set down a summaryってどう訳すべきでしょうか?
もちろん文脈にも夜と思うんですが・・・

A 回答 (2件)

「要約を書き留める」「要約を記録する」といったような意味です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!ぴったり!とは逝きませんでしたが、8割がた当てはまりました
ありがとうございます

お礼日時:2001/09/10 00:29

「要約を下に示します。

」で意味が通じますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うぐぐ・・・かんなりキツいっす 僕もそう思ったんですけどね・・
回答ありがとうございます

お礼日時:2001/09/10 00:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qdown with the U.S.A の訳はなんでしょうか?

イランにアメリカ批判の壁面広告があるようなのですが、
down with the U.S.Aと書いてあります。正しく訳すとどうなるのでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Anti-US_Tehran.jpg

Aベストアンサー

「アメリカくたばれ」

down with ~をぶっつぶせ、~を追放せよ、~を倒せ

Qa hundred thousand down

Doomというゲームを開発したJohn Carmackに関する"MASTERS OF DOOM"という小説を読んでいます。

その中で、Sierra-On-Line社のWilliamsという人とCarmack達の会話の一部がよくわかりませんでした。

CarmackたちはWilliamsと交渉し、250万ドルでWolfensteinというゲームを売る話が出ます。以下がその内容です。

-----
Williams said. Then he (Williams) offered them $2.5 million.
The id guys (Carmackたちのこと) returned to their snowed-in apartment to discuss the deal.
(中略)
But they didn't jump to the gun. They didn't want just to do a stock deal, they wanted some up-front cash.
(中略)
(Carmackの同僚である)Romero suggested. "Let's ask for a hundred thousand down. If they're (Williamsのこと) interested, then we'll sell. If they don't, then we don't do it."
-----

上記の"Let's ask for a hundred thousand down"がよくわかりせんでした。

250万ドルのオファーが出ている中で10万ドルをdown(値下げ)するという意味ではないと考えています。

stock dealなどの話が出ているので、cashで10万ドルを受け取ることをdownとしているのでしょうか?

Doomというゲームを開発したJohn Carmackに関する"MASTERS OF DOOM"という小説を読んでいます。

その中で、Sierra-On-Line社のWilliamsという人とCarmack達の会話の一部がよくわかりませんでした。

CarmackたちはWilliamsと交渉し、250万ドルでWolfensteinというゲームを売る話が出ます。以下がその内容です。

-----
Williams said. Then he (Williams) offered them $2.5 million.
The id guys (Carmackたちのこと) returned to their snowed-in apartment to discuss the deal.
(中略)
But they didn't jum...続きを読む

Aベストアンサー

その前のセリフの中に they wanted some up-front cash (彼らはいくらか前払いすると言っている) とあるところからすると、その Let's ask for a hundred thousand down というセリフは、「じゃあ、10万ドルを前払いしてもらおう」 ということだと思います。

Qgo downのdown

外国人がdown the streetといったり、
down the hallwayとか,straight downとかdownとよくいうんですが、このdownはなんですか?

Aベストアンサー

go downのdown
外国人がdown the streetといったり、
down the hallwayとか,straight downとかdownとよくいうんですが、このdownはなんですか?

まず、downとupは対にして使われます。go downがあればgo upがあります。
たとえば、downtownと言います。別に零メートル地帯にあるのではなく、日本の「下町」ともちっと違いますが、しかし、日本語でも「下町」と言うように、英語にもdowntownがあるのです。downtownというと商業地とか、裁判所やcity hallがあるとか、そういうイメージ。それに対してuptownは、住宅地ですね。つまり、自分たちが住んでいる「山の手」みたいなところがuptownと言っても近いかもしれません。
また、日本では、東京駅を中心に、東京駅の方角へ向かう列車は九州でも北海道でも「上り」反対が「下り」ですね。あれもちょっと似た考え方です。

このdownは、もともとは下の方向でしたが、それ以外に距離感を出す場合、自分から見て遠ざかる場合、心理的に下へ向かう場合などにも用いられます。
I'll meet you down at the station. であれば、わざわざそこへ行く感じが少しでます。もちろんdown がなくても言えます。
down the hallwayも、廊下を出口の方へ行くとかで使います。(他にもいろいろな場合があると思います)。逆に、大切な部屋、こちらの側の部屋、自分がいる部屋の方へくるのであればupかもしれません。

この表現は何となくという感じがつかめるとつかえるようになります。普段からupとdownを気にしているといろいろな例に出会えてわかってくると思います。

以上、ご参考になればと思います。

go downのdown
外国人がdown the streetといったり、
down the hallwayとか,straight downとかdownとよくいうんですが、このdownはなんですか?

まず、downとupは対にして使われます。go downがあればgo upがあります。
たとえば、downtownと言います。別に零メートル地帯にあるのではなく、日本の「下町」ともちっと違いますが、しかし、日本語でも「下町」と言うように、英語にもdowntownがあるのです。downtownというと商業地とか、裁判所やcity hallがあるとか、そういうイメージ。それに対してuptownは、住...続きを読む

Qcome down off a high

こんにちは。ご存知の方、回答を宜しくお願いいたします。
楽しい事が終ってしまった「寂しさ」を表現したいのですが、どのように英語で言えばいいでしょうか?
日本語では「祭りの後」という言い方があったと思いますが、
英語で、"come down off a high"(楽しいことの後)いやな気分になる、落ち込む
という言い方もあるそうですが、ぐぐっても2件しかヒットしなかったのであまりよく使われる言い方ではないように思いました。
ご存知の方教えて頂きたいと思います。

それと、以下の文章の添削を宜しくお願いします。
11月は色々あったけど、貴方たちに会えた事がこれからの私の人生での財産になると思う。それが一番嬉しい事です。
There are a lot of things happened to me in November, but I am sure that it'll be treasure what I was able to meet you.
That is the happiest thing for me.

一番素晴らしいことは、たくさんの良い人に出会えたことです。 何者にも変え難い貴重な経験ができました。
The most wonderful thing is that I got to know many good people. Nothing is more precious than my experience I went though there.

こんにちは。ご存知の方、回答を宜しくお願いいたします。
楽しい事が終ってしまった「寂しさ」を表現したいのですが、どのように英語で言えばいいでしょうか?
日本語では「祭りの後」という言い方があったと思いますが、
英語で、"come down off a high"(楽しいことの後)いやな気分になる、落ち込む
という言い方もあるそうですが、ぐぐっても2件しかヒットしなかったのであまりよく使われる言い方ではないように思いました。
ご存知の方教えて頂きたいと思います。

それと、以下の文章の添削を宜しく...続きを読む

Aベストアンサー

◆come down off a high がどれくらいよく使われるか知りませんが、google検索で 30 件出てきますよ。off とか a とかは検索の便宜上、無視されることが多いので、" " マークをつけて、
"come down off a high"
として検索すると、このフレーズが並んだ英文だけがヒットしますよ。

◆「心にぽっかり穴があいた感じ」なら、
 feel (a kind of) emptiness とか
 feel a void in my heart
なんて表現が出来るでしょうかね。

◆◆以下、添削です◆◆

(1)11月は色々あったけど、貴方たちに会えた事がこれからの私の人生での財産になると思う。それが一番嬉しい事です。
◆ happen の使い方が間違っています。
 There is ○○ + 過去分詞 の表現は、
 ○○ is + 過去分詞 と書ける場合に使うと考えてみてください。
A lot of things are happened ... とは言えないでしょう?
◆ it'll be の it は何を指しているのでしょうか?
 文の前半では a lot of things (複数)でしたよね。
 what I was able to meet you は文法的に全く不可能です。
◆日本語では、自然な流れに身を任せるためか、「財産になる」というけれど、英語の場合は、「大切にします」「財産としていきます」というふうに I の決意として書いたほうが書きやすいし、自然になると思いますよ。

★前半の代案例
A lot of things happened to me in November, but ...
I had a lot of things in November, but ...
I had various experiences in November, but ...

★後半の代案例
I am really happy to have met you (all).
「あなた(たち)に会えたのが本当にうれしいです。」
I am really happy to have had an opportunity to meet you (all).
「あなた(たち)に会う機会があったことが本当にうれしいです。」

などの英文に続けて、

I will treasure the memories of the days I spent with you (all).
「あなた(たち)と過ごした日々の思い出を、宝物にします」
It will always remain a fond memory with me.
「それ(=出会ったこと)は、楽しい思い出として心に残るでしょう」

(2)一番素晴らしいことは、たくさんの良い人に出会えたことです。 何者にも変え難い貴重な経験ができました。
◆第一文はOKです。
 got to know many good people は、
 became good friends with many people 「たくさんの人たちといい友達になれた」でもいいかもね。
◆第二文もよく出来ていて、文法的にはしっかりしるのですが、私が英語指導で使うことばの中に「経験の最上級」というのがあり、【私の体験の中で一番○○だ】というときは、別の表現にしたほうがしっくりきます。
This is the most precious experience I have had.
「これは、私にとって最高に貴重な体験です。」
としたほうが文の流れにも合うと思います。

◆come down off a high がどれくらいよく使われるか知りませんが、google検索で 30 件出てきますよ。off とか a とかは検索の便宜上、無視されることが多いので、" " マークをつけて、
"come down off a high"
として検索すると、このフレーズが並んだ英文だけがヒットしますよ。

◆「心にぽっかり穴があいた感じ」なら、
 feel (a kind of) emptiness とか
 feel a void in my heart
なんて表現が出来るでしょうかね。

◆◆以下、添削です◆◆

(1)11月は色々あったけど、貴方たちに会えた事がこれ...続きを読む

Qcalm down to ~の訳を教えてください

映画「ブラッドダイヤモンド」の台詞で、バスの中での会話です。
ディカプリオが隣の席の男性記者と会話しているんですが・・・
この男性がある女性記者について「彼女、ホットな女だろ!?」
って言ったのを受けてディカプリオが「Calm down to the frantic now、huh?」と返すんですが・・。字幕では「ここで興奮しないでくれよ」でした。でも直訳すると「取り乱した状態に落ち着くの?」ですよね・・??取り乱した状態に行き着く気?・・が「興奮しないでくれ」となっているのでしょうか?いまいち理解しづらいです。それともdownとtoの間に何か省略でもされているのでしょうか?英語初心者で申し訳ありませんが教えて下さい。

Aベストアンサー

#1です。補足拝読いたしました。説明不足で申し訳ございませんでした。
このように 動詞+副詞 の形のものを 通常 phrasal verb (日本語では句動詞 といったような気がします ごめんなさい 日本語の文法用語を忘れました)と言います。

例えば put on (着る 身につける) take off (脱ぐ)などがこれに当たり 以前は その目的語を副詞の後ろに置くことが多々ありましたが 最近では 動詞と副詞の間に目的語を挟むのが主流になってきています。 
Put your coat on. 「コートを着なさい」
Take your shoes off. 「靴を脱ぎなさい」
のようにです。
勿論現在でも Take off your shoes. でも通じますし間違いではありません。しかし現在の英語の流れとしましては 目的語を間に挟む ほうが多く使われます。
ご提示の英文ですが Calm the frantic down. が元だと考えたのです。frantic に the をつけて名詞化しています。
これは例えば elderly 「年配の」という形容詞に the をつけて the elderly で 「年配者」(総称)として使う用法と同じです。
つまり the frantic は 「興奮した状態」という名詞になっているのです。
Calm the frantic down で 「興奮をした状態を静めろよ」という意味になります。
ここからが 会話なのですが この言い回しでは語感がなんだかヘンな感じがします。聞いたとき。通常 「抑えて 抑えて」と言う時には なにも挟まず calm down と言いますからね。で 後ろに持ってきたほうがよいかな と。すると Calm down the frantic. となります。これでも良いのですが なんか語感がまだヘン てな具合で calm down to the frantic と to を入れたというのが 私の個人的な勝手な解釈です。
で ここの部分何回も聞いてみましたが やはり calm down to the frantic と言っていますね。もにょもにょですけど。殆どto/theがくっついてますものね。言っているのかどうかもわからないくらいです。
このtoに拘られることはないと思います。Movie English ではよくあることです。

それから blood diamond script でググると一番最初に脚本がヒットします。これで確認しましたが この部分は脚本上はありませんね。監督かレオ様が入れたものと思います。その前の汚い英語を喋っているお兄さんの会話もありませんね。多分これは演出で 次に起きる緊張したシーンをより強烈なものにするためにプレス・バスの呑気な会話を挿入したのでしょうね。自称お茶の間映画評論家の私見では。

ご参考になりましたでしょうか。
またご質問等おありでしたらおっしゃってくださいませ。

#1です。補足拝読いたしました。説明不足で申し訳ございませんでした。
このように 動詞+副詞 の形のものを 通常 phrasal verb (日本語では句動詞 といったような気がします ごめんなさい 日本語の文法用語を忘れました)と言います。

例えば put on (着る 身につける) take off (脱ぐ)などがこれに当たり 以前は その目的語を副詞の後ろに置くことが多々ありましたが 最近では 動詞と副詞の間に目的語を挟むのが主流になってきています。 
Put your coat on. 「コートを着なさい」
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報