今年は花粉症による鼻のむずむず感がひどく、夜も眠れなくなったので、初めて市販の点鼻スプレーを購入しました。使いすぎると逆に鼻がつまるというので、1日に1~2回くらいにしていたのですが、数日後に完全に口呼吸じゃないと眠れないくらい鼻がつまってしまいました。いままでは花粉症による鼻づまりはほとんどなかったのですが、今年は花粉量がすごいので、それが原因かもしれませんが、もしかしたら点鼻スプレーの副作用かもしれません。いずれにしても使うのが怖いので中止して、今日耳鼻科に行きました。そして出されたのが抗アレルギー効果のある点鼻スプレーでした。質問なのですが、
1)市販の点鼻スプレーは、控えめに使っていても鼻づまりになってしまうことがあるのでしょうか?
2)抗アレルギー作用の点鼻スプレー(市販のものは血管を収縮させるものだと思います)でも、こうした副作用はありますか?
以上、経験談でもけっこうですので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

抗アレルギーのものは使ったことはありませんが通常のものはよく使いました。



薬局で普通に売られているのが不思議なくらいひどい副作用があります。
以前使いつづけていたところ、鼻詰まりが余計にひどくなったので医者に行って初めて説明を受けました。
鼻の内側の粘膜がどんどん分厚くなって、やがてはレーザーで削らなくてはならなくなるそうです。
幸い、私の場合は間に合ったようで、薬をやめることによって数ヶ月で治りました。(この数ヶ月は辛かったですが・・・)
今でも使うことはありますが、風邪の鼻詰まりで苦しい時、寝る直前にごく少量(鼻の奥に液がつくかつかないかの量)です。
一時的に使うための薬と認識すれば有害ではないのでしょうが、それならそのように説明書に書いておいてほしいと思っています。

この回答への補足

抗アレルギーのほうについて詳しい方、経験のある方のご回答もお待ちしております。

補足日時:2005/04/12 21:53
    • good
    • 1
この回答へのお礼

市販のものの副作用については聞いていたので、回数は控えていたのですが、使う量も大切ですね。ちょっと多めに噴射しすぎていたかもしれません。今後使うことがあるときは注意します。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 21:53

わたしは慢性鼻炎でどちらも使用したことがあります。

専門的なことは分かりませんが、市販の点鼻薬は使いすぎるとやはり良くないようです。わたしは昔かなり頻繁に使っていたのですが、点鼻薬をした数時間は調子が良くなるのですが、その後また詰まるということの繰り返しになり、薬局の人にも「良くない」と止められました。

耳鼻科で処方してくれる薬や点鼻薬は、体のアレルギー体質をなるべく改善していくためのもので、点鼻薬もお医者様がおっしゃってる回数内であれば特に副作用などはないと思います(現在、使用中です)。逆に調子がいいからといって使用をやめてしまうと良くないようですので、調子が良くても悪くても定期的に使用されることをおすすめします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、お薬をもらうときに「定期的に」という言葉を強調されましたが、そういうことですね。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 11:41

私事で意見を書かせてもらいますと


点鼻スプレーを使用しだすと私はまず鼻をかんだ時に鼻血が出やすくなります
あとは使用頻度が多くなると非常に鼻にしみる
・・・ぐらいですかね使用しすぎて鼻づまりはないですが鼻の中はすごく痛いままになりますね
そんな時におもっいきりクシャミすると大抵鼻血が炸裂します
以上 経験談でした
    • good
    • 2
この回答へのお礼

鼻血ですか・・・それも大変ですね。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/12 21:49

ご質問への回答ではなくて恐縮なのですが、私の見解を一言書き込みさせてください。


鼻の中は、粘膜で被われた、とーってもデリケートな場所です。
そこへシュッシュと刺激を与えたら、soda-iceさんのようになんらかの副作用は出ると思います。
デリケートなところに、強い刺激をあたえるなんて、私は点鼻薬自体に疑問を持っています(専門に勉強しているわけではないので、私の考えと思ってくださいね)
それから、花粉症についてですが、耳鼻科よりも花粉症を診てくれる内科に行ったほうがいいですよ。
なぜって、体内のアレルギーによって鼻がむずむずしたりするだけで、原因は耳鼻にないからです。
話がずれてしまいましたが、参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、鼻の中はとーってもデリケートな場所なんですね。じゃあ、毎年花粉症の時期には「鼻こより」が習慣になる僕なんて以ての外ですね(笑)。
ちなみに今日行った耳鼻科は「アレルギー科」の看板もかかっていました。

お礼日時:2005/04/12 21:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 花粉症、鼻アレルギー<アレルギー疾患>の症状や原因・診断と治療方法

    花粉症、鼻アレルギーとはどんな病気か  吸入性アレルゲンによるI型アレルギー反応が関係し、くしゃみ、水性鼻漏(すいせいびろう)、鼻閉(びへい)を3主徴とする疾患を、鼻アレルギーあるいはアレルギー性鼻炎と呼んでいます。症状の好発時期により通年性と季節性に分けられます。  季節性の大部分は花粉が原因であり、花粉症と呼ばれています。スギ花粉症は今でこそ認知度が高いのですが、昭和30年代終盤に発見された比較的...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q市販の鼻炎点鼻薬を使い続けるとどのような害がありますか?

私の夫は、軽い慢性鼻炎持ちです。
以前は耳鼻科に通ったこともありましたが、大きな効果は得られず、待ち時間の長さにも嫌気がさして通わなくなってしまいました。
子供のころからなので、これが普通になっているために、日中はさほど気にならない様子なのですが、夜寝るときは鼻が詰まっていると寝辛いらしく、寝る前に毎日、市販の鼻炎の点鼻薬を使っています。
このような市販の薬を使い続けることに不安があるのですが、具体的にはどのような害があるのでしょうか?
やはり、寝る前だけの使用でも、長期使用は辞めた方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

点鼻薬性鼻炎になることがあります。

市販の点鼻薬には「ナファゾリン」「テトラヒドラゾリン」といった血管収縮薬が入っています。この成分による副作用のようなものでしょうか。血管収縮薬は鼻が詰まっている時に使うと鼻が通ってとても楽になります。しかし、楽になるからといって1日に何度も使っていると、だんだん効果のある時間が短くなります。それでも使い続けていると、鼻の粘膜の肥厚がおこり、薬を使ってないときは常に鼻が詰まった状態になることがあります。これはアレルギーとは関係のない鼻詰まりです。

URLに詳しい説明があると思うので参考にしてください。

市販の薬は長期使用を考慮して作られていないものが多いので、長期の使用は避けたほうがいいと思います。
慢性であるのなら、待ち時間が長かったり、嫌かもしれませんが、専門医の診察を受けたほうがいいと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/aresihantenbi.htm

Qdocomoで着信拒否された場合はどうなるの?

DOCOMOの携帯で着信拒否されている場合は
掛けたときに、どんなメッセージになるのでしょうか?

電波の届かないところにいるか、電源が入っていません。

ですか?

Aベストアンサー

a)相手が携帯電話機の電話帳指定着信拒否機能を使用して拒否した場合
→「ツーツーツー」という話し中音がずっと流れ続ける。
(この場合は相手の履歴に残ります。)
※もちろん、相手が話中の場合でも、当然、話中音が流れます。
ですから、これだけで「拒否されている!!!」と思い込むのは、早すぎです。

b)相手が「迷惑電話ストップサービス(サービス使用料不要)」を使用して拒否した場合
→「この電話は、お客さまのご要望によりおつなぎできません。」という音声ガイダンスが2回流れて、自動的に通話が切れる。
(この場合、携帯電話会社側で自動的に拒否するため、相手の携帯電話機の呼び出し音は全く鳴りません。もちろん履歴には残りません。)

Q副鼻腔炎 29歳女 耳鼻科で泣いてしまいました

閲覧ありがとうございます。 私は29歳の女です。
少しアドバイス頂けると幸いです。

先週の土曜日に風邪を引いた3人の姪っ子たちの面倒を見なければいけなくなり2時間ほどみました。
そしたら案の定、火曜日の朝から怠くなり夜に38.4度の熱が出ました。 この時点で病院に行かなかった事をとても後悔しています。
3人はインフルエンザではなくただの風邪だったし、自分もただの風邪だろうと思い市販の薬を火曜から昨日の夜まで飲みました。

37.3から37.5度の熱が最初の3日間ほど続きなおってきたと思いました。
しかし、金曜日くらいか痰が絡む咳がでるようになり一昨日の土曜日くらいから黄緑色?の痰がでるようになり、鼻くそ(汚い表現すみません)も青ばなっぽいのがでるようになり咳が酷いせいで喉がはれ上がりやっと昨日から声が出るようになりました。
自分で色々調べると急性副鼻腔炎だと思い今日朝一で受診しました。  

私は何よりも耳鼻科が怖くてたまりません。 小さい頃に熱を出した時中耳炎をして切開もしています。
3~4歳のころで、あまりの痛さと看護婦さんたちに体を抑えられた怖かった光景が頭に焼き付いていて、家で耳垢の掃除をする時も母に怒鳴られ押さえつけられながらされとにかく耳鼻は私にとっては恐怖でしかありません。

しかし、副鼻腔炎だったとして放っておくわけにもいかず、今日勇気を出して耳鼻科へ行きました。
先生は60代半ば?くらいで個人病院へ行きました。
インターネットで調べたのでは、ほとんどの方がまずレントゲンを撮ってから治療に入っているようだったのでレントゲンをとるものだと思っていたのですがレントゲンなしでした。

5人位患者を同じ部屋(カーテンなし)に入れて、前の方々の治療している様子もすぐ近くで見えるような感じの治療室です。
私は前の方が治療をしている時点でものすごく怖くなり震えていました。 15センチはありそうな細い管のようなものが鼻にずぼっと入っていたので・・・

そして、次はいよいよ自分の番で、前もって看護婦さんが私の症状をカルテに書き込んでいたので先生はそれを読むなり『何でもっと早く病院行かないんだ、おい!今の時期病院へ行くのが普通だろ!』とほかの患者さんも見ている前で怒鳴られ、検査が怖いのと先生に怒鳴られた事でパニックになり泣いてしまいました。
耳垢がたまっていると言われ、先生がピンセットを入れたのでびっくりして力が入りまた怒られ、レントゲンを撮らずに鼻の中をライトであてて、蓄膿だね と言われ、あの細長い管のようなものも鼻に入れられ少し吸引されました。

怖さで酷い顔をしていたのか、『痛くないだろ?何でそんな顔をするんだ!そんな顔するから鼻血も出てきただろ』とまた怒鳴られ、最後には喉に引っ付いていた痰を吸引器で取ろうと口から器具を入れた時、反射で軽くおえっとしてしまい、『もうあなたは治療できないから5日間の薬だすから今日は帰ってくれ』と言われてしまいました。
鼻に噴射上の薬も入れました。

自分が悪かったのは分かっていたので、治療を続けてくださいとお願いしましたが、今日は無理と言われ薬を貰いかえってきました。
しかし、恥ずかしさと恐怖とまた耳鼻科へ行かなければいけないのかと思うと家に帰ってきても涙がとまらずしばらく放心状態でした。

薬は、抗生物質のような薬と咳止め、鼻水鼻づまりの3種類です。

とても恥ずかしい思いをしたので5日薬を飲んだら、今度は総合病院の耳鼻科へ行こうと思っています。 しかしまたあの恐怖が頭をよぎってこの世の終わりくらいに悩んでいます。

今現在の症状は、咳こんだときに黄緑の痰が時々でる、鼻水は透明、頭痛や顔面痛はありませんが、咳のし過ぎで喉が腫れていて唾や食べ物が飲み込みにくいです。 熱はもうありません。

少し質問があるのですが、
(1) レントゲン診断をしなくても副鼻腔炎はわかるのでしょうか?
(2) 固まった耳垢は薬で柔らかくせずにいきなりピンセットでつまみだすですか?
何人かの体験談をインターネットで読みました。  そこにはまずレントゲンを撮り、副鼻腔炎だと診断され抗生物質で1週間ほど様子をみて、それからもう一度経過観察で来院と書かれていました。

(3)これは鼻からの吸引なしで薬だけ渡され様子を見ると言うことですか?


数人がレントゲンと薬だけで初診は何も痛くないですよ と書いてあったので・・・

今日ほど自分が嫌になった事は本当にないです。  気持ちがいっぱいいっぱいでパニックだったと言っても情けなくてどうしようもないです。

何かアドバイス頂けると幸いです。  宜しくお願いします。

閲覧ありがとうございます。 私は29歳の女です。
少しアドバイス頂けると幸いです。

先週の土曜日に風邪を引いた3人の姪っ子たちの面倒を見なければいけなくなり2時間ほどみました。
そしたら案の定、火曜日の朝から怠くなり夜に38.4度の熱が出ました。 この時点で病院に行かなかった事をとても後悔しています。
3人はインフルエンザではなくただの風邪だったし、自分もただの風邪だろうと思い市販の薬を火曜から昨日の夜まで飲みました。

37.3から37.5度の熱が最初の3日間ほど続きなおって...続きを読む

Aベストアンサー

医者を変えるべきだと思います。
このお医者さんは自分の失敗を認めたくないのでしょう。
また、カーテン無しなんて初めて聞きました…

絶対、病院を変えるべきです。
私は違う病院に5回いきましたが、
どこもカーテンがあり、一定のマナーを持って(患者として)扱ってくれました。

そこは良くないとこです。

私だったら、ここは良くなかった!と対応口コミ誰だかわからない程度に書き、
他の耳鼻科にいきます。

絶対他の耳鼻科は対応良いはずです。

もし、他の耳鼻科も対応が悪ければ、大きな病院の中にある耳鼻科にいきましょう。

以上、参考になるかわかりませんが…


人気Q&Aランキング

おすすめ情報