こんにちは。現在は会社員ですが、以前病気をしたこともあり、
医学を勉強したくなりました。といっても、医者を目指すという
わけではなく、医学関係(といっても広いとは思いますが)の
勉強をしていきたいということなのですが。
それで、聴講生や公開講座などで、医学系の内容を扱っている
ところがあれば参加したいと思うのですが、関西(私は大阪
在住です)で、そういうことを行っている大学などはあるので
しょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

医師です。



私の母校の医学部には聴講生の制度がありましたが、他の学部のような聴講生という方はいませんでした。医学部には専門的な知識がある人(製薬会社の人や、コメディカルの人など)が、自分に関係のある分野についての講義のみ聞きに来るということがありましたが。

さて、一般の方が大学の講義を聴講できるかどうかといえば、それは可能だと思います。しかしながら、たとえば内科に興味があるとします。内科といっても広いので、肝臓の疾患に限るとします。肝臓の疾患の講義を理解するためには、肝臓の機能、解剖、病理などを知る必要があります。機能は生理学という基礎医学の分野でマクロな視点で肝臓の機能を学びます。生化学という分野で、ミクロの視点、つまり化学物質がどのような変化をして、これこれこういう物質ができたり分解したり、というような化学的なことを勉強します。というふうに、内科を学ぶためにはその基礎を学ばなくてはいけません。そしてその基礎医学は実習無しでは修得できません。従って、聴講生というのは事実上難しいのではないかと思います。大学の講義はカリキュラムがきつきつなので、ある程度の知識を前提としている不親切な構造になっているのです。

公開講座なら基礎的な知識を必要としないので、大いに利用なさるといいと思います。公開講座のほとんどは地域の医師会が主催したり後援したりしているので、市の医師会などに問い合わせてみれば教えてくれると思います。保健所などの施設でも教えてくれるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
聴講生というのは難しそうですね。公開講座を探してみようと思います。

お礼日時:2001/09/12 00:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医学系翻訳家になりたいのですが

新しく、医学系の翻訳の仕事をしたいと思っています。地方在住なので自宅でフリーランスの仕事ができればと思っています。

これまで翻訳経験はありませんが、大学院や製薬企業で研究してきたこともあり、医学系の知識には比較的自信があります。英語力、日本語力も留学こそしたことがありませんが、論文を投稿したり海外学会で発表したり外国の研究員とコミュニケーションとることも可能なので、そちらも何とかなると思っています。

がしかし、実際検索してみると
未経験者を採用してくれる会社がなかなかありません。大概、募集要項の所に要経験とあります。
未経験者OKという会社には大体翻訳の勉強をする
学校や通信添削教材といった教育機関が付属しており、未経験者はまず勉強させて、それから自社に登録させる、といった採用方法しかしない方向に見えます。

やはり未経験者は教材や授業に投資して登録してもらうところから始めないと道が開けないんでしょうか??

Aベストアンサー

もちろん翻訳会社さんにはチェッカーの方がいらっしゃいますが、
現状、チェッカーの方の手を介してでさえ、お客様からの品質評価が常に高いとされる翻訳会社は少数といえる状況が続いています。
つまり翻訳会社さんにとっては、「高いアウトプットを出してくださる翻訳者が全て」といった状況であり、それがゆえ、経験者を重視する傾向がある、とお考えになられるのがよいかと思います。
(例えばこちらの翻訳会社が謳っているように”正確かつ自然”というところが、品質をはかるバロメーターになります http://www.iris-research.co.jp/006.html)


もしsakurarararaさんがご自信があれば、医薬翻訳を手がけていらっしゃる会社(できれば小さいところ)に、直接売り込みをされては如何でしょうか? 
もしそこが採用に前向きであれば、何らかの形でsakurarararaさんの実力を測ってくださることと思います。もしそこで高い実力があると認められれば、晴れてお仕事ができることになると思いますよ。
(大きいところですと、採用まで何かと形式的なステップが多いと思いますので、その意味で、実力を見てもらいやすい小さいところへの売り込みがベターと思います)


また、大学院/製薬企業のツテから、翻訳会社を探すことは出来ませんか?
そういった形であれば、紹介してくださる方が、sakurarararaさんの実力をendorsementしてくださるので、お仕事への道も近いと思います。


以上徒然ですが、もしご参考いただける部分ありますと幸いです。。。

もちろん翻訳会社さんにはチェッカーの方がいらっしゃいますが、
現状、チェッカーの方の手を介してでさえ、お客様からの品質評価が常に高いとされる翻訳会社は少数といえる状況が続いています。
つまり翻訳会社さんにとっては、「高いアウトプットを出してくださる翻訳者が全て」といった状況であり、それがゆえ、経験者を重視する傾向がある、とお考えになられるのがよいかと思います。
(例えばこちらの翻訳会社が謳っているように”正確かつ自然”というところが、品質をはかるバロメーターになります http:...続きを読む

Q大学における他学部聴講について(医学部医学科)

大学において、他学部聴講という制度があります。
その1例として、東京大学でも他学部聴講ができます。しかし、医学部医学科の授業は一切他学部聴講を許可していません。実習だけでなく、単なる講義形式の授業もあるはずなのに、なぜか全ての授業が聴講不可になっています(大学ホームページより)。なぜでしょうか?

理由として、医学部医学科の定員の制限は厳しく、聴講を許可してしまうと制限していないことになってしまうからでしょうか?その制限の趣旨は、(多分)将来の医師の学力低下を防ぐためですが、聴講生が医師国家試験を受ける資格も能力(学力)も得られるとは到底思えません。したがって聴講は許可しても良いと思います。

何か厳密な理由があるのでしょうか?
また、他の大学ではどういう状況になっているのでしょうか?

回答宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

主たる理由は前の回答にあるようにカリキュラムの違いでしょう。他学部のように前期、後期ときっちりわけれているわけではありませんので、事務手続き上の煩雑さもあるでしょうね。

「聴講生が医師国家試験を受ける資格も能力(学力)も得られるとは到底思えません。」というのは妙な理屈です。資格がないのは法律上の問題ですので、議論になりませんし、能力が得られないというのであれば受講する意味がないということです。講義というのは、それを理解させることが目標であり、医学科であればそれによって国家試験に合格するような能力を身につけさせることが目的です。講義内容を理解できないのであれば、受講する意味がありませんし、そういう受講者を排除するのはさほど理不尽とは思えません。医学部のカリキュラムというのは、全体が相互に関連しているはずです。よくある誤解として、医学部は入るのは簡単だが、中での勉強はたいしたことがないと言うのがあります。しかしながら、現実には他学部に比べてかなり厳しいカリキュラムになっています。それまでに学んだことの積み重ねの上に、講義が行われます。それを外部から来た人が理解するのは難しいでしょうね。

また、大学で学部の授業ともなれば専門性が高くなります。そして、そもそも大学というのはカルチャーセンターではありませんので、その分野での素人を相手にはしていません。医学部であれば医学部でそれまで学んできた学生を対象とし、医学部の学生以外を素人と見なすのは当然とも言えます。もちろん、医学部側の選択肢として、それでも講義を他学部学生に解放するというのもありますが、そうしないという選択肢もあるはずです。なぜなら講義を行うにあたって、学生の質というのは重要です。出来の悪い学生に足を引っ張られて、全体のレベルが低下することもあります。そういったことを危惧して、部外者を排除するというのも理由としては納得できると思います。

主たる理由は前の回答にあるようにカリキュラムの違いでしょう。他学部のように前期、後期ときっちりわけれているわけではありませんので、事務手続き上の煩雑さもあるでしょうね。

「聴講生が医師国家試験を受ける資格も能力(学力)も得られるとは到底思えません。」というのは妙な理屈です。資格がないのは法律上の問題ですので、議論になりませんし、能力が得られないというのであれば受講する意味がないということです。講義というのは、それを理解させることが目標であり、医学科であればそれによって国家...続きを読む

Q医学翻訳目指してます 電子辞書 英語モデルVS医学モデル

こんにちは。

医学翻訳者を目指しています。
現在の状況として、TOEIC920 英検準1級
通信教育と医学英語のクラスを受講予定
医学関係の仕事の経験はなし です

これまで使ってきた電子辞書は、英英、英和、和英とシンプルなもので、さすがに頼りなく、新規購入に当たり、
英語モデルがよいのか、医学モデルがいいのかで迷っています。
(どちらも専門向け最上位機種で考えています)

自分は医学のバックグラウンドがないこともあり、
医学モデルの方がよいのではないかと思うのですが、
医学モデルにすると、英語の辞書はとても足りないのでしょうか。
英語モデルの方がずっと安いのでそれも迷っています。
実務翻訳を目指すにあたり、ジャンルは最初から医学と決めていました。

そもそも英語が翻訳者としてまだまだな時点で
迷っている問題なのかどうかも疑問ですが、
どうぞご指導おねがいします!!

Aベストアンサー

こんにちは、No2です。 お礼ありがとうございます。

<単語数たりないんですね。
やっぱり英語モデルに傾いてきました
お聞きしてよかったです。
もしよかったら、
お使いの電子辞書の型番をお教えくださいませんか?>

どうしてもと言うならば、、、、

電子辞書(英和)は、ジーニ○ス英和が丸ごと入っているもの、
医学英和辞典は、研○社の物を持っています。(←営業妨害にはならないと思いますが、伏字にしておきました。)

しかし、悪いのはその辞書に限ったものではありません。

英語でかかれたmedical dictionaryという物でもサイズは電話帳ほどの大きさがあっても、やっぱり『載っていない単語が多い』ですよ。(他の方へのお礼から海外にいるとの事ですが、お近くの大学図書館に入ってみて実際に見てみればよくわかると思いますが、 やはり英語のMedical dictionaryも、医学英和辞典も専門書を理解するために使うには無理があると思います。)

おそらく用語によっては、『1~2ページくらい説明が必要』なものがあるから、そんなものは辞書に載せないのではないないと思います。(1年生の時は始めのテストの問題に○○という専門用語の意味を説明しろという問題もありました。)

ところで、私はNo3様の見事なアドバイスに大賛成です。

<辞書よりも、まず、医学関連の教科書などを読んで基礎知識を身につけた方がいいと思います。>

教科書関係の本は、難しい文法が一切使われていません。
『超簡単に読めます。』

私は有名な教科書では日本語訳が出ていることを全く知らなかったのですが、そういうものが有るならば、双方を読み比べれば辞書に載っていない専門用語も、その意味も、日本語訳も、理解できますね。

質問者様ほどの、強い意志があれば何でもできてしまうと思います。

では、医学翻訳を目指してがんばってください。^^

こんにちは、No2です。 お礼ありがとうございます。

<単語数たりないんですね。
やっぱり英語モデルに傾いてきました
お聞きしてよかったです。
もしよかったら、
お使いの電子辞書の型番をお教えくださいませんか?>

どうしてもと言うならば、、、、

電子辞書(英和)は、ジーニ○ス英和が丸ごと入っているもの、
医学英和辞典は、研○社の物を持っています。(←営業妨害にはならないと思いますが、伏字にしておきました。)

しかし、悪いのはその辞書に限ったものではありません。

英語で...続きを読む

Q大分大学医学科 三重大学医学科 山口大学医学科 長崎大学医学科 山形大学医学科 オススメ順に並べてく

大分大学医学科
三重大学医学科
山口大学医学科
長崎大学医学科
山形大学医学科
オススメ順に並べてください(立地、進級楽度、知名度etc...)

Aベストアンサー

長崎
三重
大分
山口
山形

やはり活気ある街が良いです。
上記はイメージですが。

Q医学日英翻訳会社

医学に関する日英(日本語→英語)翻訳会社を探しています.
ネットで見つけた翻訳会社に依頼してみたのですが,正直満足するものではありませんでした.
英文の校正と違い,日英翻訳が難しいのはわかっているつもりなのですが,よりよい翻訳会社をご存じな方,教えてください.

Aベストアンサー

#1です。補足していただきありがとうございます。(お返事遅れてすみません~)

料金に関して言えば、平均か安めでしょうか。
それにしても、「分野特有の単語訳」もきちんとしていないようでは、医学を知らない翻訳者が訳しているとしか思えません。翻訳者の側から言わせていただければ、分野特有の単語が決まっている場合は事前に資料として提出していただければありがたいのですけれど、たとえ質問者様の研究分野についてまったく知らなかったとしても、仕事として受けたからにはその分野特有の単語はもちろんのこと日英両方の言い回しまで調べてから訳文を作るのがプロの翻訳者です(その分野の専門家が読んでおかしくない文章を作るのがプロです)。その意味では、よい翻訳者に巡り会えたとはとても言えない状況だったのですね。(同業者として私も肝に銘じなければ。。。)

ただ、アブストラクトの翻訳というのはプロの翻訳者にとっても、字数の割に苦労するタイプの文書です。その理由としては、(1)アブストラクトは長い論文のエッセンスだけを抜き出した部分であり、情報の不足が往々にしてみられること。(2)特に日英の場合ですが、もともとの和文抄録のまとめ方が論理性を欠いておりそのまま英語に訳すと不自然になる。などがあります(ごめんなさい、質問者様がそうであるという意味ではないです)。ですので、できればアブストラクトだけを翻訳して欲しい場合も、論文全体を翻訳者に見せていただいた方が、より正確な翻訳ができることになります(なかなかそこまでやって下さる依頼者は少ないようですが)。

それらを踏まえた上で、翻訳会社に依頼なさる場合は「少々値段が高くなっても品質のいい翻訳をしてもらいたい」旨を告げて、経験豊富な翻訳者に回してもらえるよう依頼すると良いと思います。結局そのほうが、泣く泣く再度ほかの翻訳会社に頼み直すよりも安く上がることになるのです。良心的な翻訳会社でしたら、満足のいかない翻訳文が仕上がってきた場合には依頼者側がフィードバックを入れるなどしてやり直してもらうことも可能です。いい翻訳会社が見つかりましたら、フィードバックを入れていただくことで翻訳者側にもノウハウが蓄積され、よりよい関係を築いていけるものと思います。

最後に、今後のためにおすすめできる翻訳会社を挙げておきます。

アスカコーポレーション
http://www.asca-co.com/index.shtml

メディア総合研究所
http://www.media-int.net/index.html

#1です。補足していただきありがとうございます。(お返事遅れてすみません~)

料金に関して言えば、平均か安めでしょうか。
それにしても、「分野特有の単語訳」もきちんとしていないようでは、医学を知らない翻訳者が訳しているとしか思えません。翻訳者の側から言わせていただければ、分野特有の単語が決まっている場合は事前に資料として提出していただければありがたいのですけれど、たとえ質問者様の研究分野についてまったく知らなかったとしても、仕事として受けたからにはその分野特有の単語はも...続きを読む

Q基礎医学研究者になるために医学部医学科に進学することについて

唐突ですが、基礎医学の研究をしたくて国立医学部医学科に入ることで何か注意点などがありますか?
私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。
ただ周りの9割以上が臨床医希望の人で研究への情熱が湧きにくいとかがあるのかなぁとふと思うことがあります。
また、私は臨床医として働くことは考えていません。(但し医療分野には興味はありますが…)

医学部生の先輩方や医療従事者の方、またはこのような事情に詳しい方の意見を頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

No.2です。

こちらのご質問を拝見しました。↓↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3833818.html

再生医療に興味があるのですね。本当にこの分野しかやるつもりがないのならば医学科に行く必要はないです。ちなみに私が卒業した某国立では「再生医学」の講座は医師のスタッフはほとんどおらず、院生として医者がいるくらいでしたね。京大には遠く及ばないでしょうけど。


>私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。

そう考えるに至った理由を教えていただけませんか??
私はそんなことはないと思います。寧ろ本当に再生医療しかやらないのであれば、医師養成課程を卒業するのは遠回りすぎます。医学科って学生の間には研究するカリキュラムになっていません(卒論はなく卒業試験、研究室配属もなし)。もちろん自主的に研究室に出入りする学生はいますが、その人たちはほとんどが基礎医学にも興味がある臨床志望の学生です。医師になる上で興味のある基礎医学分野を学生のうちから深く学ぼうとする学生です。

一番現実的な道は、理学部や農学部の生命科学系の学科を出て、京大の医系大学院に入ることだと思います。

No.2です。

こちらのご質問を拝見しました。↓↓
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3833818.html

再生医療に興味があるのですね。本当にこの分野しかやるつもりがないのならば医学科に行く必要はないです。ちなみに私が卒業した某国立では「再生医学」の講座は医師のスタッフはほとんどおらず、院生として医者がいるくらいでしたね。京大には遠く及ばないでしょうけど。


>私は理、工、農学部なども真剣に考えましたがどうも医学部の方が研究するにあたって有利な気がしますが…。

そう考えるに至った理由...続きを読む

Q医学関係の翻訳について

基本的な英語が出来る程度です。知りたいことがあって、英文で書かれた医学関係(耳鼻咽喉科)の論文を翻訳し始めました。専門用語などはパソコンを駆使して翻訳しておりますが、何度も行き詰っております。そもそも、素人が医学関係の翻訳を試みようとすること自体が無理がありますか?もうよそうか、でもここまできたから後もう少し・・と、気持ちは行きつ戻りつつ、ボツボツと作業をすすめております。お金を出せば、その道の専門に頼むことも可能ですから、そちらに頼んだほうが手っ取り早いかなとも思っているのですが。

Aベストアンサー

医学論文は英語そのものはたいして難しくありません。大学受験の長文読解問題ほどもひねってありません。問題は書かれた内容についての基礎知識と見慣れない専門用語への対策です。専門用語の検索サイトは探せばすぐ見つかります。訳語がどうしても見つからなければその単語だけとりあえず英語のまま訳文に混ぜても大丈夫です。

書かれた内容に関しては、

http://merckmanual.banyu.co.jp/
メルクマニュアルという医療従事者向けの解説書ですが日英ともにネット上で公開されています。関係のある疾病について両方の言語で基本的な知識を得るのに役に立つと思います。

もし基礎的な医学英語を一から身に付けるとすれば、安くて内容がしっかりしている看護学生向けの英語教科書や解剖学用語集を。大きい書店へ行けば見つかります。英語版の医学用語辞典もペーパーバックのがあります。全部そろえても5000円でお釣りが来ます。医学生向けだと高価だし、短期間に使いこなせるようになるのはむずかしいです。「医学翻訳者養成講座」などの教材も似たようなものですし、こちらは数十万円かかることもありますよ。でも医学英語はやる気次第で独学可能です。

医学論文は英語そのものはたいして難しくありません。大学受験の長文読解問題ほどもひねってありません。問題は書かれた内容についての基礎知識と見慣れない専門用語への対策です。専門用語の検索サイトは探せばすぐ見つかります。訳語がどうしても見つからなければその単語だけとりあえず英語のまま訳文に混ぜても大丈夫です。

書かれた内容に関しては、

http://merckmanual.banyu.co.jp/
メルクマニュアルという医療従事者向けの解説書ですが日英ともにネット上で公開されています。関係のある疾病につい...続きを読む

Q神大の医学部生、阪大の医学部生は どこで勉強するのですか? キャンパスと言われるところには、学生の面

神大の医学部生、阪大の医学部生は
どこで勉強するのですか?

キャンパスと言われるところには、学生の面影がなかったです。汗

Aベストアンサー

> 今月です!

冬休み or 試験期間

Q医学翻訳の辞書

医学系の翻訳者を目指して、医学のほうの勉強を始めようと思い、辞書を探しているのですが、あまり、予算がなく、今買えるのは1万円未満の物しか無理なのですが、どういったものがおすすめでしょうか?

「ステッドマン」の看護師用のものか株式会社じほうの英和・和英医薬実用英語ハンドブックが値段的に手ごろでいいかなと思ったのですが、やはり無理してでも、ステッドマン医学大辞典とか最新医学大辞典とか南山堂医学大辞典を買ったほうがいいのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#1です。
掲示板のルールにつぎのようにあります。
これは試してごらんになりましたか。
「メンバー認証があります。
* 掲示板に入るときに会員認証があります。
* 本サイトのユーザ名とパスワードを持っている人は、それを入力してください。
* 持っていない人は、何も入力せずに「OK」を押してください。
(それでうまく行かなければユーザ名 'guest'、パスワード 'guest' としてください。)
* メンバー登録をすると、もっと便利にご利用いただけます。」
さらに、この登録というのは、ニフティのIDではなく、単なるハンドルの登録だと思いますよ。
ここは辞書さがしだけでなく、いろいろと訳にたつサイトだと思うので、お勧めします。

Q医学生(医学部医学科)の方にお聞きします。(出来れば、国公立大の方)

お忙しいところ、以下の質問にお答えいただければ大変に喜びます。宜しくお願いいたします。

1.高校時代、平均一日どのくらい勉強されましたか?(出来るだけ謙遜なしに正直に・・・)

2。公立高校ご出身の場合、理数科とか選抜といったクラスにおられましたか?
英数理に比べて、文系の科目が不得意(どちらかというと苦手)の場合、入試に於いて不利でしょうか?
また、推薦の場合、どの位の成績でいればいいのでしょうか?

3.部活はされてましたか?その場合、勉強との両立は?

4.現在、学生生活されていて(特に親元を離れて生活しておられる方)月に(学費等は除いて)どの位かかりますか?専門書代なども含めてです。

5.大学卒業後、国家試験に合格して2年間の研修医の後、専門の科を決められると思います。
もし、その時に本来自分が希望していた専門に行けなかった場合、ある意味妥協して、違う科に就きますか?

Aベストアンサー

国立医学部生です。

1:私は浪人しましたが、浪人時は9:00~21:00は予備校にいるようにしていました。家では勉強できないダメ人間でしたので。予備校にいる間はまあほとんど勉強していましたね。
高校生のときは、家での自習は2~4時間程度でしょうか。ただし落ちた人の勉強時間です。

2:地方の公立高校出身(一応県立では一番の進学校)ですが、選抜クラスなどはなくただの理系でした。私は国語が大の苦手でセンターで散々やられました。合格した年ですら確か135点くらい。総合で9割を狙う場合「理系のセンターは国語で決まる」というのは本当だと実感しました。

3:部活は音楽系の部活に入って3年の秋まで毎日毎日楽器を弾いていました。もちろん現役では通るはずもありませんね。落ちたからといって部活に没頭したことを後悔することはありません。やっておけばよかったと後悔している人はいますが。

4:私は15万円+アルバイト代で生活費から学費まで全部まかなっています。東京あたりだと20万円くらいはかかるのかな。
教科書は本当に必要なものしか買いません。やたらたくさん買う人もいますが、うまくやれば結構なんとかなるもんですよ。
もし入学後の費用を心配されているようでしたら、それは入学した後に考えましょう。入ってしまえばなんとでもなります。まずは入ることだけを考えましょう。

5:具体的な科は決めてはいませんが、内科か外科かといわれたら外科かなという感じです。手に技術をつけたいからです。外科といってもいろいろあるのでどこかしらにはすすめるのではと思っていますが。
もしどこにもいけなかったら、もちろん違う科にいきますよ。仕事はしなきゃですから。

国立医学部生です。

1:私は浪人しましたが、浪人時は9:00~21:00は予備校にいるようにしていました。家では勉強できないダメ人間でしたので。予備校にいる間はまあほとんど勉強していましたね。
高校生のときは、家での自習は2~4時間程度でしょうか。ただし落ちた人の勉強時間です。

2:地方の公立高校出身(一応県立では一番の進学校)ですが、選抜クラスなどはなくただの理系でした。私は国語が大の苦手でセンターで散々やられました。合格した年ですら確か135点くらい。総合で9割を狙う場合「理系のセン...続きを読む


人気Q&Aランキング