手方となります。

徐行とはすぐ止まれる速度で
減速とは制限速度の半分程度の速度です。

>相手方の車は逃走行為を行った以上は自分が100%悪いと認めたから逃げたのではないかと思うのです。
>この場合でもやはり9対1になるのでしょうか。
逃走行為と過失割合は関係ありませんので
残念ながらこれを理由に相手方に全責任を負ってもらうことはできません。
また、他の方の回答にもある通り
交差点は徐行の義務がありますので
徐行をしていなかったから事故が起こったのであり
過失が生じるということになってしまうのです。

事故が起きた場合は全て交通法規に照らし合わせて過失が判断されますので、
このことを頭に入れて運転された方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

私の走行していた車線はイエローラインだったので、交差点でも徐行まではせず、減速しただけでした。
まさか自分は事故に遭わないだろうと過信していた部分が多少なりとも
あったように思います。これからは気を付けます。
ただ今回の事故に関しては、(常識の範囲内で)ゴネないと気が済まないので
頑張ってみようと思います。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 21:07

 こんにちわ。



 一時停止無視だけなら通常8:2位の過失割合です。減速せずに進入してきたため、9:1という回答なのでしょう。(マニュアル通りです。)
 ただ、走行中の事故だからと言って絶対に過失があるとも言い切れません。他の方も書いてますが、運行するに辺り車には様々な注意義務が課せられます。ひとたび事故になるとそれが表面化し、安全運転義務違反だとか徐行義務違反を問われます。(それが被害者側の立場と言え、あなたの過失となりえます。だから10:0はない、と一言目には言われます。)
 あとは、事故状況や場所等で修正が行われていきます。道幅がどうなのか、何車線なのか、信号の有無は?、夜間?、どこにぶつけられているのか、他に法令違反はないか、などなど。
 一例として、片側1車線の道路で、相手方が一時停止を無視し、右後方に衝突してきた事故がありました。相手は右折したかったらしいのですが、見てないんですね。この場合、懇意にしている弁護士4名ほどから回答貰いましたが、車線をまたいで右折、しかも後方ともなると注意義務を問うことは難しい、自分が弁護したとして10:0を主張されたとしても覆せない、というもの。双方走行中ですが、事故の内容によっては結果的に10:0はあり得ます。
 がんばっちくらはらい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました。

10:0は厳しいようですが、95:5や90:0にしてくれと相手方の代理店に
ごねている最中です。相手方は一時停止を守り、時速40キロ程度のスピードしか出していないと、わけのわからんことを言っています。
(一時停止から交差点までの距離は10m程度です)
相手がヤバい人なので、早く決着つけたいと思うのですが
出来る限りがんばってみます!

ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 21:01

事故内容が、十分わかりませんので参考にとどめておいてください。


まず、過失割合は、基本が10:90でしょう。
貴方が、自分の過失をゼロといいたいと思いますが、どのような交差点でも徐行が条件です。(たれも優先道路の場合は徐行はしませんが。)
徐行とは、どのようなことがあっても緊急停止ができる速度と、警察は言いますが、そんな速度で交差点に誰も侵入しません。

そのような理由で、徐行していなかったために過失が生じます。ここで、対抗手段ですが、相手の過失を見つけだすのです。(衝突後の行動は、事故の過失には関係ありません。逃走しても関係ありません。)
相手が、どのような状態で交差点に進入したかを指摘するのです。例えば、10キロ以上の速度違反をしてきたことを指摘すれば、過失割合が変わってくると思います。(一旦停止せずに進入したことは、この場合、すでに過失割合に加味されています。)

事故の発生状況を相手の保険会社に言うのではなく。貴方の加入している保険会社にしっかりとわかりやすく説明をしてください。そうすれば、相手保険会社に主張してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

to32さんに教えていただいたように、自分の加入している保険会社にしっかりと説明しました。相手方の保険会社(代理店)の対応がメチャクチャなのでどういう状況になるのか、ちょっと心配ですが、保険会社に任せているので
大丈夫ですよね・・・?
とにかくクルマが元通りになれば問題ないとは思っているのですが。

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/12 20:54

過失割合は、毎年何十万件と起こっている事故のさまざまな場合について、判例などで決まっており、裁判になっても覆ることはないと思います。


が、相手との交渉しだいで、10%を相手に認めさせることもできます。相手が認めるか否かの問題です。保険会社は認めないでしょうが、相手本人が10%を自腹で払うと言えばいいわけです。
それには交渉次第だと思います。
修理代の10%(相手の車の10%も負担することになります)がいったいいくらになるのか? という問題もあるでしょうが、相手は「当て逃げ」をしているわけで、このあたりが交渉の材料となるでしょう。
また、あなたが車両保険と対物保険に加入していれば、金銭的な問題は解決するわけですから、いつまでもイヤな思いを持ちつづけるか、早く解決してしまいたいか、というあたりも考慮する必要があるでしょう。
10%を負担することは、あなたの保険会社は認めると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答、ありがとうございました。
お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
相手が普通の人ではないので(だから当て逃げしたのでしょうが・・・)
10%負担させるのは難しいようです。
一応保険会社には、理路整然と納得行かない理由を
述べているので、保険会社&相手の対応を待っているところです。
常識の範囲内でゴネてみようと思っています。
ありがとうございました<(_ _)>

お礼日時:2001/09/12 20:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故で相手は逃走しました。過失割合、やっとくことは何ですか?

この前交通事故をおこしました。

国道で夜中に私が右折時に滑ってしまって転んでしまいました。後続車両は150mほどは離れていたと思います。
転倒後10-20秒後に私の後続の車が倒れたバイクに突っ込んできてブレーキもかけずバイクを跳ね飛ばしてそのまま逃げてしまいました。
警察に電話して現場検証したのですが見た目では暗闇であったこともありあまりわからず警察がどこなんだろう見たいな感じでした
ただしタイヤが動かず走行不可状態なのは確認していると思います。

しかしそのバイクをバイクやに見せると修理すると10万以上はかかると言われ修理の方が高くつきそうだと言われました。
バイクを廃棄にするしかないのかもしれませんが
現場検証で見た目が分からなかったのにバイクを廃棄にすると相手が逃げているので相手が出てきたときにトラブルの可能性があるかもと考えております。

今回の件で過失割合はどの程度だと思われますか?
バイクを廃棄してよいものでしょうか?
私がやっておくべき事、相手が出てきたときの事も考え
準備しておく事(見積書を取っておくべき?等)を教えてください

この前交通事故をおこしました。

国道で夜中に私が右折時に滑ってしまって転んでしまいました。後続車両は150mほどは離れていたと思います。
転倒後10-20秒後に私の後続の車が倒れたバイクに突っ込んできてブレーキもかけずバイクを跳ね飛ばしてそのまま逃げてしまいました。
警察に電話して現場検証したのですが見た目では暗闇であったこともありあまりわからず警察がどこなんだろう見たいな感じでした
ただしタイヤが動かず走行不可状態なのは確認していると思います。

しかしそのバイクをバイクや...続きを読む

Aベストアンサー

過失割合を気にされているようですが、
全くの過失無しから始まり、
道路の制限速度や、相手の走行速度、
夜間と言うことですので、見通しの具合、
後、転倒を相手車両が確認していたかどうかにもよって、修正が入ると思います。

経験上、逃げた車の車種やナンバーの確認ができていないと、なかなか見つけにくいようですね。

せめて車種が分かれば、そのメーカーのディーラーに
一声かけておくのも良いかも知れません。
(修理に入ったときに教えてもらうなど。)

後お怪我はありませんでしたか?
もしお怪我があった場合は、今回の場合は事故とは関係ないですので、貴方の健康保険を使用して通常通りの治療が受けられます。
(但し負担金は実費です)

後、バイクの処分ですが、写真などの証拠とともに、修理見積もりなどを取っておけば、処分しても構わないと思います。

相手・・・見つかると良いですね。

Q相手一時停止十字路での過失割合について

先日、先方センターラインなし一時停止標識有、当方センターライン無し一時停止標識無の十字路で追突されました。先方は一時停止を無視し、当方の右後ろタイヤの更に後ろの右後ろバンパー部分に追突され、先方は車前面の追突でした。こちらとしてはミラーがあり先方が走ってくるのは見えましたが、タイミング的にもまさか追突するわけがないと思い予測不能で、さらに追突されたのが右後ろというように回避も無理でした。しかし先方の保険会社から過去の判例で過失割合が先方:当方8対2と言われ、納得がいきません。こちらは違反をしたわけでもなく、回避も予測も出来ない状態で先方は一時停止を無視したのにこの過失割合をのまなければならないのでしょうか。それとも頑張れば過失割合が変わることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

事故のお見舞い申し上げます。

基本過失割合は80:20(相手:質問者さん)です。
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/57.html

相手が減速せず進行したのであれば過失修正して90:10になります。

※予測不能に関しては、
>こちらとしてはミラーがあり先方が走ってくるのは見えましたが、タイミング的にもまさか追突するわけがないと思い予測不能で、

相手を認識している(出来ているので)ので、残念ながら予見出来なかったとは言えません。

90:10は交渉の範囲でも可能だと思います。
(100:0を主張する場合は、本人が直接交渉しないといけない為、相応の労力を必要とします)

※相手がこちらの過失を具体的に説明しない(出来ない)なら「90:0」という解決法を提案する方法もあります。

Q東京海上日動の火災保険

東京海上日動で火災保険と地震保険に加入しようと思っています。購入価格2500万円の中古マンションなのですが、火災保険の加入に関して、土地の値段は再取得価格に入らないから、建物の購入価格で加入すると良いというようなことを聞いたことがあります。保険のセールスマンにいうと、「マンションの購入価格で、建物がいくらで土地がいくらというのが購入時の書類でわかるはず」といわれました。しかしどこを見ても載っていません。
土地以外の建物のみの価格はどこを見ればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

そのセールスマンに部屋の広さ(m2)を伝えると、普通は幾ら幾らという叩き台になる金額も提示できるはずです。
#2さん辺りが模範解答になりますが、平米数から算出した簡易評価基準での補償額も聞いてみると良いと思います。
東京海上日動で地震保険もと言うと超保険で100%補償を考えてると言う感じでしょうか。
地震保険の建物補償は実は主要構造部に被害が出ない補償されません。鉄筋コンクリートの建物は堅牢ですし、昭和56年6月以降の新耐震基準で作られた建物だと震度7でも耐えられる(=主要構造部に被害が無い)造りでもあります。また、専有部分の補償額の半分までした付けられませんのでどちらかと言うと分譲マンションでは建物の地震保険は優先順位が低いかと思います。
家財に地震保険を付ける方が優先順位が高いと思います。家財だと主要構造部への損害のあるなしと言うのは関係ありませんし、堅牢な建物なら家財の被害の方が大きい事が想定されます。
地震補償については幾つか特徴的な会社を列記しておきます。

・東京海上日動・超保険(地震100%補償)
・損保ジャパン(地震火災費用100%)
・日本興亜損保・フルハウス(地震仮住まい費用補償)
・日本震災パートナーズ・リスタ(新地震費用保険)

予算の問題もあると思いますが、超保険+フルハウス+リスタ辺りがあるとかなり万全に近づきます。家財は超保険で100%補償、建物はフルハウスにして仮住まい費用を確保、その上でリスタでその他の費用を確保。。。

そのセールスマンに部屋の広さ(m2)を伝えると、普通は幾ら幾らという叩き台になる金額も提示できるはずです。
#2さん辺りが模範解答になりますが、平米数から算出した簡易評価基準での補償額も聞いてみると良いと思います。
東京海上日動で地震保険もと言うと超保険で100%補償を考えてると言う感じでしょうか。
地震保険の建物補償は実は主要構造部に被害が出ない補償されません。鉄筋コンクリートの建物は堅牢ですし、昭和56年6月以降の新耐震基準で作られた建物だと震度7でも耐えられる(=主要構造部に...続きを読む

Q東京海上日動 犯人未逮捕なので火災保険金は払わない

約3ヶ月前に半空き家(家財約7割残衣類含む)にしていた家が放火されました

その後、2ヶ月近く経ってから来たのが東京海上から依頼された「株式会社AR」という調査会社でしたが、信じられない台詞を連発されました

(1)「なんでそんなにお金が必要なんですか?」

(2)「何故銀行に言ったんですか? 黙っていれば今まで通り月賦を払うだけで済むし、普通は言わない 黙っていれば済む話」(住宅ローンの質権設定あり)

(3)「トラブルや愛人は? 子供の交友関係は? (私の)親兄弟の住所連絡先仕事先は?」 

(4)「なぜ空き家に保険を掛け続けていたのか?」

(5)「住宅ローン以外の負債の有無」

(6)「会社の負債は?」(親類の会社の役員をしている)

(7)「絶対に燃やすという、執念のような物を感じる」

(8)「ガソリンが使われていると、支払いまでに2年以上かかる場合もある」

(9)「警察の捜査が進んでいないので、調査報告で問題なしと言えない」

(10)「個人情報保護法の問題で、(私に対する)詳しい状況が聞けない」

後日の電話と2回目の報告時にも、(2)(5)(6)(9)(10)は繰り返し言われました



2回目の報告時にも警察の捜査が進んでいないから払えないと言うので

 「一緒に警察へ行き(私の)情報開示請求をしましょう」 と言うと 「その時がくればそうしましょう」

などと訳の解らない返事が返ってきました


銀行への確認時に調査会社が

(1)「質権設定物件が燃えた場合でも、一括返済の義務は無い筈 あるなら文言を出せ」

(2)「徹底的な調査をした上でなければ、保険金は支払ってはいけないと金融庁から命令が出ている」




余りにも腹立たしいので、そんぽADRセンターと、東京海上お客様センターへ連絡し、期日内での書面による報告を依頼しました

その結果、東京海上の担当者がアホで会社への報告もちゃんとしてなかった事、今後は課長が実質担当する事を代理店より聞きました


期日より 2日遅れで書面による報告が来ましたが内容が

(1)事故当時の追加聞き取り

(2)消失家財の購入年月日、購入先・メーカー・ブランド名、型番等、貰い物であれば何時誰からどの様に貰ったのか詳細を書く

(3)規模の小さな零細企業の役員なので、会社の過去3年分の決済報告書の提出

この3点を求められました



これって最初から全てがおかしくないでしょうか?

被保険者に保険金を支払う為の調査ではなく、あわよくば被保険者を犯人に仕立て上げ、保険金を支払わない為の調査をしている様に思います

皆様はどう思われますか?

こういった調査が常識なんでしょうか?


皆様のお考えをお聞かせ願います
※煽り等は一切お断り致します

約3ヶ月前に半空き家(家財約7割残衣類含む)にしていた家が放火されました

その後、2ヶ月近く経ってから来たのが東京海上から依頼された「株式会社AR」という調査会社でしたが、信じられない台詞を連発されました

(1)「なんでそんなにお金が必要なんですか?」

(2)「何故銀行に言ったんですか? 黙っていれば今まで通り月賦を払うだけで済むし、普通は言わない 黙っていれば済む話」(住宅ローンの質権設定あり)

(3)「トラブルや愛人は? 子供の交友関係は? (私の)親兄弟の住所連絡先仕事...続きを読む

Aベストアンサー

これを最後の投稿にします。

別の回答者が書かれていることですが、もう一度繰り返すと、火災保険金請求事件において被保険者あるいは保険契約者の事故招致が問題になった場合、保険会社が、抗弁として本件火災が被保険者らの故意または重過失により発生したことを主張・立証する必要があります。すなわち、保険会社が免責主張をする場合、第一に本件火災が放火であること、第二にその放火に被保険者らがかかわっていたことを立証しなければいけません。そして、この場合の立証手段は直接証拠によることは通常ありえず、間接事実の積み上げにより故意を推認していくやり方になります。

で、前回までは、相談者の文面だけから判断すると、保険金は銀行に入り相談者にはいらないためメリットがなく、その結果、動機に欠けるのでは…とぼくは判断しました。ただし、文面以外の事実で、「上記火災保険以外に、たとえば火災発生前に新たに火災保険を締結したとか、それが金融機関以外に質権が設定されている契約だったりしたら事情は違ってくるのは説明を要しないでしょう」とも付け加えました。あれはあくまで例示であり、要するに、放火を犯すほどの経済的メリットがあるかどうかです。なければ動機が成立しませんから、仮に本件火災が第一の要件である放火であったとしても、相談者には放火をする動機がないため、第二の要件である相談者のかかわりが否定されることになります。

と、回答したところ、相談者から以下のような追記がありました。

>火災保険は17年前の購入時からずっと掛け続けている物です

→これは相談者にとってたぶん有利にはたらく情報です。
理由。
 ● 火災発生の約10年前に、保険契約を締結した。
 ● 火災発生の3年前より契約締結し、以後同一内容であった。
 以上は、保険契約に関する事情につき、放火と認定されなかった判例の理由です。


>仰るように考え方次第ではありますが、私自身は事実上メリットはないと思っています
>保険金額と購入金額の差分による減益、幸い類焼等はありませんでしたが近隣者への対応等での苦労はマイナスでしかありませんし、類焼>や死者怪我人が出る可能性が高すぎて、とてもじゃないけどメリットを探す方が無理な話です(少なくとも私自身では)

ぼくは言っているのは近隣者への対応等での苦労などという事実上のデメリットではなくて、あくまで保険金を手にするかどうかです。

文面以外の事実でもう一つ例示を加えます。今回は火災保険金請求権に質権を設定したというのが特色で、質入れ債権は火災保険金請求権、被担保債権は銀行ローンにおける債権です。民法366条2項「債権の目的が金銭であるときは、質権者は、自己の債権額に対応する部分に限り、これを取り立てることできる」となっている。つまり、前記質入れ債権と被担保債権に差額が発生した場合は相談者にも保険金の一部がはいるという利益が発生する可能性があるということです。火災保険や銀行ローンの約款を見ればわかるのですが、火災保険が新価保険の場合は差額が発生する場合もある。したがって、額にもよりますが、動機ありと推認する間接事実の一つになりうる。相談者に経済的メリットがなければ心配には及びませんが、念のためです。

これを最後の投稿にします。

別の回答者が書かれていることですが、もう一度繰り返すと、火災保険金請求事件において被保険者あるいは保険契約者の事故招致が問題になった場合、保険会社が、抗弁として本件火災が被保険者らの故意または重過失により発生したことを主張・立証する必要があります。すなわち、保険会社が免責主張をする場合、第一に本件火災が放火であること、第二にその放火に被保険者らがかかわっていたことを立証しなければいけません。そして、この場合の立証手段は直接証拠によることは通常あ...続きを読む

QT字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる? 先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってま

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろのドアにあたりました。相手も少しよけたらしく左の塀に擦ってしました。左よけた衝撃で右の方の運転席が開かなくなりました。

保険屋さんに話した相手のいいぶんが一時停止しないで右折してきて直進してるクルマにつっこんだ。と言ってるらしいです。

自分のいいぶんはまががり始めた頃には車いなかったし相手がいつ気づくかによって自分が一時停止したかどうかわかるとおもいます。仮に自分が右折途中で相手が右折してきた車にきずいた場合は一時停止したかわからないとおもいます。そこで引っかかるのが右折途中で車にきずいた場合一時停止したか相手はわからいのに一時停止もしないで右折してきたってゆえるんですかね?
直進してる車に思いっきりとびだしたら普通に相手の運転席のドアにおれのバンパーが当たるはずだとおもいます。そもそもミラーでうつってなくて自分が5キロ未満で右折して相手が60キロ以上で直進を走ってたら必ずぶつかると自分はおもいます。

こういったケースの場合過失割合はどうなるんでしょうか?

保険屋さんは
相手2
こちら8

T字路での過失割合。接触箇所で過失は変わる?

先日T字路で交通事故を起こしまい過失割合で困ってます。信号も標識もなく道幅も同じような道路で周りには塀や民家がたくさんある所です!

事故状況は自分が一時停止をしてミラーを確認たところ車が来てないのがわかり、右折しました。右折してる最中に直進道路をものすごい勢いで(相手本人いわく40キロ制限の直進道路を60キロで走っていたと言っていましたけど60キロ以上出てたと思います)走ってきました。
それで相手の車のバンパーと自分の左ドアの前と後ろの...続きを読む

Aベストアンサー

>右折してるのがわかったらスピードおとすなりブレーキ踏めたでしょってはなしなんですけど

その通りです。
ですから100:0にならないんです。
それが相手の過失2割なんです。

>相手が右折してきたのわからなかった場合ははなしがちがってきますけどね

この点を最も勘違いしていますよ。
わからなかったかどうかは過失に関係しません。一切関係しないんです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報