以前テレビで阪神大震災では、高度成長期の建物は崩れたが、戦前の柱がしっかりした建物は崩れなかった。というのを見たことがあります。
広告代理店をやっていて、このエピソードを広告に一文として載せたいのですが、インターネットで裏づけを取ろうにも、「戦前の建物は軒並み崩壊した」と「戦前の建物は崩れなかった」で50%ずつぐらいに別れてしまいます。
本当はどれなんでしょうか?
信頼できる情報をお持ちの方がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現地に居りますが、正確には「その中間」です。



建物といっても、色んな種類がありますし、色んな建築方法が存在します。それを一まとめにして戦前の建物として捉えるのには無理があると思います。

ちなみに、戦前から続く木造の長屋のような集合住宅は軒並み倒れるなどの激しい被害を蒙った一方で、小学校や教会などのRC構造物については被害を免れたものもあった(けど、倒れた建築も結構あった)、という感じでしょうか。基礎の作り方や柱の太さなど、さまざまな要因が重なり合って、生き残れるか否かの差が出たのだと思いますが、このあたりは建築の専門の方に語っていただいた方がいいと思います。

生き残った建築物は確かにあります。ただし、全部セーフでは無い、ということを念頭に置いて頂いた上で、適切なエピソードを探していただくのが一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
単純に決められないというのはその通りだと思います。本を熟読して、阪神大震災に限らず、きちんとした話を探したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 09:02

#2さんに1票。



地震や建築物は,そんなに簡単に割合で決められるような単純なものではありません。

倒壊した家,倒壊を免れた家,中破した家,それぞれの家にそれぞれの歴史や住んでいる人の思いがあります。幸運にも倒壊を免れた家にしても,住んでいた人は,それなりの心の痛手を受けています。それらを踏まえて,建物の倒壊や崩壊に関して学問的に探求する目的ならば,客観的に分析する事は可能でしょうが,それこそ,数年かけても抽出できない無限のパラメータが必要になると思います。

それから,この問題は,エピソードではありません。
    • good
    • 0

 阪神淡路大震災では、およそ80パーセントの方が家屋の倒壊によって無くなられました。

家屋の倒壊、家屋の耐震性の問題は、人間の命に直結する重大な問題です。
 また、最近は地震が頻発しており、そこにつけ込んで高額の耐震補強工事契約を無理矢理押しつけたりする犯罪行為も頻発しています。
 あまり生半可な知識で広報をして、その結果世の中に誤った知識が広まったとしたら、あなたは責任をとれるのですか?
 建築基準法は昭和30年代と50年代に大きな改正がされ、特に木造家屋は昭和30年代の改正前後で耐震性に大きな違いがあります。戦前、戦後という区切りで建築物の耐震性を論じるのは誤りです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q共同住宅、寄宿舎、下宿の違い

建築士独学中のものです。
建築基準法における特殊建築物に該当するものとして、
「共同住宅、寄宿舎、下宿、・・」とありましたが違いを教えてください。

辞書を調べながらの個人的な見解は、
共同住宅:マンション、アパート(ワンルームオンリーの小規模なアパートも含まれる?)
寄宿舎:会社や学校に付属する寮(相部屋等は問わない?)
下宿:民間経営の部屋貸しの寮(非相部屋?)

てな感じですが、法律上の明確な区別はどうなっているのでしょうか?
そもそも並立ではなく曖昧な包含関係のもとにある?

Aベストアンサー

下宿は分かりません。
共同住宅と寄宿舎は、不動産登記法の論点として学習したことがありますので説明します。
構造上、それぞれの居住単位が独立して生活できるかどうかがその違いです。
よってアパートはもちろん、マンションは非区分建物で登記すると共同住宅になります。
ワンルームオンリーの小規模なアパートも含まれます。

Q震災被害者情報

今回の地震被害者情報で 被災したと思われるきむらかずとし氏を探しています。
ご存じの方が入ればどんな些細な情報でもいいので教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここではそのような質問は適切ではありません。専用の安否確認サイト等で探しましょう。
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html

Q共同住宅?併用住宅?

建築基準法上の解釈の質問です。

ケース1
○3階建て
○1、2階は事務所3階は一戸の住宅
○住宅へのアプローチは共用階段を経由する。
これは3階部分は共同住宅として取り扱いますか?

ケース2
○3階建て
○1、2階は事務所 3階は2戸の住宅
○3階の住宅へのアプローチはそれぞれ階段が設けられ、共用部分はない
この場合、長屋と事務所の併用用途として考えますか?

Aベストアンサー

結構難しいですね、特にケース1。
以下は私の解釈ですが。
ケース1:ちょっと見ると階段共用なので共同住宅扱い。⇒特建扱い。
     作りによっては兼用住宅って見方も出来ると思います。⇒非特建扱い。
     
ケース2:その通りだと思います。

※両ケースとも確認検査機関に相談されることをお勧めします。

Q東日本大震災は宮城県沖地震?

今回の東日本大震災について気になっているのがあるのですが、今回の地震は宮城県沖地震でいいんですよね?前々から大きな地震がくるって言ってましたし・・・。ニュースでもそのことに関してはなんだかあいまいだったので、どなたか知っている人がいるのであれば教えてください。

Aベストアンサー

宮城県沖地震とは、宮城県東方沖の日本海溝(海洋プレートと大陸プレートの境界部分)の大陸プレート側を震源とする地震のこと。過去に何度も繰り返し発生しています。
そして今回の地震は、まさにこれのことです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

Q事務所から共同住宅への用途変更

ある物件の購入について検討しています。
現在1階店舗、2階事務所のRC造の耐火建築物ですが、購入後に2階を2世帯の共同住宅に変更したいと考えています。
現状2階への階段が1つしか無く、バルコニーや避難器具等もないのですが、共同住宅とすることは可能でしょうか。
もしくは、簡単な避難器具等の増設で共同住宅とすることが可能でしょうか。
面積は1階が200平米、2階が210平米(階段含む)で敷地は長方形で3方向道路に面しています。

Aベストアンサー

その地域が、共同住宅建築可能地域ならば変更はできると思います。
工事をする際に、工務店等に依頼されると思いますが、その際に、設計士に設計図を作ってもらい、
避難器具や消火器等の設置に関しては、消防署に相談されるのがいいと思います。
事務所と、共同住宅では、固定資産税が変わりますので、ぜひ登記の変更をしてください。
火災保険も保険料率が変わります。保険屋さんに相談して下さい。
また、下水道処理では無く、個別浄化槽を設置している場合は、取り替えなければならない場合があります。

Q中国の建物

中国は地震はどうですか?高層マンションの耐震強度や非常階段などどうですか?

Aベストアンサー

中国は外国人のジャーナリストに対して取材妨害を行っていますので、国外ではほとんどまともな情報が入りません。外国へ亡命した人物の証言で推測するしか有りませんが、亡命者の話をどこまで信用できるかも不確定です。
http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d28246.html
このサイトをタマに覗いてますが、中国人の常識は、私にはには理解できません。三国志や平妖伝の世界みたいです。

参考URL:http://jp.epochtimes.com/jp/2007/04/html/d28246.html

Q共同住宅 2以上の直通階段

共同住宅 6階建て 耐火建築物 は2以上の直通階段は必要ですか?

令121条1項五号により不要、と考えたのですが、六号により必要??
令121条1項六号の意味がわからず困っております。
「前各号に掲げる階以外の階」とは何なのでしょうか?
1階から6階まで全部共同住宅、200m2以下は「前各号に掲げる階」ではないのですか?

Aベストアンサー

令121条1項四号ですね。
「共同住宅の用途に供する階でその階の居室の床面積の合計・・が200m2をこえるもの(耐火建築物)」には、二以上の直通階段が必要です。

ちなみに五号の「前各号に掲げる階以外の階以外に・・」とは「第一号から第四号に掲げた用途と階以外でも、これこれの場合には必要ですよ」。と言っているのです。
この場合の共同住宅の六階については「居室の床面積の合計が200m2未満(耐火建築物)で、かつ避難バルコニー等がある場合は二以上の直通階段は不要」と言っています。
以上より、「1階から6階まで全部共同住宅、200m2以下」の場合は「避難バルコニー等」があればいいのです。

Q地震で建物が倒壊したら

こんにちは。
東海大地震が怖い愛知県在住の者です。
地震で建物が倒壊したとき
例えば事務仕事中や就寝中などで
1階にいる場合と3階にいる場合は
どちらが安全なんでしょうか?
どのような崩壊をするかとか、もしかして
建物構造にも変わってくるかもしれませんが
一般的にどうなんでしょうか?
ぺっしゃんこになったときは1階のほうが
押しつぶされたりまた避難時も大変と思います。
逆に3階では崩壊したときに床が崩れていきますが
そんなに衝撃はないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり建物によると言うしかないと思います。話を簡単にするために2階建ての建物として、いくつかの倒壊の仕方を想定してみましょう。

1.一階部分がピロティのような構造で、一階部分が倒壊する。具体的には、一階部分がスーパーのようなもので、入り口や窓が大きくとってあり、かつ、柱があまりないという状況です。2階部分は住居スペースで、壁も柱もあるという想定なら、2階部分は、少なくとも外形はそのまま倒れるはずで、倒れた後の状態は、一階部分が押しつぶされ、まるで2階がそのまま1階になったようなものになる。だから、家具の固定などを徹底すれば、そんなにひどい被害にはならない。

2.1階も2階もそんなに丈夫ではなく、山が崩れるように全体が崩壊する場合。この場合は、上にいても下にいても、同じように危ないでしょうね。

3.1とは逆に2階部分が脆弱な場合。これは、建て増しを2階部分にしたとかの場合です。これはやはり2階が危ない。建物倒壊ですから、全体が破壊されるとしても、1階部分はある程度壁や柱が残るはずで、家具の固定をしておけば、2階よりは安全のはず。

現実の問題としては、1と2の中間のケースが多く出るはずで、家具の固定や、逃げ道の確保、火事にならないような対策などが重要になるはずです。家具の固定はとても大切で、机やテレビなどで押しつぶされるなどのことが多発するはずです。また、ドアがゆがんで開かないとか、廊下に家具が倒れていて通行不能であるとか、逃げ道の確保も重要です。東海地震の直前には、各地でM6程度の地震が頻発すると言われていますから、まずはM6程度の地震対策をされることが必要だと思います。

やはり建物によると言うしかないと思います。話を簡単にするために2階建ての建物として、いくつかの倒壊の仕方を想定してみましょう。

1.一階部分がピロティのような構造で、一階部分が倒壊する。具体的には、一階部分がスーパーのようなもので、入り口や窓が大きくとってあり、かつ、柱があまりないという状況です。2階部分は住居スペースで、壁も柱もあるという想定なら、2階部分は、少なくとも外形はそのまま倒れるはずで、倒れた後の状態は、一階部分が押しつぶされ、まるで2階がそのまま1階になっ...続きを読む

Q鳥取支店のみの引っ越しの日通は共同住宅の場合は引っ越しするとき共同住宅のドア、廊下、エレベータ内を、

鳥取支店のみの引っ越しの日通は共同住宅の場合は引っ越しするとき共同住宅のドア、廊下、エレベータ内を、プラ板等で保護するものですがしません
もしトラブルに巻き込まれたら
どうなるんでしょうか

Aベストアンサー

一般的には養生は新築物件以外はどこの業者もしません。

Q地震による建物崩壊までの時間

関東大震災や阪神大震災くらいの規模の大きな地震が起きた時、何分くらいで(何秒くらいで)建物は崩壊するのでしょうか?
耐震建物は大丈夫かもしれませんが、その前に建った建物などは、やはり一回目の揺れで崩れてしまうものなのでしょうか?
最近テレビで地震のニュースなどを良く見るので気になります。
また、何か参考になるサイトがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

防災士をしているので研修で得た知識から・・・。

まず地震ですが大まかに縦揺れと続く横揺れの2つで本震、その後に続く余震とあります。
本震の縦揺れ(P波とか初期微動とか言います)では建物にダメージを与えることはほとんどありません。
すぐ後に来る横揺れ(S波)で最初の亀裂が入り限界を超えると崩れます。ただ、崩れるのはたいてい1階で柱の弱い部分や壁が少ないところが崩壊します。(たとえば耐震補強していない吹き抜けの1階で、そこが一面ガラス張りのショールームだったりとかを想像してください。)
9・11のWTC崩壊の様な完全崩壊はまれです。1階が斜めにつぶれて横に倒れることはあるでしょうけど。

また地震のタイプによっても揺れ方はさまざまです。
阪神淡路大震災の時は震源が浅く、規模も大きかったので高速道路の橋脚が崩壊したり、建物が崩壊するのに時間はかかりませんでした。
また中越地震では屋根が重い建物の構造自体が地震にもろく、やはり最初のS波で十秒足らずで崩壊しています。
とはいえこのような不運な例は少ない方です。大多数は建物の一部損壊程度で阪神淡路大震災の時は犠牲者の5割ぐらいが家具の圧迫による窒息死(建物の圧死は2~3割程度)です。
防災士研修では一般に8割が圧死だと言われていますが、厳密には建物よりも家具の方がはるかに危険であるとのことです。実際に研修で遺体の検死写真も公開されましたが一目瞭然でした。

横道にそれましたが、まとめますと直下型の地震であれば崩壊までは10~30秒ですが、完全崩壊はまれです。(まぁ平屋で一階がつぶれてしまえば完全崩壊なんでしょうけど。)また直下型はそうしょっちゅうあるものではないので、しょっちゅうある海溝型の場合P波からS波までは何秒か余裕があるのが一般的。この間に火から離れる(可能なら消す。無理して消そうとはしないこと)、窓から離れる、脱出口を確保するなどをしましょう。

参考URL:http://www5d.biglobe.ne.jp/~kabataf/

こんにちは。

防災士をしているので研修で得た知識から・・・。

まず地震ですが大まかに縦揺れと続く横揺れの2つで本震、その後に続く余震とあります。
本震の縦揺れ(P波とか初期微動とか言います)では建物にダメージを与えることはほとんどありません。
すぐ後に来る横揺れ(S波)で最初の亀裂が入り限界を超えると崩れます。ただ、崩れるのはたいてい1階で柱の弱い部分や壁が少ないところが崩壊します。(たとえば耐震補強していない吹き抜けの1階で、そこが一面ガラス張りのショールームだった...続きを読む


人気Q&Aランキング