エステル交換反応をしているのですが交換率があがりません。どうすれば交換率が上がるのでしょうか?何かいい触媒はないでしょうか?教えて下さい。

A 回答 (2件)

何のエステル交換かで異なると思います。


no1のご回答にあるように一方の原料を過剰に使用するのが一般的ですが、触媒は反応原料により最適のものを使用するので一概に言えません。

エステル交換には私は一般的には塩基性触媒が有効でした。

この回答への補足

エステル基を持つポリペプチドとアルコールの反応です。

補足日時:2005/04/17 12:59
    • good
    • 1

>>交換率があがりません。

どうすれば交換率が上がるのでしょうか?
エステル交換反応は典型的な熱力学制御の反応です。
つまり(通常は)完全な平衡反応です。
ですので非常に嵩高い酸やアルコールを使わない場合は以下のことを考えます。
ご質問には酸を換えたいのかアルコールを換えたいのか分かりませんので、簡単のためにアルコールを変える例でご説明します。しかもカルボン酸で。^^;
R-CO-O-R1 + R2-OH → R-CO-O-R2 + R1-OH
この場合単純にR2-OHを増やす、R1-OHを除く。というのが普通の方法。
ですので、沸点の低いアルコールを沸点の高いアルコールで置き換えるのが楽。沸点の差を利用して出来る方のアルコールを溜去して仕舞います。
触媒としては、酸触媒が一番普通で、硫酸もBF3・エーテル配位物(蒸留するときは辛いけど)も使えます。
もちろん塩基、通常はR2-ONaなど、も使えます。
流通系で固定酸を用いるときには酸型ゼオライト、スルフォン酸型の陽イオン交換樹脂、ナフィオンのような超強酸型ポリマーも使えます。多少分解するものもありますが。^^;
なお酸の方を交換するときには酸の塩を加えて交換する手もあります。生成する方の塩が溶解度が低ければ反応は大きく片寄ります。
なお、具体的な名前が挙げられるのでしたら、具体的に答えて下さる方もおいでになると思います。^^
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエーテル結合 エステル結合 アミド結合

主要な官能基はだいたい~~基という名前なのに
エステル結合、エーテル結合、アミド結合 は~~結合という名前ですよね
エステル基などという場合もありますが多くはエステル結合などとよんでいますよね

これはなぜですか?
素直にエステル基、エーテル基、アミド基と呼べばいいのと思うのですが?

もしかして「エステル結合」は官能基の名前ではなく結合自体を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に、アルボニル基とかアミノ基というのと同列でエステルやアミドを語る時にはエステル基とかアミノ基と言うことが多いと思います。

それに対して,エステル結合とかアミド結合という場合には、たとえば、ポリエステルとかペプチドのように、小さい単位をつなげている官能基と言う主旨で使われることが多いので、それをつなげている官能基と言う意味でエステル結合とかアミド結合と使うんじゃないですか。

個人的にはエステル結合という言い方はほとんどしませんし、アミド結合にしてもタンパク質とかポリアミドの場合ぐらいです。だとすれば、生体高分子とかポリマーを扱う人はエステル結合やアミド結合という言葉の使用頻度が高くなるでしょうし、低分子を扱う人はエステル基(単にエステルと呼ぶことが多いですが)とかアミド(基)と呼ぶことが多くなると思いますよ。

要は、官能基と見るか、構成単位をつないでいる原子団としてみるかの違いじゃないですか。ある意味、単なる習慣と言ってもいいのかもしれませんけど。

Qエステル化反応に用いる触媒について

無水酢酸とフェノールから酢酸フェニルを合成する際に触媒として、

酢酸ナトリウム
ピリジン
硫酸
リン酸

を用いることで、それぞれどのような原理で酢酸フェニルを合成できるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.ピリジン(Py)の場合、無水酢酸と反応し:
CH3-CO-O-CO-CH3 + Py → CH3-CO-Py^+ + -O-CO-CH3
と解離させ非常に強いアシル化剤CH3-CO-Py^+ を作るとともに、フェノールの解離を促してフェノラーとイオンとし、反応を非常に強く促進する。
2.硫酸の場合
CH3-CO-O-CO-CH3 + H2SO4 → CH3-C≡O+ + HO-CO-CH3 + HSO4^(-1)
で強いアシル化剤を作る。フェノールの方はプロトン化して親核攻撃力が下がるが、プロトン化していないフェノールが専らアシル化剤と反応する。
3.酢酸ナトリウム:
フェノールの解離を弱く促進する。無水酢酸の能力は下がる。
4.リン酸:
弱いアシル化剤CH3-CO-O-(C=O^+-H)-CH3を生ずる。フェノールの方は弱くプロトン化されるため反応性が下がる。

Qエステルの命名法

エステルの命名法について伺います。

大きな括りとしての「硫酸エステル」は「a sulfate ester」「a sulfuric acid ester」「a sulfuric ester」のどれが正しい、または一般的でしょうか?
同様に「酢酸エステル」「コハク酸エステル」「リン酸エステル」などについても同じ命名ルールが当てはまるのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>「-ate ester」という表記が正しいのか、それとも「- acid ester」、あるいはこれから「acid」を除いた表記が正しいのか

正しいかどうかと言えば、「どちらも正しい」と思います。
論文中では「-ate ester」の方が頻繁に使われるというだけです。
それは「紛らわしくなければ短い方が良い」という原則のせいです。

Qエステル化反応の触媒について

水酸基とカルボン酸のエステル化反応触媒として酸触媒が知られていますが、他にどのような触媒があるのでしょうか?一般的に金属触媒が知られていますが、他にはないのでしょうか?また、金属触媒であれば、どのような触媒が良いのでしょうか?さらには金属触媒の毒性は問題にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

> 他にどのような触媒があるのでしょうか?
 水酸基とカルボン酸でのエステル化反応は酸触媒だけだったと思いますが。

> 一般的に金属触媒が知られていますが、
> 他にはないのでしょうか?
 どの様な金属でしょうか? 一般的とは考えられないのですが(私が思い付かないだけ?),補足ください。なお,金属はルイス酸として働きますから,金属触媒があったとしても,それも酸触媒の一種です。

> また、金属触媒であれば、どのような触媒が
> 良いのでしょうか?
 上で書いた様に,金属触媒が存在すれば,それはルイス酸ですから,ルイス酸性が強いもの。つまり,電子受容能が高いものです。

> さらには金属触媒の毒性は問題にならないのでしょうか?
 どの様な状況での話でしょうか? 実験室レベルでは問題にならなくても(ドラフト中で注意して使用する事にしても),工場レベルでは問題になるものは多々あります。例えば,ベンゼンやクロロフォルムは実験室では使用しても,発ガン性の問題から工場レベルでは使用できません。

Qショ糖脂肪酸エステルのヒートシール阻害の理由は?

食品用プラスチックフィルムのシーラントフィルム(熱融着フィルム)面にショ糖脂肪酸エステルを塗布し、シール(熱融着)して袋を作ることを考えています。
しかしショ糖脂肪酸エステルを塗布したフィルムはシールできませんでした。
グリセリン脂肪酸エステルやソルビタン脂肪酸エステルを同様の方法で塗布しましたが、こちらはどちらもシールすることができました。
何故ショ糖脂肪酸エステルだけがシールできないのでしょうか。
理由の分かる方、教えてください。
また何らかの方法によって、ショ糖脂肪酸エステルはシールすることができるようになるのでしょうか。色々用途を考えると、ショ糖脂肪酸エステルが良いので、これを使いたいと思っています。

Aベストアンサー

ショ糖脂肪酸エステルは、製造条件によって親水性から親油性までの幅広いHLB(Hydrophile-Lipophile Balance Value)のグレードが製造されています。特に高HLB品は親水性が高く、これは、ショ糖脂肪酸エステルには、脂肪酸と結合するショ糖1分子中のOH基の数が、他の乳化剤より多いためです。ショ糖脂肪酸エステルは乳化性能をはじめ、可溶化性能、油脂の結晶成長抑制能、離型性が良くなり歩留まりが向上する滑沢性能、耐熱性菌に対する抗菌性能などの多くの機能を有しています。

滑沢性能の高さあたりが、原因かと考えられます。低HLB品のショ糖脂肪酸エステルにすればシールできる可能性が高いと思われます。

Qニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクルにおいて、出発錯体として2価ニッケルを用いる反応が多く見られるのですが、結局ニッケルは系内で還元されて0価になってから反応が開始されます。
最初から、0価ニッケル触媒を用いない理由とは何なのか、わからないのでどなたか回答お願いします。

また、パラジウムの場合についても出来ればお願いします。

Aベストアンサー

カップリングの場合には酸化的付加から反応が始まりますが、その場合に「0価で二座配位」でないと十分な反応性を持たないようです.Ni(PPhe3)4では、配位子が二つ外れないとその状況が生まれませんが、それが起こらない、ということでしょうね.

また、dppeやdppfのように、二座配位子であることも反応性を高めるために必要、と考えられているようです.配位錯体がやや屈曲しているため、反応性が高くなるようです.

QIRで、エステル化を調べる

IR(赤外吸収分光)で、カルボニル基が存在すると、170カイザーあたりに鋭いピークが検出されるのはわかるのですが、カルボニル基がエステル化されると、その変化をスペクトルから知るにはどうすればいいでしょうか?

エステル化の前も、1700のあたりに強いピークがあり、エステル化の結果、ピークが鋭くなった気がするのですが・・。


ごちゃごちゃ書きましたが、ようは、カルボニル基(エステルではない)と、エステルの見分け方を教えてほしいんです。

お願いします。

Aベストアンサー

ka-ga-miさんこんにちは.
エステル化する前はカルボン酸だったのでしょうか.そうであれば,3000-2500の水酸基による吸収がなくなると思います.また,エステルタイプのカルボニル基の吸収の方が多少高波数側にシフトすると思います.

Q金属アルコキシドのエステル交換反応はどんな機構で進む?

金属アルコキシドのエステル交換反応について教えてください。
下の(1)式において、Mは例えばSiなど、比較的安定な金属アルコキシドです。

M(OR)n + R'COOR'' → M(OR)n-1(OR'') + R'COOR (1)

上記のような反応が(恐らく)酸性条件で進むと思うのですが、
これは通常の有機物でいうところの「エステル交換反応(2)」とは反応機構がまったく異なるのでしょうか?

ROH + R'COOR'' → R''OH + R'COOR (2)

(2)の(可逆)反応だと、エステル加水分解と同様、(酸性条件では)カルボニル炭素をアルコールが求核攻撃することによって反応が進むのだと思います(間違いがあればご指摘ください)。
しかし、(1)でそのような機構を考えるのはやや無理があるような気がするのですが・・・・

どなたかアドバイス頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

補足です。
この反応が起こるかどうかに関しては、アルコキシドが溶液中において RO^-の形で存在するかどうかにかかっていると思います。また、存在するとしても、濃度が極めて低いのであれば、事実上、エステル交換は起こらないと思います。
たとえば、Si-ORなどでは、RO^- になりそうもありませんので、そういった反応は起こらないと思います。
余談になりますが、通常、そういった化合物は「シリルエーテル」と呼ばれますよね。この名称は、アルコキシドよりもエーテルに近いことを意識したものではないかと思います。

なお、アルコキシドによるエステル交換の機構は、エステルのアルカリ条件における加水分解(ケン化)と似ていると思います。つまり、ケン化においては、OH-が求核攻撃するところをRO^-が求核攻撃すると考えればよいことになります。水とアルコールの類似性を考えれば、この方がわかりやすかったかなと思っています。

Q私の仕事の中で、潤滑剤の「エステル」という言葉をよく耳にするのですが、

私の仕事の中で、潤滑剤の「エステル」という言葉をよく耳にするのですが、そもそもエステルとは何なのでしょうか。
それと、エステルと合成エステルでは、潤滑性や熱に対する耐性、安定性などはどちらが優れているのでしょうか。
シロートなもので、解かりやすく説明して頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

エステルは化合物群の一般名で、本来「エステル結合」を持つ化合物の総称です。
エステル結合は酸(多くはカルボン酸「-COOH」)とアルコール(-OH)から水が抜けて、カルボン酸の場合、-CO-O-部分を分子内に持ちます。
油脂、リン脂質、香料などに広く含まれます。サラダ油、ごま油などの植物性脂肪、ラード、ヘッドなどの動物性脂肪などもみなエステルです。
合成エステルは純度が高く性質が既知なのでうまい具合に条件にはまれば非常に便利です。
一方、生物起源のエステルは通常混合物で、エステル以外の物質も含まれていると考えた方が良いと思われます。
潤滑剤に用いられるものは多分高分子量(炭素の鎖が長い)のアルコールと同じく高分子量の酸から出来たエステルだろうと思います。
ただ、グラファイト、硫化モリブデンなどの層状固体(どちらも真っ黒)などを混練したものもありますので、エステル純物だとは限りません。

Qクロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応につ

クロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応についてお伺いします。
この反応は塩化水素が取れる反応のように思うのですが、塩基を加えてやった方が反応は進むのでしょうか。常温で両液を混合しただけでも反応は進むのでしょうか。

Aベストアンサー

>常温で両液を混合しただけでも反応は進む
もちろんある程度進みます。
塩基を入れれば反応は終点まで進みます。
乾燥空気をバブルして生ずる塩化水素を除いてやれば塩基無しでも結構進むと思います。
その場合もちろん強力な還流コンデンサーが必要ですし、空気を流しすぎないようにすることも、出てくる塩化水素をどう処理するかはドラフトの性能次第です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報