大工さんの仕事着のズボンはなぜあんなに太いのでしょうか?
安全のためでしょうか?

「何のためになぜあんなに太いのか?」
分かる方、是非教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

仕事でニッカ履いてます。

ちなみに♀です。
職種は大工・家屋解体・はつりなど建設関係です。

どんな説があるのかはよく分かりませんが、
皮膚に密着しないので動きやすいのと夏場の汗をかいた時は涼しいです(笑)
あと大工仕事で突起物(釘や足場など)に引っかかった時、
ズボンは破れても皮膚まで傷つけないという事はあります。
ただ上り下りが頻繁ですし現場の状況によっては邪魔な時もありますが(汗)
ニッカにも色々種類がありますが、乗馬タイプ(膝下までピチッとしてるもの)や
超ロング(足首あたりが大きく膨らんでいるもの)は
職種によって多少変わってくるかもしれません。
(塗装工・大工・はつり工・型枠工など)

経験上の話なので質問の答えになってませんでしたらゴメンナサイね。
    • good
    • 0

このURLでどうでしょう?



参考URL:http://zikatabi.hp.infoseek.co.jp/gimon.htm
    • good
    • 0

1番の方の回答ですが



>そこでそれら突起物等を服の一部で察知できるよう、「ふくらみ」があるのです

という部分ですが、鳶の業界の一部では突起物に引っかかってバランスを崩して落下する危険もあるから、この利点は利点といえるのかという意見も一部にはあります。
私も「日曜大工」なので果たして真実はどうなのか判りませんが、本職の方はこの利点をどう考えてるのでしょうか?
興味があったので、横レスしてしまいました。
    • good
    • 0

ニッカポッカー(Knickerbocer)といいますが、裾を締め、ひざより上の部分をゆったりさせることによって、屈伸作業の多い作業や狭いところの作業などに動きやすい。


また、だぼだぼで肌に密着してないので、引っ掛けて破れても皮膚まで行かない利点もあります。
デザインは乗馬ズボンから来たらしいと聞いたことがあります。
私自身「日曜大工」で、本職ではありませんから耳学問です。
    • good
    • 0

鳶職の方がよく履いてるズボンですよね。


動きやすいから、とか、高いところを歩くのにバランスをとりやすいからとか、現場で障害物を察知するのに便利だから、ということらしいです。
(前に一度ここでも回答した覚えがあります)

由来とか、書いてあるところがありましたので、貼り付けておきます。
http://www.toraichi.com/contact/

参考URL:http://www.toraichi.com/contact/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工事の作業者のダボダボのズボンはなぜ?

工事現場で働く人のズボン、太くてダボダボですがあれはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

元々は鳶職人「トビショクニン」と読みます。
このスタイルは太ももの所が尺五寸廻り。45センチの太さですので、ぶかぶかです。
最近の工事現場の仮設の足場は安全第一で女性の方でも安心して階段叉はエレベーターで上に上っていけます。
しかし昭和の初期。仮設の足場は杉丸太で組み上げていました。階段などはありません。その為、高さ1.7メールの高さにある飛び付きと言う丸太に片足を乗せ上げて体をねじ上げて1段目に上らないと上に上がっていけません。。
この仮設の足場を組み立てる専門職人さんが鳶職
つまり、高所作業専門の人です。

夏場汗だくで、スボンが肌にまとわりつけば、飛び付きと言う作業「最近は禁止です」の時、失敗して
落ちる事があります。
その為、鳶職のズボンは現代でもその頃の名残で
ぶかぶかでする

現代では、いろいろの服装があるようですね。

鉄骨造の鉄骨建方「現場組み立て」の作業の一番最初は鳶職人さんがされます。落下防止ネットの取り付けとか。
やはり。足をその辺の鉄骨等に絡まして作業されますので、肌にまとわりつくと、作業がしにくいと思います。最近は化繊ですし・・

ファッションでは無い様です。

25年ぐらい前、鳶職人の親方に会って雑談していた時。
当時70歳ぐらいでしたが。
鳶の制服は。
(1) 地下足袋、締め付けは強く
(2) フンドシは前締めの代端無し「あると引っかかって危険」
(3) かぶりのヤッケ・ボタン式の作業服は「前開きは丸太の番線締めの端に引っかかり危険」
(4) スボンは地下足袋の口に締め合わせて、太ももは
倍寸「自分の太さの倍」
(5) ベルトは2本「1本目は鳶道具を紐で吊して落とさないよう/2本目は命綱「最近は安全帯と言います」の引っかけ用」
(6) 落ちたら、死にます。仕事に命をかけている
  証として 
  「根性の印」は「キモ玉とか入れ墨の事です」
  花を入れない、桜とか菊は散るので落下。
  縁起が悪いで緑の榊が多いそうです
(7) 気質の職「カタギノ人間」ですので、腕と前あき  だけ。背中は汚さないそうです。

と言う様な事を聞きましたが

多分戦前の感覚だと当時私は思いました。
時代錯誤でスミマセン。
質問がチョット懐かしかったので。

元々は鳶職人「トビショクニン」と読みます。
このスタイルは太ももの所が尺五寸廻り。45センチの太さですので、ぶかぶかです。
最近の工事現場の仮設の足場は安全第一で女性の方でも安心して階段叉はエレベーターで上に上っていけます。
しかし昭和の初期。仮設の足場は杉丸太で組み上げていました。階段などはありません。その為、高さ1.7メールの高さにある飛び付きと言う丸太に片足を乗せ上げて体をねじ上げて1段目に上らないと上に上がっていけません。。
この仮設の足場を組み立てる専門職人さん...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報